既卒・第二新卒に特化!おすすめエージェントランキングはこちら
在職中の方々はこちら

休日出勤が多くてありえないし辛い…第二新卒の転職で解決できるって知ってた?

<休日出勤が無い会社に転職するなら!>

下記では休日出勤がある時に撮りたいアクションや、上記転職エージェントの詳しい情報もご紹介しています。

あなたの就業先の労働環境はどうですか??休日出勤が横行していませんか?

アライ
アライ
今回は休日出勤多く、今すぐにでも解決したいと考えている方々のお悩みにお答えします!
その悩みは実はこれからご紹介する方法で解決する事ができますので最後までお見逃しなく!

新卒・もしくは第二新卒として入社したあなたの職場の労働環境について、不満をお持ちではありませんか?

特に、あなたの職場の労働環境に関して、

  • 慢性的に休日出勤が発生している
  • 休日出勤に対して正当な対価を得られていない

上記のような状態で働いているよ…という場合は非常に注意が必要です!

僕(管理人)もかつてこのような環境にて働いていた事があるのですが、

確実に心身を蝕んでいってしまいます。

「本当にこの仕事が好きでやっている」場合であれば、

寝食を忘れて仕事に打ち込むのもいい経験であるかもしれませんが、

「嫌な仕事を延々と続けている」場合は、

すぐにあなたの今後の豊かな人生の為に働き方を見直す必要があります。

そんな事急に言われても、現状を脱するのは難しいよ…

大丈夫です!安心してください。

この記事を読んで、アクションを起こしていきましょう!

そもそも休日の定義とは??

皆さんも求人を探される時に必ず目を通すのが「休日」の欄であると思います。

この「休日」に関してですが、

そもそもの定義をここで簡単におさらいしておきましょう!

休日数は企業によって違う

厚生労働省労働基準局監督課が出している

「モデル就業規則」よると、休日は次の通りとなります。

第18条 休日は、次のとおりとする。

  1. 土曜日及び日曜日
  2. 国民の祝日(日曜日と重なったときは翌日)
  3. 年末年始(12月 日~1月 日)
  4. 夏季休日( 月 日~ 月 日)
  5. その他会社が指定する日

2 業務の都合により会社が必要と認める場合は、あらかじめ前項の休日を他の日と振
り替えることがある。

実は、労基法では何曜日を休日とするか、

あるいは国民の祝日を休日とするかについて規定していません。

1週間の中で何曜日を休日としても、また、週によって異なる曜日を休日としても差し支えありません。

さらに、勤務の実態に合わせて、労働者ごとに異なる日に交替で休日を与えることもできます。

しかし、これだけですと「我が社の就業規則」によって休日は決まってしまう!

となってしまいます。

そこで登場してくるのが「法定労働時間」なのです。

法律が定める「法定労働時間」とは?

この法定労働時間には以下の決まりごとがあります。

  • 1週間に40時間以上働かせてはならない
  • 1週間に最低1回の休日を設けること

従って、「休日は1日あればいいんでしょ」と休日を1日しか設けていない企業は、

余裕で週40時間の勤務時間を超えてしまいます。

そこでこの労働基準法が定める法定労働時間が出てくるのです。

この法定労働時間を超える場合、

企業は労働者に対して「対価」を支払わなくてはいけません。

休日出勤の割増賃金とは??

休日出勤の割増賃金は結論から言うと、35%増しで支払われなければいけません。

労働基準法第37条第1項 の政令で定める率は、 同法第33条 又は 第36条第1項 の規定により延長した労働時間の労働については2割5分とし、これらの規定により労働させた休日の労働については3割5分とする。

引用元:労働基準法

休日出勤をしたのに35%増しの賃金はおろか、代休さえ無い!

こんな企業は明らかに違法です。あなたの勤務先の企業はどうでしょうか??

また、覚えておきたい予備知識として、

休暇(有給休暇、育児休暇、慶弔休暇など)は労働者が「申請」をして取っている休日となりますので、

企業は休日出勤をさせることができません。

これらが守られていない会社はブラック企業です!

ここまで目を通してみて、

ハッとなる部分や「うちの会社だ…」と思う項目はありましたでしょうか?

もし、一つでも当てはまっている場合、あなたの就業している企業はブラック企業の可能性が高く、

そのまま勤務を続けていると必ず心身に異常をきたします

休日出勤が多いし、してもきちんと対価が支払われない…こんな会社に未来があると思いますか…?

今の企業はブラックだし、不満だらけ、でも一体どうしたらいいかわからない…

今この記事をご覧になってくださっている方々は何かしら思うところがあるのではないでしょうか?

しかし、次の一歩が中々踏み出す事ができない方々も多いはずです。

特に、現在も就業されている方々は一番「勤続年数」が気がかりになるのではないでしょうか?

確かに、勤続年数は大事ですし、「石の上にも三年」という言葉もありますが、

その「石」がウニのように尖っていたり、異臭を放っていたらどうでしょうか?

あなたは怪我をし続けたり、石の臭い匂いが取れなくなってしまいます。

そこであなたに与えたい1番の解決策が

「転職エージェントと共に転職活動を始める!」

ということなのです。

いきなり「転職!」という事ではなく、

「転職活動をする」というところがキモとなってきます。

加えて、今日の日本では売り手市場の傾向に沿って

「第二新卒」の需要も右肩上がりなのもご存知でしょうか??

従って、勤続年数が短くても「第二新卒の転職」で希望企業への就職を叶えていきましょう!

転職活動を転職エージェントを進める事でのメリット!!

転職活動を進める上で必要不可欠なのが「転職エージェント」の利用なのですが、

なぜ不可欠なのかご紹介します!

転職エージェントを是非使いたい理由として、

  • 面接終了後にコンサルタントがバックアップやフォローを行ってくれる!
  • 面接時の質問内容を事前に教えてくれる!
  • 履歴書・職務経歴書の書類選考、面接対策も行ってくれる!
  • 選考のスケジュール管理もお任せ!
  • 既卒・第二新卒の就活の不安や悩みについて相談に乗ってくれる!

が挙げられます。

特に面接時のバックアップやフォローに関して、面接時に緊張などにより、

伝え忘れた事・言い足りなかった事がある…

このような経験はありませんか?

そんな時、面接終了後に転職エージェントのコンサルタントが先方にその熱意をプッシュしてくれる事があります。

つまり、個人で就活するよりも転職エージェントを利用した就活の方が、

志望企業に対し、熱意を伝えやすくなります。

これにより、再度面接を設定してくれたり、不採用となった場合でも自分のよかった点・悪かった点を教えてくれるので次回以降の選考のチャンスが広がります!

休日出勤がない会社に就職するならこのエージェント!

転職エージェントとは一重にいっても、扱っている求人やエージェント毎に特色が違います。

従って、複数の転職エージェントに同時登録する方法をオススメします。

そして、自分に合いそうな求人やコンサルタントを見つけたらそこ1社に絞って就職活動をしていくと、

転職エージェント自体の管理も楽に済みます。

それでは、下記で第二新卒の方々が是非使いたい転職エージェントをご紹介します!

  • ブラック企業で働き続けて社畜となってしまい、心身を壊してしまうか
  • より良い条件、あなたに合った企業で働くか

なら絶対後者ですし、自分の将来を決めるのは自分です!

あなたならできる!

ホワイト企業でキャリアアップを叶える!「リクルートエージェント」
転職成功実績・総合評価で業界ナンバー1を誇る実力派の大手転職エージェントです。

「転職を考えてるけど、正直なかなか踏み出せない、このままでいいのだろうか…」と考える方(転職検討段階の方)にとっても、まずは相談に乗ってもらえる事で、転職に関する悩みや不安を打ち明けて最善の方法をコンサルタントが提案してくれます。

年間で10万人が利用する評判のエージェントとなっていますが、その分ライバルや同求人でライバルも存在するので、持ち前の「若さ」を前面に出していきましょう。

第二新卒で検索した所、公開求人だけで約700件近くの求人が出ていますが、既卒で調べた場合の件数が少ないので、既卒の方にとってはあまり向かないエージェントかもしれません。

↓今すぐ優良求人を紹介してもらう↓リクルートエージェントの公式HP

当サイト管理人が集めた口コミでも評価はピカイチ!(口コミ・レビューはこちら!)

 

最強!大手のノウハウ・20代の就活に特化した「マイナビジョブ20’s」
大手転職エージェントの「マイナビ」が展開する20代(第二新卒の方々ももちろんOK!)に特化した転職エージェントです!

この転職エージェントを一番オススメしたい理由、それは

  • マイナビを母体とした業界最大手の転職サポート
  • 20代ならではの悩みに応えた適切な求人の紹介

が同時に受けられる、

大手のノウハウ・求人数と、中小転職エージェントの手厚いサポートのいいとこ取りをした非常にお得なエージェントなのです。

既卒・第二新卒の最強転職エージェントと言っても過言ではありません!

転職するかどうかの相談だけでもできるので、

登録してみてまずは自分の抱えている悩み、不安を相談してみましょう!

↓今すぐ優良求人を紹介してもらう↓マイナビジョブ20’sの公式HPはこちら