第二新卒の転職ノウハウ PR

【解決策あり】転職エージェントが連絡を無視・放置する理由とは

【解決策あり】転職エージェントが連絡を無視・放置する理由とはのアイキャッチ画像
アライ
アライ
今回は「転職エージェントが連絡を無視・放置する理由」について、解決策とともに詳しく解説していきます。

特に、転職エージェントを使っているのに、「なかなか返信してもらえない」「意図を汲み取ってもらえない」と悩む人こそ必見です。

実は、「転職エージェントの連絡の無視や放置」に悩む求職者は少なくありません。求職活動において、エージェントから反応がないと不安ですよね…。

そこで今回は、「転職エージェントの連絡無視」の理由と解決策について解説します。とくに、以下のような20代は必見です。

  • 転職エージェントからの連絡がなくイライラした人
  • 転職エージェントとのコミュニケーションに疲弊している人
  • 求職活動でスムーズな連絡を貰いたい人

記事を読むと、転職エージェントに無視されない方法がわかることはもちろん、「求職者を無視しないおすすめの転職エージェント」もわかります。

<2024年6月最新情報>

6月は「人事異動となったが環境に慣れない」「6月のボーナスを貰ったら退職したい」理由などから求職者の動きが活発となり、転職活動が盛んになります。

また、一般的に8月〜9月にかけて転職活動を始めるライバルも多いので、ライバルの動きの少ない5月に転職活動を始めることは、チャンスといえます。

一方、既卒・第二新卒の本記事を閲覧した求職者の83%(運営調査より)は、「20代が使うべき転職エージェント」を利用せず、他の求職者に優良求人を取られ、機会損失が発生していることもわかっています。

6月からの失敗しない就活・転職の始め方は以下が鉄則です。

  1. こちらのページを参考に、筆者も実際に利用・インタビューをした既卒・第二新卒向け転職エージェントマイナビジョブ20’s就職カレッジ)に複数登録をする
  2. 登録完了後に各エージェントから連絡が来ます。電話では簡単に現在の状況や希望条件などの質問を受けますので、電話には出られるようにしておきましょう
  3. 電話対応でもエージェントの良し悪しがわかります。あなたが「ここだ!」と思うエージェントに面談を申し込みましょう。
  4. 本格的にサポートを受ける会社を絞り、転職活動を引き続き進めましょう。

エージェントから連絡があり次第、担当者にわかりやすく現状を伝え、転職の意思が固いことを説明すると、優良求人を紹介してもらえる確率が非常に高くなります。

マイナビジョブ20’sの公式サイト:https://mynavi-job20s.jp/

転職エージェントの役割と収益モデルの関係とは

転職エージェントの役割は、求職者のニーズに合った求人情報を提供し、転職活動をサポートすることです。

そして、基本的に求職者は完全無料で使えますが、転職エージェントは求職者を紹介する代わりに、求職者の年収の3分の1ほどを報酬としてもらうビジネスモデルとなっています。

そのため、キャリアアドバイザーによっては「転職意欲の高い求職者」へのサポート優先度が高くなってしまい、転職意欲が低かったり転職成功の見込みが薄かったりする求職者の優先度が低くなるのです。

結果として、求職者のスキルや転職意欲によっては、転職エージェントからの連絡頻度が減るので「無視された」「放置された」と感じやすくなってしまうのです。

マイナビジョブ20’sの公式サイト:https://mynavi-job20s.jp/

【解決策あり】転職エージェントが連絡を無視・放置する理由

ここでは、転職エージェントが連絡を無視・放置する理由について解説します。以下の項目を意識して就活を進めると、無視・放置されることも少なくなるので必見です。

エージェントが多忙である

転職エージェントへの連絡が無視・放置される理由の一つは、多忙なスケジュールと時間の制約があることです。

求職者もエージェントも多くの業務に追われており、十分な時間を確保することが難しいことが原因です。

例えば、面談や求人案件の選定など、エージェントは複数のクライアントと関わりながら業務を進めています。そのため、一時的に求職者からの連絡を見落としてしまうことがあるのです。

そこで、限られた時間の中で効果的なコミュニケーションを図ることを目的に、メッセージやメールの要点を明確に伝えることが重要です。具体的な要件や質問を明示することで、エージェントもスムーズに対応できます。

アライ
アライ
実際に、僕が転職エージェントを活用した際にも、なるべくメールのラリーが少なく済むように、要点を意識してコミュニケーションをとっていました。

求職者とのニーズに合致しない場合

転職エージェントが連絡を無視・放置する理由のふたつ目は、転職エージェントが紹介する求人が求職者の要件やニーズに合致しない場合です。

エージェントは求人案件を選定する際に、求職者のスキルや経験、希望条件とマッチするものを選びます。

しかし、とくに有名な転職エージェントにありがちですが、「20〜30件の求人をすべて受けるように」言われることがあります。

僕自身も、実際にこのような転職エージェントにあたってしまい「別の求人を志望している旨」は伝えたものの、すぐに受かるようなブラック企業を紹介されたこともあります。

そのため、このような転職エージェントを使い続けると、ニーズにそぐわない企業に就職してもらうことになるので、最初からマイナビジョブ20’sなどの「20代に特化した」エージェントに乗り換えることもひとつの方法です。

求職者の経歴・スキルがエージェントの保有求人とマッチしていない

求職者の経歴やスキルが、エージェントの紹介求人のレベルとマッチしていない場合にもエージェントから無視・放置されることもあります。

実際に、ハイキャリア向けのエージェントによっては「求人を紹介できないこともある」という文言が見られるサービスもあるのです。

したがって、ハイキャリア向けの求人を紹介してほしいからと言って、スキルに合わない転職エージェントに登録してしまうと、高確率で無視・放置される可能性があるので気をつけましょう。

求職者からの連絡内容がわかりづらい

転職エージェントが求職者からの連絡を無視する理由の一つは、連絡内容の不明確さや不適切さも可能性があります。

具体的に、求職者が十分に具体的な情報を伝えず、要件やニーズが明確になっていない場合、エージェントは適切な対応が困難となります。

たとえば、

  1. 求職者の希望や要件が曖昧な場合
  2. 面接や書類提出などの重要な手続きに関して、求職者自身の準備スピードが不足している場合
  3. エージェントとのコミュニケーションを求職者があまり取りたがらない場合

が挙げられます。求職者からの連絡内容が不明確や不適切な場合、転職エージェントは適切な対応が難しくなってしまうのです。

もし、求職者とエージェントの相性がマッチしていれば、エージェントからのサポートを受けることで内定取得の可能性が桁違いに変わります。

したがって、適切なサポートを受けられるようにするためにも、求職者自身でも積極的にコミュニケーションをとることが必要です。

ただし、転職エージェントが合わない場合は「担当者を変更する」「エージェントそのものを変更する」手法がおすすめです。

マイナビジョブ20’sの公式サイト:https://mynavi-job20s.jp/

転職エージェントが連絡を無視・放置する理由のまとめ

ここまで、転職エージェントが連絡を無視・放置する理由を中心に解説しました。

とくに、転職エージェントから無視・放置される理由は以下が挙げられます。

  • そもそも転職エージェントが抱える担当者が多く多忙である(エージェントの問題)
  • 「大量紹介して転職可能性を上げる転職エージェント」と「自分に本当にマッチした求人を紹介してほしい求職者」のニーズが合わない(求職者とのニーズの不一致の問題)
  • 求職者のスキルレベルが、転職エージェントが持つ保有求人と合わない(求職者のスキルとエージェントの保有求人の問題)
  • 求職者からの希望や連絡がわかりづらい(求職者の問題)

結論としては、転職エージェントに無視・放置された場合、その転職エージェントに固執し続けるのではなく、新たな転職エージェントに乗り換える必要があります。

その際は、必ず「自身のスキルにマッチした転職エージェント」を使いましょう!

とくに、20代の第二新卒に使うべき転職エージェントとして「大手であっても、20代の第二新卒に特化したマイナビジョブ20’s」のようなサービスが必須です!

マイナビジョブ20sのトップ画像
■既卒へのおすすめ度 ■第二新卒へのおすすめ度
■サービスのクオリティ ■求人のクオリティ
■対象地域 東京・千葉・埼玉・神奈川・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・兵庫・奈良・滋賀
■対象年齢 24歳〜29歳(就業経験がなければ23歳以下も可能、もちろん24歳以上の就業経験は問いません。)

マイナビジョブ20’sは

  1. コンサルタントの質
  2. 求人の質(就職氷河期に備えるなら今がベスト!)
  3. 他社には無い世界中の求職者が利用する〇〇〇〇(公式HPで要チェック!)とサポートの質(2020年以降はWEB面談にも対応!)
  4. 大手マイナビのバックボーンがある事による安心感

も段違いに高く、既卒・第二新卒の方が是非メインで利用したい、まさに「天職」エージェントと断言できます。

↓無料登録はとってもカンタン!↓マイナビジョブ20’sの公式HPはこちら▶︎当サイトからの利用者が1,300人を突破!

もっと詳しく知りたい方は「マイナビジョブ20’sに独占取材!」の記事も是非ご覧ください。