既卒・第二新卒に特化!おすすめエージェントランキングはこちら
ニートの悩み

人生終了と考えるニートや引きこもり・無職でもできるおすすめの仕事とは?

ニートは人生終了?のアイキャッチ画像
アライ
アライ
今回はさまざまな事情でニートになってしまい人生終了…と考えている人向けに、社会復帰して現状を変える方法やニートでも就けるおすすめの仕事についてご紹介します!

さまざまな事情でニートになってしまったとはいえ、現状を変えるためには行動しなければなりません。

とくに、素早く現状を変える方法として「就職」が挙げられますが、なかには「経歴やスキルがないのにどう就活すれば良いかわからない」「就活はしたものの書類選考落ちばかりが続いており自信を無くしてしまった」という人も多いのではないでしょうか?

実はニートの人にはニートの就活方法があり、一般の求職者と同じように就活をしても思うように就活は成功しません。

その方法は「ハローワークを活用する」といったようなものではなく、効果的に就活を成功させる別の手法があるのです。

そこで今回は、人生終了と考えているニート、引きこもりや無職が就職を成功させる方法やおすすめの仕事を中心にご紹介します。

  • 結局挑戦しても就職に失敗すると考えている
  • ニートとなてしまい人生終了…とは思っていても現状を変えたい

人はこの記事を読むと、適切な「ニートからの脱出方法」がわかり、自分にマッチした仕事に就ける可能性がぐんと向上します。

多くのニート、引きこもり、無職が人生終了と判断してしまう理由

ニートや引きこもり、無職になるとよく「人生終了」と思い込む人が多くいます。この背景には「一旦ニートとなってしまったら再就職が難しい」という問題があります。

確かにニートとなってしまうと次の就業までに空白期間が空いてしまうので、その期間が長ければ長くなるほど就職・転職が難しくなってしまうという事実があります。

そのため、早めに就職しなければいけないと焦らなくてはいけないものの、希望求人にはなかなか受からない…という悪循環が発生してしまいます。

この負のサイクルが「人生終了」と考えてしまうきっかけにもなるのです。

他にも「無意識に周りと比較してしまう」「優良企業に就職したいが空白期間の説明ができない」ことが挙げられます。

無意識に周りと比較してしまう

一度ニートになってしまうと、「周りは企業でしっかりと働いているのに自分は何やっているんだ」と引け目を感じやすくなります。

この劣等感が無意識に周りと比較してしまうという状態を引き起こします。

もちろん、周りと比較するのはやめて自分の人生に集中する、とよく言われるうえ、事実ではあっても人は周りの目を気にしてしまいます。

実際、相手はなんとも思っていなくても「ニートである自分を実は可哀想だと思っているんじゃないか」と考えすぎてしまったりするものです。

アライ
アライ
僕自身も仕事を辞めて無職になったときは周りとなかなか打ち解けることができなかったり、強気で振る舞ったりしたこともありました。

優良企業に就職したいが空白期間の説明ができない

優良企業を自分で見つけたと思って応募しても、いざ空白期間の説明となると詰まってしまい良い結果を残すことができないと考える人も多いのではないでしょうか?

実際空白期間は短いほど、就活で不利になりにくくなります。だからといって、空白期間ばかりを気にしすぎて就職できればどこでも良いと判断するのは危険です。

仕事に就ければどこでも良いと考えて就職してしまうと、入社した企業がブラック企業だった場合に退職のリスクが大きくなります。

そこで体はもちろん心まで壊してしまうと、さらに社会復帰が難しくなってしまいます。

また、空白期間(年単位)が短ければ優良企業に入れるか?という質問に対しての答えはNOとなります。

よく、「希望している企業にしっかり説明ができれば問題ない」と言われますが、ニート期間であったその説明ができずどうすれば良いのかわからない、結果として…行動する気も起きないというケースに陥りがちです。

アライ
アライ
せっかく求人を見つけたり、受けたりしても結局は自分以上にスキルの高い他の求職者に決まってしまうのでは…と考えると確かに行動する気が起きません。

引きこもり、無職となったニートが人生終了と考える前にまず行うべきこと

実際にニートとなってしまった、マイナスからのスタートであっても、適切な方法をとり順序立てて進んでいけば必ず軌道修正ができます。

ここでの軌道修正とはズバリ「優良企業へ正社員で就職し、継続して勤務すること」と言えます。

ポイントは企業への就職よりも、継続的に就業し続けることの方が重要です。

仮に有名な名だたる企業へ就職できても数ヶ月で退職してしまっては元のニートであった頃よりも、短期離職というマイナスの箔がついてしまい、さらに転職活動がしにくくなります。

そのため、有名な大企業や名だたる企業ばかりではなく、視野を広げることが求められます。

一度は人生終了と考えたニートでも就職先は全然ある

コロナ禍が落ち着きを見せる中、有効求人倍率も戻りつつあるので今日では「就業経験がないニート」「空白期間が長いニート」であっても必要としている企業は数多くあります。

その必要としている企業とは主に中小企業であり、とくに20代であれば教育を丁寧にしていこうという企業が多いのも事実です。

そのような企業は、人を育てる意識のある優良企業である可能性が高く、継続的に働き続けることができると言えます。

人生終了だ…と考えているニートであっても、ここからやり直すことは全く問題なく実現可能と言えるでしょう。

アライ
アライ
僕自身も転職活動のときそうでしたが、未経験可の求人は想像以上に数多くあり、自身で口コミ・評判を調べてみても優良企業なケースが多くありました。

そのため、前向きに開き直ることもときには重要です。

ニートになったことを恥じる必要はない

ニートなことで罪悪感を感じている人も多いですが、働けなくなったのにはしっかり理由があるはずです。

「なんとなく」「やる気が出ない」という理由であっても「なぜ?」を掘り下げると本当の理由が見えてきます。

他にも、病気やさまざまなやむを得ない事情があり、必ずしも本人が原因ではなく、周りの環境が原因なケースもあります。

そのため、一般的に言われているニートに対するマイナスなイメージは全く気にする必要がないうえ、行動次第で未来は変えられるのです。

アライ
アライ
僕が知り合ったニートの人はなんとなくニートになった、公務員試験に落ちて無気力となってしまった、という人がいましたが全員遅かれ早かれ行動を起こして、現在は見違えるほど充実しているそうです。

空白期間を気にしてはいけない

上記で触れた空白期間ですが、前向きに頑張れる気持ちがあるのであれば、企業側からしても空白期間はさほど大きな要因ではありません。

代わりに重要視されるのは今後のビジョンや、自分を変えていく意志です。

よく就職活動の面接において空白期間に触れられ詰まってしまい、半ば圧迫面接のような面接を経験したことがある人もいるかと思います。

しかし、そのような前代的な面接をし、ストレス耐性をチェックしているような企業に入る必要はなく、より人柄をみてくれる企業に入るのが一番だと言えます。

引きこもり、無職のニートでも実力が発揮できる仕事とは?

ではニートにもできる仕事にはどのようなものがあるのか、それは以下の通りです。

  • IT系の仕事(ITエンジニア、Webライター、デザイナーなど)
  • 事務職
  • 技術系エンジニア
  • 過度なノルマを求められないルート営業職
  • 長距離ではない運送業
  • (勉強してきた場合は)経理をはじめとした資格を活かせる仕事

これらの職種はコツコツと目の前のタスクに取り組む姿勢や、細かい作業が好きな人に向いていますが、適切を見極めて判断する必要があります。

逆に向いていないのは、ブラック企業は論外として「体育会系の企業」や「成果主義のぎらついた企業」などはおすすめできません。

僕自身現在ルート営業をしていますが、ノルマはなくじっくり腰を据えて働ける環境に身を置いて現在5年目となります。

アライ
アライ
このような精神的に負担の少ない企業の求人を探すために、僕も実際にジェイックというサービスを利用し、現在の職場を見つけました。

▶︎ジェイックで無料の研修を受けながら優良求人を紹介してもらう

引きこもり、無職、ニートが人生終了から這い上がる最短の方法とは

ニートであっても正しい方法を踏めば確実に社会復帰が可能ですが、これはあくまで「正しい方法」で活動し、すぐにでも行動した人が成功する手法です。

とくに、20代の内であればすぐに立て直しが可能ですが、これが時間が立ってしまい30代になってしまうと、途端に社会復帰への難易度が上がります。

そのため20代であるならばすぐに行動しなければいけません。

しかし「その就活が大変」「何から始めれば良いかわからない」と考えてアクションができないニートの人も大勢います。

したがって、他の求職者と同じような就活方法ではなく、ニートはニートの就活方法で成功させる必要があるのです。

アライ
アライ
つまり、最短の方法とは「どんなニートからでも社会復帰できる実績多数のプロの力を借りる」ことになります。

ニートの就職支援に実績のあるプロに相談してみよう!

実際に就職となると書類選考から面接はもちろん、履歴書作成や面接日程の調整などの作業も必要です。

そのため、いきなりこれらの作業をひとりで始めようとしてもうまくいかないことの方が多いので、「プロ」の力を借りる必要があるのです。

ここでのプロとは「就職・転職エージェント」のことを指します。

このエージェントにも様々な種類があり、20代のニートの就職支援に特化したエージェントを活用し、無料でサポートを受けながら就活していくのがおすすめです。

このように、エージェントには20代ニートに特化したサービスがあり、プロと一緒に二人三脚で就活ができます。

具体的なサポート内容は以下の通りです。

  • 求人紹介・カウンセリング
  • 書類選考対策
  • 面接対策
  • 就職後も困らない、ビジネスマナーやスキル研修(ジェイックのみ!)

これらのサポートを受けるのと受けないのでは就活の成功率が大きく変わります。

また、就活ではモチベーションの維持が重要なので、就活中に俺そうになっても頼れるプロがいるのはありがたいですよね。

あわせて読みたい
【できる既卒は皆使っている!】就活にオススメな転職エージェントランキングトップ3! 既卒の方はここから就活を始めよう! この記事では、簡単にかつわかりやすく「既卒とはどんな人?」をご紹介し、...

スキルや経験を付ければキャリアアップも十分狙える

優良企業への就職が成功した場合、就業先でスキルを身に付けてキャリアアップを狙えます。

実際、キャリアアップしている人のなかには、元々ニートやフリーターであった人も多くいますので、全員が綺麗な、並外れた職歴を持っているわけではありません。

そのため、社会人経験を積んで数年後に条件の良い会社への転職も十分に可能です。

  • 高年収な企業
  • スキルをいかせてやりたいことができる企業
  • 大手企業や外資系企業
  • フリーランス起業の可能性

など、様々な可能性があるのです。

したがって、ニートになってしまったからといって人生終了なわけではなく、まだまだ巻き返すことができることがわかります。

ニートを脱出し、優良企業の正社員になるためには今すぐ行動!

ここまで、人生終了と考えてしまったニートは本当に人生終了なのか?、そんなニートの人にとっておすすめの仕事について解説してきました。

ニートを卒業し、正社員への転職が成功すると見える景色がガラッと変わり。仕事はもちろんプライベートでも、さまざまな人と会うことができるのです。

お金を貯め、自分の好きなことに使うもよし、パートナーや将来のために使うもよし、可能性は大きく広がります。

また、行動を起こすのであれば「早め」、というよりも今すぐ行動した方が良いこともご紹介しました。

そして、就活に関する相談先は20代であればどんな属性の人も利用可能なジェイックのようなエージェント一択です。

特に、ジェイックはホワイト企業を含む優良企業の求人を数多く取り揃えているうえ、ニートの人に嬉しい「社会人になっても困らないビジネスマナー・スキル研修」を受けることもできるのです。

ジェイックのトップ画像
■対象地域 東京、横浜、大阪、名古屋、福岡、仙台、広島、神戸、京都、北九州、岡山、千葉、静岡、熊本
■対象年齢 18歳〜34歳まで

ジェイックは既卒・第二新卒の就活に嬉しい、以下の特徴があります。

  1. ニート・既卒・未経験・フリーター・第二新卒に対し、書類選考なしで求人紹介
  2. 自力で就職した場合の成功率48.9%→ジェイックでは81%以上の成功率
  3. 新入社員の教育をしっかり行う優良企業のみを紹介
  4. 担当スタッフの一貫したサポートに強み、23,000人以上の支援実績あり

同時に無料で受けられる就職支援講座というサポートもあり、初めて就職する人でも安心して厳選された企業で働くことができます。

特に、エージェントの併用は相乗効果で転職の成功率を高めたり、スピーディな転職が実現できたりするので、ぜひ利用してみましょう。

↓30秒で無料登録完了!↓
ジェイックの公式HPはこちら

関連記事:すぐわかる!アッテミオファーの口コミ・評判はどう?求人は20代の既卒・第二新卒にお勧め?

関連記事:【U29JOB(ユニークジョブ)】口コミ・評判!求人は20代や既卒・第二新卒にお勧め?

関連記事:【キミノミライの東京みらいクルー】口コミ・評判!求人は20代や既卒・第二新卒にお勧め?

関連記事:【すぐわかる!】ステップ就職の口コミ・評判はどう?20代におすすめか調査!

\コロナ禍でも丁寧に積極サポート!/
就職Shopの無料登録はこちら
20代限定!書類選考なしの優良企業多数!
就職Shopの無料登録はコチラ