既卒・第二新卒に特化!おすすめエージェントランキングはこちら
第二新卒の転職お役立ち情報

転職したくてもスキルがない20代が第二新卒の就活を成功させる方法とは?

初心者マークを出しているビジネスマンの画像

アライ
アライ
今回は第二新卒として20代で転職したいけど、これといってスキルに自信がない人がどう就活を進めるべきかについて解説しています!

スキルがなくても就活を成功させるには、気持ちを前向きにするという基本的なことはもちろん、テクニックも身につける必要があるのです。

転職希望者は幅広い年代に分かれておりますが、中でも20代が『年齢面』で採用担当に人気の傾向があります。しかし、『転職したいけどスキルがない』『未経験の職種には挑戦できないの?』と思っている人も多いのではないでしょうか?

今回は、スキルがなくても20代なら転職チャンスがある理由や転職活動における注意点、そして最後にスキルに自身がない20代に知っていただきたい転職エージェントをご紹介します。

関連記事:【克服可!】第二新卒の転職が怖いと不安に感じる理由とは?

スキルがなくても20代は転職がしやすい理由

20代は転職のチャンスが最もあるといっても過言ではありません。なぜなら、スキルがなくても年齢が若いため長期的に活躍してもらえるからです。

ここでは、スキルがなくても20代は転職がしやすい理由を事細かにお伝えしていきます。

ポテンシャルに期待する企業が多い

スキルがなくても、20代に転職チャンスがある理由はポテンシャルに期待するからです。ポテンシャルを具体的に説明すると『潜在能力』『学生時代になにか優れた実績があること』です。

また、資格やTOEICもポテンシャル採用の基準なうえ、高い学歴もポテンシャル採用基準の1つです。

入りたい会社の職種のスキルはなくても、20代という年齢&能力が高く今後活躍してくれそうな人材であれば、十分にホワイト企業を含む優良企業への転職の道が開かれます。

アライ
アライ
特に、今日では20代第二新卒の認識も浸透しているので、正しく対策すればなかなか就職先が決まらない…ということはそうありません。

第二新卒として転職活動を進められる

スキルがなくても、20代に転職チャンスがある2つ目の理由はそもそも第二新卒であるという点です。第二新卒は社会人経験が浅いということが前提になっており、30代40代50代に比べて高いスキルは求められません。

そのため、企業としても教育をすれば戦力になる、という目線で採用活動を行なっています。

以前と比較すると、多くの企業が「第二新卒の転職」に注目し、「第二新卒採用」として公式にページを作成する企業もあるほどです。

したがって、現在の仕事に不満があるものの、スキルがないと悩む第二新卒の人であっても、スムーズに就活を進められると言えるのです。

スキルがない20代の転職活動で注意すべき2つのポイント

スキルがない20代でも転職は可能ですが、スキルがないデメリットがあるぶん注意も必要です。この章では、スキルがない20代の転職活動で注意すべき2つのポイントを徹底解説します。

むやみにスキルをつけようとしない

スキル不足の20代によくありがちな転職失敗例は、スキルをむやみにつけようとすることです。ビジネスのコアスキルは一朝一夕には身につかないものが多いです。

なぜなら、資格で知識を身につけるのと、現場で実践的に経験を積むのは別だからです。IT職を例にあげるなら『基本情報技術者資格』が一般的な資格ですが、この資格を持っていても現場では『C言語』『JAVA言語』を使用していれば1から現場で学ぶ必要があります。

つまり、スキルを身につける前に、転職活動して入社後に現場で学んだほうが早いケースが多いのです。

一方、スキルを身につけるのはもちろん大事ですが、スキル習得を頑張りすぎて年齢を重ねすぎると「年齢」が原因で転職しにくくなります。

そのため、スキル習得のみに注力しすぎるのは避けましょう。

アライ
アライ
転職のためのスキル習得に時間がかかってしまっては本末転倒なので、ありのままの自分を受け入れてくれる企業を探すのが先決です。

焦って就活をしてしまう

20代の転職では、焦って就活する人も多いです。その背景には、特に転職活動が長くなればなるほど『どこでもいいから内定が欲しい』という思考回路になってしまう点があります。

また、現在の職場がブラック企業の転職希望者ほど、辛い日々から開放されたいと考えるので、焦って就活して失敗するリスクが高まるのです。

転職回数が増えると『長続きしない人』と、人事採用側に判断されやすくなるため、1回の転職で希望の会社を選ぶことが先決です。

したがって、焦って就活を進めないように十分注意する必要があるのです。

転職したくてもスキルがない20代が転職を成功させるには

スキルがない20代転職希望者には転職エージェントが必須です。なぜなら、転職エージェントはプロのキャリアコンサルタントがマンツーマンで丁寧にサポートしてくれるからです。

さまざまなエージェントがありますが、最速で就活を成功させるには20代の第二新卒という利点をいかし、「第二新卒向け」の転職エージェントを活用しましょう。

個人で転職サイトから求人を見つけるのは困難ですが、転職エージェント経由であれば多くの優良求人に出会えます。

最近は、TwitterやインスタグラムなどSNS経由で転職に成功する人もいるようですが、運要素が強く可能性は低いでしょう。次の章では、スキルがない20代におすすめしたい転職エージェントを2つご紹介します。

スキルに自信がない20代でも使える転職エージェントとは

あなたにおすすめしたい転職エージェントの1つ目はマイナビジョブ20’sです。マイナビジョブ20’sは20代に特化した転職エージェントであり、『非公開求人が非常に豊富』なのです。

また、担当エージェントが個室で面接練習をしてくれるなど、転職希望者への手厚いサポートが魅力です。

2つ目のおすすめ転職エージェントは就職Shopです。就職Shopは、転職したくてもスキルがない20代にもチャンスが多いのが特徴で、実際に書類選考なしで面接がスタートします。

『未経験OK』の求人も取り扱いがありニート・フリーターから正社員登用されたケースもあります。

マイナビジョブ20’sと就職Shopを併用して転職活動することで、比較していい求人を探せるメリットもあります。2つとも登録し情報を集めることが、今日の情勢下で就活を成功させるには間違いない方法なのです。

適性検査に定評!マイナビジョブ20’s

マイナビジョブ20’sは

  1. コンサルタントの質
  2. 求人の質(就職氷河期に備えるなら今がベスト!)
  3. 他社には無い世界中の求職者が利用する〇〇〇〇(公式HPで要チェック!)とサポートの質(2020年以降はWEB面談にも対応!)
  4. 大手マイナビのバックボーンがある事による安心感

も段違いに高く、既卒・第二新卒の方が是非メインで利用したい、まさに「天職」エージェントと断言できます。

↓無料登録は1分で完了!↓マイナビジョブ20’sの公式HPはこちら

もっと詳しく知りたい方は「マイナビジョブ20’sに独占取材!」の記事も是非ご覧ください。

書類選考なしの優良求人多数!:就職Shop

■対象地域 東京・千葉・埼玉・神奈川・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・兵庫・奈良・滋賀
■対象年齢 18歳〜29歳まで

就職Shopは

  1. コンサルタントの質
  2. 求人の質(就職氷河期に備えるなら今がベスト!)
  3. サポートの質(2020年3月27日以降、首都圏は電話面談にも対応)
  4. 業界最大手、リクルート社のバックボーンがある事による安心感

も段違いに高く、18歳から30歳まで対応可能であり書類選考なしで一次面接からスタートします。

その為、マイナビジョブ20’sに並ぶ、既卒・第二新卒が是非利用したい、人柄重視の優良・ホワイト企業ならお任せのエージェントと断言できます。


↓今すぐ優良求人を紹介してもらう↓
就職Shopの公式HPはこちら

詳しくは「フリーター(既卒)の就活に就職Shopがマストな理由」をご覧ください。

関連記事:第二新卒はやめとけと言われる理由とは?就活がきついって本当?

\コロナ禍でも丁寧に積極サポート!/
就職Shopの無料登録はこちら
20代限定!書類選考なしの優良企業多数!
就職Shopの無料登録はコチラ