既卒・第二新卒に特化!おすすめエージェントランキングはこちら
reフレッシュ転職

【reフレッシュ転職(reターン退職)】口コミ・評判!20代の既卒・第二新卒にお勧めか評価!

アライ
アライ
今回はreフレッシュ転職口コミ評判レビューをご紹介します!

「reフレッシュ転職」を実際に使ってみようかな…と考えている既卒・第二新卒・20代の方々にとってこの記事が参考になってもらえたら幸いです。

求人サイトよりも転職エージェントを利用した方が非常に楽に就活を進める事ができるのはご存知だと思いますが、

自分に合わない転職エージェントを利用すると逆効果なので、利用前には評判もチェックしておきましょう。

reフレッシュ転職の口コミ・評判・レビューをご紹介!

そんな転職エージェントの一つに、「reフレッシュ転職というサービスが存在します。

そもそも聞いた事がないという方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、20代・既卒・第二新卒でreフレッシュ転職を利用する前に同社の

口コミや評判を調べてからじゃないと不安…

という方々向けに、reフレッシュ転職の概要や口コミ・評判をご紹介していきます!

<既卒・第二新卒向け2020年11月最新情報!>

11月は年末に向けて採用活動が鈍化しがちと思われるかもしれませんが、実は下半期がスタートし、予想より人手不足であるという理由から採用活動に動きが見られる企業も多いです。

そのため、10月から12月にかけては求人も多く出されやすい時期ということが言えます。また、今から就活を始めておけば年末までの内定獲得は十分可能です。

コロナによる影響で、しばらくは就職・転職を待った方が良いのではという意見もあります。しかし過去のリーマンショックでは求人倍率の回復に4年ほどかかっている事からも、現状が辛くて就職・転職を考えている人は今すぐ行動し、優良企業の求人は抑えておくべきです。

WEBや電話による面談も行なっている転職エージェントもありますので、年末までを目処に就活を成功させるために使える手段は全て使いましょう。11月からのWEBや電話を利用した簡単な就活・転職の始め方として、

  1. こちらのページを参考に、既卒・第二新卒向け転職エージェント(マイナビジョブ20’s就職Shopなど)に複数登録をする
  2. 登録完了後に各エージェントから連絡が来ます。電話では簡単に現在の状況や希望条件などの質問を受けますので、電話にはでれるようにしておきましょう
  3. 電話対応でもエージェントの良し悪しがわかります。あなたが「ここだ!」と思うエージェントに面談を申し込みましょう。
  4. 本格的にサポートを受ける会社を絞り、転職活動を引き続き進めましょう。

エージェントから連絡がきたら、担当者にわかりやすく現状を伝え、転職の意思が固いことを説明すると、優良求人を紹介してもらえる確率が非常に高くなります。

reフレッシュ転職利用前の注意点とは?

reフレッシュ転職はselect Wall株式会社が展開する、20代の既卒・第二新卒に特化した正社員に特化したサービスとなります。

「転職」というワードが入っていますが、reフレッシュ転職では学歴不問であり、アルバイト経験しかなくても問題という旨を公式サイトから確認しました。

また、就職成功者は最大5万円のキャッシュバックが受け取れます。

その為、既卒・第二新卒の方でも安心して利用ができそうです。

↓今すぐ優良求人を紹介してもらう↓reフレッシュ転職の公式HP

また、この時期はreフレッシュ転職と併せて既卒・第二新卒に特化している

という若手のサポートに特化した大手エージェントも併用することを求人数の観点からオススメします。

※エージェントの複数利用は求人数の増加やサポートの相乗効果が期待でき、既卒・第二新卒の方の平均利用エージェントは2〜3社と言われています。(管理人も複数利用経験あり)

reフレッシュ転職の口コミ・評判

それではreフレッシュ転職の口コミ・評判をご紹介していきたいのですが、

2018年設立ということもあり、ソースのわかる口コミ・評判は徹底調査をしてもありませんでした…。

しかし、同社の公式HPからは20代の転職成功者一例として、

  • ブランクがあっても復職(転職)に成功できた!
  • 病棟からクリニックに転職成功!

といった例も散見されました。

また、同社コラムからのコンサルタントの意気込みもご紹介します。

転職者の方には「特に行きたい業種はないけど、今の業種だけは嫌だ!」という方もいらっしゃいます。そういう方にはどういう仕事が向いてそうか、どういう業種ならやりがいを感じてくれそうなど、こちらが提示していい転職へ繋がる様、お手伝いさせていただきます。

きちんとヒアリングをする姿勢、フォローの丁寧さが伺えますね。

reフレッシュ転職の口コミ・レビューに関して

reフレッシュ転職の口コミやレビューを独自に調査してみて、
[chat face=”アライさん.jpg” name=”アライ” align=”left” border=”gray” bg=”none” style=””]口コミ・評判がは少ないですが、着実に実績を重ねていることやコンサルタントの真摯に向き合う姿勢がコラムから伺えましたので、これからに期待のできるエージェントですね![/chat]
と感じました。

話は変わりますが僕の実体験として、

reフレッシュ転職のように一度あまり有名でない中小企業の新興エージェントを利用した際に、

  • 営業職を希望していたのにも関わらず、求人数は2件だけ(業務委託の工場勤務と塾講師)

を紹介されました。

しかも片方はアウトソーシングの求人(外部委託:スキルがつかないことで有名)であったこともあり、

結局は他の大手転職エージェントを用いて転職成功しています。

※あくまで他社エージェントを利用した管理人の実体験でありreフレッシュ転職がこのように求職者の意向と合わない求人を紹介すると断言するものではありません。

また、客先常駐(SES)のエンジニアとアウトソーシングだけは正社員であっても、

業務内容が10年後、20年後であっても単純作業しかない為オススメができないので注意が必要です。

その為、

  1. 求人数をたくさん持ってこられてとりあえず受けさせられた。
  2. 客先常駐やアウトソーシングの求人を紹介された。
  3. 常に求人を出しているようなブラック企業を紹介された。

このようなケースが起こる可能性もあります。

また、reフレッシュ転職だけでなく他のエージェントでもブラック企業には本当に注意したいところです。

アライ
アライ
僕は新卒で入社した会社は日付が変わっても帰れず、朝7時に出勤して24時間後に家に帰ってくる(手当なし)というようなトンデモ企業に就職してしまいました…。

従ってreフレッシュ転職であってもあなたの希望条件と違う求人を紹介された場合は、

入社してからのミスマッチを防ぐ為にもきちんとあなたの考えを伝えましょう。

それでも状況が変わらないようであれば、

  • コンサルタント・カウンセラーの変更を申し出る
  • 他社転職エージェントの乗り換え

を検討・実践しましょう。

特に既卒・第二新卒向けの正社員求人に特化している、

就職Shop、マイナビジョブ20’sなどの転職エージェントを併用するのもこのような事態を避けることができるのでオススメです。

アライ
アライ
相談するだけでも肩の荷がおりますし、大手が運営しているので安心ですよ!

更に、この時期はコロナショックの影響が大きいので併用はマストと言えるでしょう。

マイナビジョブ20’sの公式HPはこちら→https://mynavi-job20s.jp

就職Shopの公式HPはこちら→https://www.ss-shop.jp

ただreフレッシュ転職でも正社員への転職実績は1,000名以上を超えるのでまずはチェックしてみましょう。

↓今すぐ優良求人を紹介してもらう↓reフレッシュ転職の公式HP

reフレッシュ転職の概要とお問い合わせ

reフレッシュ転職の概要reフレッシュ転職が展開する就職支援サービスの概要を簡単にご説明します。

特徴としては

  • 正社員求人数は3,000件以上保有
  • 2018年設立で比較的若い会社であるが正社員への就職支援実績は1,000名以上
  • 外国人ワーカーズ・セレジョブ看護・退職代行サービス(reターン退職)も運営
  • 転職お祝い金が最大5万円、退職代行と合わせて使うと最大2万円のプレゼント有

となります。

お問い合わせ時間や受付時間は平日の10時から19時となっています。

reフレッシュ転職の拠点とアクセス

reフレッシュ転職の拠点は、

  • 東京(豊島区)

の1拠点のみとなります。詳しい住所は下記の通りです。

■本社 〒170-0005
東京都豊島区南大塚2-41-4 大栗ビル2F
大塚駅から徒歩2分

徒歩でアクセスできるのがありがたいですね。

上の拠点に行く事が難しいんだけど、それでも利用できるの?

という質問もあるかと思いますが、

電話面談や出張面談が確認できなかったので現地でのカウンセリングになると推測できます。

しかし、今日のコロナショックの影響もありますのでまずはお問い合わせをしてみることをオススメします。

また、対応地域は所在地から東京近郊の求人が主であると推測できるので、

他の地域にお住いの方は、マイナビジョブ20’s就職Shopといった関西や東海地域にも強いエージェントを利用してみましょう。

reフレッシュ転職を利用した就活の流れ

reフレッシュ転職を利用した就活の流れreフレッシュ転職を利用した就活の流れは、

  1. 公式サイトの「登録・相談フォーム」から必要事項を入力
  2. 担当者との面談
  3. 求人紹介
  4. 選考エントリー
  5. 書類選考・面接対策
  6. 内定
  7. 転居先の提案(必要であれば)

となります。

他の転職エージェントに比べると流れはそこまで変わりませんが、内定後の転居支援サービスがあるのが他社エージェントと異なります。

また、同社が展開するreターン退職という退職代行サービスと併用すると、退職代行代が無料プラス最大2万円のお祝い金がもらえます。

求人紹介では、

ここの求人に興味があるから応募してみようかな…。

と、その場で応募することが可能ですが、

希望と大きくかけ離れている場合にはその旨を伝えることを忘れてはいけません。

そして紹介された求人についてきちんとあなた自身でも口コミ・評判を調べることが重要です。

アライ
アライ
口コミ・評判のチェックをすると、現社員もしくはすでに退職した社員の生の声を見ることができるのでオススメです。(あくまで参考程度に見ておくことが重要です。)

reフレッシュ転職の求人数と種類

reフレッシュ転職の求人数や種類
reフレッシュ転職の求人数とか種類ってどうなのかな…?

やはり気になりますよね。

求人数に関して上記概要でご紹介した通り、約3,000件以上の求人を保有しているとのことです。

既卒・第二新卒などの20代に特化していると考えれば、求人数は少なくはないでしょう。

求人の種類は一例として、

  • 受付
  • ITエンジニア
  • 一般事務
  • ホール・キッチン(接客)
  • 美容カウンセラー
  • 法人営業
  • 施工管理
  • 機械系エンジニア
  • コールセンター/カスタマーサポート

などの種類を取り扱っています。

reフレッシュ転職の公式HP→https://refresh-tensyoku.com/

reフレッシュ転職の口コミ・評判まとめ:他社との併用がオススメ!

reフレッシュ転職は、20代・既卒・第二新卒の中でも

  • 退職代行サービスと併用して転職活動したい方
  • 優良企業に就職した上でお祝い金5万円もゲットしたい方
  • 学歴・経歴に自信がない方

にはオススメできるエージェントと言えます。

しかし、

  • 東京近郊の求人が中心であると推測できること(地方にお住いの方)
  • キャリアに自信がある場合

はやはり求職者にとって考えや満足度が変わってくる部分かな、と考えられます。

その為、

  • reフレッシュ転職を利用したいけどなんか不安
  • やっぱり大手が安心だから大手転職エージェントの利用も考えたい
  • もっと実績のある転職エージェントに相談したい

と考える方はreフレッシュ転職1本に絞って就活をするのではなく、

当メディアでも一番オススメしているマイナビジョブ20’s就職Shopと併用しましょう!

マイナビジョブ20’sは

  1. コンサルタントの質
  2. 求人の質(就職氷河期に備えるなら今がベスト!)
  3. 他社には無い世界中の求職者が利用する〇〇〇〇(公式HPで要チェック!)とサポートの質(2020年以降はWEB面談にも対応!)
  4. 大手マイナビのバックボーンがある事による安心感

も段違いに高く、既卒・第二新卒の方が是非メインで利用したい、まさに「天職」エージェントと断言できます。

↓今すぐ優良求人を紹介してもらう!↓マイナビジョブ20’sの公式HPはこちら

もっと詳しく知りたい方は「マイナビジョブ20’sに独占取材!」の記事も是非ご覧ください。

次は就職Shopのご紹介です。

■対象地域 東京・千葉・埼玉・神奈川・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・兵庫・奈良・滋賀
■対象年齢 18歳〜29歳まで

就職Shopは

  1. コンサルタントの質
  2. 求人の質(就職氷河期に備えるなら今がベスト!)
  3. サポートの質(2020年3月27日以降、首都圏は電話面談にも対応)
  4. 業界最大手、リクルート社のバックボーンがある事による安心感

も段違いに高く、18歳から30歳まで対応可能です。

しかも、これだけでは終わりません。

なんと選考は、書類選考なしで一次面接からスタートします。

その為、マイナビジョブ20’sに並ぶ、既卒・第二新卒が是非利用したい、

人柄重視の優良・ホワイト企業ならお任せのエージェントと断言できます。

↓今すぐ優良求人を紹介してもらう↓就職Shopの公式HPはこちら

詳しくは「フリーター(既卒)の就活に就職Shopがマストな理由」をご覧ください。