既卒・第二新卒に特化!おすすめエージェントランキングはこちら
転職活動の悩み

転職、面接前に是非知りたい!企業が考える第二新卒のメリットとデメリットをご紹介!

第二新卒のメリットとデメリット

アライ
アライ
第二新卒で就活をしてみようかな…と考えている方や既に第二新卒として就活されている方は、

この第二新卒である事のメリットやデメリットに関してご存知でしょうか?改めておさらいをしておきましょう!

「新規学卒就職者の離職状況(平成26年3月卒業者の状況)」(厚生労働省)によれば、

新規大卒就職者の32.2%、新規高卒就職者の40.8%が3年以内に離職しており、第二新卒は増えているようです。

このような第二新卒は、高い評価を転職市場において受けていると言われています。

ここでは、第二新卒のメリットとデメリットについてご紹介しましょう。

第二新卒のメリット!

第二新卒は、会社として人材を教育する余裕がない場合は、基本的な作法やビジネスマナーを前職で経験している為、

その点に関して費用をかけないで教育できると考えています。

しかも、第二新卒は前の会社のカラーにあまり染まっていないので、

その企業での仕事に関しての教育が新卒のようにできるのです。

積極的に雇用したいと考える企業が増加しています。

年齢も20代で若いので、物事を吸収する力・素直さがあると見てくれます。

今からキャリアアップやキャリアチェンジを目指す場合は、最も第二新卒は適しています。

第二新卒のデメリット!

早期退職をしたという経験について、マイナスの評価を就活する際に受ける場合もある事がデメリットです。

「どうして短期間に退職したのか」という問いかけに対しての姿勢・理由・考え方が見られる為、

退職した理由として採用する担当者が納得できるものを準備する必要があります。

また、あまり社会人の経験がない時に転職すれば、

十分に企業研究や業界研究ができなく、すぐに次の企業でも退職する恐れが考えられます。

ですので、転職する前には第二新卒としての転職活動!~準備編~でもお伝えしているように、

企業研究や業界研究、キャリアの棚卸を徹底する事でそのリスクを回避する事ができます。

また、転職エージェントを利用する事により、次の企業とのマッチングするかどうかの見極めや第二新卒としての転職活動が圧倒的に勧めやすくなります。

まとめ

第二新卒は人材を募集している会社から期待されている一方で、

中には早期退職をするとデメリットの冒頭で述べたように、

仕事をすぐに辞めるような人である(辞め癖)と見られる可能性があります。

ですので、転職する際は、生涯その企業で仕事をするつもりで会社を選択するという意識を持つ事が重要です

本当に転職するのであれば、今後の就活に関して第二新卒のメリットを利用してスタートしていきましょう!

次に読みたい記事>>できる第二新卒は100%使っているある方法とは?