既卒・第二新卒に特化!おすすめエージェントランキングはこちら
地域別就職・転職活動のススメ!

鳥取県(米子・倉吉・境港等)で既卒・第二新卒の就職・転職!おすすめエージェントもご紹介!

鳥取県で既卒・第二新卒の就活・転職!

アライ
アライ
今回は「鳥取県での既卒第二新卒就活転職」についてです。

鳥取県の特色、そして鳥取県で既卒、そして第二新卒として就活・転職を進めていくにあたっての注意点やオススメ転職エージェントをご紹介していますので、最後まで目を通してみてくださいね。

  • 鳥取県から他県へ就職したものの企業を退職し、Uターンで働きたいと考えている第二新卒の方
  • 学校を卒業し、Iターンで鳥取県にて就活を考えている既卒の方
  • 地元を離れ、鳥取県で働いてみたいと考える既卒・第二新卒の方

上記の方々で、就職について「どうしよう…」と悩んでいる方向けに、鳥取県の転職事情は現在どうなっているのか、

そして既卒・第二新卒の方々が是非行いたい就活方法についても下記で解説していきます!

※「手っ取り早く鳥取県のオススメ転職エージェントが知りたい!」

という方々はこちらをクリック!

<既卒・第二新卒向け2020年11月最新情報!>

11月は年末に向けて採用活動が鈍化しがちと思われるかもしれませんが、実は下半期がスタートし、予想より人手不足であるという理由から採用活動に動きが見られる企業も多いです。

そのため、10月から12月にかけては求人も多く出されやすい時期ということが言えます。また、今から就活を始めておけば年末までの内定獲得は十分可能です。

お盆休みなどまとまった休みを利用して就職・転職活動の準備を進めておくと他の就職希望者より一歩リードする事ができます。

WEBや電話による面談も行なっている転職エージェントもありますので、年末までを目処に就活を成功させるために使える手段は全て使いましょう。11月からのWEBや電話を利用した簡単な就活・転職の始め方として、

  1. こちらのページを参考に、既卒・第二新卒向け転職エージェント(マイナビジョブ20’s就職Shopなど)に複数登録をする
  2. 登録完了後に各エージェントから連絡が来ます。電話では簡単に現在の状況や希望条件などの質問を受けますので、電話にはでれるようにしておきましょう
  3. 電話対応でもエージェントの良し悪しがわかります。あなたが「ここだ!」と思うエージェントに面談を申し込みましょう。
  4. 本格的にサポートを受ける会社を絞り、就職・転職活動を引き続き進めましょう。

エージェントから連絡がかかってきたら、担当者にわかりやすく現状を伝え、転職の意思が固いことを説明すると、優良求人を紹介してもらえる確率が非常に高くなります。

鳥取県の特徴(人口・気候・名物など)とは?

面積は3,507km²、人口は58.87万人 で、県庁所在地は鳥取市です。

鳥取県は人口が一番少なく、東西に細長い形をした県になっています。

鳥取砂丘や浦富海岸をはじめとした自然が多く、レジャーやウィンタースポーツなどのアクティビティや数多くの温泉地が有名です。

ご当地名物は松葉がに、20世紀梨や鳥取和牛が非常に有名ですね!

また、鳥取県の酒米である「強力」から作られた地酒も有名です。

鳥取県は気候の面からみると、鳥取市を含む東部と、倉吉市・米子市を含む中・西部とに二分することができます。

また、それぞれは、日本海沿岸部と中国山地の山間部とに細分できます。

山陽の岡山市と鳥取市とを比較すると、鳥取の年平均気温の平年値は14.9℃で、岡山より1.3℃低くなります。

14.9℃を岡山の階級区分に当てはめると、「かなり低い」となります。年間の日照時間は1677.7時間で、岡山の約80%となり、同じく「かなり少ない」に相当します。

※鳥取地方気象台より

鳥取県の転職事情はどうなっているの??

厚生労働省鳥取労働局が 発表した、「雇用情勢」によると、

平成30年7月の有効求人倍率は 1.67倍で、前月に比べて 0.03ポイント上昇しています。

また、同月の正社員求人倍率は1.08倍となっており、前年同月に比べて0.06ポイント上昇しています。

全国の平成30年7月の有効求人倍率(原数値)は 1.63 倍なので、平均よりは下である事がわかります。

しかし、上記の数値はこと就活においてはそこまで気にする必要はありません。

下記でご紹介する既卒・第二新卒の就活の方法であなたにあった就職先が見つかります!

番外編コラム:有効求人倍率ってなに?

有効求人倍率とは、「求人数(仕事の数)」を「仕事をしたい人の数」で割ったものです。

つまり世の中にどれくらい求人(仕事)があって、それにどれくらい応募(仕事をしたい人)があるかを表しています。

基本的には、この数値が高ければ高い程良いとされています。(一人当たりに対して仕事の数の方が多い、という事なので)

※「THE PAGE〜気になるニュースをわかりやすく〜」より

産業別正社員の新規求人数の推移を見ると、運輸・郵便業、小売・卸売業、サービス業の求人が増加しており、

製造業、医療・福祉業の求人はほぼ平行に推移

そして建設業や宿泊・飲食サービス業などの分野が減少しています。

鳥取県の平均年収は一体いくら??

鳥取県の平均年収に関して、厚生労働省の「平成28年賃金構造基本統計調査」によると、244.9万円となっています。

全国平均304.0万円に比べると、低めの数値となっていますがあくまで平均年収かつ非正規なども含んだ数値となっています。

従って、既卒・第二新卒の就活・転職でも十分に上記の金額を超えることは可能ですので安心してください!

では、鳥取県での就活をどのように進めていけばいいのでしょうか?

鳥取県で既卒・第二新卒として就活・転職するには…?

鳥取県や近隣の県に在住の方が、鳥取県で既卒・第二新卒で転職を考える際、東京や大阪には劣るものの、

主要都市近辺に近いところでは多くの求人が見つかりますので、

希望している会社・職種が全然ない…

というケースは少ないです。

しかし、その分

  • 希望する会社に対しての熱意
  • 本当に自分がやりたいことを明確にする
  • 何故その会社でなければならないのか

を説明できる事が大切です。

※注意:熱意のアピールの為にいきなり移住してはいけない!

自分が志望している会社に対し、「この会社に入る為に鳥取に移住してきました!」と、熱意のアピールの為に移住する事は全くオススメできません。

一見、熱意が伝わりそうに感じますが、面接官からすると「計画性が無く、その時の感情だけで行動してしまう」と思われてしまいますし、

もし、不採用となった場合に生活の工面といった現実的な問題にも直面してしまうからです。

もちろん、関東、東北、その他地域など遠方から鳥取県の会社を志望され面接を受ける場合でも上記の質問は必ず来ることが予想されますので、

熱意やアピール内容も他者と差別化できるよう、

  • 職務経歴書の書き方
  • 面接での質疑応答

に対してしっかりと対策をする必要があります。

また、遠方の方が面接に行く際にどうしても発生してしまう交通費も馬鹿になりません。

志望した企業であっても内定を取る事ができなければ、

準備した時間もお金も無駄になってしまうので注意が必要です。

それを避ける為の方法として、転職エージェントと一緒に就活を進めていく方法があります。

転職エージェントを有効活用する事で、スケジュール管理(面接等の日程調整)から条件交渉等、

全てコンサルタントが調整・管理をしてくれる上に、

転職サイトのみの就活より断然効率的に就職活動を進める事ができます。

また、面接後のフィードバックも転職エージェントを通して聞くことができます。

このフィードバックがあるのとないのでは、随分違いますよね。

ちなみに転職エージェントを使って得られるメリットを下記でまとめてみました!

<転職エージェントを利用する事のメリット!>

  • 面接終了後にバックアップやフォローを行ってくれる!
  • 面接時の質問内容を教えてくれる!
  • 履歴書・職務経歴書の書き方、面接対策も行ってくれる!
  • スケジュール管理も全てお任せできる!
  • 既卒・第二新卒の転職に関する不安や悩みについて相談に乗ってくれる!

鳥取県、鳥取県近隣在住の既卒・第二新卒の方かつ、

自分のペースで就活を進めていきたいという方は、転職サイトのみでの就活もアリですが、

求人を探す際には情報はネット上もしくは求人にしか載っていないので、

ブラック企業に遭遇してしまう可能性があります。

一方で、遠方から鳥取県の会社にチャレンジしてみたいという方は、転職サイト単体よりも

転職エージェントのみ、もしくは情報収集の為に転職サイトを使って、実際の就活は転職エージェントと一緒に行っていく方法がベストです!

もちろん、鳥取近隣の方々も転職エージェントを使い、

コンサルタントと二人三脚で転職活動をする事で自分の希望する企業・求人に会う確率が高くなります。

鳥取県での就職を希望する既卒・第二新卒の方が使う転職エージェント!

鳥取県での求人数に関して、上記で述べたようにどうしても求人数では大都市に劣ってしまいます。

従って、希望の優良求人に巡り合えるかどうかは「大手転職エージェントへの登録」がキモとなってきますので、

複数登録をする事で自分が志望する求人に巡り会う確率が高くなります。

既卒・第二新卒の就活・転職でも早く行動を起こした分だけ優良求人に巡り会うことができやすくなるので、

あなた次第で就職・転職の有利・不利は変わります!

全国拠点、ホワイト企業で年収・キャリアアップ!「リクルートエージェント」
  • 転職成功実績ナンバー1の実力派大手転職エージェントで妥協のない転職活動をしていきたい全国の第二新卒の方
  • 転職検討段階、自分の市場価値を知りたい第二新卒の方
  • スキルを活かして大手企業に挑戦してみたい第二新卒の方

は登録が必須です!

「転職を考えてるけど、正直なかなか踏み出せない、このままでいいのだろうか…」と考える方(転職検討段階の方)にとっても、まずは相談に乗ってもらえる事で、転職に関する悩みや不安を打ち明けて最善の方法をコンサルタントが提案してくれます。

全国16拠点を展開し、アクセスという点に関しても中小の転職エージェントよりも優れていますが、鳥取支社は無く中四国地方では岡山と広島のみとなっています。

これらが一番近い支社なので、可能であれば実際に足を運んでカウンセリングを受ける事をオススメしますが、

鳥取県在住で支社に訪問する事ができない方々でも、主に電話を用いたカウンセリングでサポートを受ける事ができますので安心してください!

第二新卒で検索した所、公開求人だけで数多くの求人が出ていますが、既卒で調べた場合の件数が少ないので、既卒の方にとってはあまり向かないエージェントかもしれません。

↓今すぐ優良求人を紹介してもらう↓リクルートエージェントの公式HP

当サイト管理人が集めた口コミでも評価はピカイチ!(口コミ・レビューはこちら!)

 

書類選考無し!人柄を見てくれるホワイト企業に就職するなら「就職Shop」
リクルートが運営する、こちらも20代に特化した転職エージェントになります。

つまり、リクルートを母体としているので就活ノウハウや求人の質がピカイチなのです。

他のエージェントと大きく違う部分は、書類選考が無いという点です。

この事実からもこのエージェントに掲載されている企業は「人柄」「人間性」を面接にてしっかり重視する企業が多いと言う事ができます。

現在約7,700社もの求人を取り扱い、就職shopで就職した正社員一年未満の若い方は全体の7割、登録者は全体の9割にも及びます。

↓今すぐ優良求人を紹介してもらう↓就職Shopの公式HPはこちら

既卒・第二新卒の就活に就職Shopが必要不可欠な理由はこちら