既卒・第二新卒に特化!おすすめエージェントランキングはこちら
年齢別に既卒の就活をご紹介!

22歳高卒(既卒)引きこもりが職歴なしでも就活を成功させる方法とは

アライ
アライ
今回は「22歳既卒就活」について解説していきます。

22歳、僕も新卒で入った企業を3ヶ月で退職していますが、現在は正社員としてホワイト企業に就く事ができています。

従って、短期離職である僕でさえホワイト企業に就く事ができたので、既卒の皆さんももちろん正しい就活を行えばホワイト企業に就職する事ができます!

22歳で既卒として就活をしていこうと考えている人は、高卒・専門卒・大卒関わらず、卒業後フリーターや就職しなかった、在学中に就職先を決めなかった人が多いのではないでしょうか?

とくに、就職に一度挫折した場合、期間を問わず「引きこもり」となる瞬間がやってきます。しかし、ここから脱出するためには行動しなければずるずるといってしまいます。

とはいえ、さまざまな理由で22歳で既卒となりこれから就活を進めていこうと思っても、

  • どう進めれば良いかわからない
  • つい周りと比較してしまい思うように腰が上がらない
  • バイト先の居心地がよく、なかなか就活に前向きになれない

と考える人も少なくありません。

そして、22歳という若さを生かして就活を成功させることができなければ、そのまま年月が経ってしまい、「気づいたときには手遅れになっていた」というケースとなる可能性もあるのです。

そうならないようこの記事では22歳の既卒の引きこもりはもちろん、フリーターやニートが就活を成功させる方法について解説していきます。

22歳で既卒の就活における大きな悩み

22歳既卒の人の悩み・不安で特に多いのは以下の内容です。

  • 22歳既卒の就活って上手くいくのかな…
  • 新卒で仕事が見つからなかったって企業からしてどうなの…?
  • 転職エージェントって大卒以上の人が使う暗黙の了解、イメージがありそう…
  • 既卒できちんとしたホワイト企業に就職できるの?

このように既卒の就活が本当にうまくいくのかと、不安になる人もいます。

しかし、思っている程既卒の就活に苦労しなかったと思う方や、やってみたい職種に就職できたという方は実は結構いるのです。

また、22歳でも「若さ」を武器にして就活を進めていくと学歴や職歴、職務経験年数を気にしない企業は意外と多いことがわかります。

それでは早速下記で22歳で既卒として就活を成功させる秘訣や注意事項を解説していきます!

既卒・22歳で就業経験無しは就職できない?

就業経験が22歳で全然ないけど平気なの?

と考える方に是非お伝えしたいのが、

実は22歳は既卒での求職者全体で見た時にはかなり若い部類に入ります。

下のデータを見てください。

厚生労働省若年者雇用対策室による「平成28年度全国キャリア・就職ガイダンス」によると全国の既卒の方は

・【新規大卒者等(4月1日現在)】就職希望者のうち、内定が得られていない者:1.8万人(前年同期1.1万人減)

・【新規高卒者(3月末現在)】 就職希望者のうち、内定が得られていない者:0.2万人(前年同期比同数値)

となっており、毎年減少傾向にありつつも全国で2万人、新卒で就職先が決まっていない既卒の人がいることになります。

さらに、既卒の方々は「新卒で内定が得られていない」だけではなく、前年度以前に既卒となっている方々も各年齢毎に含めると、既卒者数は上記の数以上に増加します。

こうしてデータで見ると、既卒で不安を抱えている方々はかなり多くいらっしゃる事がわかります。

従って、まず既卒で悩んでいるのは自分だけではなく、不安になる必要はないということ、

それと同時に、同じ目的に向かって邁進するライバルも存在するという事を把握しておきましょう。

22歳は就職・転職市場では若い!

また、22歳という年齢は就業経験が無くても十分に「若さ」を武器にしていけます。

たとえば、面接の選考の場面でを想定すると、以下のようなシーンが考えられます。

22歳既卒が面接でアピールできる内容とは

バイトしか経験がないという人でもそこで身につけたスキルや経験・知識があれば積極的にアピールしていけます。

また、全く就業経験がなかったとしても、高校・専門・大学時代に学んできたことや、前向きな姿勢、

  • 「なぜこの会社に入りたいのか」
  • 「この会社で具体的にどんな事をしていきたいのか」
  • 「将来どうなっていたいのか」

がしっかり面接官に伝われば、就業経験の有無に関して悩む必要は全くありません。

むしろ、1社目であるからこそ長く働いていきたい!という意思が22歳の既卒の方々に見えると更に面接官は安心です。

また、22歳は就職・転職市場では非常に若い年齢なので、就業先でも戦力となるための教育を前提として採用する企業が多いのも事実です。

あわせて読みたい
21歳既卒のフリーターやニートが就活を成功させるには?求人の探し方も紹介 21歳で既卒になってしまい、将来に漠然とした不安を抱えているのであれば、早いうちに現状を変えなければいけません。 ...

22歳・既卒の就活では転職エージェントはマスト!

結論を言うと、既卒の就活に転職エージェントは不可欠です。

そしてまだまだ、22歳という「若さ」は世間的にも

  • 「成長できる」
  • 「可能性がある」

と考えられています。

しかし、人気の企業や採用人数が少ない(門戸の狭い)企業に応募する際は、

他の既卒・第二新卒、希望した求人によっては一般の中途採用者と競う可能性もある事を念頭に置いておかなければいけません。

従って、22歳の既卒の方々は状況に応じて下記の通り、既卒や第二新卒に特化した転職エージェントを利用しましょう!

特に、就職Shopやジェイックといったエージェントであれば、既卒の就活に失敗することはまずありません。

▶︎【無料】就職Shopに書類選考なしの無料求人を紹介してもらう

注意!ブラック企業に入らないようにする為に

22歳で既卒・第二新卒として就活をしていこう!と思った時、一旦冷静になってブラック企業に巡り会ってしまう可能性もあるという事を忘れてはいけません。

つまり、求人の募集要項に

  • 「未経験歓迎!」
  • 「学歴・職歴・経歴不問!」
  • 「既卒・第二新卒歓迎!」

と記載してある企業の中にはブラック企業も混じっているかもしれない…という認識を持たなければいけません。

ブラック企業に入ってしまうとせっかくの「若さ」を推して入った企業でも心身ともに疲弊して退職…とい最悪のケースになってしまいます。

その場合、職歴に傷がついてしまい次回以降の転職に悪い意味で響いてしまいます。

正直、僕は転職回数3回であり、かつ特別なスキルを持っていなくてもあまり転職活動で苦労した経験はありませんが、それでも安易に転職回数を重ねるのは良くありません

それを避けるためにも転職サイト単体で求人を探すより、「求人の詳細な情報(労働環境・人間関係・給与詳細など)」を把握している転職エージェントを使う方がこのリスクをほぼ避ける事ができます。

必ずと言い切れないのは、

  • 転職エージェントにもブラック企業が完全に0ではない事
  • 個人によってブラックかホワイトかの基準も異なる

からです。

また、実際に企業に足を運んだときに

あれ?なんか違うな…

というフィーリングも大事にしてください。

「何か引っかかる…」勘やフィーリングは大事

管理人の実体験で、すぐ内定をもらえたIT系の企業には「なんか違うんじゃないか…?」というフィーリングで内定を辞退しています。

実際、僕が転職サイト経由で見つけ、辞退した企業はあまり評判が良くありませんでした。

ですので、転職エージェントからデータとして得られる情報ももちろんですが、自分の「勘」も大事にしてください。

転職エージェントをオススメする理由は他にもあります!

なぜ転職エージェントをこんなにもオススメするのかというと、上記の他にも理由として

  • 面接終了後にバックアップを行ってくれる
  • 面接時の質問内容を教えてくれる
  • 履歴書・職務経歴書の書き方、面接対策も行ってくれる
  • スケジュール管理も全てお任せ!
  • 転職に関する不安や悩みについて相談に乗ってくれる

が挙げられます。

特に面接時のフォローに関して、面接で伝え忘れた事や言い足りなかった事がある…このようなケースであっても、面接終了後に転職エージェントのコンサルタントがフォローしてくれる事があります。

これにより、再度面接を設定してくれたり、不採用となった場合でも自分のよかった点・悪かった点を教えてくれるので次回以降の選考に非常に役に立ちます

他にも給料の交渉や入社日、エージェントによっては現職の退職方法についてもアドバイスをもらう事ができます。

あわせて読みたい
【就活】23歳既卒は人生詰んだのか?やり直すために必要な就活方法とは? 23歳・既卒での就活に関して、一番の懸念点は学歴問わずに卒業後フリーターや就職しなかった、在学中に就職先を決めなかった人...

22歳・既卒で使いたい転職エージェントはこちら!

転職エージェントを利用する際、コンサルタントも人ですので、個人によって「合う合わない」が出てきます。

従って、「複数の転職エージェントに同時登録する方法」が必須です。

そして、自分に合いそうな求人、コンサルタントを見つけたらそこ1社に絞って就職活動をしていくと、転職エージェント自体の管理も楽に済みます。

それでは、下記で22歳で使いたい既卒向け転職エージェントをご紹介します!

既卒・第二新卒の就活は新卒時のそれとは大きく異なりますので、何も考えずに就活を進めてしまうと、かつての僕のように転職回数を重ねる事にもなりかねません。

そのため、転職エージェントは必ず下記のような「実績のある」転職エージェントを利用しましょう!

書類選考なしの優良求人のみを紹介:就職Shop

■対象地域 東京・千葉・埼玉・神奈川・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・兵庫・奈良・滋賀
■対象年齢 18歳〜29歳まで

就職Shopは

  1. コンサルタントの質
  2. 求人の質(就職氷河期に備えるなら今がベスト!)
  3. サポートの質(2020年3月27日以降、首都圏は電話面談にも対応)
  4. 業界最大手、リクルート社のバックボーンがある事による安心感

も段違いに高く、18歳から30歳まで対応可能であり書類選考なしで一次面接からスタートします。

その為、マイナビジョブ20’sに並ぶ、既卒・第二新卒が是非利用したい、人柄重視の優良・ホワイト企業ならお任せのエージェントと断言できます。

↓今すぐ優良求人を紹介してもらう↓就職Shopの無料登録はこちら▶︎

あわせて読みたい
すぐわかる!20歳既卒のフリーター、ニートが就活を成功させる方法とは? さまざまな理由で20歳で既卒になってしまいこれから就活を進めていこうと思っても、 どう進めれば良いかわからない ...
あわせて読みたい
【必見】24歳大卒・高卒ニートの既卒が失敗しない就活の方法とは? 24歳・既卒での就活は、新卒や周りの環境などと比較してしまい、自己嫌悪に陥りがちです。 実際に僕自身も24歳で複数...