既卒・第二新卒に特化!おすすめエージェントランキングはこちら
就活・転職あるある体験談!

飲み会で女性へのセクハラが酷い会社を辞めてでも、第二新卒で転職した方がいい理由とは?

私に退職を決意させた、飲み会での上司の言動とは!?

アライ
アライ
今回は飲み会での上司の言動が原因で退職、しかし第二新卒で転職に成功した例をご紹介します!それではまあたん(HN)さん、よろしくお願いします!
まあたん
まあたん
皆さん初めまして!まあたんと申します。

27歳の女性で、現在は不動産の事務職をしています。

ご紹介に預かりました通り、私の転職体験談をご紹介させて頂きます!よろしくお願いします。

1. 簡単な自己紹介をお願いします。

ハンドルネームはまあたんで27歳の沖縄県に住んでいる女性です。

現職は不動産の事務職をしていて、社員は約10名ほどです。

大学を卒業してから初めての仕事での飲み会での出来事や、そこから度重なる飲み会でのストレスが原因で1年で退職を決意しました。

そこから転職をした場所が現在の職場です。

2. どんな飲み会でしたか?

入社して三か月頃たったある日、楽しみにしていた歓迎会だったのですが、私は海外で育った時期があることを会社のほとんどの人が知っていました。

酔っ払った一人の先輩が、ボディタッチが激しくなったので「やめてくださいセクハラですよ」と言っていました。

しかし彼は全く止めようとせずに海外の人はみんなこんな感じだから大丈夫っしょと軽い口調で言ってきたので、海外の人はこうだと知ったふりをして決めつけているのがとても嫌で、もう顔に怒っていることを隠せませんでした。

人がいやだと言っているのに、海外で育ったことがあるから慣れていると勝手に決めつけられ、私に対してリスペクトが一切ないと思い、私は飲み会の途中で帰宅をしました。

3. 飲み会に関してあなたの周り(同僚・先輩など)はどんな反応でしたか?

その人が上司だったのもあり、飲み会に参加していた人は皆彼の部下だったのであまり何も言えませんでしたが、男性の私の同僚はボディタッチはセクハラで訴えられますよなどとジョークっぽく言ったりしてくれたのですが、その人は上司からしたらただの部下ですし、お酒も回っていたので何も効果はありませんでした。

その人は席を交換しようかと言ってくれたり、とても気を使ってくれました。

他の女性たちはありえないと言っていましたし、私がいやだと言っているのにもやめない上司を冷めた目で見ていました。

大丈夫と気にかけてくれる女性がたくさんいて、上司が私にボディタッチをしているところを一瞬で写真を撮って証拠として残してくれる方もいました。

4. なぜ飲み会が原因で転職活動をしようと思いましたか?

その飲み会の後も度重なる強制の飲み会での上司の言動から、もうこの上司の事をそれまでと同じように見れなくなりました。

私は会社でも態度にでてしまっていましたが、彼は飲み会の事を酔っ払っていたのもあり覚えていない様子でした。

女性をなんだと思ってるんだという怒りが残り、それまで通りに振る舞えなくなってしまいました。

彼は覚えてないのでもちろん謝りの一言もなかったですし、一度誰かにきれると怒りの気持ちが消えることはない私の性格なので、もう転職しないとやっていけないと思いました。

私のせいで会社全体の空気を悪くしたくはないですし、その仕事自体は好きでした。

しかし人間関係は大切ですし、私も毎日いやいやながら会社にきたらストレスになるのでもう辞めるしかないと思いました。

5. 転職時に利用した転職エージェントと、どのような転職活動をしたか記載願います。

私は転職すると決めてから、マイナビエージェントを使いました。

転職前の私の職業は営業だったため、次は事務職に就きたいという希望があり、マイナビエージェントのスタッフの方から資格を取ったほうがよいとアドバイスをもらい、限られた時間の中でパソコンの資格を取りました。

もともとパソコンは得意な方だったのですが、資格がなかったので資格がないと不利になるし、事務職にはパソコンのスキルが必須だと聞いたので、資格の勉強をして資格を取得しました。

辞めると決めて、退職願いを出してから辞めるまでの間にパソコンの資格を取れたので、マイナビエージェントの方にすぐにお仕事の紹介をしていただきました。

転職するとなった時に転職先が求めるものは優秀な人材だと考えていたので、資格は自分の財産になるので取ってよかったです。

それまで事務経験はなかったのですが、面接のときに資格取得を一か月以内でしたという強みを伝え、はきはきと元気に笑顔で面接を行い、志望していた企業に採用が決まりました。

しかし、もちろんですが飲み会が原因で前職を退職したとは伝えていません。

転職エージェントのコンサルタントの方は女性であったので、飲み会が嫌で退職したとは伝えましたが、志望している企業にその事は伝えないほうが無難です。

また、転職エージェントのコンサルタントの方も私の「事務職に就きたい!」という熱意をプッシュしてくれました。

6. 転職後のあなたの会社はどんな社風ですか?

会社はとてもフレンドリーな雰囲気の会社で、皆明るく一人一人を尊重している会社です。

社長さんがちゃんとした人で、厳しい時は厳しく優しい時は優しくというとても良い社長です。

子供がいる人が多く、いきなり誰かが休みとなっても他の誰かがカバーできるような環境があるので、女性としては長い目で見れる職場だなと感じます。

福利厚生もしっかりしており、飲み会にも参加しましたが、セクハラなどは一切ないですし、皆とても優しくて楽しいので今の職場が大好きです。

7. あなたと同じような境遇にある人たち、現在転職活動をしている方々へのメッセージをお願いします。

仕事は人生の一部です。

パワハラやセクハラなどは絶対に我慢するべきではありません。

楽しく仕事をしたいと誰もが思うことですし、自分に合った仕事というのが必ずあると思います。

私は、耐えられないようなストレスがあるようなら、勇気をもって転職するべきだと思います。

また、事務職に就きたいと考えている方々にお伝えしたいのが、パソコンの資格というのは、世界共通しているので絶対に持っていて損することありません。

それに女性なら将来子供を持った時など結婚しても事務職というのはできるのでパソコンの資格は取っていた方がよいと思います。

そして、面接では「その企業に入りたい!」というやる気と意欲が一番大事なので、自分を信じて笑顔で面接をしたらよいと思います。

管理人メモとまあたんさんも利用した転職エージェントをご紹介!

まあたんさん、ありがとうございました。

まあたんさんの体験談から、飲み会がきっかけで退職の原因となってしまうことがわかりますね。

飲み会への参加が任意であれば参加しないという選択肢がありますが、参加が強制となるとストレスも溜まってしまいますよね。

飲み会で酒に酔っているのをいいことにセクハラやパワハラ…このように他人が嫌がることを平気でする上の人間は残念ながら一定数存在します。

そんな飲み会が嫌で嫌で仕方ない…という場合にはまあたんさんのように転職活動から始めてみませんか?

転職エージェントを利用すれば、コンサルタントが自分の就活・転職活動をサポートしてくれるので一人で行う就活より効率的に、かつ安心して就活を進める事ができます。

今回はそんな転職エージェントの一つ、まあたんさんも使用した転職エージェント:マイナビエージェントをご紹介します!

圧倒的な面接突破力を身につけてホワイト企業に就職!「マイナビエージェント」
大手エージェントの一つであり、じっくり転職活動・ホワイト企業に絶対に就きたいという方にはもってこいのエージェントです。

業界・職種別の専任コンサルタントがあなたをサポートし、他社にはない独占(非公開)求人も多数紹介しており、重点的な面接対策、書類の書き方指導により、他社とは違う「面接突破力」を身に着ける事ができます。

面接攻略は既卒・第二新卒の就活・転職においても非常に重要なポイントですので、当エージェントで身につけた「面接突破力」は実戦で役に立つ事間違いナシ!

マイナビエージェントの公式HP

口コミ・評判・レビューはこちらからチェック!