既卒・第二新卒に特化!おすすめエージェントランキングはこちら
indeed

既卒・第二新卒の就活・転職でindeedはオススメできない!?使いにくい理由も解説!

既卒・第二新卒の就活でindeedを使うのはオススメできない!?

アライ
アライ
今回は求人検索エンジンの一つ「indeed」についてまとめてました!

皆さんもテレビCMなどでこの名前は一度は聞いた事はあるのではないでしょうか?

そこで、このサービスの特徴や使い方、既卒・第二新卒の就活・転職で、このサービスを利用するには本当に効果的かを解説していきます。

<indeedを使うよりも確実にホワイト企業に就職するならココ!>

下記では、なぜindeed単体での利用がオススメできないのか、逆に上記の転職エージェントを利用する事がマストな理由についても解説しています。

indeedとは、求人情報専門の検索エンジンの一つであり、元々は2004年にアメリカで誕生しました。(2012年にリクルート社の子会社になりました。)

また、「求人専門の検索エンジン」とはdodaやエンジャパン、マイナビ、フロムエーなど、

大手転職・求人サイトの求人を一つの画面で一気に検索できる、

まさに「2ちゃんまとめ」や「NAVERまとめ」、「求人のGoogle」みたいなものと考えるとわかりやすいです。

indeedの使い方とは?

こちらがPC版のトップページになるのですが、使い方としてはシンプルで、

左の「キーワード」欄に自分の検索したい求人に関しての情報を入力して「求人検索」ボタンを押すだけです。

ちなみに、2018年6月時点で「第二新卒」で検索をかけた場合は20万件以上、

「既卒」で検索をかけた場合は5万件以上と、非常に膨大な数の求人を扱っている事がわかります。

もちろん「第二新卒 営業」や「既卒 事務」など、複数のキーワードを組み合わせて検索できるのもこのサイトの強みの一つです。

また、これらは全て公開求人であるので、募集要項に関してももちろん閲覧する事ができます。

そして、登録(履歴書を入力して登録)すると、

indeedエントリー対応案件に関しては直接応募でき、求人情報に関してメールで最新情報を受信する事もできます。

indeedをあまりオススメできない理由・デメリットもご紹介します!

一見手っ取り早く求人を検索できるので、良いサービスでは?と考えがちですが、

こと既卒・第二新卒の就活に関してメインで使用するのはあまりオススメできません

その理由は下記の通りです。

  1. 求人数が多過ぎる
  2. indeedエントリー非対応の案件にはリンク先の就職サイトに登録し直す必要がある
  3. 公開求人のみしか検索ができない
  4. 転職サイトと同じく相談やアドバイスがもらえない

①求人数が多過ぎる

上記でご紹介したように、「既卒」・「第二新卒」のキーワードで調べただけでもかなりの数の求人が出てきます。

ここまで多いと選択肢は広がりますが、自分に合った求人を探すのにも大変労力を使いますし、

これだけ求人が多いと「ブラック企業」に遭遇してしまう確率も高くなります。

検索履歴が残るので、過去に自分が検索したキーワードでどれだけ新着求人が掲載されているか、一目でわかるのですが、

もちろん、入る事のできる企業は1社のみですので、上記のように非常に多い求人の中からそれを探すのは大変ですよね。

②indeedエントリー非対応の案件にはリンク先の就職サイトに登録し直す必要がある

indeedは総合求人検索エンジンですので、他の転職サイト記載の求人も検索して出てくるのですが、

その場合登録した履歴書や登録内容をそのまま反映できないので、

求人に応募する際はそのリンク先のサイトに際登録し直す必要があります。

つまり、直接転職サイトで求人を見つけるよりもどうしても手間が発生してしまいます。

③公開求人のみしか検索ができない

indeedは各転職サイトの公開求人しか検索しかできないので、

その転職サイトや転職エージェントにある非公開求人についても閲覧するには再登録をする必要があります。

ちなみに、既卒・第二新卒の就活・転職に関しては、ホワイト企業に就職する為に、

転職市場にあまり出回らない優良求人である非公開求人を狙っていく事がオススメです。

④転職サイトと同じく相談やアドバイスがもらえない

indeedは大きな機能として、求人検索とその一部に直接応募する事しかできないので、

履歴書の書き方や面接対策、フォローなどしてくれるコンサルタントはいません

言ってしまえば掲示板のように求人をブラウジングできるだけですので、

「やりたい仕事が明確に定まっていない方」は情報量に圧倒されてしまう可能性があります。

既卒・第二新卒の就活・転職ではindeedを使うよりも…

既卒・第二新卒の就活・転職は、情報戦です。

やりたい事が明確に定まっている方々は自分で情報を取捨選択しながら就職活動をしていく、といったやり方でも問題ありません。

しかし、それでもindeedのように「情報が多過ぎる」と求人情報の仕分け作業も大変です。

しかも求人票の表面的な情報だけではその企業が優良企業かどうか、の判断をするのも非常に難しいですよね。

そこでまだまだ就活・転職に関して手探り状態、という方々はなおのこと、

転職エージェント」を利用した就活がマストです!

転職エージェントは転職サイトと比べてどんなメリットがある?

転職エージェントを是非使いたい理由として、

  • 面接終了後にコンサルタントがバックアップやフォローを行ってくれる!
  • 面接時の質問内容を事前に教えてくれる!
  • 履歴書・職務経歴書の書類選考、面接対策も行ってくれる!
  • 選考のスケジュール管理もお任せ!
  • 既卒・第二新卒の就活の不安や悩みについて相談に乗ってくれる!

が挙げられます。

特に面接時のバックアップやフォローに関して、面接時に緊張などにより、

伝え忘れた事・言い足りなかった事があると面接終了後に転職エージェントのコンサルタントが先方にその熱意をプッシュしてくれる事があります。

つまり、個人で就活するよりも転職エージェントを利用した就活の方が、志望企業に対し、熱意を伝えやすくなります。

再度面接を設定してくれたり、不採用となった場合でも自分のよかった点・悪かった点を教えてくれるので次回以降の選考のチャンスが広がります。

また、自分一人では中々しづらい給与交渉なども行ってくれるので、これは非常にありがたいですね。

転職エージェントとは一重にいっても、扱っている求人やエージェント毎に特色が違います。

従って、複数の転職エージェントに同時登録する方法をオススメします。

そして、自分に合いそうな求人やコンサルタントを見つけたらそこ1社に絞って就職活動をしていくと、

転職エージェント自体の管理も楽に済みます。

それでは、下記で既卒・第二新卒の方々が是非使いたい全国対応の転職エージェントをご紹介します!

indeed単体での使用で、意図せずブラック企業に入ってしまうより、転職エージェントを利用して確実に「ホワイト企業」に就職しませんか?

最強!大手のノウハウはそのままに20代の就活に特化!「マイナビジョブ20`s」
大手転職エージェントの「マイナビ」が展開する20代(第二新卒の方々ももちろんOK!)に特化した転職エージェントです!

この転職エージェントを利用すると、

  • マイナビを母体とした業界最大手の転職サポート
  • 20代ならではの悩みに応えた適切な求人の紹介

が同時に受けられる非常にお得なエージェントなのです。

転職するかどうかの相談だけでもできるので、登録してみてまずは自分の抱えている悩み、不安を相談してみましょう。

↓今すぐ優良求人を紹介してもらう!↓マイナビジョブ20’sの公式HPはこちら

なお、口コミ・評判・レビューに関してはこちらからチェックできます!

 

既卒・第二新卒の就活・転職で迷ったらとりあえずココ!「いい就職.com」
「既卒・第二新卒」という言葉が定着する前からこの分野に関して実績があるエージェントです。

担当者の方が企業に実際に聞き込み調査をしているので、俗に言う「ブラック企業」は求人から排除し、またそういった会社から求人掲載の依頼があってもお断りしています。

大手の求人は少なめですが、東証一部上場の企業の求人掲載も勿論取り扱っています。

「なんか求人少なくない…?」と感じた方もご安心ください。

サイト上では公開求人しか閲覧できませんが、登録する事によって非公開求人も紹介してもらえますのであなたに合った求人に出会える確率ももちろん上がります。

↓今すぐ優良求人を紹介してもらう↓いい就職.comの公式HP

なお、口コミ・評判・レビューに関してはこちらから!