既卒・第二新卒に特化!おすすめエージェントランキングはこちら
株式会社MAP

【転職エージェントのMAP】口コミ・評判!求人は20代や既卒・第二新卒にオススメ?

MAPの口コミ・評判・レビューをご紹介!

アライ
アライ
今回は転職エージェントMAP口コミ評判レビューをご紹介します!

「MAP」を実際に使ってみようかな…と考えている既卒・第二新卒20代の方々にとってこの記事が参考になってもらえたら幸いです。

求人サイトよりも転職エージェントを利用した方が非常に楽に就活を進める事ができるのはご存知だと思いますが、

自分に合わない転職エージェントを利用すると逆効果なので、利用前には評判もチェックしておきましょう。

そんな転職エージェントの一つに、「MAP」というサービスが存在します。

聞いた事がない、もしくは情報が少なくて困っているという方が多いのではないでしょうか?

そして既卒や第二新卒に本当にオススメできるかどうかは実はあまりよく知られていないのではないでしょうか?

20代・既卒・第二新卒の方でもMAPを利用する前に同社の

口コミや評判を調べてからじゃないと不安…

という方々向けに、MAPの概要や口コミ・評判をご紹介していきます!

<既卒・第二新卒向け2020年11月最新情報!>

11月は年末に向けて採用活動が鈍化しがちと思われるかもしれませんが、実は下半期がスタートし、予想より人手不足であるという理由から採用活動に動きが見られる企業も多いです。

そのため、10月から12月にかけては求人も多く出されやすい時期ということが言えます。また、今から就活を始めておけば年末までの内定獲得は十分可能です。

コロナによる影響で、しばらくは就職・転職を待った方が良いのではという意見もあります。しかし過去のリーマンショックでは求人倍率の回復に4年ほどかかっている事からも、現状が辛くて就職・転職を考えている人は今すぐ行動し、優良企業の求人は抑えておくべきです。

WEBや電話による面談も行なっている転職エージェントもありますので、年末までを目処に就活を成功させるために使える手段は全て使いましょう。11月からのWEBや電話を利用した簡単な就活・転職の始め方として、

  1. こちらのページを参考に、既卒・第二新卒向け転職エージェント(マイナビジョブ20’s就職Shopなど)に複数登録をする
  2. 登録完了後に各エージェントから連絡が来ます。電話では簡単に現在の状況や希望条件などの質問を受けますので、電話にはでれるようにしておきましょう
  3. 電話対応でもエージェントの良し悪しがわかります。あなたが「ここだ!」と思うエージェントに面談を申し込みましょう。
  4. 本格的にサポートを受ける会社を絞り、転職活動を引き続き進めましょう。

エージェントから連絡があり次第、担当者にわかりやすく現状を伝え、転職の意思が固いことを説明すると、優良求人を紹介してもらえる確率が非常に高くなります。

MAP利用時の注意点

※MAPは基本的には転職者を前提としたサービスとなっています。

実際に、「直近3ヶ月以内の転職実績」を見てみたところ、

就業経験がない方の就職成功事例が1件もありませんでした。

その為、「就業経験のない既卒」の方は本サービスを利用する事はあまりオススメできません。

従って、既卒の方は就職Shopのようなきちんと既卒に特化している転職エージェントを利用する事を僕は強くオススメします。

MAPの口コミ・評判

MAPの口コミ・評判それでは、MAPの口コミ・評判をご紹介していきます!

良い口コミ・悪い口コミの両方を調査しました!

MAPの良い口コミ・評判

丁寧で親切なサポートにより安心して利用することができ、大幅に年収UPに繋がる転職になり満足です。MAPさんはみなさん雰囲気がよく、他のアドバイザーさんも魅力的な方ばかりだったのも印象的でした。

転職活動は確かに困難なこともありましたが、終わって振り返ってみるととても良い経験でした。そもそも転職するなら転職エージェントは使うべきですが、特にMAPさんはアドバイザーさんが親切かつ知識が豊富で、たくさんの人におすすめしたいです!満足度はもちろん100点満点です。

MAPさんは友人に紹介してもらいました。家の事情もあり、早く転職をしたかったので、アドバイザーの方には予定を共有しながら面接日程や対策日を進めてもらいました。今思うと、ちょっと無理を言ったかもしれませんが計画通りに転職活動ができて感謝しています。

自分の気持ちは迷いもなく、転職に対する気持ち、新たにやりたいことは決まっていました。MAPさんは友人に紹介してもらいました。家の事情もあり、早く転職をしたかったので、アドバイザーの方には予定を共有しながら面接日程や対策日を進めてもらいました。今思うと、ちょっと無理を言ったかもしれませんが計画通りに転職活動ができて感謝しています。

良い口コミの中で目立ったのは年収アップに成功した!

という口コミが多く見受けられました。

また、キャリアアドバイザーは親切で魅力的!といった声もありました。

MAPの悪い口コミ・評判

2度利用しましたが、2回とも対応は最悪。一度目は情報収集のために利用した。

男性のアドバイザーがしょっぱなから無愛想で転職理由や、転勤はできるか、なぜ転勤できないのか、と高圧的に聞かれた。

ハズレのアドバイザーだったのかもしれないと思い、受けたい企業の求人があり一年後に再度面談に行き、別のアドバイザーの面談を受けた。

しかし面談応募時に提示した企業は全く紹介されず。話すのも一方的に質問されるばかりで、コミュニケーションを取ろうとしていない感じがする。

多くの方が言っているように、的外れな求人を紹介されること、そしてアプリで応募した後は見送りとも連絡されずに選考が終えられている。

キャリアアドバイザーが内定をとれなさそうな求職者には対応が手薄になるのはビジネスとしてわかるが、それでも勝手に音沙汰もなくなるとはどういうことなのか?不満でしかない。営業未経験者は絶対に利用するべきではない。

始めのうちは対応が早くよかったが、内定がもらえないようになってくると、連絡がなくなり、求人だけ送ってくるようになる。求人について問い合わせてもなんの返信もなし。
書類選考をお願いしていたはずなのに、1週間以上連絡なし。書類選考が通っていなくても今の現状を連絡してくれたほうがいいのではないか。もう2度と使いません。

他の会社では全然いける!って言われていたがこの会社では厳しいって言われた、特化もしていないので案件数も少なく、面談も説明が面倒だった…もっと書類みてほしい
面談前アンケートも長くて面倒、もう絶対利用しない

悪い口コミを調査してみて、

  • 人によってはキャリアアドバイザーに難あり
  • 求人のミスマッチがある
  • 書類選考や面接に対する対策がない

といったものが多く見受けられました。

転職先には絶対に妥協できない第二新卒の方が自分にあった企業を紹介されても、

対策を受ける事ができない…というのは割と致命的では?と感じました。

MAPの口コミ・レビューに関して

MAPの口コミやレビューを独自に調査してみて、良い口コミと悪い口コミが半々程でした。

もしMAPを利用するに当たって注意したいのが、万が一あなたが合わないと感じたコンサルタントに当たってしまうと、

僕自身も転職活動時に転職エージェントを利用・経験した時のように、

  1. 求人数をたくさん持ってこられてとりあえず受けさせられた。
  2. そもそも求人を紹介されなかった。
  3. 常に求人を出しているようなブラック企業を紹介された。

このようなケースが起こる可能性も全くのゼロであると断言はできません。

ですがMAPであってもあなたの希望条件と違う求人を紹介された場合は、入社してからのミスマッチを防ぐ為にもきちんとあなたの考えを伝えましょう。

それでも状況が変わらないようであれば、

  • キャリアアドバイザーの変更を申し出る
  • 転職エージェントの乗り換え

を検討・実践しましょう!

また、新興転職エージェントは地域密着型や業界特化型が多いので、大手が持っていないようなレア求人を持っている可能性もあります。

しかし求人数やサポート体制などの多さ・手厚さはやはり大手ならではです。

従って、実際の就活では、

  • 大手転職エージェント
  • 新興(中小)転職エージェント

の複数利用で求人数や各種対策の回数をこなすことでライバルと差をつけられます。

乗り換えを検討するに当たってマイナビジョブ20’sのように、

20代・第二新卒への紹介求人の質も高い転職エージェントに乗り換える事をオススメします!

↓今すぐ優良求人を紹介してもらう!↓マイナビジョブ20’sの公式HPはこちら

MAPの概要とお問い合わせ

MAPの概要MAPの概要を簡単にご説明させていただきます。

MAPは株式会社MAPが展開する転職・就職支援サービスです。

既卒や第二新卒に特化!と断言している転職エージェントではないのですが、特徴として

  1. 20代や30代の転職に強み
  2. 「ベストマッチングオブザイヤー」や「優秀転生エージェント」といった人材業界における様々な受賞経験有り
  3. 様々な職種や業種の取り扱い有り
  4. MAP専用のスマートフォンアプリも利用可能

となります。

MAP専用のアプリではキャリアアドバイザーとチャット形式でサポートが受けられる仕様になっています。

MAPのアプリ専用画面

お問い合わせ対応時間や営業時間は平日9:30~18:30となっています。

MAPの拠点とアクセス

MAPの拠点は、

  • 東京(赤坂)
  • 愛知(名古屋)
  • 大阪(大阪)
  • 福岡(福岡)
  • 宮城(仙台)

の5拠点となります。具体的な住所は下記の通りです。

■東京オフィス 〒150-0002 東京都渋谷区渋谷3-8-10 JS渋谷ビル7F
■大阪オフィス 〒530-0001 大阪府大阪市北区梅田1-1-3  大阪駅前第3ビル 6F
■名古屋オフィス 〒451-0045 愛知県名古屋市西区名駅2丁目34-17 セントラル名古屋1101
■福岡オフィス 〒812-0011 福岡県福岡市博多区博多駅前2-19-17 トーカン博多第5ビル3F
■仙台オフィス 〒980-0021 宮城県仙台市青葉区中央2-2-10 仙都会館 5F

各最寄り駅から徒歩10分以内で到着するのでアクセスは良好ですね!

上の拠点に行く事が難しいんだけど、それでも利用できるの?

という質問もあるかと思いますが、基本的には「面談」という形で求人紹介を受ける事になります。

その為遠方にお住いの方の場合は一番受けたい選考結果にも直結する、

  • 書類添削
  • 面接対策

が不十分となってしまう可能性があります。

従ってオフィスに訪問する事が難しい…という遠方の方は、適性検査や選考対策に定評のあるマイナビジョブ20’sのような

拠点の多い、かつ既卒・第二新卒に特化している転職エージェントも併用しましょう!

MAPを利用した就活の流れ

MAPの就活の流れMAPを利用した転職活動の流れは、

  1. 転職サービスへの登録
  2. 面談予約、実際に面談
  3. 求人情報案内
  4. 応募書類審査
  5. 面接
  6. 内定
  7. 入社後フォロー

となります。

流れ自体は他の転職エージェントサービスとそこまで大きく変わりありません。

キャリアアドバイザーとの面談では事前にwebで入力した内容を元に、

  • 現在の就労状況
  • これまでの経歴
  • 今後のキャリアビジョン
  • 希望している転職業界・職種の選定

を詳しくヒアリングし、当日中に求人紹介もしてもらえます。

求人紹介ではあなたが

この企業に興味あるし、選考を受けてみたいかも…。

と思った求人に、キャリアドバイザーの方を通して応募する事ができ、

事前に求人広告に掲載されていない情報や公式HPに書かれていない情報も知る事ができます。

もちろん、紹介されたからといってすぐに「応募する!」と即答する必要はありません。

※1回のカウンセリング時間は約2時間程となります。

MAPの求人数と種類

MAPの求人数と種類
MAPの求人数とか種類ってどうなのかな…?

やはり気になりますよね。

求人数に関して、保有件数は10,000件以上の求人を保有しているので、

全体の求人数は申し分なさそうです。

そのうち数十件はMAPの公式HPから内容を確認できますが、

「求める人物像」では学歴や未経験可の求人も数件ある中、

  • 〇〇系ソフトの使用経験
  • 海外顧客との折衝経験
  • 企業での就業経験3年以上

といった中々ハードルの高い求人が見受けられました。

従って、第二新卒の求人数が多い!と断言するのは難しいです。

求人の種類に関してですが、職種や業種は一通り網羅しています。

MAPの職種と業種
MAPの転職決定した職種その中でも特に強みを持っている業種は、

広告・メーカー・商社・流通・小売・サービス・IT・Web・インターネット業界を
メインとした営業職、企画職、マーケティング職、販売職など。

と同社は回答しています。

また、企業規模は大手企業から中小企業・ベンチャーまであらゆる規模の求人の取り扱いも確認できました。

求人数が多い分、我々が気にしたい「ブラック企業でない事」といった情報は自分で調べる必要が有りそうです。

従って、

  • 自分で応募した求人
  • キャリアアドバイザーから紹介された求人

の両方とも、紹介された求人は後にあなた自身でも評判などをチェックする事が非常に重要です。

MAPの口コミ・評判まとめ:他社との併用がオススメ!

MAPは、第二新卒の中でも

  • 年単位の職歴を持つ方など、キャリアに自信がある方
  • 絶対に年収アップしたいと強い気持ちをお持ちの方

にはオススメできる転職エージェントと言えます。

しかし、

  • 既卒・第二新卒向けの求人が少ないこと
  • キャリアによってはあまり良い求人紹介を受けられないこと
  • 書類選考・面接対策が十分に受けられないこと

はやはり求職者にとって満足度が変わってくる部分かな、と考えられます。

そして何より既卒・第二新卒に特化していない分メインの転職エージェントとして使うには物足りないのではないでしょうか?

その為、

  • MAPを利用したいけど拠点まで遠い
  • やっぱり他の大手が安心だから大手転職エージェントの利用も考えたい
  • 他の地域の求人も見てみて色々吟味したい
  • しっかり実績のある第二新卒に特化した転職エージェントで就活したい

と考える第二新卒の方はMAP1本に絞って就活をするのではなく、

当メディアでも一番オススメしているマイナビジョブ20’s併用しましょう!

マイナビジョブ20’sは

  1. コンサルタントの質
  2. 求人の質(就職氷河期に備えるなら今がベスト!)
  3. 他社には無い世界中の求職者が利用する〇〇〇〇(公式HPで要チェック!)とサポートの質(2020年以降はWEB面談にも対応!)
  4. 大手マイナビのバックボーンがある事による安心感

も段違いに高く、既卒・第二新卒の方が是非メインで利用したい、

まさに「天職」エージェントと断言できます。

↓今すぐ優良求人を紹介してもらう!↓マイナビジョブ20’sの公式HPはこちら

もっと詳しく知りたい方は「マイナビジョブ20’sに独占取材!」の記事も是非ご覧ください。