第二新卒の転職ノウハウ PR

【必見】Fラン卒の第二新卒が転職を成功させる3ステップとは?

【必見】Fラン卒の第二新卒が転職を成功させる3ステップとは?のアイキャッチ画像

アライ
アライ
今回は「Fラン卒の第二新卒でも、転職に成功できるのか」や具体的な手法について、実際に第二新卒でホワイト企業に入社した私が解説します!

とくに、自身の学歴に懸念がある20代第二新卒の人のこそ必見です。

Fランとは、いわゆる偏差値が低い大学を指し、ネット上などで使われている言葉です。とくに、転職市場では「Fラン大卒では転職活動が難しい」と書かれている記事を見たことがある人も多いのではないでしょうか?

確かに、Fランの人の場合は学歴が良い人よりも、就職難易度が高く、自身の希望している企業へ入れにくい事実もあります。

しかし、20代第二新卒で転職活動を進める場合では、新卒の就活時ほど苦労しないケースもあります

ただし、Fラン卒の学歴は関係ないからといって、ステップを踏まずに転職活動を進めると、うまくいかずに転職活動が長引くこともあるのです。

そこで今回は、Fラン卒の人でも「自身にあった企業へ転職成功させる3ステップ」を中心に解説します。

Fラン卒の方々にとって、転職成功への一歩となるガイドとなるうえ、転職成功のきっかけになること間違いナシです!

Fラン卒の就職状況とは?

大学の偏差値と退学率・就職率に関する予備的分析:社会科学系学部のケースより、Fランの私立大学(49以下とすると)は、61.5〜67.8%の人が就職先を決定していることがわかります。

また、偏差値40〜44で61.5%、偏差値39以下で67.8%のデータが出ています。

一般的には「Fラン卒の就職は厳しい」という意見も散見されるものの、とくに有名大手企業や人気の企業に限った話であると考えて良いでしょう。

実際にFラン卒は大手企業の選考基準を満たしにくく、一部の企業から偏見や不利なイメージを抱かれることもあります。たとえば、採用担当者が大学名だけで判断するケースもあるのです。

とはいえ、日本の99%は中小企業なので「就職・転職の選択肢がFラン卒だからといって狭まる」ことはありません

ただし、一般の中途の人や高学歴の人と同じように転職活動をしても、うまくいかない可能性も高くなるので、以下で紹介する転職活動の進め方を把握しておく必要があります。

マイナビジョブ20’sの公式サイト↓
https://mynavi-job20s.jp/

Fランの第二新卒が転職を成功させる3ステップ

Fラン卒の第二新卒が転職を成功させるためには、次の点に注意すべきです。

  1. 自己分析を行い、自身の強みとキャリアゴールを明確にしつつ、
  2. 次に、「スキルや経験の棚卸し」を実施し、
  3. 転職エージェントや求人サイトを活用し、Fラン卒の第二新卒を積極的に採用する企業にアプローチする。

この手順を守ることが必須です。そこでここでは具体的な3ステップについて解説していきます。

マイナビジョブ20’sの公式サイト↓
https://mynavi-job20s.jp/

自己分析とキャリアゴールの設定

転職を成功させるためには、自己分析とキャリアゴールの設定が重要です。

特にFランの第二新卒にとっては、自身の強みや興味関心を明確にし、将来のキャリアパスを描くことが不可欠です。

まず、自己分析を行う際には、自身のスキル、経験、価値観、性格などを客観的に見つめ直すことが重要です。これにより、自己の強みや適性を把握し、転職先で活かすことのできるポイントを見出せます。

とくに、「やりたいこと」のようなポジティブ要素から棚卸しするのはもちろん、「やりたくないこと」「苦手なこと」のネガティブ要素を抽出すると、ミスマッチのリスクも減らせるのでおすすめです。

そして、キャリアゴールの設定も重要です。将来どのような職種や業界で働きたいのか、どのようなスキルや経験を積みたいのかを明確にすることで、自身の方向性を定められます。

具体的な目標を持つことで、転職活動の中で焦点を絞りやすくなり、効果的なアクションを起こしやすくなるのです。

自己分析とキャリアゴールの設定には、以下のような方法を活用することがおすすめです。

  • 自己分析テストやアセスメントを受ける

オンライン上で提供されている自己分析テストやアセスメントを活用することで、自身の特性や適性を客観的に把握することができます。

  • キャリアコンサルタントやキャリアアドバイザーへの相談

専門家のアドバイスを受けることで、自己分析やキャリアゴール設定のサポートを受けることができます。

自己分析とキャリアゴールの設定は、転職活動の基盤となる重要なステップです。自身の強みや興味関心を把握し、将来のビジョンを明確にすることで、より適切な転職先を見つけることが求められます。

マイナビジョブ20’sの公式サイト↓
https://mynavi-job20s.jp/

スキルや経験を棚卸しする

Fランで転職活動を考える第二新卒の人でも、スキルや経験の棚卸しが必要です。

とくに、第二新卒の転職では、若さやポテンシャル採用を実施している企業も多く、特別なスキルや経験がなくても人柄を見てくれます

そのため、たとえ短期離職してしまっていたとしても、棚卸しは必要なのです。具体的なやり方は以下の通りです。

成果や実績を具体的に深ぼる

スキルや経験をアピールする際には、具体的な成果や実績の深掘りが重要です。

選考時に、成果については、数値や具体的な事例を交えて説明して自身の能力や貢献度を明確に伝えることが求められます。

面接や面談の場で、具体的なエピソードや事例を交えて話すことは非常に有効です。自身のスキルや経験を実際の経験に基づいて説明し、相手に具体的なイメージを与えることができます。

例えば、プロジェクトでのリーダーシップ経験がある場合、プロジェクトの規模や予算、メンバー数などを示し、成果として何を達成したのかを具体的に説明すると良いでしょう。

技術や資格の取得状況を示す

自身が持つ技術や資格についても、アピールポイントとなります。

特に業界や職種に関連する技術や資格がある場合には、それを明示することでアピール効果が高まります。

ただし、とくに技術や資格を持っていなかったとしても、就職・転職の成功可能性が下がるわけではなく、あくまでプラスアルファの要素であることは押さえておきましょう。

マイナビジョブ20’sの公式サイト↓
https://mynavi-job20s.jp/

転職エージェントや求人サイトの活用

Fラン卒の転職活動を成功させるためには、結論として転職エージェントや求人サイトの活用が必須です。

求人サイト

求人サイトは多くの企業や業界の求人情報が集約されており、自身の希望条件に合致した求人を見つけられます。

検索機能やフィルタリングオプションを利用することで、地域や業種、職種などの条件に合った求人を絞り込むことが可能です。

求人サイトでは、企業の詳細情報や仕事内容、応募方法なども確認できます。

一方、応募時には自己PRや職務経歴書を提出することが求められるため、自身のスキルや経験を魅力的にアピールする必要があります。

とくに、Fラン卒の第二新卒、かつ転職経験があまりない場合、求人サイトを使うと、ブラック企業に当たってしまう可能性もあるのです。

そこで、転職を成功させるのに自信がない人は、次に紹介する転職エージェントの利用がおすすめです。

アライ
アライ
僕自身も、求人サイトを利用しており求人は魅力的ではあるものの、そもそも「書類選考が通らない」という課題がありました。

そこで、マイナビジョブ20’sという転職エージェントを使って転職活動を成功させています!

転職エージェント

転職エージェントの活用では、専門のキャリアアドバイザーが無料で個別にサポートを提供してくれます。

具体的には、求人情報の収集やマッチング、選考対策などを手助けし、求職者のスキルや経験を最大限に活かせる求人を見つけるお手伝いをします。

一方、転職エージェントには数多くの種類がありますが、利用すべきは「①大手が運営する、②第二新卒に特化した」転職エージェントです。

CMでやっているような大手の転職エージェントをFラン卒の第二新卒の人が利用したとしても、「ブラック企業を紹介される」か「そもそも求人を紹介してもらえない」事態が発生してしまうのです。

※転職エージェントによっては公式サイトにその旨が書いてある企業もあります。

そのため、Fラン卒の第二新卒の人は、マイナビジョブ20’sのような転職エージェントを使って転職活動を進めましょう。

もちろん、転職エージェントと求人サイトの組み合わせで活用することも効果的です。エージェントが提供するサービスを活用しながら、求人サイトで幅広い選択肢を探し、自身に最適な転職先を見つけることができます。

転職エージェントや求人サイトは、転職活動を効率的かつ戦略的に進めるための貴重なツールです。自身の希望や目標に合わせて活用し、スキルや経験を持つ企業との出会いを実現しましょう。

転職活動では実は大卒であれば学歴そのものが、合否に直接関わることは少ないです。(大手企業や外資系などは高学歴の人が多いです。)

マイナビジョブ20’sの公式サイト↓
https://mynavi-job20s.jp/

Fラン卒の第二新卒が転職を成功させる方法まとめ

ここまで、Fラン卒の第二新卒の就職状況や、転職を成功させる3ステップをご紹介しました。

Fラン卒の第二新卒が転職を成功させるためには、自己分析とキャリアゴールの設定が重要です。

また、転職活動を成功させるには「転職エージェントや求人サイト」の活用が必須となります。しかし、転職エージェントや求人サイトにも「ブラック企業」は存在するうえ、その見極めも難しいのです。

そこで、20代の第二新卒に使うべき転職エージェントとして「大手であっても、20代の第二新卒に特化したマイナビジョブ20’s」のようなサービスを使って転職活動を進めましょう。

※実際に当サイトから1,000名以上がマイナビジョブ20’sを活用し、転職活動を成功させています。

マイナビジョブ20sのトップ画像
■既卒へのおすすめ度 ■第二新卒へのおすすめ度
■サービスのクオリティ ■求人のクオリティ
■対象地域 東京・千葉・埼玉・神奈川・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・兵庫・奈良・滋賀
■対象年齢 24歳〜29歳(就業経験がなければ23歳以下も可能、もちろん24歳以上の就業経験は問いません。)

マイナビジョブ20’sは

  1. コンサルタントの質
  2. 求人の質(就職氷河期に備えるなら今がベスト!)
  3. 他社には無い世界中の求職者が利用する〇〇〇〇(公式HPで要チェック!)とサポートの質(2020年以降はWEB面談にも対応!)
  4. 大手マイナビのバックボーンがある事による安心感

も段違いに高く、既卒・第二新卒の方が是非メインで利用したい、まさに「天職」エージェントと断言できます。

↓無料登録はとってもカンタン!↓マイナビジョブ20’sの公式HPはこちら▶︎当サイトからの利用者が1,300人を突破!

もっと詳しく知りたい方は「【マイナビジョブ20’sに取材】評判や真実を実際に聞いてみた!」の記事も是非ご覧ください。