第二新卒の転職ノウハウ PR

カスみたいな仕事はつらいからやめるべき?抜け出すために必要な3つの準備とは

アライ
アライ
今回は「カスみたいな仕事はやめるべきなのか」について詳しく解説していきます。

特に、現状の仕事にやりがいを感じず、仕事に対してネガティブな感情を持っている人こそ必見です。

現代社会において、現状の仕事をいわゆる「カスみたいな仕事」と感じてしまう人も一定数います。

「収入が少ない」「やりがいがない」「心身ともに疲弊してしまう」仕事は、退職や転職を検討する人も少なくありません。

しかし、カスみたいな仕事に従事しているからといって、いきなり辞めるのではなく、準備をすることが大切です。そこで、本記事では、「カスみたいな仕事」が問題視される理由や、抜け出すために必要な準備について解説します。

そのため、現状の仕事に不満を持ちつつも、どのようなアクションを起こせば良い結果が得られるかわからない人はこの記事を参考にすると、正しい手順で次のステップへと踏み出せるようになります。

<2024年6月最新情報>

6月は「人事異動となったが環境に慣れない」「6月のボーナスを貰ったら退職したい」理由などから求職者の動きが活発となり、転職活動が盛んになります。

また、一般的に8月〜9月にかけて転職活動を始めるライバルも多いので、ライバルの動きの少ない5月に転職活動を始めることは、チャンスといえます。

一方、既卒・第二新卒の本記事を閲覧した求職者の83%(運営調査より)は、「20代が使うべき転職エージェント」を利用せず、他の求職者に優良求人を取られ、機会損失が発生していることもわかっています。

6月からの失敗しない就活・転職の始め方は以下が鉄則です。

  1. こちらのページを参考に、筆者も実際に利用・インタビューをした既卒・第二新卒向け転職エージェントマイナビジョブ20’s就職カレッジ)に複数登録をする
  2. 登録完了後に各エージェントから連絡が来ます。電話では簡単に現在の状況や希望条件などの質問を受けますので、電話には出られるようにしておきましょう
  3. 電話対応でもエージェントの良し悪しがわかります。あなたが「ここだ!」と思うエージェントに面談を申し込みましょう。
  4. 本格的にサポートを受ける会社を絞り、転職活動を引き続き進めましょう。

エージェントから連絡があり次第、担当者にわかりやすく現状を伝え、転職の意思が固いことを説明すると、優良求人を紹介してもらえる確率が非常に高くなります。

マイナビジョブ20’sの公式サイト:https://mynavi-job20s.jp/

「カスみたいな仕事」とはどのような仕事か?

カスみたいな仕事」とは、職場や社会において評価が低く、やりがいを感じにくい仕事を指します。

例えば、単純作業や人手不足で繰り返される同じ作業などが挙げられます。このような仕事は、モチベーションの低下やストレスの原因となることがあります。

他にも、一般的に報酬が低く、身体的にも精神的にも疲れるような仕事も該当します。

この定義は人によっては異なるものの、毎日の業務に変化が全くなく、言われたことの繰り返ししかしていなければ、毎日のようにストレスを感じたり、将来に対する希望を失いかける可能性もあるのです。

マイナビジョブ20’sの公式サイト:https://mynavi-job20s.jp/

なぜ「カスみたいな仕事」が問題視されるのか?

「カスみたいな仕事」が問題視される理由は2つあります。

一つ目の理由は、給料が低いことです。

多くの場合、「カスみたいな仕事」は、社会的地位が低く報酬も少ないため、生活水準を維持することが難しくなります。

また、そのような仕事に従事する人々は、「ホワイトな職場」で働いている人と比較すると、労働時間が長く過剰なストレスがかかりがちです。

また、社会的地位が低いことが2つ目の理由です。

社会的地位は、その人の自己評価にも影響を与えます。社会的に低い地位にいることは、個人の自尊心を傷つけ、精神的ストレスを引き起こすことがあります。その結果、仕事に対するモチベーションや仕事への取り組み方が低下し、生産性が低下する可能性があります。

他にも、同じ時期に学校を卒業した他の友人などと無意識に比較をしてしまい、劣等感を抱きやすいことも問題としてあげられます。

アライ
アライ
僕自身も、1社目を3ヶ月で辞めたあと、派遣社員でフラフラしていた時期がありました。この時に「なんで自分はこの仕事をしているんだ」とネガティブになることはしょっちゅうありました…。

マイナビジョブ20’sの公式サイト:https://mynavi-job20s.jp/

「カスみたいな仕事」をやめるべき理由

カスみたいな仕事にとどまり続けることは、心身に悪影響を及ぼし取り返しのつかないことにもなりかねないので、やめるべきであると言えます。

そこで、ここではカスみたいな仕事はやめるべき理由について解説します。

1.仕事が過度なストレスを引き起こす原因となる

「カスみたいな仕事」をやめるべき理由の一つに、仕事が過度なストレスを引き起こす原因となることが挙げられます。

まず、仕事には様々なストレスが伴います。例えば、以下のような内容です。

  • 仕事内容
  • 上司や同僚との人間関係でストレス
  • 業務のミスやノルマによるプレッシャー
  • 能力を超えた仕事へのアサイン

このようなストレスは、モチベーションが下がるだけでなく、体や心に悪影響を与えるため、健康を害するリスクがあります。

不満な仕事を続けることで、モチベーションが下がったり、将来に対する不安を感じることがあります。これらの感情が積み重なると、うつ病やストレス障害などの精神疾患を引き起こす可能性があるので注意しなければなりません。

そのため、「カスみたいな仕事」を続けることは、長期的に見て自分自身を追い込むことになってしまうのです。

2. 仕事が自分の人生や夢を妨げる可能性がある

仕事は生活を維持するために必要不可欠なものですが、仕事が自分の人生や夢を妨げることもあります。

例えば、自分がやりたいことがあっても現職の「カスみたいな仕事」に縛られてしまい、目標を実現する時間やエネルギーを割けないことが挙げられます。

また、長時間労働や残業が多い職場で働いていると、自分の時間や趣味に割く時間が減り、自分自身の成長や充実感を得る機会が減ってしまうという問題もあります。

そういったことから、自分が本当にやりたいことを追求できる環境や、自分自身が成長できる環境で働くことは重要だと言えます。

アライ
アライ
たとえば、ある人は「カスみたいな仕事」と感じるフリーターとして働いていましたが、自分が本当にやりたいことはアパレルのデザインでした。そこで、休日を使ってデザインスクールに通い始め、アパレル業界に転職を目指した例があります。

最初は大変でしたが、自分が本当にやりたいことに向かって進んでいることに喜びを感じ、努力が報われることでやりがいを感じるようになったといいます。

3. 長期的に見たときのキャリアアップが望めない

「カスみたいな仕事」では、長期的に見たときにキャリアアップが望めないという問題があります。

特に、「同じことの繰り返し」である仕事は、スキルや経験を積むことができず、一生同じような仕事を続けることになる可能性が高いためです。

例えば、定型業務(マニュアル通りの業務)は仕事内容が単純で、スキルアップの余地がほとんどなく、長期的なキャリアアップは難しいでしょう。逆に、キャリアを築くためには、自己啓発や専門的な知識を身につけることが必要です。

このように、長期的に見たときにキャリアアップが望めない「カスみたいな仕事」では、自分自身の成長にも制限がかかります。将来に向けて、自分が望むキャリアパスに沿った仕事に就くためにも、転職やキャリアアップのために尽力することが必要です。

マイナビジョブ20’sの公式サイト:https://mynavi-job20s.jp/

「カスみたいな仕事」をやめようと思ったときに準備すること

カスみたいな仕事を、準備がないままいきなり辞めたとしても、次の転職先でうまくいくとは限りません。そこで以下では、「カスみたいな仕事」をやめようと思ったときに準備することを解説します。

とはいえ、退職後であっても使える手法なので、ひとつづつ悩みを解消していくことが必要です。

1. 経済的な備えや家族の理解を得る

大切なこととして、経済的な備えと家族の理解を得ることが挙げられます。

まず、経済的な備えについて、仕事を辞めるということは収入が途絶えるということなので、ある程度の貯金が必須です。

また、今後の生活費や転職のための費用なども考え、余裕を持った予算を立てておくことが必要です。

そして、家族に対しても、自分が仕事を辞める理由をしっかりと説明することが大切です。そのため、家族に理解してもらうためには、自分の決断について十分に考え、説得力のあるアプローチをすることが重要です。

2. 自分自身の強みや価値観を知る

自分自身の強みや価値観を知ることも大切です。

自分の強みを知ると、自分が得意とすることや好きなことを見つけられ、自分のキャリアに合った職種を探せます。

また、自分の価値観がわかれば、自分にとって重要なことや妥協できないことを把握でき、将来のキャリア選択に役立てられるのです。

強みや価値観を知るためには、自己分析を行うことが有効です。自己分析では、自分自身の過去の経験や行動、性格、能力などを客観的に見つめ、自己理解を深めるられます。また、外部の人からのフィードバックもおすすめです。

自己分析を通じて、自分自身の強みや価値観を把握したら、次は自分に合った職種を探すことが大切です。ただし、カスみたいな仕事、とネガティブな感情を現職に抱いていると、なかなか自己分析も思うようにいきません。

そこで、マイナビジョブ20’sのように、オリジナルの適性診断が無料で受けられる、評判の良い転職エージェントを活用すると、定量的に自分は「何がしたいのか」がわかるので、次の職場とのミスマッチ防止も貢献します。

3. 転職先の選び方や面接の準備をする

次の職場を探すために転職先の選び方や面接の準備をすることが重要です。

転職先の選び方では、自分のキャリアプランに沿った仕事や、やりたいこと、興味がある分野を考慮して求人を探すことが大切です。

また、転職先の企業文化や風土、福利厚生なども確認しましょう。自分にとって合わない環境で働いても続かないため、転職先を選ぶときは慎重に検討しましょう。

面接の準備は、自己PRや志望動機、職務経歴書の内容の確認、面接で聞かれる可能性のある質問に対する回答の練習などがあります。

自己PRは、自分がどのような価値を持ち、どのような成果を出せるかをまとめ、自信を持ってアピールすることが大切です。

転職先の選び方や面接の準備は、自分がやめる仕事を選んだ理由に対する答えを見つけ、次のステップに進むために必須です。

しかし、上記の内容を「たった一人」で全て行うのは至難の技です。そこで、今日では転職エージェントを活用して転職活動を進める20代の人も多いことがトレンドです。

マイナビジョブ20’sの公式サイト:https://mynavi-job20s.jp/

「カスみたいな仕事」を辞めて優良企業に転職をするには

ここまで、「カスみたいな仕事」がなぜマズイのか、抜け出すために必要なことなどを説明しました。

まず、自分が次に「どのような仕事をしたいのか」を明確にすることが重要です。その上で、新しいキャリアに向けて必要なスキルを身につけることや、転職先の選び方や面接の準備をすることが必要です。

しかしながら、転職やキャリアチェンジにはリスクが伴います。特に「カスみたいな仕事」の経験しかなければ、一人での就活では効果的なアピールがしづらく、転職活動もうまくいかない可能性が高くなってしまうのです。

そこで活用すべきなのが「転職エージェント」です。

転職エージェントを活用すれば、専任のコンサルタントによる「優良求人の紹介〜内定後のフォロー」までのサポートが無料で受けられるのです。

そのため、今日の転職活動では必須のパートナーになり得ます。(実際に転職活動を成功させている人はリクルートの調査により7割以上がエージェントの併用をしていることもわかっています。)

とくに、20代のうちであれば「ポテンシャル」で採用してくれる優良企業も多いので、職歴や経歴に関係なく、まずはサービスを利用することが必須です。

そこで、まずは当サイトからの利用者が1,000人以上を超えているマイナビジョブ20’sを使ってみましょう。

マイナビジョブ20sのトップ画像
■既卒へのおすすめ度 ■第二新卒へのおすすめ度
■サービスのクオリティ ■求人のクオリティ
■対象地域 東京・千葉・埼玉・神奈川・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・兵庫・奈良・滋賀
■対象年齢 24歳〜29歳(就業経験がなければ23歳以下も可能、もちろん24歳以上の就業経験は問いません。)

マイナビジョブ20’sは

  1. コンサルタントの質
  2. 求人の質(就職氷河期に備えるなら今がベスト!)
  3. 他社には無い世界中の求職者が利用する〇〇〇〇(公式HPで要チェック!)とサポートの質(2020年以降はWEB面談にも対応!)
  4. 大手マイナビのバックボーンがある事による安心感

も段違いに高く、既卒・第二新卒の方が是非メインで利用したい、まさに「天職」エージェントと断言できます。

↓無料登録はとってもカンタン!↓マイナビジョブ20’sの公式HPはこちら▶︎当サイトからの利用者が1,300人を突破!

もっと詳しく知りたい方は「マイナビジョブ20’sに独占取材!」の記事も是非ご覧ください。

また、社会人になってからもスムーズに業務に馴染めるような、腰を据えて働きたい、研修を無料で受けてから就職をしたい人は就職カレッジ一択です。

就職カレッジのトップ画像
■既卒へのおすすめ度 ■第二新卒へのおすすめ度
■サービスのクオリティ ■求人のクオリティ
■対象地域 東京、横浜、大阪、名古屋、福岡、仙台、広島、神戸、京都、北九州、岡山、千葉、静岡、熊本
■対象年齢 18歳〜34歳まで

就職カレッジは

  1. ニート・既卒・未経験・フリーター・第二新卒に対し、書類選考なしで求人紹介
  2. 自力で就職した場合の成功率48.9%→就職カレッジでは81%以上の成功率
  3. 新入社員の教育をしっかり行う優良企業のみを紹介
  4. 担当スタッフの一貫したサポートに強み、23,000人以上の支援実績あり

といった特徴があります。

同時に無料で受けられる就職支援講座というサポートもあり、初めて就職する人でも安心して厳選された企業で働くことができます。

↓30秒で無料登録完了!↓
就職カレッジの公式HPはこちら▶︎