既卒・第二新卒に特化!おすすめエージェントランキングはこちら
在職中の方々はこちら

【それでいいの?】新卒より給料が低い、生活できない程年収・給料が少ない時に考えたい事

<この記事を読んだあなたが得られるメリット>

  • 年収や給料が安いことが原因で起こる弊害と、その解決方法がわかる!

私の年収低すぎない…?やりがいよりお金が大事?

アライ
アライ
あなたが今現在勤めている会社給料はどうでしょうか?
仕事に「本当にやりがいだけ」を求めるのはアリ?ナシ?という事について下記でまとめました。

高校・専門・大学・大学院を卒業し、

新卒で入った会社に勤めていてこう思った事はありませんか?

  • あれ?年収低くない?
  • 月収がこれって…給料安くない?
  • これ昇級してんのかなほんとに…?
  • 働いた分の給料に見合ってないよ…?

実際に入社3年以内であっても上記のように考える方々は多くいらっしゃいます。

(10ペリカ=1円です笑)

年収や給料は働いていく上で一番重要なものと言っても過言ではありません。

仕事において

「年収や給料も高くてやりたい仕事ができている」

という状態が肉体的・精神的にも一番ですが、

中々両方を最初から叶える事が難しいものです。

そこで、例えば人生という長い目で見た場合

  • 「給料は低いけどやりたい仕事」
  • 「給料が高いけどやりたくない仕事」

を天秤にかけてみると年齢が上がるにつれ、

特に家庭が出来たりすると後者の方を選択せざるを得なくなります。

従って、この新卒・既卒・第二新卒である20代のうちに

将来のキャリアプランを練っていく事が重要になります。

20代の若いうちにやりたい仕事を経験そしてキャリアやスキルを形成しながら、

年収アップや給料アップを実現していきたいですよね。

では、実際給料に不満を持っている新入社員(入社3年以内対象)はどのくらいいるのでしょうか?

入社3年以内の会社員が思う給料の不満とは?

むすび株式会社調べによる入社3年以内の全国の会社員332名に対して行ったアンケートによると、

会社に不満を持っている会社員が70%(234名)近くいる事がわかっています。

更に、その会社に対する不満トップ3は、

  1. 給料が低い:60.3%
  2. 労働時間が長い:50.9%
  3. 上司に問題有り:33.3%

となっています。

ちなみに、

同じく「会社に対して不満を持っている」234名に不満を感じた時期について、

アンケートをとったところ、下記の結果となっています。

  • 入社から1週間以内…15.0%
  • 入社から1ヶ月以内…20.5%
  • 入社から3ヶ月以内…14.1%
  • 入社から半年以内…15.8%
  • 入社から1年以内…15.0%

そして「会社に対して不満を持っている」方の80%近くが、

会社に対して1年以内に不満を持っている事がわかっています。

こうしてみると、

給料に関して会社に不満を持っている方々はかなり多くいらっしゃる事がわかります。

年収・給料が大事な理由とは?

年収や給料が大事であるという理由をここで一度おさらいしておきましょう。

年収・給料が高いと下記のメリットが挙げられます。

  1. 自分の好きなものや欲しいもの、必要なものに至るまで買う事ができる。
  2. 心の余裕が生まれる
  3. 交友関係が広まる事により、チャンスが生まれる
  4. 仕事に対しても前向きになれる

逆に年収や給料が低いと上記のメリットとは全く正反対となり、

自分の生活や人生に悪影響が出てしまいます。

特に人生の大半を費やす仕事の面に関していえば、

全くモチベーションも上がらない状況が続くとどうしてもネガティブになってしまい、

精神衛生的にも非常に良くありません。

あなたの会社は大丈夫?年収・給料を探る3つの方法

もし、総務部や財務管理の部署に所属している場合は、

自分の会社の従業員がどのくらいもらっているのか把握する事ができますが、

そうでない部署の方々も多いのではないでしょうか?

そこで、自分が所属する会社の年収や給料について探る為に、

僕も行ってきた方法3つをご紹介します。

1.上司が結婚しているかどうか、子供の有無は?

これは非常に大きなポイントとなります。

年収が低くては家庭を養う事も出来ませんし、そもそも結婚も出来ません。

全ての会社がそうであると言い切る事は出来ませんが、

上司の未婚率が多い場合は

年収が低いのかな?

と疑う判断材料にもなります。

そして、上司の何気ないプライベートな会話

(趣味の話、家を買った、車を買った、etc…)

などからも大体の年収や給料を判断する事もできます。

また、上司や先輩がしている腕時計や服装にも注目してみましょう。

  • あまりに安い時計ばかり身につけていないか?
  • 服装がだらしなくなっていないか?
  • 靴の状態はどうか?

などがチェックポイントですので、

「今まで気にしていなかった」という方はチェックしてみましょう。

2.会社の行事、飲み会などでお金の徴収があるかどうか?

会社全体としてお金の余裕があると、

オフィシャルな会社の行事や飲み会は会社が負担してくれる場合がほとんどですが、

中には、従業員からカンパ金をむしり取る会社も存在します。

お金徴収するならやらなきゃいいのに…

と思うかもしれませんが僕も本当にそうだと思います。

また、仕事終わりに飲みに誘ってきた先輩から「割り勘ね」と言われたことはありませんか?

1度なら百歩譲って大目に見ても、それが何度も続く場合は、

「この人お金持ってないのかな?」
→「年収や給料が低いのかな?」

と考える必要があります。

3.直接聞く

これは中々難易度が高いかもしれませんが、

一番手っ取り早い方法でもあります。

流石に普段の時に聞くのは厳しいので、

上司や先輩との飲み会でお酒が入っている時に聞くのが一番安全でしょう。

僕はこの方法を使って、上司・先輩のざっくりとした年収を聞き出す事に成功しました。

年が近い先輩であれば、何かの行事があるときに聞くのもオススメです。

例えば、僕はある年の近い先輩と社員旅行で同じ部屋になった時に聞いたりもしました。

※重要※年収が低いとどうなる…?

年収が低いと上記でご紹介したプラスの側面とは逆に、

  • プライベートが充実できなくなる
  • 生活水準が変わらない
  • 生活する為に働くことになるので仕事のモチベーションが上がらない

このような弊害があります。

給料が低いと必然的に使えるお金が減るので毎日の食事を節制しなければならなかったり、

友達や恋人と遊ぶのにもお金のことを気にしてしまうので非常にストレスとなってしまいます。

もちろん節約は大事ですが、給料が安い・低いことによって人間関係がギクシャクしてしまっては非常に損ですよね。

その為現在の会社での給料が少なすぎると考えているのであれば、

ものすごく給料が良い会社に転職するということではなく、

頑張りに見合った分の給料がもらえる会社への転職も視野に入れることをオススメします。

特に年代ごとの平均年収(20代前半の平均年収は248万円、20代後半は344万円)を、

下回っているようであればすぐにでも転職を考えることが必須です。

どう考えても年収低い…第二新卒として年収UPの転職を考える

上記のように年収や給料に関して「少ない・低い・安い」もしくは、

年収の伸び幅を感じないと感じた時に、

すぐに転職をするかどうかは下記の基準を判断材料にしましょう。

  1. 普通の生活を送るのにも厳しい…
  2. 今の会社・仕事がブラックである…

そして、上記の判断基準にあなたが当てはまる場合は、

第二新卒としてすぐに転職活動を始めたほうがいいでしょう。

今、この現段階ではあなたは「企業に在職」し、身分が保証されている状態ですので、

在職しながらの転職活動をオススメします!

しかし、

仕事が一杯一杯で転職活動に当てている時間が…
履歴書や職務経歴書も書き方とか分からないし…

という方々にオススメなのが、

転職エージェントの利用です。

なぜ僕が転職エージェントをこんなにもオススメするのかというと、

下記の理由が挙げられます。

  1. 面接終了後にバックアップやフォローを行ってくれる!
  2. 面接時の質問内容を過去の事例から教えてくれる!
  3. 履歴書・職務経歴書の書き方、面接対策もバッチリ行ってくれる!
  4. スケジュール管理も全てお任せ!
  5. 第二新卒の転職に関する不安や悩みについて相談に乗ってくれる!

特に面接時のフォローに関して、面接で伝え忘れた事や言い足りなかった事がある…

このような経験はありませんか?

そんな時、面接終了後に転職エージェントのコンサルタントがフォローしてくれる事があります。

これにより、再度面接を設定してくれたり、

不採用となった場合でも自分のよかった点・悪かった点を教えてくれるので

次回以降の選考に非常に役に立ちます

また、自分一人では中々しづらい給与交渉も行ってくれます。

今現在所属している企業と年収を比較し、年収の交渉もコンサルタントが調整してくれるので、

次の企業に新しく入社して「あれ?私の年収低くない…?」状態を避ける事ができます。

どんな転職エージェントを使えばいい?

第二新卒で年収や給料アップをしていきたいと考える方々は、

どんな転職エージェントを使っていけばいいかというと、

スキル・実績・経験の有無を持っているかどうかで少し変わってきます。

  1. 突出したスキルはないけど、とりあえず年単位での就業経験がある第二新卒の方々
  2. 語学力や前職の実績、年単位での職歴があり、次の転職先でもそれを活かしていきたい第二新卒の方々

簡単に解説していきます!

①年単位の職歴がある第二新卒の方は

第二新卒に特化した転職エージェントを中心に、大手転職エージェントにも登録してみてもいいでしょう。

なぜかというと、

①に当てはまる方々は、

「年収アップ、そしてホワイト企業に就く為に今すぐにでも転職をしたい…けどずば抜けたスキルも特に…」

と考えているかもしれませんが、

短期離職とはいえ年単位の職歴を持っている事は十分にアピールできます。

また、年収を上げるために多くの求人に出会い選択肢を広げるという意味から、

扱っている求人数も多い大手転職エージェントをオススメする理由があります。

②年単位の職歴もあり、スキルや実績に自身がある方

②に当てはまる第二新卒の方々は、

大手転職エージェントをメインに登録して、

転職活動にチャレンジしてみてもいいかもしれません。

②の第二新卒の方々は、若さもあり、

かつ実績や語学力などのスキルを持っている事によって、

他の一般の中途採用の方々とも渡り合える力を持っています

ですので年収UPももちろん狙えます!

<番外編コラム:実は「フィーリング」って大事?>

ただし、①・②どちらの第二新卒の方々も転職エージェントを利用し、応募した企業で「なんか違うな…?」と感じた場合は、自分のフィーリングを信じてください。

僕自信転職活動の際に面接で訪問した企業は数多くありましたが、何か違和感を感じた企業はだいたいブラックの可能性がある企業でした。

もしわからないことがあれば、コンサルタントに直接確認してみるのもいいですね。

※転職サイト単体で探すよりもブラック企業に巡り会う確率は低いですが、それでも100%ホワイト企業を紹介してもらえるかという部分については、個人の考え方にもよるので一概に言う事はできません。

例えば、

キャリアに自信がある方
リクルートエージェント(リクルート運営)

キャリアに自信がない方
マイナビジョブ20’s(マイナビ運営)

といったエージェントを使うことで、より高待遇の企業を探すことを強くお勧めします!

年収アップを目指す方が使いたい転職エージェント!

下記でそれぞれのシチュエーションに合わせたオススメ転職エージェント4選をご紹介します!

あなたはずっと給料の低い会社で働き続ける事で、「やりがい搾取」されていませんか?

もし、

  • 一般的な新卒よりも給料が低い
  • 給料が上がる見込みが無い

と感じているのであればすぐにでも「転職活動」から始めましょう!

あなたの転職活動が成功することを陰ながら応援しています。

大手のノウハウはそのままに20代の就活に特化!「マイナビジョブ20`s」
大手転職エージェントの「マイナビ」が展開する20代(第二新卒の方々ももちろんOK!)に特化した転職エージェントです!

この転職エージェントを利用すると、

  • マイナビを母体とした業界最大手の転職サポート
  • 20代ならではの悩みに応えた適切な求人の紹介

が同時に受けられる、既卒・第二新卒の就活には利用が不可欠と言っても過言ではありません。

転職するかどうかの相談だけでもできるので、登録してみてまずは自分の抱えている悩み、不安を相談してみましょう。

↓今すぐ優良求人を紹介してもらう↓マイナビジョブ20’sの公式HPはこちら

なお、口コミ・評判・レビューに関してはこちらからチェックできます!

 

全国対応!数多くの求人からあなたにあった就職先を選ぼう!「リクルートエージェント」
転職成功実績で業界ナンバー1を誇る実力派の大手転職エージェントです。

「転職を考えてるけど、正直なかなか踏み出せない、このままでいいのだろうか…」と考える方(転職検討段階の方)にとっても、

まずは相談に乗ってもらえる事で、転職に関する悩みや不安を打ち明けて最善の方法をコンサルタントが提案してくれます。

年間で10万人が利用する評判のエージェントです!

↓今すぐ優良求人を紹介してもらう↓リクルートエージェントの公式HP

当サイト管理人が集めた口コミでも評価はピカイチ!(口コミ・レビューはこちら!)