【タイプ別】既卒・第二新卒におすすめのエージェント24選
第二新卒の転職お役立ち情報

【対処法あり】20代の転職活動がうまくいかず疲れたと感じる理由とは?

【対処法あり】20代の転職活動がうまくいかず疲れたと感じる理由とは?の画像

アライ
アライ
今回は20代の第二新卒の転職活動がうまくいかず「疲れた」と感じる理由とその対処法について解説していきます。

この記事を参考にすると、疲れを最小限にしながら効率的に転職活動を進める方法がわかります。

20代で転職活動していて『入社したい企業から内定がもらえない』『転職活動が長期化して疲れた』と感じる人も多いのではないでしょうか?

体力的な疲れはもちろんのこと、不安により精神的な疲れによる負のスパイラルを引き起こすことが最大のリスクです。

この記事では、20代の転職活動がうまくいかずに疲れる理由や、転職活動をうまく進める方法、最後におすすめの転職エージェントをご紹介します!

関連記事:【克服可!】第二新卒の転職が怖いと不安に感じる理由とは?

20代の転職活動がうまくいかず疲れてしまう理由

20代の転職活動は30代40代に向けてキャリアを築くために重要な時期ですが、その転職活動にはエネルギーを大きく消費してしまいがちです。

ここでは、20代の転職活動がうまくいかず疲れてしまう理由を徹底追及していきます。

うまくいかない理由を自分のせいにしてしまう

20代は社会人経験が浅いため、転職活動がうまくいかないことを自分のせいにしてしまいがちです。

とくに、マイナビやtype、en転職といった転職サイトで応募が通らなかったら落ち込んでしまうでしょう。

また、不採用になるたびに『自分には価値がない』と負の感情が出てくることもあります。

ただ、20代はこれからの時間が無限大にあるため、資格取得や職種のスキルアップへの取り組み次第で市場価値を上げることは可能です。

さらに、ポテンシャルを重要視する企業も多いので、求人をよく精査することが重要です。また、落ち込んでしまったときは、数日休んで英気を養うといった休養が意外と有効です。

アライ
アライ
選考前の事前準備は重要ですが、そもそも中途の求職者と競争せざるを得ない求人に応募していないか改めて確認してみましょう。

転職活動が思っていたよりも長期化してしまう

20代の転職活動が疲れる理由には転職活動の長期化があげられます。なぜなら、転職活動が長期化することで時間&お金がかかるからです。

面接するための交通費や面接対策、新しいスーツの購入など転職のための準備は大変ですよね。

また、20代の転職希望者の中には、転職に専念するために退職して活動するため、長期化による『ブランク』も精神的な負荷につながります。

そのため、転職活動を長期化させないためには、優良求人を少しでも多く確保しておく必要があります。

一方、希望する会社が1つか2つだけであれば、今いる会社で働きつつ『転職の長期化』を視野に入れておくことも大事です。「転職活動は長期化するもの」ということを見越しておくと、精神的な負担も軽減されます。

一人で転職活動を進めてしまう

転職活動を一人で進めている人も多いのではないでしょうか?最近はSNSで情報共有したり、転職エージェントを活用したり、一人ではなく他人に頼るというのも1つの手段です。

また、仲が良い先輩や友人、両親に転職を相談するだけでも心が軽くなります。一人での転職活動に疲れた人は、ぜひ他人へ相談することもおすすめです。

しかし、一番有効な方法としてはやはり転職エージェントの利用一択です。

転職エージェントは、転職のプロであり希望条件を満たす会社を選定してくれるうえ、一人ではないので安心感が大きいです。

さらにマイナビジョブ20’sや就職Shopなどの「大手のコネクションを活かした中小の転職エージェント」であると、求人担当とキャリアアドバイザーが検認しているので守備一貫して求職者の転職活動をサポートしてくれるのです。

【無料】マイナビジョブ20’sに非公開の優良求人を紹介してもらう▶︎

【無料】就職Shopで書類選考なしの優良求人を紹介してもらう▶︎

20代が疲れを感じずに転職活動を進める方法とは

転職活動では、不採用が続いたり内定が全然出なかったり、自分が否定されているように感じ疲れるケースも多いです。

ここでは、20代が疲れを感じずに転職活動を進める方法について一つづつ解説します。

不採用が続いても自分のせいにしない

転職が疲れる原因は『不採用が続くこと』です。不採用が続いても自分のせいにしないことで、ポジティブな気持ちをキープしましょう。

入社したい会社が大企業だったり倍率が高かったり、そもそも入社枠が少ないケースも多々あります。

転職で思うような結果が得られなくて辛いかもしれませんが、転職活動を進める対処に自分のせいせず、再度チャレンジするというポジティブさを大事にしましょう。

視野を広げる

疲れを感じずに、転職活動を進める方法の2つ目は視野を広げることです。入社を希望する企業が自分の適性と合っていない場合は、内定をもらえる可能性は下がります。

そのため、転職診断や企業分析をするなど転職の視野を広げることが大事です。営業職の転職希望者は営業職以外でも、営業力をいかしてコンサルタントや人事マネージメントで成功する可能性もあり転職の視野は広がるはずです。

とくに、第二新卒(20代)の転職活動では、視野を広げて最適解を見つけることでキャリアチャンスを広げていくことが必要です。

アライ
アライ
転職活動では「まさかこんな企業が?」という企業でも自分に合っていることはよくある話です。その適性を見極めるためにも、転職活動にはプロの力が必要であると言えます。

転職活動の方法を見直す

転職活動で疲れる20代の人は、『転職活動=自分の問題』と決めつけており、一人で転職活動に励んでいることが多いです。

転職活動の方法を見直すだけでも、有名企業から内定がもらえたり、ヘッドハンティングされたりと転職の可能性が広がります。

さらに、転職活動では転職エージェントが一番の有効な対処法になります。とくに、20代の第二新卒に特化して転職エージェントを利用すると、20代の転職市場にも詳しいうえ、常に最新情報を得ながら就活を進められえるのです。

20代がスムーズに転職活動を進められる転職エージェント

結論、20代での転職活動におすすめの転職エージェントは、マイナビジョブ20’sと就職Shopです。

マイナビジョブ20’sは、適性診断を無料で受けることができ、20代に特化した求人を多く掲載しています。また、他の転職サイトにはない『非公開求人』が多いため、20代で転職のチャンスを広げたい人にピッタリです。

就職Shopは、未経験OKの求人が多いためニートやアルバイトから正社員を目指す転職者にもおすすめです。20代は年齢面で企業にとって魅力であり、30代40代と活躍してもらえそうな人材を欲しています。

就職Shopには、書類選考なしで面接まで進める企業もあり、学歴や職歴が気になる転職者もチャンスがありますのでおすすめです。ぜひ、マイナビジョブ20’sと就職Shopで新たなキャリアを見つけてみてください!

適性検査に定評!マイナビジョブ20’s

マイナビジョブ20’sは

  1. コンサルタントの質
  2. 求人の質(就職氷河期に備えるなら今がベスト!)
  3. 他社には無い世界中の求職者が利用する〇〇〇〇(公式HPで要チェック!)とサポートの質(2020年以降はWEB面談にも対応!)
  4. 大手マイナビのバックボーンがある事による安心感

も段違いに高く、既卒・第二新卒の方が是非メインで利用したい、まさに「天職」エージェントと断言できます。

↓無料登録は1分で完了!↓マイナビジョブ20’sの公式HPはこちら▶︎

もっと詳しく知りたい方は「マイナビジョブ20’sに独占取材!」の記事も是非ご覧ください。

次は就職Shopのご紹介です。

■対象地域 東京・千葉・埼玉・神奈川・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・兵庫・奈良・滋賀
■対象年齢 18歳〜29歳まで

就職Shopは

  1. コンサルタントの質
  2. 求人の質(就職氷河期に備えるなら今がベスト!)
  3. サポートの質(2020年3月27日以降、首都圏は電話面談にも対応)
  4. 業界最大手、リクルート社のバックボーンがある事による安心感

も段違いに高く、18歳から30歳まで対応可能であり書類選考なしで一次面接からスタートします。

その為、マイナビジョブ20’sに並ぶ、既卒・第二新卒が是非利用したい、人柄重視の優良・ホワイト企業ならお任せのエージェントと断言できます。


↓今すぐ優良求人を紹介してもらう↓
就職Shopの公式HPはこちら▶︎

詳しくは「フリーター(既卒)の就活に就職Shopがマストな理由」をご覧ください。

関連記事:第二新卒はやめとけと言われる理由とは?就活がきついって本当?