第二新卒の転職ノウハウ PR

20代前半・後半でフラフラしている人でも転職を成功させる方法とは

アライ
アライ
今回は「20代でフラフラしている人が取るべき対処法」について詳しく解説していきます。

特に、現状なんとなくフラフラして生活しているが、踏ん切りがつかずにモヤモヤしている人や、転職に不安を抱えている人は必見です。

20代という年齢になっても、何をやりたいかわからずフラフラとしている人は多いといわれています。

実際に、就職や転職に関する相談をする人たちの中にも「自分には何ができるかわからない」「何をしたらいいかわからない」という声が少なくありません。

こうした、20代になっても「フラフラ」している中でも、どうにかして現状を打破したいものの、どのようにアクションをとれば良いかわからない方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、そんな人に向けた転職成功のためのアドバイスや、今からでも始められるおすすめの就活方法についても解説します。

<2024年6月最新情報>

6月は「人事異動となったが環境に慣れない」「6月のボーナスを貰ったら退職したい」理由などから求職者の動きが活発となり、転職活動が盛んになります。

また、一般的に8月〜9月にかけて転職活動を始めるライバルも多いので、ライバルの動きの少ない5月に転職活動を始めることは、チャンスといえます。

一方、既卒・第二新卒の本記事を閲覧した求職者の83%(運営調査より)は、「20代が使うべき転職エージェント」を利用せず、他の求職者に優良求人を取られ、機会損失が発生していることもわかっています。

6月からの失敗しない就活・転職の始め方は以下が鉄則です。

  1. こちらのページを参考に、筆者も実際に利用・インタビューをした既卒・第二新卒向け転職エージェントマイナビジョブ20’s就職カレッジ)に複数登録をする
  2. 登録完了後に各エージェントから連絡が来ます。電話では簡単に現在の状況や希望条件などの質問を受けますので、電話には出られるようにしておきましょう
  3. 電話対応でもエージェントの良し悪しがわかります。あなたが「ここだ!」と思うエージェントに面談を申し込みましょう。
  4. 本格的にサポートを受ける会社を絞り、転職活動を引き続き進めましょう。

エージェントから連絡があり次第、担当者にわかりやすく現状を伝え、転職の意思が固いことを説明すると、優良求人を紹介してもらえる確率が非常に高くなります。

マイナビジョブ20’sの公式サイト:https://mynavi-job20s.jp/

【データで見る】20代で就職していない人はどれくらいいるのか

20代で就職していない人の割合について、厚生労働省の調査によると、2021年6月時点で15.5%であることが報告されています。

これは、全労働力人口に対する若年層の占める割合が比較的小さいため、他の年齢層と比べて就職率が低いという傾向があるためです。

また、厚生労働省の「雇用保険被保険者数及び求人倍率等統計調査」によると、2021年7月の求人倍率は2.10倍であり、労働市場は比較的好調な状況であることが示されています。

一方で、コロナ禍の影響により求人数が減少している業界もあり、全ての業界で求人状況が良好であるわけではありません。

このように、20代で就職していない人は一定数存在するものの、求人状況が比較的良好であることから、就職に向けて積極的に活動することが重要であると言えます。

マイナビジョブ20’sの公式サイト:https://mynavi-job20s.jp/

20代で「フラフラ」している人の特徴と原因

「フラフラ」とは、方向性が定まらず、迷いながら何かを決めることができない状態を指します。

20代になっても、自分自身の将来について迷っている人は少なくありません。まず、フラフラしている人の特徴としては以下のようなものが挙げられます。

  • 将来の目標が定まっていない
  • 何をしたいか分からない
  • 何かに打ち込めるものが見つからない
  • 自信がない
  • 他人と比べてしまう
  • 行動力がない

原因としては、以下のようなものが考えられます。

  • 選択肢が多すぎること
  • 周りと比べてしまうこと
  • 将来の不安があること
  • 自己肯定感が低いこと
  • 行動するための自信がないこと

仕事に対する不満や達成感の欠如も、フラフラしてしまう原因となることがあります。例えば、自分の希望する仕事に就けず、それ以外の仕事をしていると達成感を感じられないことがあるかもしれません。

今の仕事が長続きしないことや、自分のキャリアプランが見えてこないことがある場合、キャリアに対する不安定感もフラフラしてしまう原因となります。

そのような状態で将来の展望を見据えて行動することが難しいため、モチベーションも下がってしまうのです。

マイナビジョブ20’sの公式サイト:https://mynavi-job20s.jp/

20代で「フラフラ」している人ができる転職の準備とは

はじめに、20代になっても「フラフラ」している人は多いです。しかし、キャリアに不安を感じているなら、以下のポイントを押さえつつ、転職を一つの選択肢として考えることも必要です。

自己分析を行う

転職に成功するためには、自分自身の強みを知ることが大切です。

自己分析を行い、自分の性格やスキル、経験などを整理することが必要です。

たとえば、「コミュニケーション能力が高い」、「マーケティングに関するスキルがある」などの特徴を持っている場合、その特性を生かせる職種や企業を探すことができます。

キャリアプランを立てる

転職は単なる職場の移動ではなく、自分自身のキャリアをより良くするための一歩として考えることが大切です。

自分が将来どのようなキャリアを歩みたいのか、そのために必要なスキルや経験は何か、具体的な目標を立てることが大切です。

転職先を選ぶ

自己分析やキャリアプランを立てたら、実際に転職先を探します。

転職する際には、企業の理念や文化、業界の将来性など、転職先に求める条件を明確にしましょう。また、自分が持っているスキルや経験を活かせる職種や業界を選ぶことも大切です。

20代のうちに、転職を成功させ、自分自身のキャリアアップにつなげるためには、転職時の段階から自分の適性ややりたいことを明確にしておくことが大切なのです。

アライ
アライ
たとえば、IT業界で働くAさんは、自己分析を行った結果、「コミュニケーション能力が高く、ユーザーのニーズを理解する能力に優れている」という強みを発見しました。

そこで、IT企業のカスタマーサポートの職に応募し、実際に働いている今、自分自身が成長している実感があると言う方もいらっしゃいます。

一方、完全に一人での転職活動は、サポートしてくれる人もいないのでスケジュール管理から選考対策まで全て一人で実践しなければなりません。

そこで、20代が効率的に就活を進めるためには、「20代に特化した転職エージェント」を有効活用すると、無駄な時間を使わずに優良企業へ転職できる可能性をぐんと上げられます。

マイナビジョブ20’sの公式サイト:https://mynavi-job20s.jp/

20代でフラフラしている人が向いている仕事5選

まず、20代でフラフラしている人が向いている職種といえば、自分の興味や関心に合わせた仕事が良いでしょう。

ただ、現実的には「フラフラしている・していない」に関わらず、自分の興味と職種が一致するとは限らないため、適性や将来性を考慮することが大切です。

以下に、フラフラしている人であってもおすすめの職種をいくつか紹介します。

Webライター

始めやすいイメージや文章力が求められることなどから、多くの20代男女に人気があります。

専門的な知識や技術を身につけることができれば、比較的容易に転職できる業界でもあります。

また、リモートワークも多く、スキルを身につければWebディレクターへのステップアップも可能です。

マーケティング

マーケティングは、商品やサービスを消費者に販売するために必要な戦略を立て、広告や販促活動を展開する仕事です。

20代のうちにスキルを身につけておくと、今後のキャリアアップにつながるスキルとして有名です。

今日では、「Webマーケティングに特化した専門スクール」も展開されるほど、注目を浴びている職種となります。

コンサルティング

コンサルティングは、企業や組織に対して経営戦略の立案や業務改善のアドバイスを行う仕事です。

幅広い業種や領域をカバーしているため、自分が興味を持っている分野についての知識や経験を活かすことができます。

高給な分、稼働時間が長く高度なスキルが求められる傾向がありますが、コンサル出身であることで次の転職がしやすくなる可能性が向上します。

事務職

定型的な業務や作業が多く、仕事に慣れるまでは繰り返し行うことで効率が上がるため、フラフラしている人にも向いている職種です。

また、社内ルールやマニュアル、仕事の指示が明確なため、未経験でもやりやすい仕事の一つです。

営業職

営業職は目標達成への責任感が求められるため、難しいものの、やりがいを感じやすく、それに伴い成果が出たときの達成感も大きいです。

また、フラフラしている人でも、営業職に取り組むことで、自己成長を促し、将来に向けたキャリアアップにもつなげることができます。

以上が、フラフラしている人におすすめの職種の一例です。ただし、自分に合った職種を見つけるためには、自己分析やキャリアカウンセリングを受けることが大切です。また、転職活動には時間や労力がかかるため、早めの準備が必要です。

マイナビジョブ20’sの公式サイト:https://mynavi-job20s.jp/

20代でフラフラしている人でも効率的に就活ができる方法とは

この記事では、20代で「フラフラ」としている人が転職を成功させるためのポイントについて解説しました。

20代であっても、自分の将来について悩むことは自然なことです。しかし、フラフラしている現状を打破するためには、自分自身の強みを活かせるように、キャリアプランを明確にし、転職先を選ぶことが重要です。

また、転職先を選ぶ際には、自分が求める条件に合致するかどうか、企業の文化や風土、将来性などを考慮しましょう。

しかし、求人サイトだけの情報のみで転職活動を進めると「入ってみてからギャップを感じてしまった」「ブラック企業に入ってしまった」ケースが後を立ちません。

そのため、このようなリスクを軽減するためには転職先についてしっかりと調べることはもちろん、「20代に特化した転職エージェント」を活用すべきです

たとえば、マイナビジョブ20’sや就職カレッジなどが、フラフラしていた20代であっても、自社オリジナルの適性診断や、就職カリキュラムがあるので、新しい職場とのミスマッチのリスクも最小限にできるのです。

まずは、当サイトからの利用者が1,000人以上を超えているマイナビジョブ20′sです!

マイナビジョブ20sのトップ画像
■既卒へのおすすめ度 ■第二新卒へのおすすめ度
■サービスのクオリティ ■求人のクオリティ
■対象地域 東京・千葉・埼玉・神奈川・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・兵庫・奈良・滋賀
■対象年齢 24歳〜29歳(就業経験がなければ23歳以下も可能、もちろん24歳以上の就業経験は問いません。)

マイナビジョブ20’sは

  1. コンサルタントの質
  2. 求人の質(就職氷河期に備えるなら今がベスト!)
  3. 他社には無い世界中の求職者が利用する〇〇〇〇(公式HPで要チェック!)とサポートの質(2020年以降はWEB面談にも対応!)
  4. 大手マイナビのバックボーンがある事による安心感

も段違いに高く、既卒・第二新卒の方が是非メインで利用したい、まさに「天職」エージェントと断言できます。

↓無料登録はとってもカンタン!↓マイナビジョブ20’sの公式HPはこちら▶︎当サイトからの利用者が1,300人を突破!

もっと詳しく知りたい方は「マイナビジョブ20’sに独占取材!」の記事も是非ご覧ください。

また、社会人になってからもスムーズに業務に馴染めるような、腰を据えて働きたい、研修を無料で受けてから就職をしたい人は就職カレッジ一択です。

就職カレッジのトップ画像
■既卒へのおすすめ度 ■第二新卒へのおすすめ度
■サービスのクオリティ ■求人のクオリティ
■対象地域 東京、横浜、大阪、名古屋、福岡、仙台、広島、神戸、京都、北九州、岡山、千葉、静岡、熊本
■対象年齢 18歳〜34歳まで

就職カレッジは

  1. ニート・既卒・未経験・フリーター・第二新卒に対し、書類選考なしで求人紹介
  2. 自力で就職した場合の成功率48.9%→就職カレッジでは81%以上の成功率
  3. 新入社員の教育をしっかり行う優良企業のみを紹介
  4. 担当スタッフの一貫したサポートに強み、23,000人以上の支援実績あり

といった特徴があります。

同時に無料で受けられる就職支援講座というサポートもあり、初めて就職する人でも安心して厳選された企業で働くことができます。

↓30秒で無料登録完了!↓
就職カレッジの公式HPはこちら▶︎