既卒・第二新卒に特化!おすすめエージェントランキングはこちら
中卒の就職活動

高校中退のニートは正社員に就職できないのか?おすすめの就活方法も解説

高校中退のニートは正社員に就職できないのか?おすすめの就活方法も解説のアイキャッチ画像

アライ
アライ
今回は、高校中退のニートは正社員に就職できないのか?という噂に切り込んでいきます。

「高校中退でニートになってしまってどうしよう…」と考えている人ほど、とくにこの記事の内容を参考にし、行動を起こしてみましょう!

高卒中退だと一般的に正社員に就職しにくいといわれています。『満足できる就職先が見つからなそう…』とネガティブになる高卒中退者も少なくありません。

しかし、高校中退後でもポイントを抑えて就活することで、希望する条件を満たす企業へ就職できます。

高校中退者は、今回は、高校中退者の就職するメリットや就活方法を徹底解説します。

 高校中退の経歴がどう就職に影響するのか?

高校中退者は最終学歴が『中卒』になるため、学歴面で就職できる企業が絞られるデメリットがあります。

また、ニートの場合は空白期間によっても就職への難易度が上がってしまいがちです。

最近は、学歴が全てではないという意識が高まっていますが、『高校も通っていないので学習意欲が低い』と偏見を持つ人もなかにはいるでしょう。ここでは、高校中退の経歴がどう就職に影響するのかについてご紹介します。

就職先の選択肢が少ない

高校中退だと就職先の選択肢が少なくなってしまいます。なぜなら、多くの企業が高卒以上や大卒以上で求人を出す傾向があるからです。

どんなにビジネススキルを持っていても、人格者であっても、中卒という学歴が理由で就職が決まらないケースもあります。

そのため、就職する際には『学歴不問』の求人に絞るなどの工夫が必要です。

最近では、ベンチャー企業や外資系企業がスキルや年齢を重視して採用する傾向があります。また、派遣社員や契約社員で働き実績を積んで正社員になる人も多いようです。

将来的に選択肢が増えない

高校中退者は将来的に選択肢が増えないと考えられがちです。

そのため、高校中退者は学歴で不利なため、資格や経験で学歴をカバーすることが大事です。

しかし、高卒以上の学歴を持つ人よりも早く社会人経験を積める点は長所です。

『専門性の高いスキルを身につける』『働きながら難関資格を取得する』など、自己研鑽を続けることが大事です。

世間的に悪いイメージ・懸念をもたれてしまう

高校中退というだけで、世間的に悪いイメージ・懸念をもたれてしまうことが多いです。

高校中退する理由はさまざまですが、世間一般的には学習意識が低い、不良として素行が悪いという偏見を持ってしまいがちです。

そのため、高校中退者が就職や転職する際には、高校中退した理由をうまく説明できるようにしておくことが大切です。

実際に勉強しておらず中退した場合でも、『他に夢があった』『勉強より社会人経験を積みたかった』など、就職用の中退理由を用意することが就職成功のコツです。

関連記事:【必見】ニートが逃げ癖を直しながらマッチした仕事を見つける方法とは

高校中退のニートが就職で得られるメリットとは?

高校中退のニートが就職するメリットは、高卒や大卒の人より社会人経験がはやく積めることです。

また、ニートやアルバイトをしている高卒者は正社員として就職することで、社会復帰できキャリア形成にも役立つでしょう。

また、年齢が18歳19歳、20代と若いことも最大のメリットなので、若い人材を欲しい企業からの採用確率がアップします。

しかし高校中退者は、正社員就職のハードルが高いためフリーター期間が長くなりやすい点に注意です。

就職率はフリーター期間が1-2年になると『50%』、2-3年になると『40%』と下がってしまうのです。

そのため、すぐにでも働きたいと考えている人は早く就活に踏み出すべきと言えます。

高校中退のニートは本当に「正社員」で就職できないのか?

高校中退したら「正社員に」就職できないといわれることも多いです。しかし、実際に高校中退のニートから正社員として若い年齢で社会人経験を積み、キャリアを築いている人もいます。

そして、高校中退者が正社員になるには、学歴を気にしない企業を選定する、年齢が22以下でも採用する企業を選定するなど、求人の探し方に工夫が必要です。

学歴にハンデがあることからも、未経験で就職できる企業の選定や、人材不足の業界を狙った応募も有効な就職手段です。

とはいえ、求人探しを一人で行うと、効率的に求人を探せないほか、せっかく優良企業の求人に応募したとしても効果的なアピール方法がわからず、内定を逃すこともあるのです。

闇雲に求人を探して時間を使ってしまうよりも、転職のプロに相談して就活を進める方法が効果的です。

高校中退のニートの人がとる就活の方法とは

結論、高校中退のニートの人は、転職エージェントを就活の方法として使うのが必須です。

なぜなら、一般的な転職サイトや一般求人は『高卒以上』『大卒以上』が条件の求人がほとんどだからです。

学歴不問の求人を個人で探すのは手間ですが、転職エージェントは転職のプロでもあり、業界の最新情報にも精通しています。

また、転職エージェントは『推薦状』を出して企業にアピールしてくれるので、一人の就活よりも断然効果的です。

他にも無料で研修を受けられたり、書類選考無しで1次面接できたりする就職Shopジェイックといったエージェントもあります。

そのため、『高校中退でも優良企業に就職したい』『求人探しに苦労している』という高校中退者は、エージェントを有効活用することで内定の確立をグンと上げられるのです。

高校中退のニートの人が使うべき転職エージェント2選!

以下では、高校中退者が必須で使うべき転職エージェントを2つご紹介します。

まずひとつめの転職エージェントは就職Shopです。

就職Shopは、学歴不問の求人が多く、書類選考なしで面接がスタートします。

また、リクルートが運営しているので、そのコネクションを活用した限定求人も豊富です。

そして2つ目のジェイックですが、こちらはビジネスマナーや面接の受け方を学べる『研』が用意されているため、即戦力となる力をつけながら就活に望めます

もちろん、すべて書類選考なしの求人なので、学歴に自信がない人も安心です。

コロナ禍における現在の状況を考慮すると、優良求人はすぐになくなってしまうので、転職エージェントの併用をし、優良求人の確保は必須です。

したがって、就職Shopとジェイックのダブル利用で、将来への可能性を広げましょう!

書類選考なしの優良求人多数!:就職Shop

■対象地域 東京・千葉・埼玉・神奈川・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・兵庫・奈良・滋賀
■対象年齢 18歳〜29歳まで

就職Shopは

  1. コンサルタントの質
  2. 求人の質(就職氷河期に備えるなら今がベスト!)
  3. サポートの質(2020年3月27日以降、首都圏は電話面談にも対応)
  4. 業界最大手、リクルート社のバックボーンがある事による安心感

も段違いに高く、18歳から30歳まで対応可能であり書類選考なしで一次面接からスタートします。

その為、マイナビジョブ20’sに並ぶ、既卒・第二新卒が是非利用したい、人柄重視の優良・ホワイト企業ならお任せのエージェントと断言できます。


↓今すぐ優良求人を紹介してもらう↓
就職Shopの公式HPはこちら

詳しくは「フリーター(既卒)の就活に就職Shopがマストな理由」をご覧ください。

18〜34歳までの転職サポート!社会人になってから役立つ無料研修付き:ジェイック

ジェイックのトップ画像
■対象地域 東京、横浜、大阪、名古屋、福岡、仙台、広島、神戸、京都、北九州、岡山、千葉、静岡、熊本
■対象年齢 18歳〜34歳まで

ジェイックは

  1. ニート・既卒・未経験・フリーター・第二新卒に対し、書類選考なしで求人紹介
  2. 自力で就職した場合の成功率48.9%→ジェイックでは81%以上の成功率
  3. 新入社員の教育をしっかり行う優良企業のみを紹介
  4. 担当スタッフの一貫したサポートに強み、23,000人以上の支援実績あり

といった特徴があります。

同時に無料で受けられる就職支援講座というサポートもあり、初めて就職する人でも安心して厳選された企業で働くことができます。

↓30秒で無料登録完了!↓
ジェイックの公式HPはこちら

関連記事:中卒フリーターの女性ができる仕事とは?優良企業の正社員になる方法も解説

関連記事:中卒女性が正社員のデスクワークや事務職へ就職する方法とは?

関連記事:人生終了と考えるニートや引きこもり・無職でもできるおすすめの仕事とは?

\コロナ禍でも丁寧に積極サポート!/
就職Shopの無料登録はこちら
20代限定!書類選考なしの優良企業多数!
就職Shopの無料登録はコチラ