既卒・第二新卒に特化!おすすめエージェントランキングはこちら
在職中の方々はこちら

転職するか迷ってる?第二新卒向け転職エージェントなら相談だけでもできるって知ってた?

転職検討段階でも使える転職エージェントをご紹介します!

アライ
アライ
今回は「転職検討段階でも使える転職エージェント」についてご紹介・解説していきます!

「すぐに転職したいわけじゃないけど、いいとこがあれば転職したいなあ…」とお考えの方々にぴったりの記事となっています!

第二新卒として転職を検討している方々の中には、

  • 「転職したいけど、正直このまま転職していいのかわからない…」
  • 「良い求人があればすぐ転職したいな…」
  • 「現状に満足したくないし、次の就職先で再チャレンジしたいけど、どんな仕事が合うかわからない…」

と思う方々もいらっしゃると思います。

そして、一般的に第二新卒向けの転職エージェントでもそうですが、

基本的に転職意思の硬い、いますぐにでも就業先が決まれば転職したい!

という方々を対象としたエージェントが多いです。

ですが、この記事では転職検討段階の第二新卒の方々向けに、

「転職検討段階でも利用できる」転職エージェントをご紹介します!

<既卒・第二新卒向け2020年11月最新情報!>

7月は就職・転職にはもってこいのタイミングです。理由として、6月に賞与を貰って退職する人の増加、すなわち、退職した人手の分求人も増加するからです。

しかし、優良求人は人気なだけではなく企業が定めている枠も決まっていますので、今のうち、早めに就活を開始しておくことが就職・転職成功のカギとなります。

カンタンな就活の進め方として、

  1. こちらのページを参考に、既卒・第二新卒向け転職エージェント(マイナビジョブ 20’s就職Shopなど)に複数登録をする
  2. 登録完了後に各エージェントから連絡が来ます。電話では簡単に現在の状況や希望条件などの質問を受けますので、電話にはでれるようにしておきましょう
  3. 電話対応でもエージェントの良し悪しがわかります。あなたが「ここだ!」と思うエージェントに面談を申し込みましょう。
  4. 本格的にサポートを受ける会社を絞り、転職活動を引き続き進めましょう。

エージェントから連絡がかかってきたら、担当者にわかりやすく現状を伝え、転職の意思が固いことを説明すると、優良求人を紹介してもらえる確率が非常に高くなります。

前提としての注意事項とは?

まず現在就業中であり、

良い求人があれば転職したいな…

と考えている方が下記の転職エージェントを利用するにあたって、

覚えておきたい事が一点あります。

それは、すぐにでも転職したい!という方々よりも、

キャリアカウンセラーの中であなたに対する転職に関するサービスの優先順位が落ちる可能性があるということです。

どういうことかというと、転職エージェントのサービスというのは求職者にとっては無料である代わりに、

求人掲載依頼を受けた企業から手数料(マージン)を受け取っています。

さらに、転職エージェントのコンサルタント・キャリアカウンセラーは

求職者が求人依頼を出した企業に入社した際にも紹介手数料をもらいます。

これがコンサルタントやキャリアカウンセラーの実績にも結びつくので、

転職エージェントの人の中には、

求職者を無理矢理入社させようとゴリ押ししてくるコンサルタントやキャリアカウンセラーもいるようです。

従って、転職意思の薄い求職者より、すぐにでも転職したいという求職者にコンサルタントのベクトルは行きがちです。

ビジネスという観点で見たら仕方のないことですが、

悪いコンサルタントに当たってしまうと求職者の意向とは全然違う求人を紹介されたり、

選考プロセスを早く終わらせようと求人をゴリ押ししてくる転職エージェントも存在します。

ですので、

  • なんかごり押ししてくるコンサルタント
  • 自分と合わないなと感じたコンサルタント

はチェンジすることができますので転職検討段階の利用であっても躊躇わずに本部にその旨を相談して下さい。

きちんと話を聞いてくれる転職エージェントのメリットとは?

もちろん上記でご紹介した、悪いコンサルタントだけではなく、

きちんと責任感を持ってこちらの話を聞いてくれるコンサルタントもいるので安心してください。

ゴリ押しが怖いから転職エージェントに中々相談できない…という気持ちもあるかと思いますが、

もし転職エージェントを使わずに求人サイトのみでの就活をすると、

  • 自分の適正や性格などにあった最適な求人の紹介
  • 面接終了後のバックアップやフォロー
  • 面接時の質問内容の調査
  • 履歴書・職務経歴書の書類選考、面接対策
  • 選考のスケジュール管理
  • 就活の不安や悩みについての相談

これらを全て一人で行わなくてはいけません。

逆に、転職エージェントを利用すると上記の事柄はコンサルタントにお任せできてしまうんです!

つまり、個人で就活するよりも転職エージェントを利用した就活の方が、

志望企業に対し、熱意を伝えやすくなります。

これにより、再度面接を設定してくれたり、不採用となった場合でも自分のよかった点・悪かった点を教えてくれるので次回以降の選考のチャンスが広がります。

転職をい検討しているのであれば早めの相談を!

良く転職は「在職中に」した方がいいという噂や他のサイトでも聞いたり、

見た事がある方がいらっしゃると思います。

本サイトでも確かに転職活動に関しては在職中をオススメしていますが、

実際に転職検討段階で相談できる転職エージェントはそう多くはありません。

その為、現在の会社に所属していて

  • この会社でずっと働き続けるのだろうか…?
  • ブラック企業から早く脱出したい…

と考える方は早めの相談をしてみることをオススメします。

【実話】職歴ボロボロ…こんな僕でもホワイト企業に転職できた理由

前の会社を短期間で辞めちゃってから転職活動始めたけれど、中々上手くいかないよ…。応募しても書類選考落ちとか面接でも最終面接までいかないし、正直嫌になってきた…。

アライ
アライ
確かに選考に落ち続けると自信がなくなってきてしまいますよね。実は僕も第二新卒の転職を経験して全く同じことを思ったんですよ。でもある方法を利用して、ホワイト企業で自分のやりたいことを叶えることができたんです。
え!?それってどんな方法なの??

アライ
アライ
これは推測ですが、転職サイトに登録をして、そこから興味を持った求人に応募して…という転職活動をしていませんか?実はそれよりも転職エージェントを利用した方がはるかに効率的で、入社後のミスマッチも少ないんですよ。
そうなんだ…!でも転職エージェントって色々あるよね?アライさん、第二新卒にオススメの転職エージェントってどこか無いかな?
アライ
アライ
わかりました!お任せください!詳しくはこちらでご紹介していますが、複数のエージェントに相談すると、自分では気づかなかった強みや向いている求人に気づいたり、選択肢を広げられるのでオススメですよ♩

>>できる第二新卒は100%使っている転職エージェント3社<<