既卒・第二新卒に特化!おすすめエージェントランキングはこちら
年齢別に第二新卒の就活をご紹介!

【20歳必見】高卒や専門卒でも第二新卒でホワイト企業への転職を成功させるコツ!

20歳・第二新卒での転職はどうしたら良い?

アライ
アライ
今回は「20歳での第二新卒転職」について解説していきます!
20歳の転職に関する悩みをはじめ、今後どのように就活を進めていけばいいのか、そして転職エージェントについてまとめています。
今後、不安なまま転職を進めていく前に、この記事を最後まで目を通してから是非次の一歩へと踏み出していきましょう!

20歳で第二新卒として転職をしていこうと考えている方は次の代表的なパターンに別れるのではないでしょうか?

  • 高卒の方の場合…2年間の社会人経験を持つ方。
  • 専門卒の方…1年以内に短期退職した方。

上記の方々の悩み・不安として、

  • 20歳で転職はちょっと早過ぎるんじゃないか…
  • そもそも第二新卒として転職活動できるのだろうか…
  • 転職エージェントは大卒以上が使うイメージがある…
  • 本当にホワイト企業に転職できるのだろうか…

といった転職に対する思いがあると思います。

しかし、心配はいりません

若さ」を武器にして就活を進めていく事で学歴や職歴、職務経験年数を気にしない企業って意外と多いことがわかります。

それでは、下記で20歳で第二新卒として転職を成功させる秘訣や注意事項を解説していきます。

<既卒・第二新卒向け2020年11月最新情報!>

11月は年末に向けて採用活動が鈍化しがちと思われるかもしれませんが、実は下半期がスタートし、予想より人手不足であるという理由から採用活動に動きが見られる企業も多いです。

そのため、10月から12月にかけては求人も多く出されやすい時期ということが言えます。また、今から就活を始めておけば年末までの内定獲得は十分可能です。

コロナによる影響で、しばらくは就職・転職を待った方が良いのではという意見もあります。しかし過去のリーマンショックでは求人倍率の回復に4年ほどかかっている事からも、現状が辛くて就職・転職を考えている人は今すぐ行動し、優良企業の求人は抑えておくべきです。

WEBや電話による面談も行なっている転職エージェントもありますので、年末までを目処に就活を成功させるために使える手段は全て使いましょう。11月からのWEBや電話を利用した簡単な就活・転職の始め方として、

  1. こちらのページを参考に、既卒・第二新卒向け転職エージェント(第二新卒AGENTneo就職Shopなど)に複数登録をする
  2. 登録完了後に各エージェントから連絡が来ます。電話では簡単に現在の状況や希望条件などの質問を受けますので、電話にはでれるようにしておきましょう
  3. 電話対応でもエージェントの良し悪しがわかります。あなたが「ここだ!」と思うエージェントに面談を申し込みましょう。
  4. 本格的にサポートを受ける会社を絞り、転職活動を引き続き進めましょう。

エージェントから連絡がきたら、担当者にわかりやすく現状を伝え、転職の意思が固いことを説明すると、優良求人を紹介してもらえる確率が非常に高くなります。

20歳・第二新卒の求人の探し方

いざ転職を始めようと、まずは求人サイトを見て…というような転職活動をしていませんか?

転職サイトを利用するのは間違いではないのですが、その場合は一般の転職者がいることも忘れてはいけません。

よっぽどのスキルや実績を持っている方以外は、短期離職をしているという点で一般の転職者と比べて不利になってしまいます。

その為、20歳・第二新卒の方がスムーズに転職活動を進めていくには「勝てるフィールド」で勝負しなくてはいけません。

結論から言うと転職サイトではなく、「転職エージェント」を利用して転職活動を進めていきましょう。

20歳で第二新卒の方の求人の探し方は転職回数に関わらず、

この転職エージェントの利用が必須と言っても過言ではありません。

20歳が使う転職エージェントの選び方〜これだけ抑えとけ!〜

もちろん20歳でも転職エージェントを使う事ができます。

むしろ自分がやりたいと思った仕事になるべく最短で、

かつホワイト企業に就職したいと考えている方にとって、

転職エージェントを利用する事はマストになります。

また、20歳という「若さ」を活かして第二新卒の方は異業種への転職も可能です。

しかし、人気の企業や採用人数が少ない(門戸の狭い)企業に応募する際は他の既卒・第二新卒、

希望した求人によっては一般の中途採用者と競う可能性もある事を念頭に置いておかなければいけません。

従って、中途向けの求人も多く扱う大手転職エージェントを使うよりは、

既卒・第二新卒向け転職エージェントを使う事をオススメします。

もし、次に転職する企業の規模を気にしなければ、

転職エージェントが取り扱っている非公開の優良求人に巡り会える可能性はグンと上がります!

例えば、第二新卒AGENTneo就職Shopといった実績のある転職エージェントが非常にオススメです。

20歳の転職で面接官に伝えるべきポイントと、突っ込まれた時に考えるべきこと

20歳の第二新卒の方は、

既に社会人経験が数年、あるいは数カ月でも就業経験があるという事はプラスポイントになります。

その理由は、社会人としての勤務経験がある事で、

初期の研修費用などを削減できたり、早いうちに成長してもらえるといった企業側の期待があるからです。

しかし、世間一般的にまだまだ「最低3年」という縛りのような暗黙のルールが…

そんな考えを持つ会社もあります。

上記どちらのケース、つまり前職での在職期間が長くても短くても、

面接時に「なぜ前職を退職したのか」という理由については必ず聞かれます。

従って、根拠を持って説明できる理由を事前に準備しておく事が重要です。

 

 

…が、しかし!

前職の勤務先がブラック企業であった場合は、正直にその旨を伝えましょう

このポイントが意外と重要です。

その時になるべく具体的な数字(残業が○○時間、朝○時〜夜○時まで勤務、休日出勤の有無など)を使って説明すると面接官も想像しやすくなります。

僕もこの質問が来た時に、

実際に1社目に所属していた時のブラック度合いは正直に話しました。

そして、明らかなブラック度合いを伝えても

面接官
面接官
それはあなたの責任では?
面接官
面接官
自分でなんとかしなかったんですか?

など、面接官がそこに関して疑惑の念を抱いている場合、そんな会社はこちらから辞退する事をオススメします。

残念ながらあなたの希望しているその会社はブラック企業である可能性が高いです。

アライ
アライ
明らかなブラック度合いをこちらから説明しているのにも関わらず、それに対して企業側が疑問を抱く=社内でそのようなブラックな環境が横行していると言っても過言ではありません。

気をつけて!ブラック求人に潜む罠とは…

20歳で第二新卒として、さあ就活しよう!

と思った時にブラック企業の存在を忘れてはいけません。

高卒や専門卒であるからこそ、求人の募集要項に

  • 「未経験歓迎!」
  • 「学歴・職歴不問!」
  • 「既卒・第二新卒歓迎!」

と記載してある企業の中にはブラック企業の求人も混じっているかもしれない

という認識を持っていなければならないのです。

ブラック企業に入ってしまうとせっかくの「若さ」を推して入った企業でも心身ともに疲弊して退職…

これは最悪のケースとなってしまいます。

その上職歴に傷がついてしまい、

もし再度キャリアアップで転職する際に悪い意味で響きます。

それを避けるためにも転職サイト単体で求人を探すより、

「求人の詳細な情報(労働環境・人間関係・給与詳細など)」を把握している転職エージェントを使う方がこのリスクをほぼ避ける事ができます。

必ずと言い切れないのは、

転職エージェントにもブラック企業が残念ながら0ではない事、

個人によってブラックかホワイトかの基準も異なるからです。

転職エージェントをオススメする理由は他にも!

転職エージェントをオススメする理由は上記の他にも

  1. 面接終了後にフォローを行ってくれる
  2. 面接時の質問内容を教えてくれる
  3. 履歴書・職務経歴書の書き方、面接対策も行ってくれる
  4. スケジュール管理も全てお任せできる
  5. 転職に関する不安や悩みについて相談に乗ってくれる

が挙げられます。

特に面接時のフォローに関して面接で伝え忘れた事や言い足りなかった事があると、

面接終了後に転職エージェントのコンサルタントがバックアップしてくれる事があります。

これにより、再度面接を設定してくれたり、

不採用となった場合でも自分の良かった点・悪かった点を教えてくれるので次回以降の選考に非常に役に立ちます

20歳が既卒・第二新卒で使いたい転職エージェントはこちら!

転職エージェントのコンサルタントも人ですので、

個人によって「合う合わない」が出てきます。

従って、「複数の転職エージェントに同時登録する」という方法を使って転職活動を進めていきましょう!

そして、自分に合いそうな求人、コンサルタントを見つけたら

そこ1社に絞って就職活動をしていくと、転職エージェント自体の管理も楽に済みます。

しかし、いい求人に巡り合ったのにコンサルタントと合わない場合は、他の担当者に変更してもらう事もできます。

この時、

「他のコンサルタントの方からも意見を聞いてみたいんですが…

と伝える事で波風立てずに、コンサルタントの変更ができます。

下記で20歳で使いたい第二新卒向け転職エージェントを2社ご紹介しますので、

まずは優良求人を確保する為にも登録だけでも済ませておきたいところです。

第二新卒のサポート実績はお墨付き!「第二新卒転職AGENTneo」
株式会社ネオキャリアが展開する既卒・第二新卒の方に特化したエージェントです。

全国対応かつ、1人あたり平均10時間の手厚いサポートや、企業担当による面談対策や幅広い求人のご紹介(5000件以上の求人が紹介可能)内定後、入社後もあなたをフォローします!

ブラック企業を除外、優良企業のみのご紹介で安心!不採用であってもその内容が分かるからすぐに改善が出来ますし、スタッフは全員第二新卒であることも安心ですね

自分に向いている職業や会社選びの方法、面接や自己PRの伝え方が分からない…と考えている方に、専属のキャリアアドバイザーが一貫してバックアップします。

転職検討段階でも歓迎しているエージェントになりますので、情報収集や相談だけでもすることが可能です。

↓今すぐ優良求人を紹介してもらう↓第二新卒エージェントneoの公式HPはこちら

 

書類選考無し!人柄を見てくれるホワイト企業に就職するなら「就職Shop」
リクルートが運営する、こちらも20代に特化した転職エージェントになります。

つまり、リクルートを母体としているので就活ノウハウや求人の質がピカイチなのです。

他のエージェントと大きく違う部分は、書類選考が無いという点です。

この事実からもこのエージェントに掲載されている企業は「人柄」「人間性」を面接にてしっかり重視する企業が多いと言う事ができます。

現在約7,700社もの求人を取り扱い、就職shopで就職した正社員一年未満の若い方は全体の7割、登録者は全体の9割にも及びます。

些細な悩みから就職への不安も、就活のプロが自信に変えてくれます!

↓今すぐ優良求人を紹介してもらう↓就職Shopの公式HPはこちら