既卒・第二新卒に特化!おすすめエージェントランキングはこちら
商社への就職について

既卒・第二新卒で商社に就職・転職したい方必見!商社って激務?どんな仕事をしているの?

既卒・第二新卒の就活で商社で働くと言う選択肢について

アライ
アライ
今回は僕が正社員現在就業している「商社」についてまとめてみました!

「商社」と聞くとすごくキラキラしたイメージがありますが、その実態とはどうなのでしょうか?既卒・第二新卒の就活で、商社という選択肢についてこの記事でご紹介していきます。

この記事を読んで理想と現実のギャップをしっかり見極めた上で、就活をしていきましょう!

<商社で働きたいならココの転職エージェントだ!>

下記では、総合商社・専門商社の違いや、僕自身の仕事の一日、上記転職エージェントの詳しい情報もご紹介しています。

皆さんは「商社」と聞くと一体どんなイメージをお持ちになるでしょうか?

  • キラキラしたイメージ?
  • 大変そう?
  • グローバル?

そんなイメージをお持ちの既卒・第二新卒の方々も少なくないと思います。

下記では、現在商社勤めの僕の事例もご紹介しながら、「商社で働く」という事について解説していきます。

総合商社と専門商社について、それぞれの違いを解説!

まず商社と言っても「総合商社」と「専門商社」に分かれます。簡単に、次のような特徴があります。

  • 総合商社…外国との貿易(輸出入)と国内を中心とした様々なモノやサービスに関して取り扱い、企業間の取引における仲介手数料(マージン)を主な収益の柱としている業態をとる企業。
  • 専門商社…総合商社と違い、業界やモノに関して専門分野に特化した商社を言います。

しかし、今日では専門商社の中でも、新規領域へと参画を図る企業も増えてきています。

また、それぞれのメリット・デメリットに関して、簡単に、下記の通りにあげる事ができます。

総合商社 専門商社
メリット デメリット メリット デメリット
規模の大きさ(企業規模・ビジネス) リスクの大きさ 専門分野における知識の豊富さ 自由度が低い
幅広くビジネスができる ニッチな商材を扱うことができない その専門分野における人脈の多さ 売上が市場やメーカーに左右されやすい
扱っている商材の多様性 小回りが効きづらい 顧客との距離が近い 特定分野以外への参入がしにくい

やはり、総合商社の方がスケールが大きいので、メリット・デメリットに関しても規模をバックグラウンドにしたものが多いですね。

上記の表から皆さんもお気づきかと思いますが、すごく簡単な違いは

「マクロ的なビジネス形態」か「ミクロ的なビジネス形態か」という事です。

既卒・第二新卒で総合商社へ就職するには??

既卒・第二新卒の方々の中には、総合商社への就職を目指している!

という方々もいらっしゃるのではないでしょうか?

そこで、三菱商事は第二新卒のキャリア採用に関して「よくある質問」のコーナーでこう回答しています。

職歴年数は応募条件にありませんが、キャリア採用では、原則としてご入社頂いた後に即戦力としてご活躍頂ける方を求めていますので、応募者の皆様の社会人としてのキャリアの内容についても採否判断の要素の一つになります。

※引用:三菱商事HP、FAQ3、「第二新卒でも応募資格はありますか?」より

また、住友商事のキャリア採用では、例えば営業部門では、プロジェクトマネージャーの実務経験が2年以上、

かつコンサルテーションファームにて5年以上の実務経験がマストとされています。

どういう事かというと、残念ながら既卒・第二新卒で総合商社への入社は非常に難易度が高く、ほぼ無理と言っても過言ではないでしょう。

従って、どうしても総合商社へ就職したい!と強い意志をお持ちの方は同業種である専門商社や、

他業種でも営業なら営業というように同職種で経験を積んだ後、中途として総合商社へ応募する

という方法が一番の近道です。

既卒・第二新卒で専門商社に就職するには??

既卒・第二新卒で総合商社に就職する事は非常に難しいので、専門商社に関しても入社が難しいのでは?

とお考えの方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、想像している以上に専門商社に関しては総合商社より全国に多く存在しているので間口も広く、

また求人に関しても探してみると意外と多い事がわかります。

更に転職サイト・転職エージェントで探してみても、既卒・第二新卒歓迎の専門商社の求人は普通に見つけることができます。

僕も、自分が商社に入るとは当初思ってもみなかったのですが、転職エージェントに紹介された企業の中には3分の1は商社の求人でした。

専門商社の働き方とは??管理人の1日をご紹介!

現在専門商社で就業している僕の働き方をざっくりですがご紹介します!

商社への就職を考えている既卒・第二新卒の方々はこちらを読んでイメージを膨らませてみてください。

8:30〜出社(始業は9:00)

9:00〜12:00→メールチェック、海外・国内共に顧客から様々な問い合わせがきているので、優先順位を考慮しながら片付けていきます。

また、打ち合わせや外出が入ることがあります。外出は主に取引先のメーカーを訪問したり、取引先のお客さんと打ち合わせをしたり様々です。

営業ですのでバリバリ外に出て営業しているのか、という訳ではなく結構社内にいる事が多いです。

12:00〜13:00→お昼、飲み屋街なのでランチは意外と安く、お店には困りません!

13:00〜17:00→海外との折衝が中心に。午後から英語のメールや電話が比較的多くなります。

午後に関しても常に顧客と会話してるかというとそういう訳でもなく、資料や書類の作成や様々な確認事項に時間がかかるので非常に頭を使います。

17:00〜18:00→定時は17時ですので業務が終われば帰宅していますが、大体は残っています。しかし、18時には帰る事ができるように準備します。

18:00〜帰宅

専門商社で働いていて良いところ、大変なところとは!?

次に、僕が個人的に感じる「専門商社」で働いていて良いところ、大変だと思うところをご紹介します。

<専門商社の良いところ>

  1. 自分が担当している分野の専門性が身につく
  2. 様々な処理能力が身につく
  3. 裁量のある仕事に就く事ができる
  4. 就業時間はさほど長くはない
  5. 商社なので世間体が良い

専門商社はその名の通り、扱っているメイン商材で売り上げの50%以上を占めているので、その製品の知識や業界に関して詳しくなります。

これは同業界や同業種での転職の際に非常に大きな武器になります。

また、仕事に関して専門商社は総合商社程人数も多くないので、若いうちから様々な業務に携わる事ができます。

そして、仕事量は多いのですが、勤務時間だけでいうと残業はほとんど無いです。

もちろん繁忙期や期末はこの限りではありませんが、残業代に関しては全額支給となっています。

そして最後に関しては余談・自己満足ですが、「職業は何ですか?」と聞かれた時に、ドヤ顔で「商社マン」もしくは「商社で海外営業」してます!と鼻息を荒くしながら言う事ができます。(笑)

<専門商社の大変なところ>

  1. タスク(業務量)が多い
  2. 顧客や取引先からの要求やクレームが多い
  3. 人間関係に気を遣わなければいけない
  4. 何かと上司や役員の承認が必要

「専門商社だから扱っている商材も少なく業務量は少ないのでは?」とお考えの既卒・第二新卒の方々は要注意です。

確かに総合商社程商材は多くはありませんが、「商材の種類」は多いです。

従って、商材毎に覚える事ももちろん沢山ありますし、一つの事ばかりに集中しすぎていると、とてもじゃないですが業務は溜まっていく一方です。

優先順位を考えながら、マルチタスクで仕事をこなしていく事が非常に重要になってきます。

しかし、この仕事方法に慣れておくと他の職場でも通用する程の仕事の処理能力を身に付ける事ができます。

②や③に関しては商社柄仕方の無い事ですが、必然的に関わる人間が多くなりますので、コミュニケーション能力が問われます

僕自身あまりコミュニケーションに関しては自身がなかったのですが、

こと、このビジネスに関しては、様々な人々と話す事によって身についてきたと実感しています。

従って、「コミュニケーション能力」は最初から無かったとしても勝手についてきますので安心してください。

もちろん最初から顧客との折衝が得意という方であれば、尚のこと強みとして活かしていく事ができます。

最後に関しては、組織である以上仕方のない事と言えば仕方のない事ですが、良く言う「報連相」が非常に重要視され、アクションを起こしていくにも何かと上の承認が必要だったりする事が多いです。

なので、「本当に裁量が自分にある仕事がしたい!」

という既卒・第二新卒の方々は自分の志望している職場がどうであるか事前のチェックが不可欠です。

商社へ入社を希望している既卒・第二新卒の方々にオススメな転職エージェントをご紹介!

上記の内容からも総合商社・専門商社に関してお分りいただけたかと思います。

そこで、上記のような商社に入社したい!と考えている既卒・第二新卒の方々必見!な転職エージェントをご紹介します!

転職エージェント毎に特色も違い、扱っている求人も異なりますので複数の転職エージェントリクルートエージェント第二新卒AGENTneoマイナビジョブ20’sいい就職.comウズキャリ既卒・第二新卒に登録し、商社の求人を探していきましょう!

商社で働くという選択肢をチョイスする事はその後もし転職する、という場合でも大きな経験値となります。

転職エージェントを利用して、「ホワイト」な商社に入社したらあなたの人生に色々な良い箔が付いてきます!

全国対応、ホワイト企業でキャリアアップ!「リクルートエージェント」
転職成功実績・総合評価で業界ナンバー1を誇る実力派の大手転職エージェントです。

「転職を考えてるけど、正直なかなか踏み出せない、このままでいいのだろうか…」と考える方(転職検討段階の方)にとっても、まずは相談に乗ってもらえる事で、転職に関する悩みや不安を打ち明けて最善の方法をコンサルタントが提案してくれます。

年間で10万人が利用する評判のエージェントとなっていますが、その分ライバルや同求人でライバルも存在するので、持ち前の20代という「フレッシュさ」を前面に出していきましょう。

第二新卒で検索した所、公開求人だけで約700件近くの求人が出ていますが、既卒で調べた場合の件数が少ないので、既卒の方にとってはあまり向かないエージェントかもしれません。

↓今すぐ優良求人を紹介してもらう↓リクルートエージェントの公式HP

当サイト管理人が集めた口コミでも評価はピカイチ!(口コミ・レビューはこちら!)

 

既卒・第二新卒のサポート実績はお墨付き!「第二新卒AGENTneo」
株式会社ネオキャリアが展開する既卒・第二新卒の方に特化したエージェントです。

全国対応かつ、1人あたり平均10時間の手厚いサポートや、企業担当による面談対策や幅広い求人のご紹介(5000件以上の求人が紹介可能)内定後、入社後もあなたをフォローします!

ブラック企業を除外、優良企業のみのご紹介で安心!不採用であってもその内容が分かるからすぐに改善が出来ますし、スタッフは全員第二新卒であることも安心ですね

自分に向いている職業や会社選びの方法、面接や自己PRの伝え方が分からない…と考えている方に、専属のキャリアアドバイザーが一貫してバックアップします。

転職検討段階でも歓迎しているエージェントになりますので、情報収集や相談だけでもすることが可能です。

↓今すぐ優良求人を紹介してもらう↓第二新卒エージェントneoの公式HPはこちら

 

大手のノウハウはそのままに既卒・第二新卒に特化!「マイナビジョブ20`s」
「自分はいったいどんな仕事がしたいんだろう」「将来どうなっていたいのかな」といったキャリアプランがなかなか思いつかない既卒・第二新卒の方に特におススメです。

相談だけでもできるので、登録してみてまずは自分の抱えている悩み、不安を相談してみましょう。

また、世界で数千人が受ける信頼性の高い適性検査も受ける事ができます。

↓今すぐ優良求人を紹介してもらう↓マイナビジョブ20’sの公式HPはこちら

なお、口コミ・評判・レビューに関してはこちらからチェックできます!

 

既卒・第二新卒の就活で迷ったらとりあえずココ!「いい就職.com」
「既卒・第二新卒」という言葉が定着する前からこの分野に関して実績があるエージェントですので、「これから就活をしていこう!」と考えている既卒・第二新卒の方々も安心です。

担当者(コンサルタント)の方が企業に実際に聞き込み調査をしているので、俗に言う「ブラック企業」は求人から排除し、またそういった会社から求人掲載の依頼があってもお断りしています。

大手の求人は少なめですが、東証一部上場の企業の求人掲載も勿論取り扱っています。

「なんか求人少なくない…?」と感じた方もご安心ください。

サイト上では公開求人しか閲覧できませんが、登録する事によって非公開求人も紹介してもらえますのであなたに合った求人に出会える確率ももちろん上がります。

↓今すぐ優良求人を紹介してもらう↓いい就職.comの公式HP

なお、口コミ・評判・レビューに関してはこちらから!

 

なんと一人当たり20時間のサポート実績を展開!「株式会社UZUZ」
「一人当たり平均20時間のサポート」は業界でも最も手厚く、「ウズキャリ既卒」といった既卒の方向けのサービスや、「ウズウズカレッジ」といった研修型就活サポートも展開。

もちろん第二新卒の方に対しても丁寧にサポートしてくれます。しかも、コンサルタントの方々がほぼ既卒や第二新卒の方なので同じ目線に立ってカウンセリングや支援を受ける事ができます。

また、求人の質に関しましてもブラック企業はもちろん排除していますし、綿密なカウンセリングも受ける事ができる上、入社後のミスマッチの可能性もほぼ無いので安心して転職活動を進める事ができます。

求人は様々な職種を扱っていますがその中でも特に営業系、IT系を多く取り扱っています。

↓今すぐ優良求人を紹介してもらう↓ウズキャリ既卒・第二新卒の公式HP

口コミ・評判・レビューはこちらから!

気軽に登録して、あなたの悩みをコンサルタントに相談しましょう!