既卒・第二新卒に特化!おすすめエージェントランキングはこちら
インタースクエア

【インタースクエア】の口コミ・評判!求人は20代の既卒・第二新卒にオススメか評価!

アライ
アライ
今回は転職エージェントインタースクエア口コミ評判レビューをご紹介します!

「インタースクエア」を実際に使ってみようかな…と考えている既卒・第二新卒20代の方々にとってこの記事が参考になってもらえたら幸いです。

求人サイトよりも転職エージェントを利用した方が非常に楽に就活を進める事ができるのはご存知だと思いますが、

自分に合わない転職エージェントを利用すると逆効果なので、利用前には評判もチェックしておきましょう。

インタースクエアの口コミ・評判・レビューをご紹介!

そんな転職エージェントの一つに、「インタースクエア」というサービスが存在します。

聞いた事がない、もしくは情報が少なくて困っているという方が多いのではないでしょうか?

そして既卒や第二新卒に本当にオススメできるかどうかは実はあまりよく知られていないのではないでしょうか?

20代・既卒・第二新卒の方でもインタースクエアを利用する前に同社の

口コミや評判を調べてからじゃないと不安…

という方々向けに、インタースクエアの概要や口コミ・評判をご紹介していきます!

<既卒・第二新卒向け2020年11月最新情報!>

11月は年末に向けて採用活動が鈍化しがちと思われるかもしれませんが、実は下半期がスタートし、予想より人手不足であるという理由から採用活動に動きが見られる企業も多いです。

そのため、10月から12月にかけては求人も多く出されやすい時期ということが言えます。また、今から就活を始めておけば年末までの内定獲得は十分可能です。

コロナによる影響で、しばらくは就職・転職を待った方が良いのではという意見もあります。しかし過去のリーマンショックでは求人倍率の回復に4年ほどかかっている事からも、現状が辛くて就職・転職を考えている人は今すぐ行動し、優良企業の求人は抑えておくべきです。

WEBや電話による面談も行なっている転職エージェントもありますので、年末までを目処に就活を成功させるために使える手段は全て使いましょう。11月からのWEBや電話を利用した簡単な就活・転職の始め方として、

  1. こちらのページを参考に、既卒・第二新卒向け転職エージェント(マイナビジョブ20’s就職Shopなど)に複数登録をする
  2. 登録完了後に各エージェントから連絡が来ます。電話では簡単に現在の状況や希望条件などの質問を受けますので、電話にはでれるようにしておきましょう
  3. 電話対応でもエージェントの良し悪しがわかります。あなたが「ここだ!」と思うエージェントに面談を申し込みましょう。
  4. 本格的にサポートを受ける会社を絞り、就職・転職活動を引き続き進めましょう。

エージェントから連絡がかかってきたら、担当者にわかりやすく現状を伝え、転職の意思が固いことを説明すると、優良求人を紹介してもらえる確率が非常に高くなります。

インタースクエア利用前の注意点とは?

インタースクエアは基本的には転職者を中心としたサービスを展開しています。

未経験可の求人もありますが、この場合の未経験とは何らかの職務経歴がある事が前提となっています。

特にIT系では何らかの開発経験や業務でのプログラミング言語の使用経験が求められます。

その為、「就業経験がない」既卒の方は十分なサポートが受けられない可能性があります。

従って、

といったきちんと既卒・第二新卒に特化したエージェントも併用することを僕は強くオススメします。

インタースクエアの口コミ・評判

それでは、インタースクエアの口コミ・評判をご紹介していきます。

良い口コミ・評判、悪い口コミ・評判両方調べました!

インタースクエアの良い口コミ・評判

就業が決まるまで根気よくお付き合いいただいて助かりました。最後は担当さんに何から何まで。。。本当にありがとうございました!

介護の仕事で応募しました。かなりわがまま一杯の条件を言いましたが、嫌な顔ひとつせずに話しを聞いてもらい、ほぼ希望の仕事に就くことができました。担当の下村さんありがとう!

上記の良い口コミ・評判からは

  • コンサルタントは親身かつ丁寧に対応してくれる
  • 同社は介護業界にも強みを持っている

ことが伺えます。

インタースクエアの悪い口コミ・評判

対応が最悪です。こんなところで何が出来るんでしょうか?求人紹介も最悪です。よその求人紹介の方がよっぽど良いと思います。皆さん注意して下さい。

出てきたケバい担当者に茫然。登録せずに帰りました。

上記はコンサルタントや担当者の対応が適当だったのでしょうか。

合わない転職エージェントに当たってしまうと上記の口コミ・評判のようになってしまう可能性も考えられます。

インタースクエアの口コミ・評判に関しての所見

インタースクエアの口コミや評判を独自に調査してみて、

アライ
アライ
口コミ・評判は普通ですね…。もし利用するにしてもしっかり既卒・第二新卒に特化した他社エージェントを併用した方が良さそうですね…。

と感じました。

一方インタースクエアのように中小転職エージェントを利用したことのある僕の体験談として、

一度有名でない中小企業の転職エージェントを利用した際に、

  • 営業職を希望していたのにも関わらず、求人数は2件だけ(業務委託の工場勤務と塾講師)

を紹介されました。

不安になり求人を調べてみると、求人サイトで常に求人を出しているものだったこともあり、

結局は他の大手転職エージェントを用いて転職成功しています。

ただインタースクエアがこのように求職者の意向と合わない求人を紹介すると断言はできません。

そして、インタースクエアを利用するに当たって注意したいのが、

口コミ・評判のように万が一あなたが合わないと感じたコンサルタントに当たってしまうと、

僕自身も転職活動時に転職エージェントを利用・経験した時のように、

  1. 求人数をたくさん持ってこられてとりあえず受けさせられた。
  2. そもそも求人を紹介されなかった。
  3. 常に求人を出しているようなブラック企業を紹介された。

このようなケースが起こる可能性も全くのゼロであると断言はできません。

(ただし、①に関しては求人数の観点から可能性は低いと推測できます。)

その為、インタースクエアであってもあなたの希望条件と違う求人を紹介された場合は、

入社してからのミスマッチを防ぐ為にもきちんとあなたの考えを伝えましょう。

そして第二新卒の方の中にも

  • 前職を数ヶ月で退職した方
  • 退職したけれども1年、2年の年単位の職歴がある方

など、様々な状況の方がいらっしゃると思います。

その為、自分にあった転職エージェント選びは非常に重要です。

もし、数ある転職エージェントで迷ったら、大手転職エージェントのノウハウはそのままに

どんな第二新卒の転職にも特化しているマイナビジョブ20’sの利用がオススメです。

↓今すぐ優良求人を紹介してもらう!↓マイナビジョブ20’sの公式HPはこちら

インタースクエアの概要とお問い合わせ

インタースクエアの特徴や概要インタースクエアの概要を簡単にご説明させていただきます。

インタースクエアが展開する転職支援サービスの特徴としては

  1. 関西地方の求人に特化
  2. 第二新卒や20代の若手にも求人紹介実績あり
  3. 医療や介護、ITエンジニアなどの業界・分野に強み

となります。

公式ホームページにはお問い合わせ対応時間や営業時間の記載がありませんでしたが、

受付時間は平日9:00〜17:30となっています。

(土日祝の面談は行なっていないので注意が必要です。)

インタースクエアの拠点とアクセス

インタースクエアの拠点は、

  • 大阪(千代田区)

の1拠点のみとなります。具体的な住所は下記の通りです。

■大阪本社 〒530-0051
大阪市北区太融寺町5番13号東梅田パークビル4F
東梅田駅から徒歩8分

オフィスに駅から徒歩でアクセスできるのがありがたいですね。

上の拠点に行く事が難しいんだけど、それでも利用できるの?

という質問もあるかと思いますが、

基本的には対面での面談という形でカウンセリング・求人紹介となりますが、電話面談やスカイプ面談も可能です。

しかし、その場合は書類添削や面接対策などのサポートを十分に受けることができない可能性があります。

従って、オフィスに訪問する事が難しい関西以外の地域にお住いの方は、

マイナビジョブ20’s就職Shopのような拠点の多い、かつ既卒・第二新卒に特化している転職エージェントも併用しましょう!

インタースクエアを利用した就活の流れ

インタースクエアの就活の流れインタースクエアを利用した就活の流れは、

  1. エントリー
  2. コンサルタントとの面談と求人紹介
  3. 求人企業への推薦
  4. 面接
  5. 内定・入社

となります。

流れ自体は他の転職エージェントサービスとそこまで大きく変わりありません。

登録後のコンサルタントとの面談では、

  • 希望職種・希望業界
  • 求職者の転職に関する悩みや不安
  • 転職先に求めるもの

などをヒアリングし、その内容を元にコンサルタントが求人紹介をしてくれます。

求人紹介ではあなたが

この企業に興味あるし、選考を受けてみたいかも…。

と思った求人に、コンサルタントの方を通して応募する事ができます。

※もちろん、紹介されたからといってすぐに「応募する!」と即答する必要はありません。

複数エージェントを利用している場合は内容をよく吟味して応募するようにしましょう。

インタースクエアの求人数と種類

インタースクエアの求人数や種類
インタースクエアの求人数とか種類ってどうなのかな…?

やはり気になりますよね。

求人数に関して、公式ホームページでは公開求人を確認できませんでしたが、

求人まとめサイトでは約60件程のデータを所有している事がわかりました。

その為非公開求人の紹介が中心になると推測できます。

求人の種類に関してですが、冒頭でご紹介したように医療や介護・保育やIT系などの求人が中心です。

他にも下の画像のような求人や実績を確認できました。

インタースクエアの求人例求人地域は、比較的関西圏の求人が中心です。

また、紹介された求人について気になる点は忘れずにコンサルタントに相談してみましょう。

そして、コンサルタントから紹介された求人後にあなた自身でも評判などをチェックする事が非常に重要です。

口コミや評判をチェックしてみて、なんか違うな…と思ったり、

ブラック企業の可能性がある場合は他にも求人を紹介してもらうか、

マイナビジョブ20’sのように20代・第二新卒への紹介求人の質も高い転職エージェントに乗り換える事をオススメします。

インタースクエアの口コミ・評判まとめ:他社との併用がおすすめ!

インタースクエアは、20代・第二新卒の中でも

  • 関西近郊にお住いの方
  • 医療や保育、IT系などの求人を探している方

にはオススメできる転職エージェントと言えます。

しかし、

  • 20代や既卒・第二新卒に特化していない為、キャリアに自信のない方への求人紹介・サポートが不十分になる可能性があること

はやはり心もとないですよね。

その為、

  • 絶対にホワイト企業、福利厚生が良い会社に転職したい
  • キャリアに自信がないけど、キャリアアップをしていきたい
  • やっぱり他の大手が安心だから大手転職エージェントの利用も考えたい
  • 他の地域・職種の求人も色々見てみて色々吟味したい
  • しっかり実績のある既卒や第二新卒に特化した転職エージェントで就活したい

と考える既卒・第二新卒の方はインタースクエア1本に絞って就活をするのではなく、

当メディアでも一番オススメしているマイナビジョブ20’s平行利用してみましょう!

マイナビジョブ20’sは

  1. コンサルタントの質
  2. 求人の質(就職氷河期に備えるなら今がベスト!)
  3. 他社には無い世界中の求職者が利用する〇〇〇〇(公式HPで要チェック!)とサポートの質(2020年以降はWEB面談にも対応!)
  4. 大手マイナビのバックボーンがある事による安心感

も段違いに高く、既卒・第二新卒の方が是非メインで利用したい、まさに「天職」エージェントと断言できます。

↓今すぐ優良求人を紹介してもらう!↓マイナビジョブ20’sの公式HPはこちら

もっと詳しく知りたい方は「マイナビジョブ20’sに独占取材!」の記事も是非ご覧ください。