既卒・第二新卒に特化!おすすめエージェントランキングはこちら
就活・転職あるある体験談!

新卒も既卒も関係ない!エンジニアの道を断ち切り、理系でも事務職に就く事ができました!

やりたい仕事と理系である事のギャップ

私は20代の男性です。

職種は、総務として新卒採用をメインに担当しており、経理や法務などの簡単な業務のサポートなど、管理部門に関わる業務に従事をしています。

当時私は、理系の大学で電気系の勉強をしておりました。

理系ですので、当然就職活動で応募する職種はエンジニアでした。

しかし私は、エンジニアにはなりたくありませんでした。

その理由は、単に地味な仕事をするよりもスーツを着て綺麗なオフィスで事務仕事をしたいという考えでした。

そんな甘い理由で事務職への応募をしても、文系でコミュニケーション能力に優れている人たちに勝てるわけでもなく、何故理系専門の大学に進学してエンジニアにならないのかという面接官からの質問に納得する回答を言えるわけもなく、

周囲がどんどん内定をもらう中、自分だけが内定をもらえず、悔しさとなにより親に心配させてしまっていることがとても嫌でした。

そして、とうとう内定をもらえないまま卒業をしました。

 

既卒の就職の鍵は自分を徹底的に見つめなおすこと!

既卒として就職活動をする身になってからは、改めてきちんと自身を見つめなおして自己分析を行いました。

理系の自分が何故エンジニアにならないのか、何故事務職なのか、何故新卒としての就職活動を失敗したのか、いろいろなことを振り返って既卒になったからこそ気づけることを洗い出し、失敗を糧に成長する自分を面接官にアピールできるように努力をしました。

また、応募をする企業に対する視野を広げました。

新卒の時に応募をしていた時は、就職活動を甘く見ていたこともあり、有名な企業ばかり応募をしていた自分がいたので、中小企業やベンチャー企業にも目を向けました。

 

粘り強く就活した結果、無事に内定をもらうことができました!

きちんとその会社を調べると、意外に私たちの生活や環境に貢献していたり、大手でなくとも働きやすい環境や既卒で男性の私でも、事務職として働ける環境が整っていることを知り、ネームバリューなんて関係なく中小だろうとベンチャーだろうと働きたいというモチベーションは上がりました。

実際に中小企業の事務職に応募をしてみると、新卒の頃は書類選考で落ちることが殆どでしたが、面接をする回数はとても増え、

卒業をしてから半年ほどかかってしまいましたが、50年ほどの歴史のある中小企業に、事務職として内定をもらうことができました。

実際に使った求人は、新卒用の求人サイトではなく、『リクナビNEXT』『マイナビ転職』『エン転職』『doda』などの、中途採用向けの求人サイトです。

エージェントは利用しませんでした。

とにかく毎日、更新される各求人サイトを見て、行きたい会社があったら応募をする日々でした。

しかし、今思うと転職エージェントを利用していたら、半年という期間ももっと短くすることができたのかな?と思うところはあります。

何はともあれ、無事に就職できて本当に嬉しいです。

 

既卒での就職活動を振り返ってみて

今思うと、新卒の頃は、社会の厳しさや自分の甘さに気づかず、なんとなく就職活動をしていました。

さか自分は失敗しないだろう、いつか1社くらい決まるだろうと思っていたからです。

しかし、失敗したからこそ気づけたことがあったので、成長できました。

既卒になっても、諦めずに自分の失敗に気づいて努力をすれば必ずいつか縁のある会社が見つかると思います。

自分を見つめ直さず、ネームバリューにこだわったり、変に自分のプライドを持っている人は、いつまでたっても変わることはできないと思います。

ここだけは譲れないけど、ここはもっと視野を広げようという意識で会社や職種を選んでみてはどうでしょうか。

私は事務仕事がしたいという考えは変えませんでしたが、いろいろな会社を知った結果、内定を獲得することができたので、既卒として就職活動をする人は、失敗していたことの自分から変わろうという意識を持つことが大切だと思います。

現在の会社は、とても働きやすい環境で仕事にもやりがいを感じています。

私は中途採用で入社をしましたが、きちんと毎年新卒採用をしている会社なので、仕事内容も職場環境も満足をしております。

 

管理人メモ

諦めない努力」をし続ける事が、転職活動において大事な事の一つであると僕も考えます。

また、この方は「なぜ?」を突き詰めて自己分析をした結果、面接でも突っ込まれたときに自信を持って質問にも答える事ができたんだと思います。

大手・中小にこだわらずに、譲れない部分はちゃんと持って、本当に自分がやりたい事ができる会社を見る事も重要ですね。

就活・転職の進め方はもうお決まりですか?

この記事を読んで下さっている既卒・第二新卒の方々はもうすでに転職エージェントや転職サイトを利用して就活・転職を進めていますでしょうか?

もし、中々自分に合った転職エージェント・転職サイトが見つからないという事であれば、下記のリンクで既卒・第二新卒の方々向けの転職エージェントをご紹介していますので、ぜひこちらもチェックしてみて下さい!

あわせて読みたい
【オンライン面談可・令和版比較】20代必見!既卒・第二新卒向けオススメ転職エージェントランキング! キャリアアップをしていきたい既卒・第二新卒の方は はこちらをクリック! とにかくホワイト企業につきたい既卒・第二...