【タイプ別】既卒・第二新卒におすすめのエージェント24選
ニートの悩み

【必見】ニートが逃げ癖を直しながらマッチした仕事を見つける方法とは

【必見】ニートが逃げ癖を直しながらマッチした仕事を見つける方法とはのアイキャッチ画像
アライ
アライ
今回は、逃げ癖のあるニートが「逃げ癖を治しながら」就活を成功させる方法を解説します。

そのため、逃げ癖がついてしまう原因からまずは掘り下げ、なかなか行動を起こせない自分を客観的に把握する必要があります。この記事を通して解決策を知り、行動を起こしていきましょう!

ニートは逃げ癖があると言われていますが、実はその理由は複数あります。

とはいえ、20代であればニートから脱出することは難しくはありません。しかし、まずはその原因を分析してどのように対処していくのかが重要になります。

そのため、いきなり就職活動というアクションを起こしても失敗してしまう可能性が高くなってしまうのです。

そこでこの記事では、ニートからの脱出に苦しんでいる人のために、逃げ癖がついてしまう原因、それを克服する方法、そして逃げ癖を解消し就職活動を成功させる方法を説明します。

ニートに逃げ癖がついてしまう原因とは?

ニートの逃げ癖を治すためには、まず、脱出習慣の原因を特定することが重要です。

以下では、どんな考え方や習慣が逃げ癖の原因なのかをご紹介します。

失敗を恐れすぎて萎縮

失敗が怖く、恥ずかしくてやりたくないという心理や失敗を恐れすぎて萎縮してしまうということが挙げられます。

ニートに限らず、普段の実生活はもちろん仕事でも最初は誰でも失敗します。そのため、「失敗をしてはいけない」という気持ちを変えていくことが必要です。

たとえば、仕事のシーンでは仮に失敗してしまったとしても、その失敗経験を活かしながら成長していく意欲が求められます。

行動するのに「面倒」と感じてしまう

行動するのは面倒で苦手と考えがちな人もいます。

逃げる癖のあるニートは、そもそも行動をすることで自分にかかる負荷を先に考えてしまい、なかなか行動できないというパターンになりがちです。

深刻な問題に直面しても行動を起こすのが面倒なので、延期して対策を講じるだけとなってしまうのです。

しかしその結果、問題解決能力が低下し、さらに精神的な弱さをもたらす可能性があるので、まずはマインドから変えていく必要があります。

関連記事:高校中退のニートは正社員に就職できないのか?おすすめの就活方法も解説

「いざという時には何でもできる」と錯覚がある

いざというときには何でもできるという思い込みがあるのも「逃げ癖」へと繋がってしまいます。

仮に、ニートであっても突出したスキルがあったり、人には負けない「具体的なスキル」があれば別ですが、そうでない場合は故意に逃げ道を作っている可能性もあるのです。

そのため、今直面している問題に対して一つひとつ向き合っていく、つまり現実を見ることが必要です。

自己肯定感が低すぎる

自己肯定感が低すぎるのも問題です。自己肯定感とは、自分をそのまま認めることを意味します。

逃げる癖のある人は、自己肯定感が非常に低く、ネガティブな考え方に陥りがちです。

「なんて自分はできない人間なのか」「自分には価値がない」と自分自身を否定してしまい、行動がしづらくなってしまうのです。

自己肯定感を高めるためには、日常生活から変えていかなければなりません。たとえば「正しい姿勢をキープする」「『次はどうするか』を常に考える」などが挙げられます。

また、仕事をするうえでも、自己肯定感が低いままだと失敗につながりやすくなってしまい、そこから更なる失敗へとつながるという負のループに陥りがちです。

したがって、まずは普段の生活から「成功体験」を重ねられるように意識していきましょう。

アライ
アライ
まず、小さなことでも成し遂げたものがあれば、それが自信にもつながります。

知らないうちに高いプライドを持っている

逃げ癖の習慣がある人の中には、「自己肯定感は低い」が「高いプライド」を持っている人もいます。

しかし、高いプライドがある背景には、今現在で自分自身が置かれている状況が客観的に判断できていない、という可能性があります。

そのためまずは、自分自身が持つスキルと理想とのギャップが大きいことを認識するべきなのです。

そして、現在の「行動ができていない」「スキルが理想に対して伴っていない」問題を解決しない限り、理想に近づくことはできません。

問題をそのままにしておいても大丈夫だと思い放置しがち

逃げる癖のある人は、「行動を起こせていない状況への対策」が「面倒」だと思い、行動を怠りがちです。

そのため、深刻な問題に直面してもそのままにしておいても大丈夫、と問題を放置してしまうのです。その結果、問題解決能力が向上しないまま年月だけが経ち、気づいたときには手遅れになっていた、となる可能性もあります。

問題が発生しても、向かい合わずに逃げる人もいますが、実際は問題が解決したように「見えるだけ」です。

したがって、まずは自分自身で「行動ができない」「逃げ癖がついてしまっている」という問題を丁寧に解決していくことが求められます。

周りが甘やかす環境に身を置いている

周りがあなたを甘やかすことができる環境がある、という点にも注意です。

ニートの人がニートであり続けられる理由は、両親をはじめとしたあなたを甘やかすことができる環境があるからです。

その場合、自分自身の力で生きていくことをしておらず、何かトラブルがあったとしても「周りがなんとかしてくれる」という思考になりがちです。

結果として、他責思考となってしまうのです。

他責思考では、仕事をいきなり始めたとしても仕事自体はもちろん、周りとの人間関係がうまくいかない要因ともなります。

そのため、自分自身がニートから脱出できず、逃げ癖がついてしまっているのは自分自身の責任である、と考える必要があるのです。

関連記事:高校中退のニートは正社員に就職できないのか?おすすめの就活方法も解説

何かを成し遂げるのに苦手意識がある

ニートのなかには、毎日が退屈で何も考えられず、次にどうしたら良いのかがわからない人も多いです。

そのため、物事を計画立てて、その計画を実行し達成するということに苦手意識がある、というのも逃げ癖へと繋がってしまいます。

また、逃げ癖のあるニートは、やりたいことをやらずすぐに諦めがちなのも特徴です。

自分には向いていない、やりたくないものに直面したときにすぐに諦めてしまうのでは問題解決能力が身につきません。

自分に合わないのでやめようとして飽きてしまい、物事を続けるのが難しくなる状況に立ち向かうためにも、まずは現状を打破するための計画を立てましょう。

アライ
アライ
いきなり大きな課題に立ち向かうのではなく、小さな日常の目標から達成していくことが大切です。

わざと逃げの予防ラインを考えがち

逃げる習慣があるニートはストレス耐性が低く、失敗を恐れ、わざと逃げのラインを作ることよくあります。

対策としては、予防策を講じて自分自身にかかるストレスを減らす方法が考えられます。

ただし、この対策を多用するとチャレンジがしにくくなり、物事における失敗の可能性を高めるだけです。

仕事においても、リスクマネジメントは重要です。しかし、逃げ癖を解消するために必要以上の予防線を立ててしまうと、長期的に見て課題解決に繋がらないという点には十分注意しましょう。

ニートの逃げ癖を克服する方法

これまで、逃げ癖の原因と理由を説明してきました。次のステップでは、「ニートの逃げ癖を克服する方法」を紹介します。

以下の内容を参考にすることで、「アクションが起こせない、逃げ癖のあるニート」でもすぐに行動を起こせるヒントを得られます。ただし、以下の内容を継続しなければニートという現状からの脱出はできない点に注意しましょう。

問題を先延ばしにせず、すぐやる癖をつける

目の前の問題を先延ばしにせず、すぐに取り組む癖づけをすることが重要です。

逃げ癖がある場合は、無意識に問題から目をそらしがちです。そのためたとえば、「仕事を始めたいのになかなか行動できない」という問題がある場合は「なぜ行動できないのか」を客観的に分析する必要があります。

ほかにも、取り組む課題が面倒だと思ったら「『面倒』というマイナス思考を排除し」すぐに課題に取り組むなど、怠惰にならないように工夫することをお勧めします。

失敗を受け入れる

行動を起こした結果失敗してしまっても、それを受け入れることも重要です。

新しい職場や初めてのアルバイトは、仕事において何らかの形で失敗します。しかし、間違いを犯しても、同じ失敗をしないように対策をすれば問題ないのです。

たとえば、仕事を始める際には面接が必須です。その選考でも思うようにいかず、不採用という結果に納得いかないこともあるでしょう。しかし、その際は「選考先の企業は自分には縁がなかった」と割り切ることも必要なのです。

このように、失敗を受け入れることで日常の過ごし方も楽になります。

小さな成功体験を積み重ねる

逃げ癖のあるニートが現状を打破するには、いきなり大きな目標を掲げるのではなく、まずは小さな目標から立てて、成功体験を積み重ねることも有効です。

そのため、自分には今何ができるかを知り、現在どのような目標なら達成できるかを考えましょう。

たとえば「早起きをする」「まずは仕事を始めるための情報収集をする」など、達成できる(手が届きそうな)目標を設定してください。

自分自身で立てた目標であったとしても、それを達成したときには「成功体験」となります。このような成功体験は、就活でも「現状を打破するために立てた目標に対し、愚直に取り組んだ」というアピールにも繋げられるのです。

逃げる癖を克服し、就職をする準備をするには

逃げ癖を克服し、就活を成功させるためには、逃げる習慣を克服するだけでなく、社会に出る、つまり就職する準備をしなければなりません。

しかし、ニート生活が長ければ、就職活動が急にハードルになります。

そのため、「働いてお金を得る」という感覚を身につけるためにも、まず週に1日、2日のアルバイトを探すのもおすすめです。

アルバイトで新しい人間関係、仕事、失敗などを経験すれば、たくさんのことを学び、きっと自分の成長につながるでしょう。

また、アルバイトで正社員になることもあるので、それを念頭に置いてアルバイトを探すのもひとつです。

逃げ癖のあるニートがとるべきたったひとつの就活方法とは

アルバイトを探すのももちろん良いのですが、20代という若いうちに正社員としての職歴を積むことで将来のキャリアに密接に結びついてくるのです。

そのためニートの人でも「早めに正社員として就職したい」と考えるのであれば、「転職エージェント」というサービスを使うのが必須です。

転職エージェントとは、求職者に対して無料で優良求人を紹介してくれるうえ、書類選考から内定獲得まで一貫してサポートしてくれるサービスです。

ニートからの脱却、かつ快適に仕事ができる会社を見つけるためには、必ず利用しなければなりません。

以下では、どのように転職エージェントを使えば良いか、方法と種類を解説していきます。

【無料】転職エージェントに登録をする

まず転職エージェントに無料登録しましょう。

実は、この段階ですでに就活への一歩を踏み出していることになるのです。あとは転職エージェントのアドバイザーが二人三脚となってあなたの就活をサポートしてくれます。

一方、正社員の求人を探す方法として、求人サイト上で求人を探す方法もあります。

とはいえ、インターネットだけの情報を鵜呑みにするのは、ブラック企業へと就職してしまう可能性があるのでおすすめできません。

実際に、自分が希望していた仕事とは違う内容だったり、希望条件が入社後に大きく異なっていたりする問題があるのです。

しかし、転職エージェントに相談することで、自分に合った職業や会社を紹介してもらえたり、履歴書の書き方や面接対策など「企業に合わせた」サポートが受けられます。

ただし、登録後は自分がどのような仕事に就きたいか、という熱意だけは失わないように注意しましょう。

ニートでも使える転職エージェントを使う

全国には多くの転職エージェントがありますが、ニートでも使える転職エージェントを利用するべきです。

逆に、一般的に有名なリクルートエージェントやdodaなど、大手の転職エージェントだと利用自体を断られる可能性が高く、「経歴によっては求人紹介をお断りする」旨の記載が公式サイトにも記載されているのです。

一方で、就職Shopやジェイックをはじめとした「ニートの就職支援に実績のあるエージェント」は経歴関係なく書類選考なしで求人紹介を受けられる点が最大のメリットです。

さらに、転職エージェントに求人掲載を依頼する企業は、一般的に求職者の年収の3分の1が報酬として入る仕組みとなっているので、一人を採用するのに大きな金額がかかります。

しかしその分、報酬を払えるだけのキャッシュがあるとも判断ができるので、大量採用を前提としたブラック企業ではなく、人柄を見てくれる優良企業のみを紹介してもらえる、と言えます。

逃げ癖のあるニートでも利用できる転職エージェントとは

以下ではニートの人でも学歴にハンデを負うことなく、正社員就職へのサポートが受けられるおすすめ転職エージェントを2つご紹介します。

ニートに一旦はまり込んでしまうとなかなか抜け出せません。さらに、ニートのままで時間だけが経ってしまうと逃げ癖に拍車がかかってしまうので、まずは自分自身でできることから行動を起こすべきです。

就職自体への行動ができない、という場合にはまず転職エージェントの「無料登録」だけでも済ませておきましょう。逃げ癖から脱却するために簡単にでき、かつ将来的なリターンが大きく見込める行動です。

今日の情勢下を考慮しても以前より優良求人の取り合いが予測されますため、同じように全国で悩みを抱えるニートが少しづつ行動していることが予想されます。

したがって、必ず併用をして優良求人を少しでも多く押さえておきましょう!

書類選考なしの優良求人多数!:就職Shop

■対象地域 東京・千葉・埼玉・神奈川・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・兵庫・奈良・滋賀
■対象年齢 18歳〜29歳まで

就職Shopは

  1. コンサルタントの質
  2. 求人の質(就職氷河期に備えるなら今がベスト!)
  3. サポートの質(2020年3月27日以降、首都圏は電話面談にも対応)
  4. 業界最大手、リクルート社のバックボーンがある事による安心感

も段違いに高く、18歳から30歳まで対応可能であり書類選考なしで一次面接からスタートします。

その為、マイナビジョブ20’sに並ぶ、既卒・第二新卒が是非利用したい、人柄重視の優良・ホワイト企業ならお任せのエージェントと断言できます。


↓今すぐ優良求人を紹介してもらう↓
就職Shopの公式HPはこちら▶︎

詳しくは「フリーター(既卒)の就活に就職Shopがマストな理由」をご覧ください。

18〜34歳までの転職サポート!社会人になってから役立つ無料研修付き:ジェイック

ジェイックのトップ画像
■対象地域 東京、横浜、大阪、名古屋、福岡、仙台、広島、神戸、京都、北九州、岡山、千葉、静岡、熊本
■対象年齢 18歳〜34歳まで

ジェイックは

  1. ニート・既卒・未経験・フリーター・第二新卒に対し、書類選考なしで求人紹介
  2. 自力で就職した場合の成功率48.9%→ジェイックでは81%以上の成功率
  3. 新入社員の教育をしっかり行う優良企業のみを紹介
  4. 担当スタッフの一貫したサポートに強み、23,000人以上の支援実績あり

といった特徴があります。

こちらも『学歴不問の優良求人』が多く、ビジネスマナーや面接の受け方を学べる『研修制度』が用意されているため、スキルを身に着けながら就活に望めます

そのため、基本的なビジネスマナーをつけながら、すぐに即戦力となるスキルを身につけたうえで、書類選考なしの求人に応募できるのです。

↓30秒で無料登録完了!↓
ジェイックの公式HPはこちら▶︎

関連記事:中卒フリーターの女性ができる仕事とは?優良企業の正社員になる方法も解説

関連記事:人生終了と考えるニートや引きこもり・無職でもできるおすすめの仕事とは?