【タイプ別】既卒・第二新卒におすすめのエージェント24選
第二新卒の転職お役立ち情報

頭が悪い・ポンコツな無能にもできる仕事とは?自分にあった正社員求人を見つける方法

頭が悪い・無能と言われた人の悩みを解決する画像
アライ
アライ
今回は「自分は頭が悪いしポンコツ…」「こんな無能な自分にもできる仕事はあるのか…?」と悩む人は必見!

そう考える人でもストレスなくできる仕事はにはどんなものがあるのか、おすすめの仕事を探す方法についても解説していきます!

頑張っても頑張ってもいつも空回りしてしまって、最終的に無職に…それでもできる仕事はどこにあるんだろうと、仕事がうまくいかないとマイナスな感情ばかりが出てきてしまいますよね。

自分は仕事に対して真剣に向き合っているのに、成果が伴わず「自分は頭が悪いのではないだろうか…」「自分はポンコツなんだ」と自信を無くしてしまう人も多いのではないでしょうか。

しかし、このように考える人は「頭が悪い」「ポンコツ」「無能」でもなんでもなく、自分に会う仕事の見つけ方や考え方を軌道修正するだけで悩むことがなくなります。

そこで今回は、自分のことを頭が悪い、ポンコツ、無能と考えて仕事がうまくいかないと悩む人たちに向けて以下の内容を解説します。

  • 無能やポンコツではなく、自分を責め立てる必要はない
  • どんな仕事がマッチしているのか、正しい仕事の探し方

そのため、この記事を参考にすると自己肯定感を高めながら適性がマッチする仕事を探して、ストレスなく働くことができます。

目次

頭が悪い・ポンコツ・無能であってもできる仕事とは?

頭が悪く、ポンコツだと考えている人でもできる仕事はあります。

とくに、過度なコミュニケーションを必要としない、以下の仕事は必要以上にストレスを感じることなくできる仕事をご紹介します。

アライ
アライ
決まりきっている仕事内容なので、一度習得できてしまえば負担な業務を続けることができます。

しかし、同じ仕事であるということは「スキルや経験が身につけられない」ため、以下でご紹介する仕事を含み、一生をその仕事で良いのかどうかは慎重に判断するべきです。

ジェイックで無料の研修を受けながら優良求人を紹介してもらう▶︎

難しい・特別なスキルが必要ない「定型業務」

いわゆる、マニュアル通りにできれば問題なく、同じ業務を繰り返せば良い警備員やライン工、テスターなどの業務が挙げられます。

また、あまり人と関わらない仕事になるので、コミュニケーションが得意でない人でもストレスなく続けることができます。

ただ、仕事内容は単純作業のものが多く、同じ内容を繰り返し作業するというケースが多いので、飽きるという点には気をつける必要があります。

以下では、さらに具体的な職種についても解説していきます。

機械オペレーター

ある製品を制作するための機械を監視する業務です。そのため、特に高度なスキルが必要ない単純作業となります。

何も考えずにタイミングを見てボタンを押す作業が中心なので、頭が悪い、ポンコツと思う人でも簡単にできます。

覚える仕事量も多くなく、慣れれば簡単に習得できます。そのため、人と関わらずに作業したい人におすすめです。

しかし、中にはブラック企業も存在するので、当初聞いていた話とは違い、監視業務以外の比重が多く大変な思いをする可能性もあるので注意が必要です。

工場のライン作業担当

単純作業の仕事で代表的な仕事です。ベルトコンベアで流れてくる商品のチェックなど、簡単な作業なので特別なスキルがなくても簡単に取り組めます。

住み込みなどの場合は食と住が保証されている求人もあります。

また、工場勤務で正社員として就業できる求人もなかにはありますが、経験を積めばマネジメント的な立場となったり、工程管理前半を任されたりすることもあります。

とはいえ、勤続年数が数年以上の場合に限るケースが大半なので、難しいことは考えずに単純作業でも問題なければ選択肢のひとつとして検討するのも良いでしょう。

ジェイックで無料の研修を受けながら優良求人を紹介してもらう▶︎

清掃業

オフィスビルなどの掃除をする仕事です。

日中の仕事もありますが、休日や夜間など人がいない時間での作業となるため、こちらもコミュニケーションが苦手でもできる仕事です。

しかし、夜勤続きの時は体調を崩しやすくなるので、自己管理に気をつける必要があります。

チームで作業をするときはもちろん、業務内容によってはひとりで作業をするときもあるので、人と関わるのが負担となる可能性は低いと言えます。

セルフガソリンスタンドの監視

資格が必要になりますが、セルフガソリンスタンドの監視業務をする仕事です。

セルフガゾリンスタンドの業務内容としては、基本的にはモニターでスタンド内部の監視をし、給油ボタンを押すのがメインの作業となります。

ほかはスタンドの掃除や、たまに利用客に対しての問い合わせ対応などもありますがこちらも基本的には接客はほとんどしない仕事となります。

そのため、頭の良し悪しや有能無能関係なくできる仕事です。

作業場所で監視をしているだけで良いので、ひとりでいるのが苦でなければストレスなくできます。

施設警備員

警備員は基本的に、商業施設やオフィスビルでの警備をする仕事です。

日によって担当場所が変わるケースはありますが、基本的には「施設の巡回」「監視カメラのチェック」などがメインの業務となります。

こちらも基本的には人と関わらなくて良い業務になるので、精神的な負担はほぼないといっても良いでしょう。

仮に、事件が発生するようなことがあっても警察が出動するので身の危険のリスクも低いです。

また、職場の平均年齢も高いので、落ち着いて仕事ができる環境であると言えます。ただし、この業務も深夜の警備などが続くと体調を崩しやすくなるので注意が必要です。

配達員

郵便物やフードなどの配達をする人になり、直近ではUber eatsをはじめとした仕事が台頭してきておりメジャーな業務のひとつとなってきました。

配達中は大きいものを扱わない限り一人で行うので、郵便物の受取人との事務的なやりとりのみなので、コミュニケーション力はそこまで求められません。

特に、Uber EatsやWoltなどは配達した分だけ給料がもらえるので、人口の多い街で勤務すればそれなりに稼ぐことができます。

一方で、有能無能や頭の良し悪しを問わずにできる仕事ですが、最低限地図をみて柔軟に対応できる能力が求められます。

また、車やバイク便で配達する場合には免許が必要になるので、注意が必要です。

ポスティングスタッフ

各担当エリアのポストにチラシを入れていく仕事です。

完全に一人でできる仕事なので、人間関係のストレスはほとんどありません。

チラシを配るエリアは基本的には同じケースが多いので、地図を見なくても配達ができるようになります。

そのため、無能やポンコツだと考える人であっても慣れれば難しいことを考えずに業務に取り組めます。

新聞配達

新聞配達は早朝に一軒ずつ新聞を配達する業務となります。

上記のポスティングと同様に配達ルートさえ覚えてしまえば効率的に配達することもできます。

そのため、無能であったとしても覚える内容が少ないので難しい仕事ではありません。一方、早朝勤務となる点がネックです。

自転車での配達であれば問題ないですが、原付の免許が必要になるケースが大半です。

交通量調査

無能やポンコツでもカウントするだけで良い交通量調査の仕事は非常に簡単な仕事です。

車や歩行者など、指定された内容についてしたがって一台・一人通過するごとに手元のカウンターを押していきます。

また、派遣や日雇いで採用しているケースも多く現地集合、現地解散という形態なので、無能であったとしても時間さえ間に合えば問題ありません。

目の前の仕事にコツコツ取り組む「IT系エンジニア」「Webライター」

前職で無能であったとしても、目の前の業務にコツコツ取り組むことが得意であれば「IT職種」もおすすめです。

これらの業務は自分で学習する意欲さえあれば無能であったとしても化ける可能性は十分にあります。

ITエンジニア

ITエンジニアにはさまざまな種類の言語を用いて開発をする職種です。

大きくはバックエンド(サーバーや、Webシステムの裏側の構築)、フロントエンド(Webサイトの動的な動きや、アプリ開発)の2つに分かれます。

この職種は技術力さえあれば無能やポンコツであったとしても、一般的なサラリーマン以上に稼ぐことができる仕事です。

また、今日のコロナの影響により需要が高まっている仕事となります。

しかし、その分ライバルも多く、転職市場では競争が激しくなる可能性があるので「確実な技術」を身につけている必要があります。

その需要の増加に応じてプログラミングスクールなども盛り上がりを見せていますが、再チャレンジをしたいと考える人は、求人紹介も同時並行で受けられる「ウズキャリIT」のようなサービスを利用するのもおすすめです。

アライ
アライ
勉強する意欲さえあれば如何様にも未来を変えられる仕事ですが、その分自学自習や新しい技術への興味関心は必須となります。

逆に、本気で人生を変えたい、無能から卒業したい場合にはいますぐにでも行動を起こすべきと言えるでしょう。

▶︎【無料】ウズキャリITで「IT研修」&「IT就活」のサポートを受ける 

Webライター

Webライターは、ネット記事を書く人です。

最近ではクラウドソーシングサービスを使って副業として取り組む人も多いですが、本気で取り組めば正社員としての道も見えてきます。

始めるためのハードルが低いので今日注目されている仕事であり、基本的にはコツコツ取り組めば確実に文章力が身に付きます。

経験に不安な人はまずは単価が低くても「文章を書く」ということにフォーカスしてクラウドソーシングで依頼を受けるのもおすすめです。

ルート配送などの運送業

ルート配送やも努力や道さえ覚えてしまえば、基本的には一人でできる仕事なので対人関係のストレスはありません。

注意点として、長距離ドライバーの場合は休日にも貨物を運ぶ必要があり、生活が不規則になるのと大型免許が必要になるケースもあります。

体力が続けば大きく稼げる仕事になりますが、「無能から脱却したい」という意志が非常に強くなければ厳しです。

そのっため、ルート配送業の方が決められたエリアに配達をするだけなので、無能のままであったとしても適切に配達ができればできる仕事になります。

頭が悪い、無能と言われたからフリーターは間違い?

結論、無能だったり頭が悪いと言われたとしても一生をフリーターとして生きていくのは全くお勧めできません。

なかには前職で辛い思いをし「自分は本当に何も務まらないのではないか」と落ち込む方も多く、責任感のないフリーターへと進みがちです。

しかし、すぐにフリーターへの道へと進むのではなく、一度立ち止まって今後の人生を客観的に考えてみましょう。

仮に前職で無能っぷりを発揮してしまったとしても、再度「正社員」への道へすすむのが長期的な目線で見ると良いことがわかります。

アライ
アライ
以下ではなぜ「正社員」へ進むのが良いのかを解説していきます!

世間の目や信用という観点でマイナスのイメージを持たれる

フリーターの場合、若手のうちは「夢を追いかけている」と思われるケースもありますが、年齢を重ねると、かなり冷たい目でみられてしまいます。

とくに、30代や40代となってからでは世間の目は益々冷たくなるうえ、そこで正社員へ社会復帰しようと思っても、難易度が桁違いに上がってしまいます。

また、信用という観点からもクレジットカードが作りにくくなったり、車や家をはじめとしたローンも非常に通りにくくなってしまいます。

一方、正社員の場合はこれらの逆で、しっかりと信用もあり世間からの目が冷たくなることはありません。

そのため、働いているだけでも良いとはいうものの、その言葉の裏には「正社員で」という意味があることは忘れてはいけません

生涯賃金が桁違い

フリーターと正社員では生涯賃金に非常に大きな差があります。その差およそ1億円以上と言われています。

そのため、フリーターで一生を生きると諦めると、経済的に困窮してしまう可能性が非常に大きいです。

とくに、フリーターには昇給がほとんどありません。一方、正社員には決められた昇給がありボーナスがある会社も多くあります。

この昇給は正社員での勤続年数に左右される部分でもあるので、一刻も早く正社員になるべき理由はここにもあると言えるでしょう。

貯蓄はもちろん、自分に使える金額も上がっていかないため、将来的にほとんどの確率で困窮してしまうと言っても過言ではありません。

雇用契約が切られやすい

いわゆるクビになりやすい、ということです。

正社員の場合は、本人に明らかな過失がない場合簡単に退職させることはできないうえ、会社としても正社員を一番に守ります。

そのため、不景気や業績不振などの原因で経営がうまくいかなくなってしまった場合、真っ先にアルバイトや派遣社員の人が解雇対象となります。

また、正社員になると雇用保険に入るので、年金や保険料などは会社から天引きになるものの、社会的に守られていると言えます。

一方フリーターには健康保険と年金を自分で払わないといけないというデメリットもあります。

前職でポンコツ・頭が悪いと言われても無能とは限らない理由

仮に前職で無能だと、心ない一言を言われたとしても、気にやむ必要は全くありません。

とくに、そう言ってくる人は先輩や上司などが多いですが、よく考えてみると上司や先輩からしたらあなたが仕事ができないのは「経験」によるものという可能性が高いのです。

そのため、20代で仕事ができず無能だったからといって次の職でも無能かといえば、全くそんなことはありません。

人によって向き不向きがあるので、「その仕事」があなたに合わなかったというだけなのです。

アライ
アライ
僕自身も転職前は失敗ばかりで「無能」以上に酷いことを言われたりしました。当時は流石にへこみましたが、今となってはホワイト企業で5年目となり、それなりの役職も任されるようになっているので、前の仕事が合わなかっただけと言えます。

以下では、あなたが無能ではない理由について解説していきます。

20代の若手であれば経験がないのが当たり前

前職で「無能」「ポンコツ」などと言われて嫌な思いをしたことがある人もいるかと思います。

しかし、それは至極当たり前のことであり、最初から仕事ができる人はいません。

その発言をした本人も最初は仕事ができなかったはずなのに、「自分がされたように教育をすれば仕事ができるようになる」と前時代的な考えを持つ人が心ない発言をしがちです。

20代のうちは仕事も失敗をしながらスキルを身につけていくものなので、経験がないのは当たり前なのです。

アライ
アライ
とくに、前職が自分に合わなかっただけのケースが多いので、次の仕事で成り上がるという気持ちが大切です

性格や考え方がその企業の人間とマッチしていなかっただけ

性格は人によって異なるので、たとえば性格的におとなしい人が体育会系の仕事についたとしても失敗する可能性が高いです。

そのように、性格的に穏やかな人が無能だと言われたとしても、見方を変えれば少しづつでも着実にスキルをつけていける仕事の方が向いているとも言い換えられます。

そのため、次の仕事へ踏み出す際には、その企業の仕事や人間、風土がそもそも自分とマッチしているかどうかをしっかりと確認することが求められます。

もし自分の適性がわからなければ、次の仕事を探す際にはエージェントが無料提供しているような「適性チェック」を受けた上で仕事を探すことが必須です。

このように見方を変えると自分の弱みも強みへと変換できるので、無能やポンコツと言われたとしても本当に無能なわけではありません。

▶︎マイナビジョブ20’sで無料の適性検査をする

無能な自分が生き生きと働ける正社員求人を探すには

今までは「無能」と言われた際に「自分は無能である」と思い込んでいたのが杞憂であったことがお分かりいただけたと思います。

そこで、次にあなたが起こすアクションは「正社員に再挑戦する」ことです。

しかし、その再チャレンジには前の職場を探したような方法をまたとってしまうと、二の舞になってしまう可能性が高いです。

正社員として働くにあたって、できるだけ長く働き続けられる職場が良いので、ここではどう仕事を探していけばいいか、重要なポイント2つをご紹介します。

自分はどんな人間かの棚卸しをする

自分にとってベストマッチな仕事を探すには自己分析が欠かせません。そこで簡単にできる自己分析で把握すべきポイントをご紹介します。

アライ
アライ
結論、以下の項目について検討してみましょう。

  • 自分の好きなこと、やりたいこと
  • 自分の嫌いなこと、やりたくないこと

自分の好きなこと、やりたいこと

自分の好きなこと、やりたいことは人生を振り返り、とっていた行動で「苦でなかった内容」や「進んでできたこと」などを掘り下げていきます。

  • 一つの物事に集中して取り組みたい
  • スピード感よりかはじっくり腰を据えて物事に取り組む
  • 自分の力が社会に貢献できる

など人によってさまざまですが、このやりたいことという基準は非常に重要です。

自分の嫌いなこと、やりたくないこと

逆に、嫌いなことややりたくないことは「ブラック企業」「自分とマッチしない企業」を避けるために必須です。

  • 常に目まぐるしい環境では働きたくない
  • 積極的なコミュニケーションが苦手なので接客はやりたくない
  • 社内の人間関係を調整したくない
  • 無理なタスクばかり振られたくない

など、書き出してみましょう。

適性検査をサービスとして展開しているエージェントの活用

自分で自己分析をするのは大変であり、時間もかかりますがマイナビジョブ20’sのように20代に特化したエージェントでは無料の適性検査を行えます。

どうしても自分ひとりで自己分析をしていると、客観的になるのが難しく、主観的な意見も出てきがちです。

しかし、自分の強みや弱みがデータで把握できれば、一眼で自分に向いている仕事・向いていない仕事がわかります。

さらに、エージェントは就活・転職のプロなうえ、ブラック企業を排除するエージェントも多いのでホワイト企業に就ける可能性もぐんと上がります。

また、適性検査の結果はそのまま自己PRと共に企業への提出もできます。また、推薦文もエージェントが記載してくれるので一人で就活をするよりも内定の可能性が高くなります。

▶︎マイナビジョブ20’sで無料の適性検査をする

最初から求人を絞らず広い視野で探してみる

国内には非常に多くの企業があり、業界業種もさまざまです。

そのため、前職に関連した仕事だけでなく、未経験の分野であってもチャレンジできる求人があれば積極的にチャレンジしてみることを強くおすすめします。

経験だけで仕事を選んでしまっては選択肢が狭まってしまうため、自分にマッチする仕事とも巡り合いにくくなるのです。

つまり、広い視野で求人を探すことが必要であり、本当に嫌な求人以外は積極的にアプローチをすると本当に自分にあった求人も見つかります。

無能やポンコツとは言わせない!自分にあった求人を探そう!

あなたは無能ではなく、企業が合わなかっただけであることを解説してきました。

しかし、ご紹介したコツや棚卸しを一人だけで行おうとすると、思い詰めてしまい「無能でポンコツな自分」から卒業できなくなってしまいます。

そのため、あなたを励ましながら本当にマッチする求人を紹介してくれるエージェントの活用は必須です。

もしあなたが間違った道に行こうとしても、プロが軌道修正してくれます。

そのため、行動を起こせば必ず「無能」「ポンコツ」「頭が悪い」などと言わせない、あなたが活躍している未来が待っています。

以下では記事で触れたエージェントについて具体的に解説しています。

無料の適性検査が評判!マイナビジョブ20’s

マイナビジョブ20’sは

  1. コンサルタントの質
  2. 求人の質(就職氷河期に備えるなら今がベスト!)
  3. 他社には無い世界中の求職者が利用する〇〇〇〇(公式HPで要チェック!)とサポートの質(2020年以降はWEB面談にも対応!)
  4. 大手マイナビのバックボーンがある事による安心感

も段違いに高く、既卒・第二新卒の方が是非メインで利用したい、まさに第二新卒にとっての「天職」エージェントと断言できます。

↓無料登録は1分で完了!↓マイナビジョブ20’sの公式HPはこちら▶︎

詳しく知りたい方は「マイナビジョブ20’sに独占取材!」の記事も是非ご覧ください。

無能やポンコツを必ず卒業!社会人になってから役立つ無料研修付きのジェイック

ジェイックのトップ画像
■対象地域 東京、横浜、大阪、名古屋、福岡、仙台、広島、神戸、京都、北九州、岡山、千葉、静岡、熊本
■対象年齢 18歳〜34歳まで

ジェイックは

  1. ニート・既卒・未経験・フリーター・第二新卒に対し、書類選考なしで求人紹介
  2. 自力で就職した場合の成功率48.9%→ジェイックでは81%以上の成功率
  3. 新入社員の教育をしっかり行う優良企業のみを紹介
  4. 担当スタッフの一貫したサポートに強み、23,000人以上の支援実績あり

といった特徴があります。

同時に無料で受けられる就職支援講座というサポートもあり、初めて就職する人でも安心して厳選された企業で働くことができます。

↓30秒で無料登録完了!↓
ジェイックの公式HPはこちら▶︎