既卒・第二新卒に特化!おすすめエージェントランキングはこちら
既卒・第二新卒で迷ったらココ!

既卒・第二新卒の転職先で職場の平均年齢が低い、年齢の若い人が多い職場は危険!?

平均年齢が若い職場って具体的にどういう事なの?

アライ
アライ
今回は「学生の時みたいに、平均年齢が若い職場で働いてみたい!」と考えている既卒第二新卒の方々必見です!

下記では、そんな「平均年齢の若い職場って実際どうなの?」という事についても解説していきます

学生時代の延長線上、もしくは社会人サークルのような、

そんなようなノリや雰囲気で毎日仕事ができたらできたら楽しいと思います。

しかし、その楽しさは共通の「趣味」や「娯楽」を通してであり、

仕事上、つまりお金が関わってくるビジネスとなるとまた話は変わってきます。

加えて、その雰囲気に万人が合うわけでもありません。

既卒・第二新卒で就活・転職を考える際に、社員や同期の人とは友達みたいな感覚でワイワイしながら仕事もがっつりやって…

…という事を一度は考えた事もある方がいらっしゃるのではないでしょうか?

確かに、サークルや部活の延長線上で同世代の方々と同じ目標に向かって活動していくのは非常に楽しいと思います。

想像していたように楽しく仕事ができる環境を提供できる職場に入る事ができればそれに越した事は無いのですが、

思っていたのと違った…

というケースもあります。

下記ではまず平均年齢が若い職場で働く事のメリットとデメリットを解説していきます!

平均年齢が若い会社に就職する事で得られるメリット

平均年齢が若い職場で働く事ができるメリットは次の内容が挙げられます。

  1. 仕事により主体性を持って取り組む事ができる
  2. 若いうちに責任ある仕事を経験する事ができる
  3. 平均年齢が若いので雰囲気や社風が合えば居心地がいいと感じやすい

1)仕事により主体性を持って取り組む事ができる

日々の仕事を行っていく上で、この「主体性」を持って仕事に取り組む事ができるという環境は重要です。

平均年齢が若い職場の場合ですと、若いうちから担当などを持つ事が多い為、

「自分が仕事を取ってきている」と自負を感じる事もできますし、

平均年齢が高い職場よりもなおのこと、自分の取ってきた仕事が会社の成長に繋がっていると実感しやすくなります。

また、自分の担当している仕事が好きであれば仕事に打ち込む事もでき、

人生の大部分を占める仕事に関してこのように感じる事ができれば更に人生を豊かに感じる事ができます。

2)若いうちに責任ある仕事を経験する事ができる

1)の内容と重なる部分もありますが、平均年齢が若い職場の場合、

若いうちから大きなプロジェクトに参加したり、大きな客先の担当を持つ事ができます。

このように若いうちから責任ある仕事を担当する事で、

他の一般的な会社員よりもビジネスパーソンとしてより早く成長する事ができます。

数字での実績を重ねたり、あるトラブルに関して一人で対処できるようになったりできるので、

次に転職する場合でもこれらは大きなアピールポイントになります。

3)平均年齢が若いので雰囲気や社風が合えば居心地がいいと感じやすい

平均年齢が高い職場ですと、どうしても上下関係という縦社会に悩まされる事も少なくありません。

しかし、職場にもよりますが、平均年齢が若ければ上記のような

「上下の関係での煩わしさ」が少なく、社員同士がお互いに年齢が近いので、

あなたと雰囲気や社風が合えば和気あいあいと毎日の仕事に取り組む事ができます。

社員同士の仲が良いというのは社内の雰囲気の良さにも繋がりますし、

良い雰囲気は仕事のしやすさにも繋がります。

平均年齢が若い会社に就職する事のデメリットをご紹介

では逆に平均年齢が若い会社で働く事によるデメリットは何があるのでしょうか?

それは下記の通りとなります。

  1. 離職率の高さ
  2. 研修制度が無くいきなり仕事を投げられる
  3. 雰囲気や社風に合わないと苦痛に感じる

1)離職率の高さ

皆さんもお気付きだと思いますが、

平均年齢が若い=勤続年数が長い人が少ないと考える事ができ、

年齢が上がると皆辞めていってしまう為、人の入れ替わりが激しい職場である事が多いです。

すなわち、離職率が高い、という事ができます。

なぜ離職率が高いのかは職場にもよりますが、下記でご説明する2)や3)に原因がある事が多いです。

2)研修制度が無くいきなり仕事を投げられる

上記のメリット編でご紹介した、「若いうちから責任ある仕事ができる」と逆の言い方をすると、

研修もなくいきなりプレッシャーの高い、責任の大きい仕事をさせられてしまう事があります。

右も左もわからない新人に大きな責任がある仕事を任せ、その後は知らんぷり…。

仕事やノルマが達成できなければ怒られる、こんな職場があるのもまた事実です。

また、指導する側の本人たちには自覚がなくとも、必要最低限の業界知識・専門知識に関する研修もなく、

現場に出て「とりあえずやってみろ」と社員を突き放してしまうケースもあります。

3)雰囲気や社風に合わないと苦痛に感じる

雰囲気や社風はその会社で長く働いていく上で非常に重要なファクターの一つである事は間違い無いのですが、

組織である以上、個人によって合う合わないがあるのは当然です。

年齢が若い人特有の和気あいあいとした、サークルのような雰囲気が苦手な方々は苦痛に感じる事も多いと思います。

また、社員の仲が良いというのも重要ですが、プライベートなどにも影響が出てしまう事があります。

これによって、折角のお休みが結局会社の人間と過ごさなくてはならないといった事態が発生してしまい、

「プライベートと仕事は完全に分けたい」と考えている方々にとっては苦痛になってしまいます。

こちらで「社員の仲が良すぎるのも良くない?」という事についての体験談も掲載していますので良かったらご覧になってください。

「平均年齢が若い職場」に向いている人、そうでない人

上記の「平均年齢が若い職場」に就く事のメリット・デメリットはお判り頂けたと思います。

そこで、既卒・第二新卒の方々の中で、

平均年齢が若い職場に向いている人、そうでない人を下記でまとめました!

<向いている人>

  • 何か大きな仕事に挑戦したいと野心がある人
  • 短期間でビジネスパーソンとしての力を付けたい!と考えている人
  • 若い人同士で上手く人間関係を築いていける自信がある人

<向いていない人>

  • 次の職場ではじっくりと腰を据えて長く働いていきたいと考えている人
  • 長いスパンで着実に力を付けていきたいと考えている人
  • 落ち着いた環境で働きたい人

個人によって性格や考え方は違うので、一概に一括りにする事は難しいですが、

上記のように向いている人とそうでない人で分ける事ができるのではないでしょうか。

どの職場に入る前にもしっかりと自己分析を行い、

「どんな強みや個性を自分は持っているのか」を明確にして就活を進めていく事で職場のミスマッチを防ぐ事ができます。

また、その企業の内情や雰囲気・人間関係などを入社前に知る方法の一つとして、

「転職エージェントに聞く」という方法が挙げられます。

特に、既卒・第二新卒向けの転職エージェント(ブティック型)はコンサルタントと法人営業を兼任しているので、

紹介してもらった求人に関してのこのような情報を入手できるスピードも早いので気になる方は相談してみる事をオススメします!

まだこれから就職活動を始めていこうと考えている既卒・第二新卒の方々は下記でオススメ転職エージェントをまとめていますので是非チェックしてみてくださいね。

<一目でわかる、転職エージェントランキングを用意しました!>