既卒・第二新卒に特化!おすすめエージェントランキングはこちら
就職・転職活動の注意

【必見】人材を人財と書く企業は胡散臭いは本当?求人の文言は絶対確認!

<一目でわかる、転職エージェントランキングを用意しました!>

求人の文言はきちんとチェックしよう!

アライ
アライ
今回は既卒第二新卒就活における「求人の文言でチェックするポイント」について解説をしていきます!
求人を見る上で気をつけなければいけない、チェックしなければいけないポイントがあるのを皆さんはご存知でしたか?

これから就活や転職を始めようと考えている皆さん、

転職エージェントや転職サイトを利用して、就活頑張るぞ!

ちょっと待ってください!

実は転職サイトや転職エージェントで紹介される求人の中には、

チェックしておきたい文言やポイントがあるのをご存知でしたでしょうか?

このポイントを見逃してしまうと、求人上はホワイト企業に見えたけど実際は…ということになりかねません。

そこで、今回は管理人も第二新卒として活動してきた経験も踏まえながら、「求人上で見ておきたいポイント」についてご紹介します。

就活前にこの事実を知っておくだけで、ホワイト企業を選別する審美眼を身に付けることができます。

それでは早速いきましょう!

↓当サイトからの登録者数が多いエージェント↓

「人材」を「人財」と記載する企業は胡散臭い?

僕自身も就活をしていた頃に出会った文言の一つで、

「人材」を「人財」と書いている求人を見かけたことが何度かあります。

この「人財」と言う表記に気をつけなければならない理由の一つとして、

後でその企業の評判を調べてみると、ブラックな評判が多いことがあるからです。

これには諸説ありますが、

やはり元々人材を大切にしている企業は「人財」という表記をしなくても、

給料や待遇で社員の満足がいく労働環境を提供しています。

なんとなく、「財」の字の方が印象がいいと思う方もいらっしゃると思いますが、社員として働くに当たって重要なのは

  • 待遇
  • 労働環境

ですよね?

優良企業と呼ばれる企業は社員に対して、

求人に関してもわざわざ「人財」と表記しなくてもしっかりとした待遇を施しています。

そして、最近の風潮ではこの「人材」に関して

  • 「人材」…実績は無いけれども成長が期待できる社員、普通の社員。
  • 「人罪」…実績もなく成長もできない社員。もしくははモチベーションもスキルも低く、そこにいるだけで迷惑な社員
  • 「人在」…実績はあるっても、それ以上の成長が無い社員。もしくはただ居るだけの人。
  • 「人財」…実績もあり、成長が期待できる社員。あるいはモチベーションもスキルも高い企業の財産

このように4つの表記に分ける事があります。

求人は基本的には魅力的な文言を多く掲載するので

「人罪」や「人在」のような表記は見かける事はありません。

しかし「人財」の文言を見かけたら、

その企業の待遇や労働環境も良くチェックして見る事をオススメします。

給与面に関しての表記にも違いがある!

月収と月給の年棒の違いについてもここで抑えておきましょう。

特に月収と月給の違い、皆さんは説明できますか?

実はこれらの言葉には次のような違いがあります。

  • 月収…月給にプラスして諸手当やインセンティブが加算された総支給額の事
  • 月給…一般的には月々に支払われる額が決まっている給与。基本給に諸手当を含んだものであり、欠勤や早退などで減額されないもの。
  • 年棒…賞与を含んだ年収を計算、それを12等分して毎月支払う給与形式。

例えば、求人票を見て注意しなければならない点は月収がやたら高いケースです。

つまり、月収は「月給+諸手当やインセンティブ」なので、

月収がやたら高い場合は月給が非常に低く設定されている可能性があります。

また、年棒は基本的には賞与も含んでいる事も気をつけましょう。

社会保険についても表記の違いが?

「企業に就職した際には必要な社会保険全てになんとなく加入するようになっているのでは?」

そうお考えの方々が多いと思いますが、

実はこの社会保険に関する表記でも次のような違いがあるのです。

  • 社会保険あり…雇用、労災、健康、厚生年金の4つの保険のうち、いずれかの保険に加入していることを指す。
  • 社会保険完備…雇用、労災、健康、厚生年金の4つの保険全てに加入していることを指す。

「社会保険あり」の表記は「全ての保険に加入する」と勘違いしやすいポイントですので、

紛らわしいですがしっかり把握しておきましょう。

「社会保険あり」と記載の求人に入ってみたら、

社会保険が完備されていなかった…そんな事態にもなりかねません。

他にもこのような紛らわしい表現には気をつけよう!

求人を見る上でのポイントの一つとして、

やたらと長いカタカナ横文字の職種の表記には気をつけましょう。

例えば、

  • 「〇〇デザイナー」
  • 「〇〇コンサルタント」
  • 「〇〇プランナー」

など、一眼でその職種が何をする職種なのか把握できない場合が該当します。

このように表記することで実際の業務内容をぼかし、

実際の仕事は「何でも屋」であることが多いのです。

もし、このような表記の求人を見かけたら要注意です。

この表記をしている企業に入社を希望している場合は、

早い段階で業務内容について面接時などに質問をしてはっきりさせておくことが重要です。

求人の見方についてまとめ

既卒・第二新卒での就活では絶対にブラック企業は避けたいので

上記のような求人の表記について細かいところまでチェックする必要があります。

特に転職サイト単体で就活をしようと考えている方々はより注意が必要です。

その為、募集要項の怪しい表記がある場合はあやふやにせず、

必ず確認することを心がけましょう。

もしくは、今まで転職サイト単体で就活をしていた方々は

「転職エージェント」を使って就活をすることも視野に入れたいですね。

僕自身も第二新卒としての就活は最初は転職サイト単体でしたが、

現在の企業は転職エージェントを通して入社したホワイト企業です。

もし、あのまま転職サイトのみで就活をしていたらこんなホワイト企業には巡り会えなかったかもしれません

ブラック企業が嫌だから退職したのに、転職先もブラック企業だった…

このような事態を回避する為に転職エージェントの利用は必須です!

  • 「これから就活を始める」
  • 「就活の仕方を見直したい」

と考えている方々は求人の募集要項だけではなく、

そこで使われている言葉や単語にも注目してみましょう!

<「人財」と求人に書いている企業は胡散臭い?のまとめ>

  • 結論:胡散臭い→優良企業は人財と記載しなくてもその分の待遇を社員に還元しているから
  • 月収と月給の違いに注意!
  • 社会保険あり、社会保険完備の違いに注意!
  • カタカナで記載されたよくわからない職種には気をつけよう!

<より正確に求人情報を把握する方法まとめ>

転職エージェントを利用しよう!
なぜ?→求人の表面的な情報だけではなく、社内の雰囲気や労働環境、残業時間など求人票を眺めているだけでは入手できない情報を持っているから。

【実話】職歴ボロボロ…こんな僕でもホワイト企業に転職できた理由

前の会社を短期間で辞めちゃってから転職活動始めたけれど、中々上手くいかないよ…。応募しても書類選考落ちとか面接でも最終面接までいかないし、正直嫌になってきた…。

アライ
アライ
確かに選考に落ち続けると自信がなくなってきてしまいますよね。実は僕も第二新卒の転職を経験して全く同じことを思ったんですよ。でもある方法を利用して、ホワイト企業で自分のやりたいことを叶えることができたんです。
え!?それってどんな方法なの??

アライ
アライ
これは推測ですが、転職サイトに登録をして、そこから興味を持った求人に応募して…という転職活動をしていませんか?実はそれよりも転職エージェントを利用した方がはるかに効率的で、入社後のミスマッチも少ないんですよ。
そうなんだ…!でも転職エージェントって色々あるよね?アライさん、第二新卒にオススメの転職エージェントってどこか無いかな?
アライ
アライ
わかりました!お任せください!詳しくはこちらでご紹介していますが、複数のエージェントに相談すると、自分では気づかなかった強みや向いている求人を見つけることができ、選択肢を広げられるのでオススメですよ♩

>>できる第二新卒は100%使っている転職エージェント3社<<