既卒・第二新卒に特化!おすすめエージェントランキングはこちら
Wantedly(ウォンテッドリー)

【ウォンテッドリー】の口コミ・評判!求人の質や既卒・第二新卒にオススメか調査!

ウォンテッドリー(Wantedly)の口コミ・評判をご紹介!

アライ
アライ
今回はウォンテッドリー(Wantedly)口コミ評判レビューをご紹介します!

「ウォンテッドリー」を実際に使ってみようかな…と考えている既卒・第二新卒20代の方々にとってこの記事が参考になってもらえたら幸いです。

スマホアプリで使える転職サービスの一つに、「ウォンテッドリー」という転職・就活アプリが存在します。

中には聞いた事がある人もいるかもしれませんね。

転職・就活アプリですので、基本的にはあなたのペースで転職活動を進める事になります。

20代・既卒や第二新卒の方でもウォンテッドリーを利用する前に

口コミや評判を調べてからじゃないと不安…

という方々もいらっしゃるのではないでしょうか?

今回はそんな方々向けに、ウォンテッドリーの概要や口コミ・評判をご紹介していきます!

<既卒・第二新卒向け2020年11月最新情報!>

11月は年末に向けて採用活動が鈍化しがちと思われるかもしれませんが、実は下半期がスタートし、予想より人手不足であるという理由から採用活動に動きが見られる企業も多いです。

そのため、10月から12月にかけては求人も多く出されやすい時期ということが言えます。また、今から就活を始めておけば年末までの内定獲得は十分可能です。

コロナによる影響で、しばらくは就職・転職を待った方が良いのではという意見もあります。しかし過去のリーマンショックでは求人倍率の回復に4年ほどかかっている事からも、現状が辛くて就職・転職を考えている人は今すぐ行動し、優良企業の求人は抑えておくべきです。

WEBや電話による面談も行なっている転職エージェントもありますので、年末までを目処に就活を成功させるために使える手段は全て使いましょう。11月からのWEBや電話を利用した簡単な就活・転職の始め方として、

  1. こちらのページを参考に、既卒・第二新卒向け転職エージェント(マイナビジョブ20’s就職Shopなど)に複数登録をする
  2. 登録完了後に各エージェントから連絡が来ます。電話では簡単に現在の状況や希望条件などの質問を受けますので、電話にはでれるようにしておきましょう
  3. 電話対応でもエージェントの良し悪しがわかります。あなたが「ここだ!」と思うエージェントに面談を申し込みましょう。
  4. 本格的にサポートを受ける会社を絞り、転職活動を引き続き進めましょう。

エージェントから連絡があり次第、担当者にわかりやすく現状を伝え、転職の意思が固いことを説明すると、優良求人を紹介してもらえる確率が非常に高くなります。

ウォンテッドリー利用前の注意点とは?

ウォンテッドリーはアプリですので、基本的には全て一人で就活を行います。

その為、就職や転職に関するサポートをきちんと受けたい!という方は、

といったきちんと既卒・第二新卒のサポートに定評のある転職エージェントを利用する事をオススメします。

ウォンテッドリーの口コミ・評判

ウォンテッドリー(WANTEDLY)の特徴それでは、早速ウォンテッドリーの口コミや評判をご紹介していきます。

良い面・悪い面両方の口コミ・評判を集めました!

ウォンテッドリーの良いリアル口コミ・評判

採用担当者や経営層の方たちと直接チャットをしながら日程を調整し、オフィスに遊びに行く感覚でフランクにお話が聞ける。リクルートをはじめ多くの人材サービスは採用する側が一方的通行的な就職活動が普通であったが、ウォンテッドリーは新しい就職活動、採用活動のあり方をアプリを通して提供していると思います。

インターフェイスも使いやすいですし、すごく会話のしやすいアプリだと思います。

また、自由にプロフィールを書き込みやすく、なおかつ各企業へのアポイントメントも取りやすいので非常に使いやすくて、よく利用させていただいてます。

たくさんの良い企業の事業内容や理念を知る事ができるばかりでなく、繋がる事ができるのも大きなメリットだと思う。

人と人とが身近になっていく時代にぴったりのアプリです。いつでもどこでも繋がりが持て、就活できるのがいいですね。新しい変化に挑戦していく人にぴったりです。

転職活動をする際に利用させていただきました!企業の特徴や事業内容が、わかりやすくまとめられていてとてもみやすいです!スマートフォンが普及している今の時代には、とても使いやすいアプリだと思います。

全く知らなかった業界、全く知らなかった仕事。なんとなーく興味があるな〜から始められる企業選定。使いやすく見やすいUI。便利です。

良い口コミは

  • ベンチャー企業との繋がりが持てる事
  • 新しい業界や自分の知らなかった仕事を見られるだけでも価値あり
  • アプリやサイトの使いやすさ

に焦点が当たったものが多く見受けられました。

ウォンテッドリーの悪いリアル口コミ・評判

ここ最近ずっとアプリが立ち上がりません。通知はくるのに開けない。一体どうなっているんでしょうか?

動作一つ一つが重たく、すぐにアプリが落ちてしまいます。最近はアプリを開く事すらできないです。企業からのメールを確認したいのにできないのは非常に大きな問題。

福利厚生や基本給が掲載されていないので、求職者側からしたら一歩踏み出しづらい印象を持った。

情報が抜き取られている可能性を感じる。お問い合わせをしてもレスポンスはなし!強制メルマガも受信拒否できない。運営にフェイスブックの情報抜き取られているだけで何に使われているかわかりません。評価が高いのも怪しい会社だから操作しているのでは…?

スカウトがきた会社から1週間以上返事がなく、運営先に問い合わせをするが返答なしでした。人事担当として、またキャリアビジネスの会社としてありえないと思いました。もう2度と使いません。

検索しにくい!地域とか新着とかきちんと表示してほしい。数年前の求人なんて邪魔。あと、それぞれの会社の説明がざっくりしすぎ。メールがいちいちくるのも嫌。

一方悪い口コミは、

  1. アプリの操作性の悪さや重さ、通知のしつこさ
  2. 運営のお問い合わせの無視
  3. 企業に問い合わせても連絡がこない

この順に悪い口コミが多く見受けられました。

口コミ・レビューに関して

口コミやレビューを独自に調査してみて、

  • よくある就活の流れではなく、今の時代にマッチした就活ができる点はメリット
  • ベンチャー企業を中心に、人との繋がりが増える
  • アプリの使いにくさ、動作が重たい時がある

事がわかりました。

そして、下記のような状況に関する口コミは比較的少なかったものの、僕自身も転職活動時に転職アプリやサイトを利用し、

  1. 求人が多すぎてどれが自分にあっているのかわからない
  2. スカウトメールが頻繁に来る
  3. 常に求人を出しているようなブラック企業がある

このような場面に直面した事が何度かあります。

もし、ウォンテッドリーを利用して現状が変わらない、就活がうまくいかないようであれば、転職エージェントへの乗り換えを検討・実践しましょう!

エージェントの乗り換えをするのであれば、マイナビジョブ20’sや就職Shopとい

大手が展開、評判の高い既卒・第二新卒向け転職エージェントがオススメです。

↓今すぐ優良求人を紹介してもらう!↓マイナビジョブ20’sの公式HPはこちら

↓今すぐ優良求人を紹介してもらう↓就職Shopの公式HPはこちら

ウォンテッドリーの概要

ウォンテッドリー(WANTEDLY)の概要ウォンテッドリーの概要を簡単にご説明させていただきます。

ウォンテッドリーはウォンテッドリー株式会社が運営する転職相談アプリで

  • ベンチャー企業を中心としたユニークな企業で働いてみたい方
  • 既卒や第二新卒や未経験でも気軽に企業の話を聞いてみたい方

に特にオススメです。

実際に既卒・第二新卒可の求人もしっかり掲載されています。

他の特徴としては、

  • スマホ・webサイトで両方で求人を探す事ができる
  • 未経験可の求人が多いが基本的にはエンジニアやプログラマーの求人が中心
  • 求人が多いわけではないが、47都道府県全国対応
  • 応募前に気軽に話を聞く事からできる

が挙げられます。

ウォンテッドリーを利用した就活の流れ

ウォンテッドリー(WANTEDLY)の使い方ウォンテッドリーのダウンロードページ(https://wantedlyinc.com/ja/products)からアプリをダウンロードし、

アプリを起動後、下のような画面が出てくると思います。


登録はfacebook連動かメールアドレスになります。

ここでの注意点としてはfacebook連動をしてしまうと登録解除ができない事です。

その為、

facebookはちょっと嫌だなぁ…。

という方々はメールアドレスでの登録をオススメします。

この画面が出た後は、学歴や現在の仕事などを入力するのですが、スキップする事もできます。

但し、求人に応募する前にはきちんと内容を充実させておきましょう。

プロフィールの入力

転職アプリとはいっても、利用方法はほとんど転職サイトと同じです。

その為、フル活用するには下記項目を充実させる事が必要になります。

入力に必要な情報は下記の通りです。

  • 自己紹介文
  • この先やってみたい事
  • 職歴
  • 最終学歴
  • 社内外・在学中のプロジェクト
  • ポートフォリオ・作品
  • 関連リンク(webメディアなど)
  • スキル・特徴
  • 研究室・ゼミ
  • 資格・習得言語
  • 関心トピック
  • 基本情報(生年月日など)

全ての項目を埋めるのが大変かとは思いますが、

履歴書や職務経歴書の準備といった方法を取らずに企業に応募できるのはいいですね!

※後に選考で必要になる場合もあります。

自己PRや経歴の書き方がわからない時は

自己PRや希望条件も書き方がわからないと、

転職活動のスタートラインでくじけてしまいますよね。

僕自身も実際に転職サイトを利用していた時期がありましたが、このポイントが一番面倒でした。

上記でご紹介したように、職務経歴はもちろん後で入力する事もできるのですが、

転職サイトの場合、最終的には自分で全て考えてなくてはいけません。

うーん…アプリだから便利だと思ったけど、一からしっかりサポートを受けながら求人を探してみたいな…。

と思ったあなたは、

面倒な職務経歴書・自己紹介書も、受かるポイントを抑えた履歴書もお任せできるエージェントを利用しましょう。

求人の種類について

ウォンテッドリーの求人数とか質ってどうなのかな…?

転職サイト・アプリは自分で求人の良し悪しを判断しないといけない点が難しいですよね。

ウォンテッドリーの求人に関して言うと、

  1. 全国対応
  2. IT系やクリエイティブ系の求人が多い
  3. 年収や募集要項の記載が無い
  4. 「週末からのコミットでもOK」「ランチをご馳走します」などの面白い特徴から求人を絞れる

このような特徴があります。

注意点ですが、特に③について記載がない理由は、「企業の理念やそこで働く人に共感できるか」を一番としている事が背景にあります。

その為、

  • その企業がどんな事をしているか
  • ブラックかホワイトか

は自分自身で調べる必要があります。

幸い、ウォンテッドリーの求人には会社名の記載があるので、一度サイトを離れて口コミや評判を調べる事が可能です。

しかし、ベンチャー企業が多いので口コミや評判を見つけるのが難しい場合もあります。

その時は「ミートアップ」という企業の従業員と気軽に話ができる機会を設けている企業がほとんどですので、

企業の紹介画面の「話を聞きにいきたい」を選択して実際に話を聞きに行くのも一つの手です。

ウォンテッドリーの口コミ・評判まとめ:他社との併用がオススメ!

ウォンテッドリーは利用する人を選ぶサービスで、必ずウォンテッドな求人を探す事ができる!と断言するのは難しそうです。

  • 気軽に転職活動を始めたい!
  • テンプレートな就職活動は嫌だ!
  • ベンチャーで成長できる企業に就職・転職したい!

と考えている方にとってはオススメの転職・就活アプリですが、

上記の口コミや、会社の基本情報や給料の記載がないので求人の質の精査が難しい事から、

ウォンテッドリー1本に絞った就活は積極的にオススメできないと判断しました。

その為、もし利用する際には

いい求人があったら応募してみようかな…。

くらいの心構えで利用するのがベストです。

じゃあ、どうやって転職活動を進めていけばいいの?

そんな方こそ、ウォンテッドリー1本に絞って就活をするのではなく、

当メディアでも一番オススメしているマイナビジョブ20’s併用しましょう!

マイナビジョブ20’sは

  1. コンサルタントの質
  2. 求人の質(就職氷河期に備えるなら今がベスト!)
  3. 他社には無い世界中の求職者が利用する〇〇〇〇(公式HPで要チェック!)とサポートの質(2020年以降はWEB面談にも対応!)
  4. 大手マイナビのバックボーンがある事による安心感

も段違いに高く、既卒・第二新卒の方が是非メインで利用したい、

まさに「天職」エージェントと断言できます。

↓今すぐ優良求人を紹介してもらう!↓マイナビジョブ20’sの公式HPはこちら

もっと詳しく知りたい方は「マイナビジョブ20’sに独占取材!」の記事も是非ご覧ください。