既卒・第二新卒に特化!おすすめエージェントランキングはこちら
年齢別に第二新卒の就活をご紹介!

【29歳の第二新卒必見!】未経験の転職は厳しい?難しいと言われる就活を成功させるコツ

29歳で第二新卒での転職!この記事で不安を解決していこう!

アライ
アライ
今回は「29歳第二新卒転職」について解説していきます。
傷だらけ職歴であった僕でも就職出来たので心配はありませんし、29歳でもポイントを抑えた就活をしていけば意外と採用に積極的な企業が多い事がわかります。
是非この記事を読んで転職活動を成功させていきましょう!

29歳で第二新卒として就活・転職をしていこうと考えている方は、

新卒で入社した企業に合わず、

1つ以上の企業を3年未満で退職した方が多くを占めるのではないでしょうか?

また、大学や大学院時代に浪人や留年をした方の場合など、

29歳でも個人によって状況は異なりますが、29歳の第二新卒の上記の方々の悩み・不安として、

  • そもそも29歳って本当に第二新卒に含まれるの…?
  • 29歳で短期退職した第二新卒って企業からしてどうなの…?
  • どこが自分に合っている転職エージェントなのかわからない…
  • 新卒で入社した企業の短期間の退職って絶対アウトなの…?

というような今後の転職に対する思いがあると思います。

しかし、世間一般やネット上で言われている程に、

転職に苦労しなかったと考えている方、

異業種や未経験の職種・自分がやってみたい仕事にチャレンジし、

転職に成功したという方は多くいらっしゃいます。

現に当サイト管理人である僕も25歳時点で3社経験(25歳現在、4社目で2年目です。)していますが、

就活を進めていく中で学歴や職歴、職務経験の年数を気にしない、

かつホワイト企業は意外と多い事がわかりました。

そして、僕よりも転職回数が少なければ、

第四新卒と言っていい程の僕でさえホワイトな企業に就く事ができたので、

絶望的になる必要は全くありません。

それでは、下記で29歳で第二新卒として転職を成功させる秘訣や注意事項を解説していきます。

第二新卒で29歳の転職って正直どう?

29歳の第二新卒の方は、年単位の職歴がある場合を除き、

短期退職をしているという事実がデメリットになると考えられがちです。

しかし、既に社会人経験が数年、

あるいは数カ月でも就業経験がある事は伝え方によってプラスポイントとなります。

その理由は前職で受けた研修、正社員としての勤務経験がある事によって、

企業側はビジネスマナーなどの研修費用などを削減できたり、

仕事をしていく上での基礎能力は身についており、

今後どんどん成長してもらえるといった期待を持っているからです。

特に、第二新卒の方々で年単位での職歴がある方は、

経験してきた業務も説明する事ができるので、

3年以内に短期離職をした第二新卒であってもその内容を前向きに面接官に伝える事でアピールができます。

注意点:転職活動は退職後と在職中、どっちがいいの?

転職活動を進めていくにあたって、できる限り在職中での就活をお勧めします。

やはり転職活動を進める中で、特に遠方にお住まいの方の場合、遠征の交通費やその他にもお金がかかってきます。

貯金があればまた別ですが、特に院卒の第二新卒の方々はあまり貯金できていない方も多いと思います。

僕も実際、貯金がなかった為、焦って次の就職先を決めてしまい、ブラック企業に入ってしまいました。こんな可能性もあるので十分注意が必要です。

僕のように焦って就職活動をしてしまい、間違ってブラック企業に入ってしまう事だけは避けなければいけません。

ですので、在職中に転職活動をし、内定後に退職の相談をするのが望ましいです。

また、在職中の会社で「転職活動をしている」事は言わないようにしましょう。

会社によっては在職中のあなたに対する風当たりが強くなり、

会社に居づらくなってしまう可能性があります。

29歳で大卒の方々の場合

29歳で大卒、第二新卒の方々の場合、

3年以内に1回以上短期退職をしていると思います。

従って、書類選考後の面接を突破する為には

「こと、次に応募した企業の面接で内定を貰う」

事に関してのみフォーカスした場合、

(実際はそう思っていなくても)離職について反省をしている意思を伝え、

  • 今後就業していくにあたってのやりたいこと
  • あなたの熱意

を伝える事ができると面接官は安心します。

そして、前職の経験でのあなた知識・スキルや経験は、

必ずアピール材料になりますのでどんどん前向きにアピールしていきましょう!

その中でも特に数年単位の職歴がある方は、

前職で培ってきたスキル(実績など)が活かせるので、

それもプラスポイントとして評価されます。

加えて、もし前職で3年以上の職歴がある場合、

3年間勤め上げたという実績があるので第二新卒としてではなく、

中途採用枠として「若さ」と「実績」を兼ね備えた人物と考えられ、

高評価となり年収UP・キャリアUPも見込む事ができます。

一般の中途の求職者と同じ土俵で戦うことにはなってしまいますが、

  • 「前向きさ」
  • 「アピールできる職歴」

二つの強みを活かして就活をしていきましょう。

29歳で院卒の方々の場合

29歳で院卒の方々も新卒で入社した企業を、

3年以内で1回以上退職しているかと思われます。

3年以内という職歴が足を引っ張るんじゃないのかな…?

という不安がお持ちであると思いますが、

上記の大卒の第二新卒の方々と同じように、

  • 「次は絶対に失敗したくない」という思い
  • 退職を説明できる理由

をしっかり準備していれば、ネガティブな印象は持たれません。

29歳院卒の第二新卒の方々で3年以内に退職している方々でも、

  • 前職のカラーに染まっていない、
  • かつ新入社員時に行った研修(ビジネスマナーなど)は済ませている
  • 20代であるという魅力と職歴
  • 院卒という学歴

を併せ持つ人材です。

従って、短期退職・離職をした事について深く考えすぎず、

次に志望する企業でどんな事をして頑張っていきたいのか

という熱意を見せていきましょう!

※但し、この点は注意しよう!

しかし、それでも大卒・院卒の第二新卒の方々は特に、

世間一般的には3年以内で短期退職をしているという事実

が次の志望企業の面接官にとって懸念材料であるという事も忘れてはなりません。

  • 「石の上にも3年」
  • 「一つの企業で長く働く人材が好まれる→離職のリスクが少ない」

といった考え方、体質の会社が今日の日本にはまだまだ多いので、

面接時に「なぜ前職を退職したのか」という理由については必ず聞かれます。

従って、退職理由に関して根拠を持って説明できる事が重要です。

この、根拠のある退職理由を考えるにあたって、

前職の愚痴・悪口ばかりになってしまうと、

面接官のあなたに対する心象が悪くなってしまうので気をつけましょう。

 

が、しかし!

 

前職の勤務先がブラック企業であった場合は、正直にその旨を伝えましょう

このポイントが意外と重要です。

その時になるべく具体的な数字

(残業が○○時間、朝○時〜夜○時まで勤務、休日出勤の有無など)

を使って説明すると面接官も想像しやすくなりますし、

僕も実際に1社目に所属していた時のブラック度合いは正直に話しました。

そして、明らかなブラック度合いを伝えても

自分でなんとかしなかったんですか?
それはあなたの責任なんじゃないですか?

など、

面接官がそこに関して疑惑の念を抱いている場合、

そういった会社はこちらから辞退する事をオススメします。

残念ながらあなたの希望しているその会社は長時間労働を問題と考えていない、

ブラック企業である可能性が高いです。

29歳、第二新卒のホワイト求人の探し方

「さあ就活を始めよう!」

これから求人を探す際、あなたなら何を利用するでしょうか?

求人サイト、ハローワーク、就職情報冊子…?

結論から言うとこれらを使用してもいいのですが、29歳の転職ではオススメできません。

なぜかと言うと、「全て一人で」転職活動をしなければならず、

その場合かつての僕のように情報不足で新しい転職サイトのミスマッチを起こす可能性が高くなってしまうからです。

  • 「僕(私)の転職の軸がわからない…」

という方こそ、一人での就活は非常に危険です。

ですが29歳という年齢で転職や将来について不安に思う方も少なくないでしょう…。

ということであれば、29歳の転職活動では「転職エージェントの利用」を検討してみませんか?

転職エージェントとは、

コンサルタント(転職活動のプロ)と二人三脚で、転職活動の最初から最後までサポートを受けられるサービスのことです。

29歳で第二新卒の就活、転職エージェントは必須?

結論を先に言うと、29歳の第二新卒の転職には転職エージェントが不可欠です。

なぜなら、

  • 自分がやりたいと思った仕事になるべく最短で就職したいと考えている方、
  • 次は絶対ブラック企業に入社したくない方

にとって、

年齢に関係なく転職エージェントを利用する事は、

転職サイト単体で就活していくよりも成功する可能性が高いからです。

一方、人気の企業や採用人数が少ない企業に応募する際に希望した求人によっては、

他の既卒・第二新卒・一般の中途採用者と競う場合がある事、

を念頭に置いておかなければいけません。

従って、29歳の第二新卒の方々は状況に応じて下記の通り、

転職エージェントを利用する事をオススメします。

年単位での就業経験もあり、第二新卒として転職したい大卒の方
大手転職エージェント、及び既卒・第二新卒向けの転職エージェント

就業経験はあるが、3年以内に短期退職をされた大卒・院卒の第二新卒の方
既卒・第二新卒向けの転職エージェント

アライ
アライ
相談するだけでも肩の荷が降りますよ!

求人内容で分かったブラック企業…そんな時

29歳で就活を進めていく中で第二新卒として就活を進めていく中で、

ブラック企業に巡り会ってしまい、

そこに入社してしまう可能性もゼロではないという事を忘れてはいけません。

例えば、求人の募集要項に

  • 「未経験歓迎!」
  • 「学歴・職歴・経歴不問!」
  • 「既卒・第二新卒歓迎」
  • 「やたらとアットホーム感を推してくる企業」

の中にはブラック企業も混じっているかもしれない…

という認識を持たなければいけません。

ブラック企業に入ってしまうとせっかく入社した企業でも、

そんな企業のブラック度合いのせいで心身ともに疲弊して退職…

という最悪のケースに陥りかねません。

こうなってしまうと職歴に傷がついて、

もしまたキャリアアップとして転職する場合であったとしても悪い意味で響いてきてしまいます。

転職回数を重ねている方は1社目に長く勤めていたのに、

2社目で短期離職をしてしまうとマイナスのイメージを強く持たれてしまいます。

特に、第二新卒の方々は転職回数が若くして僕のように2回、3回以上になってしまいますので、

「ブラック企業に入らない事」に関して非常に注意が必要です。

僕の体験ではありますが、転職回数3回、

かつ特別なスキルを持っていなくてもあまり転職活動で苦労した経験はありません。

しかしどちらかというと転職回数を重ねるのは好ましくないと判断する企業が多いと感じました。

それを避ける為にも転職サイト単体で求人を探すより、

「求人の詳細な情報(労働環境・人間関係・給与詳細など)」

を把握している転職エージェントを使う方がこのリスクをほぼ避ける事ができます。

必ずと言い切れないのは、転職エージェントにもブラック企業が残念ながら0ではない事、

個人によってブラックかホワイトかの基準も異なるからです。

親身に情報を共有してくれる転職エージェントとして例えば、

といった実績のある転職エージェントがオススメです。

また、意外だと思われるかもしれませんが、実際に企業に足を運んだときに

なんか思っていたのと違うな…?
この会社なんとなく合わないかも…

というフィーリングも大事にしてください。

僕の実体験:フィーリングって大事!?

僕も実体験で、就活を開始して速攻で内定をもらえたIT系の企業には「なんか違うんじゃないか…?」というフィーリングで内定を辞退しています。

実際、それらのIT系企業は転職サイト経由で見つけたのですが、ネットで評判検索してみたところ、評判が良くなくどちらかというとブラック寄りな企業でした。

従って、転職エージェントからデータとして得られる情報ももちろん大事ですが、自分の「フィーリング」「」もしっかり大事にしてくださいね。

また、29歳という年齢もやはり20代前半の第二新卒の方々と比べるとどうしても若さという点で劣ってしまいます。

従って「実際に入社してこんなはずではなかった…」

と失敗を避ける為にも、

必ず「自分はどんな事がやりたいのか」という自己分析は行うようにしてください。

転職エージェントをオススメする理由は他にもあります!

なぜ僕が転職エージェントをこんなにもオススメするのかというと、

上記の他にも理由として

  • 面接終了後にコンサルタントがバックアップやフォローを行ってくれる!
  • 面接時の質問内容を事前に教えてくれる!
  • 履歴書・職務経歴書の書類選考、面接対策も行ってくれる!
  • 選考のスケジュール管理もお任せ!
  • 第二新卒の就活の不安や悩みについて相談に乗ってくれる!

が挙げられます。

特に面接時のバックアップやフォローに関して緊張などにより、面接で伝え忘れた事・言い足りなかった事がある…

という経験はありませんか?

そんな時、面接終了後に転職エージェントのコンサルタントが先方にその熱意をプッシュしてくれる事があります。

つまり、個人で就活するよりも転職エージェントを利用した就活の方が、

志望企業に対し熱意を伝えやすくなります。

これにより、再度面接を設定してくれたり、

不採用となった場合でも自分のよかった点・悪かった点を教えてくれるので次回以降の選考に役立ちます。

また、自分一人では中々しづらい給与交渉なども行ってくれるので、こ

れは非常にありがたいですね。

しかし、転職エージェントのコンサルタントも人ですので、自分と合わないコンサルタントに当たってしまう場合もあります。

折角いい求人に当たったのにコンサルタントの質が悪くてはその後のバックアップなどもしてもらうのに非常に不安ですよね。

その時は遠慮なくコンサルタントの変更を申し入れましょう。

29歳が第二新卒で使いたい転職エージェントはこちら!

早速、29歳が利用したい転職エージェントをご紹介します。

複数登録はもちろんですが自分に合いそうな求人やコンサルタントを見つけたら、

そこ1社に絞って就職活動をしていくと、転職エージェント自体の管理も楽に済みます。

では、下記で29歳で使いたい第二新卒向け転職エージェントをご紹介します!

第二新卒で就職できる最後のチャンスを是非活かして、

あなたの転職活動が成功することを陰ながら応援しています。

全国展開、ホワイト企業でキャリアアップを目指せる「リクルートエージェント」
転職成功実績・総合評価で業界ナンバー1を誇る実力派の大手転職エージェントです。

「転職を考えてるけど、正直なかなか踏み出せない、このままでいいのだろうか…」と考える方(転職検討段階の方)にとっても、

まずは相談に乗ってもらえる事で、転職に関する悩みや不安を打ち明けて最善の方法をコンサルタントが提案してくれます。

年間で10万人が利用する評判の良いエージェントとなっていますが、その分ライバルも多いので求人動向をチェックし、すぐに動けるように登録は済ませておきましょう。

↓今すぐ優良求人を紹介してもらう↓リクルートエージェントの公式HP

当サイト管理人が集めた口コミでも評価はピカイチ!(口コミ・レビューはこちら!)

 

大手のノウハウはそのままに20代の就活に特化!「マイナビジョブ20`s」
大手転職エージェントの「マイナビ」が展開する20代(第二新卒の方々ももちろんOK!)に特化した転職エージェントです!

この転職エージェントを利用すると、

  • マイナビを母体とした業界最大手の転職サポート
  • 20代ならではの悩みに応えた適切な求人の紹介

が同時に受けられる非常にお得なエージェントなのです。

転職するかどうかの相談だけでもできるので、登録してみてまずは自分の抱えている悩み、不安を相談してみましょう。

キャリアに自信がなくても親身なカウンセリングをしてくれ、ヒアリングの質も好評!

29歳の転職には必要不可欠、自信を持ってオススメできるエージェントです。

↓今すぐ優良求人を紹介してもらう↓マイナビジョブ20’sの公式HPはこちら

なお、口コミ・評判・レビューに関してはこちらからチェックできます!