既卒・第二新卒に特化!おすすめエージェントランキングはこちら
中卒の就職活動

中卒が正社員になれないは本当?ホワイト企業で働く方法とは?

中卒が正社員になれないは本当?ホワイト企業で働く方法とは?のアイキャッチ画像

アライ
アライ
今回は、「中卒は正社員になれない」と言われる噂は本当なのか?について真偽を解説します。

また、中卒でも安心して働ける企業で正社員になれる方法についてもご紹介しますので必見です!

中卒の場合は学歴などの理由で「正社員になれない」とよく言われたり、ネット上の記事でもそのような記載を見かけたりするので、中卒だと正社員になりにくいと考えている人も多いのではないでしょうか?

学歴が低いことでコンプレックスを抱えてしまいがちですが、中卒から正社員になる人もたくさんいます。

今回は、中卒が正社員になれないと言われる理由や気をつけるポイント、最後にホワイト企業で働ける方法を解説します。

中卒が正社員になれないと言われる理由とは

中卒は正社員で働いていない人が多いのも事実であり、実際に、中卒の労働者全体に占める正社員の割合は35.4%(※)となっています。

ここでは、中卒が正社員になれないと言われる理由をご紹介します。

(※)厚生労働省「平成30年若年者雇用実態調査の概況」

学歴で判断されてしまう

中卒は学歴が低いことで『仕事ができない』『学ぶ意欲がない』と判断されがちです。

しかし実際には、ポテンシャルがあり仕事ができる中卒者も多いため、学歴を気にさせないくらいビジネススキルを身につけることが大事です。

また、学歴で全てを判断しない企業を選定して応募することで、正社員として就職できる可能性を広げることができます。

離職してしまうのではと判断されがち

中卒だと離職するリスクが高いと思われるイメージがあります。

なぜなら、やむを得ない理由の場合以外は、高卒や大卒と違い中学までしか通っておらず、忍耐力に懸念を持たれてしまう可能性が高いからです。

かつ、会社の社長や面接を担当する人事は大卒や高卒以上が多いため、とくに古くからある企業の場合は、中卒という学歴がすぐに離職と結びついてしまう可能性も考えられます。

しかし、面接での話し方やアピール次第では、離職しやすいイメージを払拭することは可能です。

そのため、正社員で就活を成功させるには、熱意はもちろん事前準備が必須になります

スキルがないと思われてしまう

就活において、正社員として雇用するにはビジネススキルが必須ななか、中卒はスキルが低いと思われることが多いです。

中卒者は中学までしか勉強していないため、勉強自体が嫌いかスキルの習得に励んでいないと、最初から決めてくる人もいるため注意が必要です。

実際、大卒など学歴がある方がスキルやポテンシャルがあると判断されやすく、結果的に正社員を目指しやすくなっているのが実情です。

ただ、ビジネスマナーの習得に励み、資格を保有するなど、目に見えるスキルを持つことで、スキルがないというレッテルを跳ね返すことができます。

身につけたいスキルを考えてから、アルバイトや派遣社員でスキルを習得し、そのスキルをアピールして正社員を目指すのも1つの手段です。

中卒の人の就活で気をつけるべきポイント

中卒の人は就活する際に、いくつか気をつけるべきポイントがあります。ここでは、中卒の人の就活で気をつけるべきポイントを1つ1つご紹介します。

丁寧なコミュニケーションを心がける

中卒の人は丁寧なコミュニケーションを心がけましょう。

とくに面接時に企業の面接担当は、学歴に関わらず丁寧な姿勢を重視しているため、丁寧さをアピールすること面接での加点対象にもなります。

話し方や仕草、気遣いなど、丁寧な人だと思わせることができれば、面接官は中卒という点も気になりにくくなるでしょう。

丁寧なコミュニケーションを習得するために、他人と会話するときに丁寧に接してみるのも有効です。

また、日々の行動が面接でも出るため、日頃から丁寧に接したり、気遣いを見せたりすることで、人間性の成長につながります。

基本的なマナーを大事にする

中卒で就活して正社員を目指すには、基本的マナーを大事にすることが必要です。

なぜなら、正社員になれば派遣社員やアルバイト以上に、ビジネスマナーを使う機会が多いからです。

関係企業の社員と会話したり、メールしたり、電話したり、基本的なビジネスマナーは毎日使います。

会話では当然ながら敬語を上手く使うことで、相手に対しての敬意を表現することができるでしょう。

また、電話では声のトーンや言葉の選び方で『仕事ができる人』という印象を与えられます。基本的なマナーを持っていない人は、正社員として雇用されにくいため、中卒高卒に関わらず習得しておきたいところです。

学歴不問や未経験可の求人に応募する

中卒者が就活で気をつけるべきポイントは、学歴不問や未経験可の求人を選定して応募することです。

なぜなら、募集している求人の学歴が大卒以上なら、どれだけスキルがあっても書類選考落ちするリスクが高いからです。

また、経験者採用の求人は即戦力であることが求められるため、アルバイトや派遣社員でしか働いたことがない人は採用されにくいのです。

学歴不問で未経験可の求人は、人手不足が深刻であるケースが多いため、中卒でも正社員採用される可能性が高いといえます。

中卒がホワイト企業の正社員で働ける方法とは

中卒がホワイト企業の正社員で働ける方法は、転職エージェントを活用して就活することです。

しかし、転職エージェントは種類がたくさんありますが、dodaやリクルートなどの大手の転職エージェントは、利用してもほぼ無視されてしまうので注意が必要です。

これには、スキルのある一般の中途転職者を対象としているエージェントだから、という背景があります。

そのため、中卒は学歴面が不利になるので、中卒のサポートに特化した転職エージェントの利用が必須です。

とくに、書類選考なしで、人柄をしっかり見てくれる企業のみを取り扱う就職Shopジェイックといったエージェントがおすすめです。

中卒が利用必須の転職エージェント2選

以下では、中卒の人が優良企業の正社員になることをサポートしてくれる、おすすめの転職エージェントを厳選して2つ紹介します。

まずひとつめは就職Shopです。就職Shopはリクルートが運営しているので、そのコネクションからも求人数が豊富なうえ、書類選考なしで面接がスタートします。

リクルートエージェントとは全く違うので、もちろん中卒でも利用可能です。

そして2つ目のジェイックですが、こちらも『学歴不問の優良求人』かつ、書類選考なしの求人のみを取り扱っています。

就職Shopと違う点は、ビジネスマナーや面接の受け方を学べる『研修制度』が用意されているのです。

そのため、基本的なビジネスマナーをつけながら、すぐに即戦力となるスキルを身につけたうえで就活ができるのです。

今日では転職エージェントの併用をして優良求人を確保しておくことは必須です。したがって、就職Shopとジェイックをダブルで使い、将来への可能性を広げましょう!

書類選考なしの優良求人多数!:就職Shop

■対象地域 東京・千葉・埼玉・神奈川・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・兵庫・奈良・滋賀
■対象年齢 18歳〜29歳まで

就職Shopは

  1. コンサルタントの質
  2. 求人の質(就職氷河期に備えるなら今がベスト!)
  3. サポートの質(2020年3月27日以降、首都圏は電話面談にも対応)
  4. 業界最大手、リクルート社のバックボーンがある事による安心感

も段違いに高く、18歳から30歳まで対応可能であり書類選考なしで一次面接からスタートします。

その為、マイナビジョブ20’sに並ぶ、既卒・第二新卒が是非利用したい、人柄重視の優良・ホワイト企業ならお任せのエージェントと断言できます。


↓今すぐ優良求人を紹介してもらう↓
就職Shopの公式HPはこちら

詳しくは「フリーター(既卒)の就活に就職Shopがマストな理由」をご覧ください。

18〜34歳までの転職サポート!社会人になってから役立つ無料研修付き:ジェイック

ジェイックのトップ画像
■対象地域 東京、横浜、大阪、名古屋、福岡、仙台、広島、神戸、京都、北九州、岡山、千葉、静岡、熊本
■対象年齢 18歳〜34歳まで

ジェイックは

  1. ニート・既卒・未経験・フリーター・第二新卒に対し、書類選考なしで求人紹介
  2. 自力で就職した場合の成功率48.9%→ジェイックでは81%以上の成功率
  3. 新入社員の教育をしっかり行う優良企業のみを紹介
  4. 担当スタッフの一貫したサポートに強み、23,000人以上の支援実績あり

といった特徴があります。

同時に無料で受けられる就職支援講座というサポートもあり、初めて就職する人でも安心して厳選された企業で働くことができます。

↓30秒で無料登録完了!↓
ジェイックの公式HPはこちら

関連記事:中卒フリーターの女性ができる仕事とは?優良企業の正社員になる方法も解説

\コロナ禍でも丁寧に積極サポート!/
就職Shopの無料登録はこちら
20代限定!書類選考なしの優良企業多数!
就職Shopの無料登録はコチラ