民間転職エージェントの口コミ・評判 PR

VISIONARY(ヴィジョナリー)口コミ・評判!20代や既卒・第二新卒の転職に使える?

アライ
アライ
今回は転職エージェントVISIONARY(ヴィジョナリー)口コミ評判レビューをご紹介します!

「VISIONARY(ヴィジョナリー)」を実際に使ってみようかな…と考えている既卒・第二新卒20代の方々にとってこの記事が参考になってもらえたら幸いです。

求人サイトよりも転職エージェントを利用した方が非常に楽に就活を進める事ができるのはご存知だと思いますが、

自分に合わない転職エージェントを利用すると逆効果なので、利用前には評判もチェックしておきましょう。

転職エージェントの一つに、「VISIONARY(ヴィジョナリー)」というサービスが存在します。

聞いた事がない、もしくは情報が少なくて困っているという方が多く、既卒や第二新卒に本当にオススメできるかどうかは実はあまりよく知られていないのではないでしょうか?

20代・既卒・第二新卒の方でもVISIONARY(ヴィジョナリー)を利用する前に同社の

口コミや評判を調べてからじゃないと不安…

という方々向けに、VISIONARY(ヴィジョナリー)の概要や口コミ・評判をご紹介していきます!

<2024年6月最新情報>

6月は「人事異動となったが環境に慣れない」「6月のボーナスを貰ったら退職したい」理由などから求職者の動きが活発となり、転職活動が盛んになります。

また、一般的に8月〜9月にかけて転職活動を始めるライバルも多いので、ライバルの動きの少ない5月に転職活動を始めることは、チャンスといえます。

一方、既卒・第二新卒の本記事を閲覧した求職者の83%(運営調査より)は、「20代が使うべき転職エージェント」を利用せず、他の求職者に優良求人を取られ、機会損失が発生していることもわかっています。

6月からの失敗しない就活・転職の始め方は以下が鉄則です。

  1. こちらのページを参考に、筆者も実際に利用・インタビューをした既卒・第二新卒向け転職エージェントの(マイナビジョブ20’s就職Shopなど)に複数登録をする
  2. 登録完了後に各エージェントから連絡が来ます。電話では簡単に現在の状況や希望条件などの質問を受けますので、電話には出られるようにしておきましょう
  3. 電話対応でもエージェントの良し悪しがわかります。あなたが「ここだ!」と思うエージェントに面談を申し込みましょう。
  4. 本格的にサポートを受ける会社を絞り、転職活動を引き続き進めましょう。

エージェントから連絡があり次第、担当者にわかりやすく現状を伝え、転職の意思が固いことを説明すると、優良求人を紹介してもらえる確率が非常に高くなります。

VISIONARY(ヴィジョナリー)利用前の注意点とは?

※同エージェントはIT業界に強みを持った転職エージェントではありますが、「未経験可の求人」も持ち合わせています。

「既卒」や「第二新卒」と行ったキーワードで求人検索をかけるとどちらも何件か求人を確認できましたが、

この場合の既卒はクリエイティブや美術系といった既卒のみに限られてしまいます。

従って、その他の学部で卒業した既卒の方は、就職Shopのようなきちんと既卒に特化している転職エージェントを利用する事を僕は強くオススメします。

VISIONARY(ヴィジョナリー)の口コミ・評判

それでは、VISIONARY(ヴィジョナリー)の口コミ・評判をご紹介していきます!

良い評判・悪い評判の両方を集めました!

VISIONARY(ヴィジョナリー)の良い口コミ・評判

Googleの口コミ・評判から以下の内容がありました。

就業中の転職活動でこちらの時間が限られている中で、適切な頻度の連絡と効率的な資料共有をしていただいたおかげで、ストレスが少なく活動できました。
また、企業特有の面接対策や履歴書の添削を事前にしていただいたおかげで、気持ち的に楽な状態で面接に臨むことができました。
そして、無事に1ヶ月ほどで希望していた企業に内示をいただけました。
エージェント様によるのかもしれませんが、個人的には、とても話しやすく心強く、企業とのやりとりもスムーズに行なっていただけて、お願いしてよかったなと思いました!
IT・ゲーム業界でしたら、オススメです。

最初から最後まで丁寧できめ細やか、かつ丁寧にご対応頂けました。
ヒアリング内容から求職者の求める業務内容とコミュニティフィットしそうな企業、そして将来のキャリアのためになりそうなポジションで求人を厳選していただけます。
数打ちゃ当たる方式ではなかったため、在籍中でも無理のないスケジュール感で面談に臨めました。
適切なフィードバックを頂けたり求職者の転職期間中のメンタルに優しいコミュニケーションで接して頂き、企業様の知識も豊富で不安は一切ありませんでした。
第一志望の企業様から内定を頂けた時には電話口で一緒に声を上げて喜んで頂けました。

転職サービスを始めて使いました。使って本当に良かったと思います。ずっと憧れた会社に入社できてとても感謝しています。応募の時は仕事をしていたので大体夕方しか時間取れなくて担当者様が私の空いている時間に合わせてアドバイスをいっぱいくださって転職に関係ないことまで沢山手伝ってくださいました。

良い口コミ・評判では、コンサルタントがしっかりサポートしてくれる事、求人の質が良いといったものが見受けられました。

VISIONARY(ヴィジョナリー)の悪い口コミ・評判

Googleの口コミ・評判などからは以下のようなものが挙げられました。

VISIONARY(ヴィジョナリー)の口コミ1 VISIONARY(ヴィジョナリー)の口コミ2
VISIONARY(ヴィジョナリー)の口コミ3

悪い口コミ・評判では、「勝手に応募された」「情報の取り扱いが不適切」といったものが見受けられました。

良いコンサルタントもいる一方で、このような悪いコンサルタントに当たってしまうと、心理的に負荷を受けながらサポートを受けることとなってしまうのです。

VISIONARY(ヴィジョナリー)の口コミ・評判に関しての所見

VISIONARY(ヴィジョナリー)の口コミや評判を独自に調査してみて、悪い口コミの方が多く見受けられました。

もしVISIONARY(ヴィジョナリー)を利用するに当たって注意したいのが、

口コミにあるような万が一あなたが合わないと感じたコンサルタントに当たってしまうと、

僕自身も転職活動時に転職エージェントを利用・経験した時のように、

  1. 求人数をたくさん持ってこられてとりあえず受けさせられた。
  2. そもそも求人を紹介されなかった。
  3. 常に求人を出しているようなブラック企業を紹介された。

このようなケースが起こる可能性も全くのゼロであると断言はできません。

その為、VISIONARY(ヴィジョナリー)であってもあなたの希望条件と違う求人を紹介された場合は、

入社してからのミスマッチを防ぐ為にもきちんとあなたの考えを伝えましょう。

それでも変わらないようであれば、

  • コンサルタントの変更を申し出る
  • 転職エージェントの乗り換え

を検討・実践しましょう!

エージェントの乗り換えをするのであれば、

  • マイナビジョブ20’s(第二新卒向け、マイナビ運営)
  • 就職Shop(既卒向け、リクルート運営)

という大手リクルート社が展開している既卒・第二新卒向け転職エージェントがオススメです。

↓無料登録はとってもカンタン!↓マイナビジョブ20’sの公式HPはこちら▶︎当サイトからの利用者が1,300人を突破!

↓今すぐ優良求人を紹介してもらう↓就職Shopの公式HPはこちら▶︎

VISIONARY(ヴィジョナリー)の概要とお問い合わせ

VISIONARY(ヴィジョナリー)の概要VISIONARY(ヴィジョナリー)の概要を簡単にご説明させていただきます。

VISIONARY(ヴィジョナリー)は株式会社ヴィジョナリーが展開する転職・就職支援サービスです。

既卒や第二新卒に特化しているエージェントでは無いのですが、特徴としては

  1. クリエイティブ職やIT系の求人紹介(非公開含む)が中心
  2. チーム制での転職支援により多角的なアドバイスが可能
  3. インターネット業界やゲーム業界においてVISIONARY(ヴィジョナリー)を通しての採用が最多の企業も有り

となります。

お問い合わせ対応時間や営業時間は平日10:00~19:00となっており、

現職が忙しい場合は土日の面談も可能ですので、この点は非常にありがたいですね!

VISIONARY(ヴィジョナリー)の拠点とアクセス

VISIONARY(ヴィジョナリー)の拠点とアクセス

VISIONARY(ヴィジョナリー)の拠点は、

  • 東京(秋葉原)

の1拠点のみとなります。具体的な住所は下記の通りです。

■東京本社 〒101-0041
東京都千代田区神田須田町2-19-27 秋葉原HRビル(自社ビル)
JR秋葉原駅 中央口 徒歩3分
東京メトロ日比谷線 秋葉原駅 5番出口 徒歩3分
都営新宿線 岩本町駅 A2出口 徒歩3分
丸ノ内線 淡路町駅 A2出口 徒歩6分
東京メトロ銀座線 神田駅 6番出口 徒歩3分

各駅から徒歩5・6分程で到着するのでアクセスは良好ですね!

上の拠点に行く事が難しいんだけど、それでも利用できるの?

という質問もあるかと思いますが、

遠方の方の対応も可能かどうか、について同社は下記のように回答しています。

Q2.仕事が終わった後や土曜日に面談できますか?

A2.現職が忙しい方は平日の早朝や遅い時間帯・土日祝の面談を、遠方の方は電話やスカイプの面談を承ります。

ただし、問い合わせをしてみて場所が遠くて求人紹介が難しい…と判断されてしまう可能性があるので、

遠方の方マイナビジョブ20’s就職Shopような

拠点の多い既卒・第二新卒に特化している転職エージェントも利用する事を僕は強くオススメします。

VISIONARY(ヴィジョナリー)を利用した就活の流れ

VISIONARY(ヴィジョナリー)の利用の流れVISIONARY(ヴィジョナリー)を利用した転職活動の流れは、

  1. 申し込み(無料)
  2. 来社面談
  3. 求人案内
  4. 書類添削
  5. 応募手続き
  6. 面接選考
  7. 内定・退職入社

となります。

流れ自体は他の転職エージェントサービスとそこまで大きく変わりありません。

キャリアコンサルタントとの面談では事前にwebで入力した内容を元に、

  • 職務経験や転職先の希望
  • 強み・弱みを分析し、一人で気づきにくい可能性の発見
  • キャリアの棚卸し、今後のキャリアビジョン

を詳しくヒアリングし、当日中に求人紹介もしてもらえます。

求人紹介ではあなたが

この企業に興味あるし、選考を受けてみたいかも…。

と思った求人に、コンサルタントの方を通して応募する事ができ、

事前に求人広告に掲載されていない情報や公式HPに書かれていない情報も知る事ができます。

もちろん、紹介されたからといってすぐに「応募する!」と即答する必要はありません。

VISIONARY(ヴィジョナリー)の求人数と種類

VISIONARY(ヴィジョナリー)の求人数と種類
VISIONARY(ヴィジョナリー)の求人数とか種類ってどうなのかな…?

やはり気になりますよね。

求人数に関して、公式HPでは公開求人で約100件程掲載されています。

もちろん非公開求人を多数持ち合わせているとの情報も確認できました。

また、会社概要から確認できる取引先企業の一覧でもかなりの数の企業と取引実績がある事から、求人数はそれなりに多いのでは?と推測できます。

求人の種類に関してですが、冒頭でご紹介したようにIT業界(特にエンジニアやクリエイティブ職)の求人が中心です。

地域も様々な地域を取り扱っていますが、比較的東京の求人が多いです。

しかし、それ以外の業界、例えば

  • 広告
  • 金融
  • 不動産
  • 人材
  • 教育
  • ファッション
  • 自動車
  • 旅行

も扱っている事が確認できました。

求人情報が表面的な情報しかないため、紹介された求人について気になる点はコンサルタントに相談してみましょう。

そして、

  • 自分で応募した求人
  • コンサルタントから紹介された求人

の両方とも、紹介された求人は後にあなた自身でも評判などをチェックする事が非常に重要です。

VISIONARY(ヴィジョナリー)の口コミ・評判まとめ:他社との併用がオススメ!

VISIONARY(ヴィジョナリー)は、第二新卒の中でも

  • IT系の同業界で転職したい方
  • 東京近辺での求人を探している・転職したい方

にはオススメできる転職エージェントと言えます。

しかし、

  • 第二新卒向けの求人が少ないこと
  • キャリアによってはあまり良い求人紹介を受けられないこと

はやはり求職者にとって満足度が変わってくる部分かな、と考えられます。

その為、

  • 絶対にホワイト企業、福利厚生が良い会社に転職したい
  • やっぱり他の大手が安心だから大手転職エージェントの利用も考えたい
  • 他の地域の求人も見てみて色々吟味したい
  • しっかり実績のある既卒や第二新卒に特化した転職エージェントで就活したい

と考える第二新卒の方はVISIONARY(ヴィジョナリー)1本に絞って就活をするのではなく、

当メディアでも一番オススメしているマイナビジョブ20’s併用しましょう!

マイナビジョブ20sのトップ画像マイナビジョブ20’sは

  1. コンサルタントの質
  2. 求人の質(就職氷河期に備えるなら今がベスト!)
  3. 他社には無い世界中の求職者が利用する〇〇〇〇(公式HPで要チェック!)とサポートの質(2020年以降はWEB面談にも対応!)
  4. 大手マイナビのバックボーンがある事による安心感

も段違いに高く、既卒・第二新卒の方が是非メインで利用したい、

まさに「天職」エージェントと断言できます。

↓無料登録はとってもカンタン!↓マイナビジョブ20’sの公式HPはこちら▶︎当サイトからの利用者が1,300人を突破!

もっと詳しく知りたい方は「マイナビジョブ20’sに独占取材!」の記事も是非ご覧ください。