【タイプ別】既卒・第二新卒におすすめのエージェント24選
ニートの悩み

どこにも採用されないニートの特徴とは?就活を成功させる方法も解説!

どこにも採用されないニートの特徴とは?就活を成功させる方法も解説!

アライ
アライ
今回は、どこにも採用されないニートの特徴と、その特徴を解消し就活を成功させる方法について解説しています。

とくに、現状を早く脱したい人は、この記事を参考にすると今日の情勢下でも最短で就活の成功へと近づくことができます。

ニートを辞めたくても、さまざまな理由があって辞められない人も多く、「就職して自分を変えたくても、どこにも採用されない」という状況下にいる人も多いです。

そしてなかには、そもそもどうやって就職するのか分からず、自己流で就活をした結果、思うような成果が得られなかったと悩むケースも多いのです。

しかし結論から言うと、ニートでも年齢が若ければ正社員になることもできます。ただし、一般的な就活方法ではなく「ニートならではの就活」が求められます。

そこでこの記事では、どこにも採用されないニートのために、採用されないニートの特徴やニートが就活を成功させる方法を紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

国内に採用されない人はどのくらいいるのか

実際にニートで採用されない人は、総務省の調査によると15歳〜24歳のニートの数は37万人、25歳〜34歳のニートの人は32万人いることがわかっています。(※1)

また、2019年まで若年無業者の割合は2.1〜2.2と横ばいでしたが、2020年には2.8倍まで伸びています。

つまり、年々ニートの人数が伸びているなか「働きたい」と考えるライバルが増える可能性もあるため、就職するためには今まで以上に準備はもちろん、戦略的な就活が求められるのです。

(※1)引用:総務省「労働力調査(基本集計)2020年(令和2年)平均結果の概要

どこにも採用されないニートの特徴と理由

ニートのなかにも採用される人と採用されない人がいますが、採用されないニートにはどのような特徴があるのでしょうか?

ここでは、どこにも採用されないニートの特徴と理由を詳しく解説します。

好条件の企業にしか応募しない

ニートのなかには、好条件の企業にしか応募しない人がいます。確かに、給料の高い企業や休日の多い企業で働きたいですよね。

しかし、好条件の企業では中途や第二新卒の人たちの応募人数が増えるため、競争率が高くなり、ニートの方はさらに採用されにくくなってしまいます。

そのため、ニートから脱却する際は、自分自身の譲れない条件のハードルを少し下げ、視野を広げて幅広く企業を見ていくのがおすすめです。

第一優先の条件にマッチしていなかったとしても、実はスキルのつく企業や自身のキャリアアップに貢献する企業も多くあります。そこで社会経験を積み、その後に好条件の企業に転職することもおすすめです。

面接対策が不十分

面接対策が不十分なのも問題です。そもそも面接の準備をしていない、その方法がわからないという方もいるのではないでしょうか?

しかし面接では、ほぼ無職の期間の事や志望動機について質問されるので、面接官の納得いくように質問に対して答えなくてはなりません。また、自分の能力をアピールし、「この人と一緒に働きたい」と思わせることが重要です。

従って、面接対策が不十分だと、採用される可能性が低くなってしまうのです。

履歴書に魅力を感じられない

履歴書に魅力を感じられない点も注意しましょう。無職の期間が長い方は実績が少なく、自分の能力を積極的にアピールできる書き方をしなければ、魅力を感じられず採用されにくいです。

また、応募書類に誤字脱字があったり、志望動機の使い回しなどはすぐにバレてしまい、書類選考で落とされてしまう可能性が高いです。

コミュニケーション能力がない

コミュニケーション能力がなければ、面接官とのやりとりもうまくいかない可能性が高いです。

正社員として企業で働くなら、顧客や同僚など誰かと仕事をすることになるため、面接の際はコミュニケーション能力も重視されます。

そのため、コミュニケーション能力がないと、採用されにくくなってしまうのです。また、コミュニケーション能力がないと、せっかくスキルがあったとしても自分の能力をアピールできず、雇いたいと思わせにくいので注意しましょう。

身だしなみが良くない

見た目が良くないのも第一印象で損してしまう可能性が高くなります。ここでいう第一印象とは、服装や髪型を指します。

身だしなみを整えていなかったり、見た目だけではなく態度が悪かったりするとマイナスな印象がつき、採用されにくくなってしまいます。

面接の際は、服装や髪型の身だしなみを整えつつ、志望している企業であれば「この企業に入りたい」という熱意を持ち合わせていることも求められます。

どこにも採用されないニートが採用されるようになるには

どこにも採用されないニートの特徴と理由を解説してきましたが、採用されるようになるには以下の項目を押さえる必要があります。

ここでは、どこにも採用されないニートが採用されるようになる方法を解説します。

アルバイトをする

まずはアルバイトをしてみるのもおすすめです。ニートだった人がいきなり正社員を目指しても採用されにくいですが、アルバイトから正社員を目指すのは、ニートだった人に比べて採用されやすいです。

なぜなら、ニートだった人は履歴書に書けることが少ないですが、アルバイトを始めると、その経験を履歴書に書けるため、企業側が求めているスキルとマッチする場合は採用されやすくなるからです。

また、アルバイトは正社員に比べて採用のハードルが低いため、社会人経験を早く積むには最適の方法と言えます。

アライ
アライ
ただし、アルバイトだけにどっぷりつかってしまうと、年齢の関係で採用されにくくなってしまう点に注意です。

そのため、「あくまで社会人経験を積む」と割り切ることも重要です。

自分に合った企業を探す

自分に合った企業を探すのも重要です。好条件の企業にしか応募しない人もいますが、好条件の企業では一般の求職者も応募するため、競争率が高くなりニートの方は採用されにくいです。

そのため、ニートだった人は希望条件のハードルを下げて、自分に合った企業を探してみましょう。

希望条件に妥協できない場合は、長期的に働くことを考えて「ブラック企業ではないこと」を最低条件に、「通勤時間が多少遠い」などの条件を妥協する考え方もあります。

アライ
アライ
求人サイトでは魅力的な求人が多いですが、競争率が高かったり、ブラック企業だったりする恐れもあるので注意です。

面接対策を徹底する

面接対策の徹底も重要になります。どこにも採用されない人のなかには、面接対策が不十分な人や、そもそもしていない人もいます。

しかし、面接対策が不十分だと咄嗟の質問はもちろん、自分のアピールポイントが面接官へ十分に伝わらない可能性が高くなるので、雇いたいと思わせにくくなってしまうのです。

そのため、質問への答えの準備をはじめとした面接対策は面接前に徹底しましょう。

身だしなみを整えて第一印象をよくする

身だしなみを整えるのも重要になります。どこにも採用されない人のなかには、服装や髪型の身だしなみを整えていかない人がいます。

有名なものに「メラビアンの法則」という、人とのコミュニケーションは「言語情報7%」「聴覚情報38%」「視覚情報55%」で決まる法則があります。

このことからも、面接の際はシワのないスーツを着たり、髪型も整えてたりすると印象が良くなり、身だしなみに気を遣っていない人よりも採用されやすくなると言えます。

自己分析を行う

どこにも採用されないと困っているニートの方は、自己分析を行ってみるのもおすすめです。

自分が過去にやってきたことを明確にし、何をしたいのかを改めて自己分析することで、自分の能力を上手くアピールできるようになります。

この自己分析を行うことにより、どのような企業で働きたいのかが明確になりなるので、どこにも採用されないニートの人ほど必須で行う必要があります。

もしやり方がわからない場合は、「ニートでも利用できる転職エージェント」を活用して、自己分析のサポートを受けながら求人を紹介してもらう方法もあります。

転職エージェントを活用する

転職エージェントとは、就活や転職を「無料で」支援・求人紹介をしてくれるサービスのことです。

面接対策や履歴書作成、自分に合った企業探しなどを行ってくれるほか、転職エージェントの担当者との面談で就活の方向性を決めたり、自分の能力をどのようにアピールするかなどを的確にアドバイスをしたりしてくれるのです。そのため、ニートだった人も採用されやすくなります。

ただし、ニートの人は転職エージェントの選び方に注意が必要です。たとえば、dodaやリクルートエージェントなどの有名かつ大手の転職エージェントを利用しようとしても、経歴から断られてしまいます。

実際に公式HPにもこの記載があるので、ニートの人は就職Shopジェイックといった「書類選考なし、かつ優良企業のみを取り扱う」転職エージェントの活用が必須です。

そこで、ここからはニートにおすすめの転職エージェントを紹介します

どこにも採用されないニートが使うべき転職エージェントとは

以下ではどこにも採用されないニートの人の利用必須な転職エージェントを紹介します。

どこにも採用されない大きな理由のひとつには、「中途採用や第二新卒が応募する、激戦区で就活をしている」ことが挙げられます。

このような、採用可能性が低くなってしまうフィールドで競争するのはニートにとって得策とは言えません。

そのため、ニート(既卒含む)の人に特化し、かつ不利になりがちな書類選考が最初からない求人を選んで受ける必要があります。

しかし、求人サイトではブラック企業の判別が難しいので、「ニートに特化した転職エージェント」、すなわち就職Shopやジェイックといったエージェントを活用しましょう!

リクルート運営!既卒に特化した転職エージェント「就職Shop」

■対象地域 東京・千葉・埼玉・神奈川・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・兵庫・奈良・滋賀
■対象年齢 18歳〜29歳まで

就職Shopは

  1. コンサルタントの質
  2. 求人の質(就職氷河期に備えるなら今がベスト!)
  3. サポートの質(2020年3月27日以降、首都圏は電話面談にも対応)
  4. 業界最大手、リクルート社のバックボーンがある事による安心感

も段違いに高く、18歳から30歳まで対応可能であり書類選考なしで一次面接からスタートします。

その為、マイナビジョブ20’sに並ぶ、既卒・第二新卒が是非利用したい、人柄重視の優良・ホワイト企業ならお任せのエージェントと断言できます。


↓今すぐ優良求人を紹介してもらう↓
就職Shopの公式HPはこちら▶︎

詳しくは「フリーター(既卒)の就活に就職Shopがマストな理由」をご覧ください。

入社後も役立つ研修が無料で受けられる「ジェイック」

研修を無料で受けてから就職をしたい人はジェイック一択です。

ジェイックのトップ画像
■対象地域 東京、横浜、大阪、名古屋、福岡、仙台、広島、神戸、京都、北九州、岡山、千葉、静岡、熊本
■対象年齢 18歳〜34歳まで

ジェイックは

  1. ニート・既卒・未経験・フリーター・第二新卒に対し、書類選考なしで求人紹介
  2. 自力で就職した場合の成功率48.9%→ジェイックでは81%以上の成功率
  3. 新入社員の教育をしっかり行う優良企業のみを紹介
  4. 担当スタッフの一貫したサポートに強み、23,000人以上の支援実績あり

といった特徴があります。

同時に無料で受けられる就職支援講座というサポートもあり、初めて就職する人でも安心して厳選された企業で働くことができます。

↓30秒で無料登録完了!↓
ジェイックの公式HPはこちら▶︎