既卒・第二新卒に特化!おすすめエージェントランキングはこちら
第二新卒の転職体験談!

「うつ病や休職歴があると就職できない」を疑え!第二新卒の転職成功体験談!

<この記事を読んであなたが得られるメリット>

  • うつ病になりそうなくらいきつい職場の実例がわかる
  • そんな職場は辞めても全く問題ないことがわかる
  • 精神的にきつい時の「就職」との関わり方がわかる

「うつ病」克服への道のり~自分の感情を管理出来るように!~

アライ
アライ
今回は「うつ病」から立ち直り、既卒・第二新卒の就活で見事内定を獲得した方の体験談をご紹介しながら、うつ病を患ってしまった場合の過ごし方、その後の就職活動の方法に関しても解説していきます!

この記事が同じような悩みを抱えている方々の少しでも助けになれば幸いです。

ペンネーム「復活メガネ」さんの一例をご紹介!

皆さん初めまして。

20代男性、社会人現在4年目の復活メガネと申します。

現在は人材業界で新卒の学生や人事採用担当者を対象にした仕事をしており、

500名程の会社で職種は営業職、企業の採用に関する問題解決に日々対応している毎日です。

そんな復活メガネですが、1年前に転職を1回経験しておりまして、

前職はメーカー系商社の営業職として働いていました。

「24時間闘えますか?」と言わんばかりの厳しい環境下で悪戦苦闘していた時代があります。

前職時代に「うつ病」と診断を受け休職してから復職まで、

また復職から現在までのお話をご紹介していきます。

うつ病になった原因と当時の心情や日々の過ごし方とは…

私がうつ病になった原因はパワハラと業務量過多によるものでした。

社会人1年目の秋に手が震え出したり、

日常生活(家事全般)がうまく管理できなくなっていき、

会社に行こうとすると電車で吐き気が止まらなくなったりしました。

最終的には家から出られない状況に至り、友人の助けで精神科に行き「うつ病」と診断を受け休職に至りました。

休職期間の初期段階では、とにかく何もできないのでひたすら寝ていました。

起きても処方された薬の影響で気だるくベットから出ない日々が約2週間続き、

食事は友人が大量に買ってもらったバナナだけ食べていました。

初期段階では死にたいとか社会にはいらない存在だとかとにかく

「自分に価値がない」

という気持ちが脳内に溢れかえっており、体力さえあれば自分を殺めてしまう恐れがありました。

休職して1ヶ月がたち、家事が少しずつ出来るようになりました。

また、自力で外に出ることもできるようになり、

公園で散歩や昼寝をして1日中できる限りリラックスできる時間にしました。

「自分に価値がない」という感情はまだ残ったままでしたが、

その割合が少しずつ少なくなっていき社会と再び関わりたいという気持ちに変わってきました。

心情と行動両方とも、0から少しずつできる事が増えて行くという感覚で少しずつ前進して行きました。

うつ病完治後、どんな就職活動をしたか!

その後7、8ヶ月程の休養期間を経てうつ病完治の診断を医師からもらった後、

業務量を押さえてもらいながらも1年間前職の会社で踏ん張りました。

少なからずですが、自信がつき次のステージに行きたいと考えるようになりました。

  • 自分と同様に鬱で苦しんでいる人が出て欲しくない
  • 出たとしてもしっかり復職して充実した人生を歩むサポートができる仕事がしたい

と考え、

転職を決意し前職の会社を退職しました。

働く中でうつ病になるという事は当人の問題と企業側の問題があると思い、

会社の人事制度の現状を知る必要があると思いました。

そこで、人材業界系の会社への転職をメインに活動をしました。

エージェントはマイナビジョブ20’sさんを利用し、

人材系の会社8社を受けてその中で一番行きたかった会社に内定をもらい入社しました。

勝率は8分の3社でした。

転職活動時に「うつ病になりました」という事は一切言っていない中、

適性検査で抑鬱傾向が少し出ていると言われた時は非常に冷やっとしましたが、

転職目的が明確であった事から内定はしっかりもらえました。

就職活動をした感想、現在の企業ではどうか?

実際自分で働いた事がある会社が自分の基準であり全てになってしまいがちですが、

まさに転職活動が自分の持つ「会社というものはこうだ」という固定概念を吹き飛ばしてくれました。

業務内容はもちろんのこと、働く人の雰囲気からフォロー体制などもっといい会社あるやん!

とハッとさせられる部分を転職活動で気づけたので良かったと思います。

現在の企業では思った通り、

担当企業の人事制度を知り改善の支援ができるので非常に満足しています。

思っていた以上に労働環境が劣悪だったり、

また、併せて産業カウンセリングやメンタルヘルスケアの勉強も進めており、

自分の生きる道がどんどん開けていく実感があります。

同じ悩みを抱えている第二新卒の方々に向けたアドバイス!

まさか自分が実際に「うつ病」になってしまうとは当初思いもよらなかったので、

非常に辛い思いをしました。

現在完治しているので言える事かもしれませんが、

うつ病は5人に1人がなると言われているので、決して他人事ではありません。

従って、僕のアドバイスは、

「うつ病」という響きが怖くて自分はうつ病なんかではない!

と思い込んでしまうとかえってそれがストレスとなり症状を悪化させてしまう恐れがありますので、

仕事に関して辛いと思ったら無理をしない事を心掛けましょう。

辞めても選択肢はいくらでもあります!

既卒・第二新卒の就活では「うつ病」はオープンにすべき?

うつ病に完治後に、既卒・第二新卒の方々が就活をしていく際に、「うつ病であった事」をオープンにするかクローズにするか、

意見の分かれるところではありますが…

転職エージェントにはオープンにして、面接官にはクローズにしたほうがいいです。

※注意:うつ病が完治していないのに就活をしてはいけない!

まず第一に既卒・第二新卒でも就職活動をする場合にはきちんと医師から「完治した」と証明できる診断書をもらってから就活・転職をする事が前提です。

転職エージェントのコンサルタントには、うつ病や適応障害などがきちんと完治している事が伝わらないと、そもそもの求人紹介自体を断られてしまう場合があります。

転職エージェントに対して自分の病状などに関してクローズにしたままにしていると、

自分が魅力と感じない求人ばかり紹介されたり、

紹介された企業でのミスマッチに繋がる恐れがありますので、

転職エージェントのコンサルタントには忘れずに相談しましょう。

一方、面接官に対しては病気の事に関してはクローズにした方が良いです。

オープンにしてしまうと面接官に不安を与えてしまい、

採用可能性が下がる場合があります。

もし必要な場合はコンサルタント側が開示するかしないかの判断はコンサルタント経由でカバーしてもらえます。

オープンにしても、採用可能性が変わらず気にしないという企業であれば問題はありませんが、

そのように考える企業は現在少ないのが現状です。

従って、大事なのは上記でも述べたように、

もし前職を退職した場合しっかりと完治してから就職活動を行う事が自分にとっても相手にとっても安心です。

「うつ病が完治していないのに…働かないといけない」そんな不安の解消法

うつ病は心の病気、それが完治していない状態で次の仕事に挑戦するのは非常に危険であり、

上記でもご紹介したように就活は完治してからです。

「それでも就職の不安が消えない、どうしたらいいかわからない。」

という場合には、「就労移行支援」を行なっているサービスを利用する。

という方法があります。

就労移行支援サービスとはシゴトライのような、

うつ病などで働きたいけど働くことができない方が

  • PCスキル(WordやExcelなど)
  • ビジネスマナー

などの習得を通して社会復帰の手助けになるようにサポートしてくれる機関になります。

普通の転職エージェントを利用して就活はちょっと…という方はこのような就労支援サービスを利用することで、

普通の転職エージェントと同じく就労・定着支援を行なっているのはもちろん、

同じ境遇の仲間やうつ病などに理解のある専門知識を持ったスタッフがあなたと一緒に社会復帰の手助けをしてくれます。

少しでも不安な方は、見学や体験も無料で行なっているので覗いてみるのもいいかもしれません。

シゴトライの公式HP
http://www.45try.jp

うつ病完治後は「入社前に生の情報を聞ける」転職エージェントを利用がオススメ

転職エージェントを使って就職活動をすると、

そのコンサルタントはいわば自分のパートナー的存在である就職のプロですので、

就職に関する悩みや疑問を一緒に解決していくには必要不可欠な存在です。

加えて、転職エージェントに自分が今まで病気であった事・懸念事項を伝える事で、

より自分にあった求人紹介やアドバイスをしてもらえます。

また、既卒・第二新卒の就活・転職活動において、

転職エージェントを使うメリットは下記が挙げられます!

  • 面接終了後にコンサルタントがバックアップやフォローを行ってくれる!
  • 面接時の質問内容を事前に教えてくれる!
  • 履歴書・職務経歴書の書類選考、面接対策も行ってくれる!
  • 選考のスケジュール管理もお任せ!
  • 既卒・第二新卒の就活の不安や悩みについて相談に乗ってくれる!

特に面接時のバックアップやフォローに関して、緊張などにより、面接で伝え忘れた事・言い足りなかった事がある…

そんな経験はありませんか?

面接終了後に転職エージェントのコンサルタントが先方にその熱意をプッシュしてくれる事があります。

つまり、個人で就活するよりも転職エージェントを利用した就活の方が、志望企業に対し、熱意を伝えやすくなるのです。

これにより、再度面接を設定してくれたり、

不採用となった場合でも自分のよかった点・悪かった点を教えてくれるので次回以降の選考に役立ちます。

しかし、転職エージェントのコンサルタントも人ですので、

自分と合わないコンサルタントに当たってしまう場合もあります。

折角いい求人に当たったのにコンサルタントの質が悪くては、

その後のバックアップなどもしてもらうのに非常に不安ですよね。

その時は遠慮なくコンサルタントの変更を申し入れましょう。

復活メガネさんも利用した転職エージェント

まずは病気を完治させてからでも遅くはありません。

  • やり直したい!
  • 再スタートを切りたい!

と言う気持ちがあればいくらでも挽回ができるので、

まずは気軽に訪問して、あなたの悩みをコンサルタントに相談してみましょう。

うつ病という病気を抱えながらも耐えてきた皆さんがこの記事を読んでいるだけでも実は、

「今の自分を変えよう」と前進しているのです。

あともう半歩だけ、前に踏み出してみませんか?

最強!大手のノウハウはそのままに20代の就活に特化!「マイナビジョブ20`s」
大手転職エージェントの「マイナビ」が展開する20代(第二新卒の方々ももちろんOK!)に特化した転職エージェントです!

この転職エージェントを利用すると、

  • マイナビ、すなわち業界最大手の転職サポート
  • あなたの悩みに応えた適切な求人の紹介

が同時に受けられる、既卒・第二新卒の就活には利用が不可欠と言っても過言ではありません。

転職するかどうかの相談だけでもできるので、登録してみてまずは自分の抱えている悩み、不安を相談してみましょう。

↓今すぐ優良求人を紹介してもらう!↓マイナビジョブ20’sの公式HPはこちら

なお、口コミ・評判・レビューに関してはこちらからチェックできます!

最強な理由はこちらからチェック!