【タイプ別】既卒・第二新卒におすすめのエージェント24選
中卒の就職活動

最終学歴が中卒だとどれくらいやばいのか?就職・転職にどう関わるか解説!

最終学歴が中卒だとどれくらいやばいのか?就職・転職にどう関わるか解説!のアイキャッチ画像

アライ
アライ
今回は、最終学歴が中卒だとどれくらいやばいのか、就職にどの程度影響するのかについて解説していきます。

この記事を参考にすれば、学歴を気にせずに優良企業への就職を実現できる方法もわかるようになります。

『転職・就職したいけど学歴が中卒だからどこも雇ってくれないのでは…』と不安を感じている人も多いのではないでしょうか?

学歴が全てではありませんが、学歴を重視している企業が存在するのも事実です。

中卒で就職や転職を成功させて高年収を実現している人もいるため、中卒者でも狙える職業にターゲットを絞ることが大事です。

この記事では、「最終学歴が中卒は本当にやばいのか?」や仕事で逆転するための方法、そして最後にハローワークで求人を探してはいけない理由をご紹介します。

【就職・転職】最終学歴が中卒はやばいと思われがちな理由とは

実際に、最終学歴が中卒だとやばいと思われることもあります。なぜなら、大抵の企業の面接官は高校卒業以上なので中卒に『何か理由があるのでは?』と感じてしまうからです。

ここでは、最終学歴が中卒はやばいと思われがちな理由を3つ解説します。

一生で得られる年収が低くなりがち

中卒は高卒や大卒と比較すると学歴の関係で基本給が低く設定されがちです。

そのため、一生で得られる年収が低くなる傾向があります。ただ、年収は努力次第で昇給可能ですし、出生して大卒以上年収を稼ぐことも可能です。

中卒でも一般的には高年収である『600万円以上』稼ぐ人もいるうえ、中には『1,000万円以上』稼ぐ人もいるため、中卒だからと諦める必要はありません。

一般的にはあまり良いイメージを持たれにくい

中卒は一般的にあまり良いイメージを持たれにくいです。

学習意欲が低かったり、嫌なことがあるとすぐに辞めたりすると勘違いされやすい傾向があるからです。

そのため、就職や転職の際には、中学卒業後に経験したことや中卒の理由をうまく説明できると、中卒という学歴のイメージを払拭できるでしょう。

就職先の選択肢が絞られてしまう

学歴により就職先が絞られるのは事実です。なぜなら、有名な転職サイトや企業の採用ページには『高卒以上』『大卒以上』と条件があるからです。

ただ、中卒でも採用している企業は多くありますので、「学歴不問」の企業に応募すれば問題ありません。

とくに、就職Shopジェイックといった中卒でも学歴不問、かつ書類選考なしの求人を紹介してもらえるエージェントを使うと、中卒でも選択肢を広げられます。

学歴で昇進の差がつく可能性がある

中卒と高卒、または大卒で昇進に差がつく可能性もあります。また、賞与が少ないなど学歴有利になることも考えられるでしょう。

学歴で昇進に差がつくと、モチベーションを下げてしまうリスクもありますので、スキルや実力で判断する企業に就職することが大事です。

中卒のやばい状況から仕事で逆転するための3つの方法

中卒は学歴で不利なため、ブラック企業や低い年収を提示された企業に就職する可能性があります。

ここでは、中卒のやばい状況から仕事で逆転するための3つの方法を一挙大公開しますので、中卒のやばい状況を打破したい人は必見です!

高卒認定資格を取る

中卒のやばい状況を逆転するための方法のひとつは「高卒認定試験を取ること」です。

16歳以上であれば受験できるため、高卒として就職の幅を広げられます。中卒と高卒では、求人数はかなり変わるので、高卒以上の企業にも挑戦することが可能です。

最近は、社会人で再び勉強したくなって高認を取ったり、年収アップのために取ったりする人も増えています。

また、企業に対しては勉強意欲の高さをアピールできることもメリットです。

学歴不問の求人に応募する

中卒の人は、高卒以上や大卒以上の求人に応募しても、書類選考で落ちる可能性が高いです。そのため、学歴不問の求人への応募で書類選考を突破できる確率を上げるのが大事です。

大手求人サイトdodaによれば、学歴不問の求人は『約5万件』と全体の『約10万件』の半数になっていました。

企業側が学歴不問で募集している場合は、中卒でもチャンスがあるというメッセージでもあるので、学歴をハンデに捉えられずに公平に採用審査してもらえる可能性が高いです。

転職エージェントの活用をする

中卒であるハンデを負わずに就活できる一番おすすめの方法は、転職エージェントの活用です。

なかでも、中卒のサポートに特化した転職エージェントは、中卒者にとって就職や転職をする際に強い味方になります。

また、中卒の転職市場に関するプロなので、ハードルが高すぎる企業を紹介する可能性はないうえ、エージェントと相談しながら企業を選ぶこともできます。

もうひとつ、転職エージェントの活用方法として『年収』『土日休み』『キャリアアップ』といった希望条件をヒアリングしたうえで求人を紹介してもらえるのです。

また、転職エージェントは非公開求人も多数抱えているため、市場に出回っていない有名企業と出会えます。無料で使える転職エージェントも多いため、登録して情報収集するだけでも視野が広がります。

中卒がハローワークで求人を探してはいけない理由

ハローワークは、誰しもが一度は耳にしたことがあるので、安心して求人を探す人がたくさんいます。

しかし、ハローワークを求人で探してはいけない理由として、『ブラック企業』や『肉体労働』の求人も多いことが挙げられます。

もちろんホワイト企業もありますが、高卒以上や大卒以上など学歴フィルターがかかっているケースが多く、ライバルも多いのでどうしても学歴の差で難易度が上がってしまいます。

さらに、企業レベルや求人条件にばらつきがありますので、「自分ひとりで」優良企業を選定する必要があります。

そのため、就職や転職が初めての中卒の人ほど、「転職エージェント」を活用した就活が必須なのです。

中卒の人が利用すべきおすすめ転職エージェント2選!

以下では中卒の人でも学歴にハンデを負うことなく、正社員就職へのサポートが受けられるおすすめ転職エージェントを2つご紹介します。

まずひとつめのおすすめ転職エージェントは就職Shopです。

就職Shopは、学歴不問の求人が多く、書類選考なしで面接がスタートします。リクルートが運営しているので、そのコネクションを活用した限定の求人も豊富です。

そして2つ目はジェイックです。

こちらも『学歴不問の優良求人』が多く、ビジネスマナーや面接の受け方を学べる『研修制度』が用意されているため、スキルを身に着けながら就活に望めます

そのため、基本的なビジネスマナーをつけながら、すぐに即戦力となるスキルを身につけたうえで、書類選考なしの求人に応募できるのです。

両エージェントの利用について学歴に自信がなくても「やばい」と不安になる必要はなく、しっかりと就活の始めから終わりまで丁寧なサポートが定評です。

逆に、今日の情勢下を考えると、優良求人はすぐに埋まってしまうので、エージェントを使わない理由はありません。

書類選考なしの優良求人多数!:就職Shop

■対象地域 東京・千葉・埼玉・神奈川・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・兵庫・奈良・滋賀
■対象年齢 18歳〜29歳まで

就職Shopは

  1. コンサルタントの質
  2. 求人の質(就職氷河期に備えるなら今がベスト!)
  3. サポートの質(2020年3月27日以降、首都圏は電話面談にも対応)
  4. 業界最大手、リクルート社のバックボーンがある事による安心感

も段違いに高く、18歳から30歳まで対応可能であり書類選考なしで一次面接からスタートします。

その為、マイナビジョブ20’sに並ぶ、既卒・第二新卒が是非利用したい、人柄重視の優良・ホワイト企業ならお任せのエージェントと断言できます。


↓今すぐ優良求人を紹介してもらう↓
就職Shopの公式HPはこちら▶︎

詳しくは「フリーター(既卒)の就活に就職Shopがマストな理由」をご覧ください。

18〜34歳までの転職サポート!社会人になってから役立つ無料研修付き:ジェイック

ジェイックのトップ画像
■対象地域 東京、横浜、大阪、名古屋、福岡、仙台、広島、神戸、京都、北九州、岡山、千葉、静岡、熊本
■対象年齢 18歳〜34歳まで

ジェイックは

  1. ニート・既卒・未経験・フリーター・第二新卒に対し、書類選考なしで求人紹介
  2. 自力で就職した場合の成功率48.9%→ジェイックでは81%以上の成功率
  3. 新入社員の教育をしっかり行う優良企業のみを紹介
  4. 担当スタッフの一貫したサポートに強み、23,000人以上の支援実績あり

といった特徴があります。

同時に無料で受けられる就職支援講座というサポートもあり、初めて就職する人でも安心して厳選された企業で働くことができます。

↓30秒で無料登録完了!↓
ジェイックの公式HPはこちら▶︎

関連記事:中卒フリーターの女性ができる仕事とは?優良企業の正社員になる方法も解説