既卒・第二新卒に特化!おすすめエージェントランキングはこちら
年齢別に既卒の就活をご紹介!

【就活】23歳既卒は人生詰んだのか?やり直すために必要な就活方法とは?

アライ
アライ
今回は「23歳既卒就活」について解説していきます。

23歳というとちょうど僕が2回目の転職をした年齢となります。

既卒でも正しい就活の方法を実践すれば、全く問題ありません。23歳で就職に関して悩んでいる方は、この記事を読んで、新たな一歩を踏み出していきましょう。

23歳・既卒での就活に関して、一番の懸念点は学歴問わずに卒業後フリーターや就職しなかった、在学中に就職先を決めなかった人が多いです。

そのため、「就業経験がない」ことに悩む人も多いのではないでしょうか?

しかし、正しい方法で就活をすれば23歳の既卒であっても、新卒では狙えなかった優良企業への内定獲得も十分可能です。

そこで今回は、23歳の既卒が就活で気をつけるべきポイントやおすすめの就活方法をご紹介していきます。

  • 就活をどう進めれば良いかわからない
  • つい周りと比較してしまい思うように腰が上がらない
  • 就活に前向きになれない

という人はこの記事を参考にすると、正しい就活方法を身につけ、就活成功の可能性を向上できます。

23歳で既卒の就活、卒業後のブランクは気にするな!

23歳で既卒として就活をしていこうと考えている方は次の代表的なパターンに別れるのではないでしょうか?

  • 高卒の方の場合…18歳で高校卒業後フリーターや就職しなかった方
  • 専門卒の方の場合…なんらかの理由で卒業後にフリーター、就職しなかった方
  • 大卒の方の場合…在学中に就職先を決めなかった方

上記の方々の不安として、

  • 23歳既卒の市場価値ってどうなんだろう…
  • 新卒で仕事が見つからなかったって企業からしてどうなの…?
  • 転職エージェントってどこを使えばいいの…?
  • 既卒でもホワイト企業にちゃんと就職できるの…?

といった就活に対する不安・悩みがあると思います。

しかし、思っている程就活に苦労しなかったと思う方や、異業種の仕事に転職できたという方は実は結構います。

いざ、23歳でも「若さ」を武器にして就活を進めていくと学歴や職歴、職務経験の年数を気にしない企業は意外と多い事がわかります。

それでは早速、下記で23歳で既卒・第二新卒として就活・転職を成功させる秘訣や注意事項を解説していきます。

あわせて読みたい
【必見】24歳大卒・高卒ニートの既卒が失敗しない就活の方法とは? 24歳・既卒での就活は、新卒や周りの環境などと比較してしまい、自己嫌悪に陥りがちです。 実際に僕自身も24歳で複数...

既卒・23歳で就業経験無しってハンデにならないの?

就業経験(フリーターは除く)が23歳で全然ないけど平気なの?

と考える方に下のデータを見て頂きたいです。

実は23歳でも、既卒での求職者全体で見た時には若い部類に入ります。

厚生労働省若年者雇用対策室による

「平成28年度全国キャリア・就職ガイダンス」によると全国の既卒の方は

【新規大卒者等(4月1日現在)】就職希望者のうち、内定が得られていない者:1.8万人(前年同期1.1万人減)

【新規高卒者(3月末現在))】 就職希望者のうち、内定が得られていない者:0.2万人(前年同期比同数値)

となっており、毎年減少傾向にありつつも全国で2万人、新卒で就職先が決まっていない既卒の方々がいる事になります。

さらに、既卒の方々は「新卒で内定が得られていない方々」だけではなく、前年度以前に既卒となっている方々も各年齢ごとに含めると、既卒者数は上記の数以上に増加します。

従って、まず23歳で既卒であったとしても

既卒で悩んでいるのは自分だけじゃないんだ

という事を知って頂き、不安になる必要はないという事、

それと同時に、同じ目的に向かって邁進するライバルも存在するという事を把握しておきましょう。

また、23歳という年齢は就業経験が無くても十分に「若さ」を武器にしていくことができます。

就業経験がない、もしくはフリーターしか経験がないという方でも、在学中に学んだ事や、前職で身につけたスキルや経験・知識があれば積極的にアピールしていきましょう。

また、全く就業経験がなかったとしても、前向きな姿勢、

  • 「なぜこの会社に入りたいのか」
  • 「この会社で具体的にどんな事をしていきたいのか」

がしっかり面接官に伝われば、就業経験の有無に関して悩む必要はありません。

むしろ、1社目であるからこそ長く働いていきたい!という意思が23歳の既卒の方々に見えると更に面接官は安心です。

23歳・既卒の就活では転職エージェントはマスト!

結論を言うと、23歳の既卒の就活に転職エージェントは不可欠です。

むしろ自分がやりたいと思った仕事になるべく最短で就職したいと考えている方にとって、年齢に関係なく転職エージェントを利用する事は非常に重要です。

そしてまだまだ、23歳という「若さ」は世間的にも

  • 「成長できる」
  • 「可能性がある」

と考えられています。

しかし、人気の企業や採用人数が少ない企業に応募する際、希望した求人によっては一般の中途採用者と競う可能性もあることを念頭に置いておかなければいけません。

そのため、23歳の既卒であることの強みを生かせるエージェントである必要があります。

大手のエージェントでは大量の求人を渡されておしまいか、そもそも求人紹介ができないパターンもあります。(実際に公式サイトに記載しているエージェントもあり)

つまり、就職Shopやジェイックといった評判や実績の高いエージェントの利用が必須です。

▶︎【無料】就職Shopに書類選考なしの無料求人を紹介してもらう

▶︎【無料】ジェイックで研修を受けながら書類選考なしの求人を紹介してもらう

注意!ブラック企業に入らないようにする為に

23歳で既卒として就活をしていこう!と思った時、一旦冷静になってブラック企業に巡り会ってしまい、そこに入社してしまう可能性もあるという事を忘れてはいけません。

例えば、求人の募集要項に

  • 「未経験歓迎!」
  • 「学歴・職歴・経歴不問!」
  • 「既卒・第二新卒歓迎」

と記載してある企業の中にはブラック企業も混じっているかもしれない…という認識を持たなければいけません。

ブラック企業に入ってしまうと、せっかくの「若さ」を推して入った企業でも、心身ともに疲弊して退職…という最悪のケースになってしまいます。

その場合、職歴に傷がついてしまい次回以降の転職に悪い意味で響いてしまいます。

正直、僕は転職回数3回であり、かつ特別なスキルを持っていなくてもあまり転職活動で苦労した経験はありません。

しかしそれでも安易に転職回数を重ねるのは良くありませんし就活中にも転職回数が多いのを良しとする企業は多くありません。

それを避けるためにも転職サイト単体で求人を探すより、「求人の詳細な情報(労働環境・人間関係・給与詳細など)」を把握している転職エージェントを使う方がこのリスクをほぼ避ける事ができます。

一方、エージェントを利用した際の担当者の対応には注意しておきましょう。

勘やフィーリングって大事!?

実際に企業に足を運んだときに「あれ?なんか違うな…」というフィーリングも大事にしてください。

僕も実体験で、すぐ内定をもらえたIT系の企業には「なんか違うんじゃないか…?」というフィーリングで内定を辞退しています。

実際、転職サイト経由で見つけ、辞退した企業はあまり評判が良くありませんでした。

ですので、転職エージェントからデータとして得られる情報ももちろんですが、自分の「勘」も大事にしてくださいね。

あわせて読みたい
26歳既卒は人生終わり?ニートでも就職を成功させる方法とは? 26歳は20代の折り返し地点として大事な時期になりますが、これから既卒として就活をしていこうと考えている方の悩みはさまざまで...

転職エージェントをオススメする理由は他にもあります!

なぜ僕が転職エージェントをこんなにもオススメするのかというと、

上記の他にも理由として

  • 面接終了後にバックアップを行ってくれる!
  • 面接時の質問内容を教えてくれる!
  • 履歴書・職務経歴書の書き方、面接対策も行ってくれる!
  • スケジュール管理も全てお任せできる!
  • 既卒の就職に関する不安や悩みについて相談に乗ってくれる!

が挙げられます。

特に面接時のフォローに関して、面接で伝え忘れた事や言い足りなかった事があると面接終了後に転職エージェントのコンサルタントがフォローしてくれる事があります。

これにより、再度面接を設定してくれたり、不採用となった場合でも自分のよかった点・悪かった点を教えてくれるので次回以降の選考に非常に役に立ちます

このサポートを受けるかどうかで内定率が大きく変わってくるので、既卒の人はぜひ受けることをおすすめします。

23歳・既卒で使いたい転職エージェントはこちら!

転職エージェントのコンサルタントも人ですので、個人によって「合う合わない」が出てきます。

従って、複数の転職エージェントに同時登録する方法が必須です。

そして、自分に合いそうな求人、コンサルタントを見つけたらそこ1社に絞って就職活動をしていくと、エージェント自体の管理も楽に済みます。

下記で紹介する23歳・既卒向けのエージェントでは利用が必須なものの、モチベーションを保ちながら進めていく必要があります。

そのため、一番は「現状を変えていく」というあなた自身の強い気持ちが必要です。

僕がそうであったように「焦って闇雲に」就活を進めてしまうと、かつての僕のように退職を重ねてしまう事にもなりかねません。

もし折れそうになった場合も、以下のエージェントの担当者へと相談すれば、モチベーションを維持しながら就活を進められます。

書類選考なしの優良求人のみを紹介:就職Shop

■対象地域 東京・千葉・埼玉・神奈川・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・兵庫・奈良・滋賀
■対象年齢 18歳〜29歳まで

就職Shopは

  1. コンサルタントの質
  2. 求人の質(就職氷河期に備えるなら今がベスト!)
  3. サポートの質(2020年3月27日以降、首都圏は電話面談にも対応)
  4. 業界最大手、リクルート社のバックボーンがある事による安心感

も段違いに高く、18歳から30歳まで対応可能であり書類選考なしで一次面接からスタートします。

その為、マイナビジョブ20’sに並ぶ、既卒・第二新卒が是非利用したい、人柄重視の優良・ホワイト企業ならお任せのエージェントと断言できます。

↓今すぐ優良求人を紹介してもらう↓就職Shopの公式HPはこちら

18〜34歳までの転職サポート!社会人になってから役立つ無料研修付き:ジェイック

ジェイックのトップ画像
■対象地域 東京、横浜、大阪、名古屋、福岡、仙台、広島、神戸、京都、北九州、岡山、千葉、静岡、熊本
■対象年齢 18歳〜34歳まで

ジェイックは

  1. ニート・既卒・未経験・フリーター・第二新卒に対し、書類選考なしで求人紹介
  2. 自力で就職した場合の成功率48.9%→ジェイックでは81%以上の成功率
  3. 新入社員の教育をしっかり行う優良企業のみを紹介
  4. 担当スタッフの一貫したサポートに強み、23,000人以上の支援実績あり

といった特徴があります。

同時に無料で受けられる就職支援講座というサポートもあり、初めて就職する人でも安心して厳選された企業で働くことができます。

↓30秒で無料登録完了!↓
ジェイックの公式HPはこちら

あわせて読みたい
22歳高卒(既卒)引きこもりが職歴なしでも就活を成功させる方法とは 22歳で既卒として就活をしていこうと考えている人は、高卒・専門卒・大卒関わらず、卒業後フリーターや就職しなかった、在学中に就...
あわせて読みたい
25歳既卒フリーターは就職できない?おすすめの転職エージェントとは? 25歳・既卒での就活は25歳という20代の折り返しの年齢であるため、就職が決まっていない場合はどうしても焦りを感じやすくなります。 ...
\コロナ禍でも丁寧に積極サポート!/
就職Shopの無料登録はこちら
20代限定!書類選考なしの優良企業多数!
就職Shopの無料登録はコチラ