既卒・第二新卒に特化!おすすめエージェントランキングはこちら
就活中のお悩み

既卒・第二新卒の就活・転職でバカ受け!ブランクや空白期間・離職期間の説明方法

ブランク・空白期間・離職期間についての説明…ってどうしたらいい?

アライ
アライ
既卒第二新卒の方々の面接で特に「空白期間ブランク期間離職期間」についての説明が難しいとお悩みの方々も多いのではないでしょうか?
この空白期間ですが、期間毎にどのように説明していけばいいのか、この記事を読む事でしっかり解決できますので最後までお見逃しなく!

既卒・第二新卒として就職の際、この「空白期間」の説明について、

非常に悩まれる方々も多くこの説明に困ってしまい、面接や選考にいくのが怖い…

そう考える方もいらっしゃるのではないでしょうか?

一般的には、この「空白期間」「ブランク」は期間が長引けば長引くほど面接の場面で突っ込まれる事が多くなります。

しかし、既卒・第二新卒の就活・転職では、新卒時の就活と違い、

俗に言う大量の候補者の中からふるいにかける「落とす面接」ではありません

従って、応募してきた求職者に対して、「採用する為」に面接を行うので、

この「空白・ブランク・離職期間についてきちんと説明する事ができれば大きな問題ではございません。

この記事ではそんな方々の悩みにアプローチし、

今後の就活・転職の進め方をどのようにしてけばいいのか、早速解説していきます!

<なぜ転職エージェントの利用が必須なのか?>

  • ブラック企業で退職(3ヶ月)
  • 思い描いている働き方と違い退職(6ヶ月)
  • 人間関係に悩み体調を崩して退職(10ヶ月)

上記が僕の職歴ですが、24歳時点で3回も転職してしまった原因はただ一つ、

自分一人で転職活動をしていたからです。

その為、「自分に向いている仕事」がわからなかったのです。

しかもお気づきでしょうか、僕の職歴には「年単位」の職歴がありません。

ですが、3回目の転職で初めて転職エージェントを利用し、転職活動を大成功させました。

これには、転職エージェントを利用した事ももちろん要因ではありますが、

20代という若さがミソであるとも断言できます。

従って、かつての僕みたいにならない為にも20代である既卒・第二新卒である今のうちに転職エージェントを利用する事は必須なのです。

特に、既卒・第二新卒のあなたの場合は下記の2つの転職エージェントがオススメです。

そして、人気な求人程早く採用枠が埋まってしまうので、急いであなたの受けたい求人を確保しておきましょう。

記事下には他では手に入らない、就活に役立つ「特別プレゼント」もご用意しています!

空白期間はどのくらい空いているとまずいの?

今回のテーマである「空白期間」「ブランク」に関して、

期間の長さはどのくらいあるとまずい…という事はあるのでしょうか?

この期間に関しては、既卒・第二新卒の方々に把握しておいていただきたいのが、

一概にどれくらい空いているとまずいかという事ではなく、

この期間の説明をどのようにするか」という事の方が大事となってきます。

特に空白期間がいくら転職活動に使っていた期間であったとはいえ、

長くなればなる程不安になりますよね。

僕自身も数多く転職活動をしてきましたが、期間こそ短いものの、

「無職」という響きが怖くて急いで転職活動をしていた時期もありましたので、気持ちはすごく良く分かります。

ですが、焦りは禁物です。

下記での説明(実際に僕自身転職エージェントや現在所属する企業の人事の方に聞きましたのでお墨付きです!)

をきちんと読んで頂き、あなたの転職活動に是非役立ててくださいね。

空白期間が〜6ヶ月の場合

ちなみに一般的な既卒・第二新卒の転職活動の期間は3ヶ月〜6ヶ月の期間である事が多いようです。

つまり、この期間内であれば特に空白期間に関して、

「転職活動に専念していた。」と面接時に伝えても面接官が不審に思う事はありません。

しかし、万が一面接官に

面接官
面接官
転職活動の期間中には他にどんな事をしていましたか?

といった質問に備えて志望している企業に対し、下記の一例のような応答をあらかじめ用意しておくとGOODです。

例1:転職期間中は、自己分析や(志望している業界に関しての)業界知識や動向に関しての情報収集を行なっていました。このような情報収集を行なった結果、自分は〜の業界そして御社の〜という部分に強く魅力を感じチャレンジしてみたいと考えております。

また、転職期間中にアピールできる物事(資格の勉強・留学など)もアピールポイントになります!

履歴書に実際の資格として記載する事ができなくても、

「勉強をしていく上で〜の知識を得る事ができた。」など仕事で自分が使える知識や、

御社に入社後も、勉強は継続し、〜の資格や点数を取ります!

といった、その会社で役に立つ資格を取る意気込みをアピールするのもいいですね!

※注:ただし、この3ヶ月〜6ヶ月の期間はあくまで目安の期間であるので、それ以上かかってしまったからといって落ち込む必要はありません。

(下記できちんと解説していきます。)

空白期間が6ヶ月以上である場合(1年、2年、それ以上)

さて、この一般的な転職期間と呼ばれる3ヶ月〜6ヶ月を過ぎてしまった場合、

質問に答えるのに非常に難しいと考える既卒・第二新卒の方々も多いと思います。

まず、この期間中に上記と同じく

  • 資格の勉強
  • 留学
  • ボランティア、アルバイト活動など仕事に活かす事のできる活動

をしていた場合はきちんとその内容を説明した上で、

就活・転職期間が長期化してしまった事を伝えれば特に問題ありません

しかし、中には

  • なんとなくだらだら過ごしていた
  • 体調不良で退職もしくは療養中であった
  • 趣味の活動に専念していた

といった理由をお持ちの方々もいらっしゃると思います。

この場合に関して、取り繕う事無く正直に真実を伝えましょう

正直に伝えた方がいい理由として、

この質問にうまく答える事ができないからこの応募者は不採用

と考える面接官はほとんどいないと言っても過言ではないからです。

むしろ、その後の面接でボロが出たり、挙動不審になってしまい嘘であるとバレてしまう事の方がマイナスポイントになってしまいます。

従って、他の質問の用意に関しても言える事ですが、本場の面接で取り繕った回答をする事は本サイトではあまりオススメする事はできません

ただし、趣味の活動に専念していた場合を伝える時には

そこで得られた経験が今後・自分の志望している職種にどのように活かしていけるか

をきちんと説明できる事が重要です。

<趣味の活動に専念していた場合の空白期間の答え方の例>

例えば、僕の趣味の一つである「ダンス」の活動に専念していた場合の例ですが、僕は各地のダンスイベントや様々なダンサーの方々と交流をしてきました。

この事例から、フットワークの軽さを示す「行動力」や、初めて出会った方ともすぐに打ち解ける事のできる「会話力」「コミュニケーション能力」などをアピール材料にする事ができます。

…など、具体的な事例を含めて説明できるとGOODです!

アライさんの転職活動における空白期間、ブランク、離職期間についてのまとめ!

この既卒・第二新卒の方々の空白期間や離職期間に関しては、誰もが抱えるであろう悩みや不安の一つであると思います。

まとめとして、一番大事である事は「自分に正直である事」です。

やはりどうしても面接をこなしていく上で、応募者である自分自身が答えにくい質問をされる事もあるかもしれません。

しかし、面接官は意地悪でこの質問をしている訳ではなく、

いわゆるマニュアルのようなものでただ単にその「理由」が知りたいだけ、という事を心の中に入れておきましょう。

※注意:意地悪な質問や圧迫面接のような雰囲気が続くようであれば、

そのような会社はホワイトであるかどうか怪しいと考えていいかもしれません。

番外編:僕の所属している企業であれば…

実際に僕の現在所属している企業の人事の方にお話を伺ったところ、

「既卒・第二新卒の面接では空白期間に関しての質問はするが、きちんとした説明ができれば空白期間の長さは問わない。

また、応募者の過去よりもこれからこの会社を通して社会にどんな利益や貢献をしてくれそうかを見ている。」との回答でした。

僕の会社ではありますが、面接官は意地悪で質問をしているのではない、という事が読み取れる一例であると思います。

もし、もっと面接官の考えている事や質問、面接に当たっての姿勢に関して詳しく知りたい!

という方は、

人事・採用担当者に聞いてみた!既卒・第二新卒の面接で見ているポイントとは…?

のリンク先で解説していますので是非チェックしてみてください!

さらに、まだ本格的な活動をしていないよという方々の為に、

ブランクや空白期間について自信を持って答える事ができるようになる、転職エージェントを選択して就活を始めるだけです!

そして、就活をもうしているよという方々も現在の就活の仕方はあなたにあっているでしょうか?

やりたい事もわからずに闇雲に「求人サイト」に登録して就活していませんか?

既卒・第二新卒へのサポートが手厚い転職エージェントはココだ!

今回は相談からでもできる転職エージェントを特徴別にご紹介しますので、

まずは気軽に登録(無料で簡単!)する事がマストです!

そしてここまで読んでくれたあなたには、

実際に僕が内定を得た履歴書と職務経歴書のサンプルをプレゼントします!

一番面倒な履歴書や職務経歴書の作成ですが、この内容を参考にあなたの経歴を記載していけばいいので、

登録時から非常に就職・転職活動が楽になる事間違いなしです!

また、実際にこれを利用して内定を獲得したという僕の実績もあるので、

エージェントのノウハウの詰まった書き方が既に反映されているのです!

履歴書をダウンロード!

職務経歴書をダウンロード!

ホワイト企業をコンサルタントと一緒に探し、

かつあなたの「やってみたい」を叶える事ができる会社で伸び伸びと働いてみたいですよね?

そんなホワイト企業を見つける為、勇気を出してその一歩を踏み出してみませんか?

初めての転職活動は業界トップクラスのサポートを受けよう!「ウズキャリ既卒・第二新卒」
一人当たり平均20時間のサポート」は業界でも最多、「ウズキャリ既卒・第二新卒」といった既卒・第二新卒の方向けのサービスや、「ウズウズカレッジ」といった研修型就活サポートも展開!

しかも、コンサルタントの方々が既卒や第二新卒の方なので同じ目線に立ってカウンセリングや支援を受ける事ができます。

また、求人の質に関しましてもブラック企業はもちろん排除していますし、綿密なカウンセリングも受ける事ができる上、入社後のミスマッチの可能性もほぼ無いので安心して転職活動を進める事ができます。転職検討段階で使う事のできるエージェントの一つです。

↓今すぐ優良求人を紹介してもらう↓ウズキャリ既卒・第二新卒の公式HP

口コミ・評判・レビューはこちらからチェック!

 

書類選考無し!人柄を見てくれるホワイト企業に就職するなら「就職Shop」
リクルートが運営する、こちらも20代に特化した転職エージェントになります。

つまり、リクルートを母体としているので就活ノウハウや求人の質がピカイチなのです。

他のエージェントと大きく違う部分は、書類選考が無いという点です。

この事実からもこのエージェントに掲載されている企業は「人柄」「人間性」を面接にてしっかり重視する企業が多いと言う事ができます。

現在約7,700社もの求人を取り扱い、就職shopで就職した正社員一年未満の若い方は全体の7割、登録者は全体の9割にも及びます。

些細な悩みから就職への不安も、就活のプロが自信に変えてくれます!

↓今すぐ優良求人を紹介してもらう↓就職Shopの公式HPはこちら