既卒・第二新卒に特化!おすすめエージェントランキングはこちら
就職・転職活動の注意

週休二日制に騙された!?休日は毎週or隔週?正社員になる前に知っておきたい意味を解説!

<休日をしっかり取れるホワイト企業へ入るならココ!>

  • マイナビジョブ20’s:大手のノウハウはそのままに20代の就活に特化!
  • 就職Shop:書類選考なしで人柄をしっかり見てくれる企業に就職したい!

下記では休日に関して必ず知っておきたい情報や、上記転職エージェントについての詳細もご紹介しています。

うわ…私の休日少なすぎ…??週休二日制という言葉に騙されるな!

アライ
アライ
今回は休日の事、特に「週休二日制」という言葉について掘り下げて解説していきます!

この言葉の意味について、きちんと理解していないと就活転職後に「こんなはずではなかった…」となってしまう可能性もありますので、この記事を最後まで読んでいただく事を僕は強くオススメします!

休日は心身ともに健康的に働いていく上で非常に重要なものになるという事は皆さんも周知の事実であるとは思います。

特に、休日に関して求人でよく見る文言が

  • 「完全週休二日制」
  • 「週休二日制」

ではないでしょうか?

そしてこの二つの言葉の違いについてしっかりとご存知でしょうか?

僕自身もこの言葉の本当の意味を知った時は「そうだったのか!」と驚いた経験があります。

週休二日制とは…??知らないとコワいその制度!

まず「週休二日制」とは、月に1回以上、2日休みの週があるという意味です。

つまり、毎週土日休みのように、2日間のお休みが保証されていないという事なのです。

1つ実際に求人記載の例をご紹介すると、

  • 「週休二日制(日曜日、第1土曜日・第3土曜日)」

と記載があった場合、お休みは日曜日と記載の第1・第3土曜日のみがお休みであり、

それ以外の土曜日はもれなく出勤日であるという事です。

毎週、週のお休みが2日あるぞ!

と勘違いして上記のような企業に入ってしまうと、聞いていた話とは違う…とならず、

自分が知らなかっただけというケースも可能性としては十分に考えられます。

特に、既卒・第二新卒の就活・転職では

ホワイト企業に入りたいな…

と考える方々がほとんどであると思うので、上記の知識を入れておく事は不可欠です。

では、なぜ上記のような表現をするのでしょうか?

その秘密は「労働基準法」にあります。

休日について押さえておきたい労働基準法!

労働基準法が法として保障している休日は実は週2日ではなく、週1日なのです。

しかも、その週1日のお休みも日曜日にしなくてはならないか?

というわけではなく平日土日関わらず何曜日でもいいのです

この労働基準法の上で、いつがお休みになってくるのか?

というところは会社の就業規則によって決められています。

でも、実際には土日祝休みの企業は世の中にたくさんありますが、これもなぜなのでしょうか?

それは労働基準法に関して押さえておきたいもう一つの文言、

「週40時間、一日8時間以上働かせてはならない」という原則です。

ですので、例えば

「土曜日に5時間の勤務時間、平日5日に7時間の勤務時間で週休1日」

という週40時間の割り振り方でも労働基準法違反をしていない事になります。

しかし、1日8時間労働の企業が多い日本では、上記のように時間を割り振る事が少なく、

結果として土日休みなど週休二日になるケースが多いです。

一方、完全週休二日制とは?

「完全週休二日制」とは、毎週週に2日必ずお休みがある事を指します。

求人にこの文言が記載されていた場合は基本的には週に2回のお休みがありますが

カッコ書きで「いつお休みになるのか」が記載されているはずですのでその点も忘れずにチェックしましょう。

しかし、注意したいのが次のような場合です。

  • 完全週休二日制(土・日・祝)

このように記載があった時、気をつけなければならないのが

祝日のある週は、土日のどちらかが出勤と祝日がお休みになる

という事なのです。

従って、早とちりで連休になるんだ!

と勘違いする事の無いよう、よく求人に関して確認しておく事が非常に重要です。

番外編:「完全週休3日制」とは?

ユニクロを展開している「株式会社ファーストリテイリング」などがこの制度を導入していると聞いた事がある方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、この制度の場合、労働基準法で定められている「週40時間」のうち、休日以外の時間で1日10時間勤務となります。

この間については残業代は支給されませんので、この働き方に関しても注意が必要です。

きちんと休日が確保される企業に就職・転職したい!そんな時は?

きちんと休息を取り、日々の生活を豊かにしていく為に、休日の存在は欠かす事ができません。

もちろん、仕事が楽しくて平日も休日も関係ない!

という方であればこのようなストレスを抱える事はないと思いますが、

多くの方々はこのようには思わないはずです。

もし、あなたが現在

  • 「休日はしっかりと休みを取りたい!」
  • 「もっと休日が多いところで働けたらなあ…」

という思いをお持ちなら、就職や転職を考える際に是非とも利用したいのが

転職エージェント」なのです!

転職エージェントを利用する事で求人記載の「休日」に関してもしっかりあなたについたコンサルタントが説明してくれるので安心ですね。

また、転職エージェントを利用したい理由に関して、他にも下記が挙げられます。

  • 面接終了後にコンサルタントがバックアップやフォローを行ってくれる!
  • 面接時の質問内容を事前に教えてくれる!
  • 履歴書・職務経歴書の書類選考、面接対策も行ってくれる!
  • 選考のスケジュール管理もお任せ!
  • 既卒・第二新卒の就活の不安や悩みについて相談に乗ってくれる!

が挙げられます。

特に面接時のバックアップやフォローに関して、面接時に緊張などにより、伝え忘れた事・言い足りなかった事がある…

このような経験はありませんか?

そんな時、面接終了後に転職エージェントのコンサルタントが先方にその熱意をプッシュしてくれる事があります。

つまり、個人で就活するよりも転職エージェントを利用した就活の方が、志望企業に対し、熱意を伝えやすくなります。

これにより、再度面接を設定してくれたり、不採用となった場合でも自分のよかった点・悪かった点を教えてくれるので次回以降の選考のチャンスが広がります。

休日をしっかりとれる転職エージェントはここだ!

転職エージェントとは一重にいっても、扱っている求人やエージェント毎に特色が違います。

従って、複数の転職エージェントに同時登録する方法をオススメします。

そして、自分に合いそうな求人やコンサルタントを見つけたらそこ1社に絞って就職活動をしていくと、

転職エージェント自体の管理も楽に済みます。

それでは早速下記で「休日もしっかり休みたい!」そんなホワイト企業を紹介してくれる転職エージェントをご紹介します!

ホワイト企業に就職して、休日は家族や友人と一緒、もしくは一人でも充実した時間を過ごしていきましょう!

最強!大手のノウハウはそのままに20代の就活に特化!「マイナビジョブ20`s」
大手転職エージェントの「マイナビ」が展開する20代(第二新卒の方々ももちろんOK!)に特化した転職エージェントです!

この転職エージェントを利用すると、

  • マイナビを母体とした業界最大手の転職サポート
  • 20代ならではの悩みに応えた適切な求人の紹介

が同時に受けられる、既卒・第二新卒の就活には利用が不可欠と言っても過言ではありません。

転職するかどうかの相談だけでもできるので、登録してみてまずは自分の抱えている悩み、不安を相談してみましょう。

↓今すぐ優良求人を紹介してもらう!↓マイナビジョブ20’sの公式HPはこちら

なお、口コミ・評判・レビューに関してはこちらからチェックできます!

 

書類選考無し!人柄を見てくれるホワイト企業に就職するなら「就職Shop」
リクルートが運営する、こちらも20代に特化した転職エージェントになります。

つまり、リクルートを母体としているので就活ノウハウや求人の質がピカイチなのです。

他のエージェントと大きく違う部分は、書類選考が無いという点です。

この事実からもこのエージェントに掲載されている企業は「人柄」「人間性」を面接にてしっかり重視する企業が多いと言う事ができます。

現在約7,700社もの求人を取り扱い、就職shopで就職した正社員一年未満の若い方は全体の7割、登録者は全体の9割にも及びます。

些細な悩みから就職への不安も、就活のプロが自信に変えてくれます!

↓今すぐ優良求人を紹介してもらう↓就職Shopの公式HPはこちら