地域別就職・転職活動のススメ! PR

神奈川県の既卒・第二新卒の就活におすすめの転職エージェントとは?

神奈川県で既卒・第二新卒の就活・転職!

アライ
アライ
今回は「神奈川県での既卒第二新卒就活転職」について解説していきます!

神奈川県の特色、そして神奈川県で既卒、そして第二新卒として就活・転職を進めていくにあたっての注意点やオススメ転職エージェントをご紹介していますので、最後まで目を通してみてくださいね。

下記では、神奈川県の雇用情勢と、これらの転職エージェントを利用する事がなぜ重要なのかを解説していきます。

  • 神奈川から他県へ就職したものの企業を退職し、Uターンで働きたいと考えている第二新卒の方
  • 学校を卒業し、神奈川で就活を考えている既卒の方
  • 神奈川で働いてみたいと考える既卒・第二新卒の方

上記の方々就職について「やばい、どうしよう…」と悩んでいる方向けに、神奈川県の転職事情は現在どうなっているのか、オススメの就活方法について下記で解説していきます!

<2024年4月最新情報!>

3月期決算の企業では、社内異動や退職をはじめとした人材の流動性が高い時期です。(doda調べ)

そのため、4月は新規入職申込件数が増える時期と言われており、求人数の増加はもちろん、既卒・第二新卒の就活を始めようとするライバルも増えるのです。

そこで、少しでも多く優良求人を確保をしなければならないなか、本記事を閲覧した求職者の9割以上(運営調査より)は、「UZUZなどの20代専門転職エージェント」を使って行動せず、他の求職者へ優良求人を取られていることもわかっています。

4月からの失敗しない就活・転職の始め方は以下が鉄則です。

  1. こちらのページを参考に、関東地方に強い既卒・第二新卒向け転職エージェントマイナビジョブ20’s就職Shopど)に複数登録をする
  2. 登録完了後に各エージェントから連絡が来ます。電話では簡単に現在の状況や希望条件などの質問を受けますので、電話には出られるようにしておきましょう
  3. 電話対応でもエージェントの良し悪しがわかります。あなたが「ここだ!」と思うエージェントに面談を申し込みましょう。
  4. 本格的にサポートを受ける会社を絞り、転職活動を引き続き進めましょう。

エージェントから連絡があり次第、担当者にわかりやすく現状を伝え、転職の意思が固いことを説明すると、優良求人を紹介してもらえる確率が非常に高くなります。

神奈川県の特徴とは?

面積は  2,416 km²、人口は907.2万人 (2012年3月31日現在)で、県庁所在地は横浜市です。

特に、横浜市では元町中華街やランドマークタワーが非常に有名ですよね。他にも海軍基地で有名な横須賀市や、よみうりランドや繁華街、川崎フロンターレで有名な川崎市、

神奈川県のど真ん中、交通アクセスが抜群な厚木市や、温泉街で有名な小田原市、箱根市もあります。

神奈川県の気候は、東側は丹沢・箱根付近にある数々の山が、西側からの風邪を防ぎ、太平洋側に温かな風が吹き込むので、温かな気候となっています。

山に近い場所では、降水量も東側と比べると2倍程。天気が変わりやすいという事もあり、西側は比較的涼しい気候となります。

神奈川県の転職事情はどうなっているの?

厚生労働省・神奈川県労働局・神奈川労働市場月報が発表したデータには以下の内容が記載されています。

平成29年4月の神奈川県の有効求人倍率は1.11倍であり、前月の3月より0.03ポイント上昇。

求人の動向に関しては、平成29年4月の月間有効求人数は107,277人で前月比4.7%の減、前年同月との比較では2.9%の増となっています。

新規求人数は34,972人で前月比6.9%減、前年同月との比較では3.6%の減となっています。

求職者の動向に関しては、同月の月間有効求職者数は103,733人で前月比4.5%の増、前年同月との比較では3.9%の減となっています。

そして、新規求職者数は29,404人で前月比23.2%の増、前年同月との比較では3.6%の減となっています。

住みやすさに関しては以下の通りです。

また、横浜においては2013年に「待機児童ゼロ」を実現した事も記憶に新しいですね。新しく「子供の看護休暇、介護休暇を半日単位で取得できるようになる」などの対策も導入され、このような点から見ても結婚・子育てを視野に入れている方にも働きやすい街だと言えるでしょう。

また、工業ももちろん盛んであり、出荷額に関しては愛知県に次いで全国2位となっているので経済的にも豊かになり、今後も求人数に関して増加の見込みがあります。

いい就職.comより

横浜市・相模原市・相模原市ではオフィスワークやサービス産業の求人が多く見受けられ、既卒・第二新卒の方々にも優しい、未経験可の求人も多く掲載されています。

そして、西側では観光産業が盛んですので、サービス業の求人なども多く見受けられます。通信業では、スマートフォンやタブレットなどの販売スタッフ、インターネット配線の工事業者や販売促進会社などの求人が多くあります。(「マイナビ転職」より)

神奈川県の平均年収は一体どれくらい??

神奈川県の平均年収に関して、厚生労働省の「平成28年賃金構造基本統計調査」によると、335.1万円となっています。

全国平均304.0万円に比べると、高めの数値となっているのがわかります。

ちなみに、東京都の平均年収が373.1万年なのに対し、全国で2番目の高水準となっています。

上記でご紹介した神奈川県の平均年収以上の給料が出る企業を既卒・第二新卒の就活で見つけるには、一人での就活ではなかなか厳しいものがあります。

そのため、転職のプロの力を借りながら就活を進めていく必要があるのです。

【無料】マイナビジョブ20’sに非公開の優良求人を紹介してもらう▶︎

【無料】就職Shopで書類選考なしの優良求人を紹介してもらう▶︎

神奈川県で既卒・第二新卒として就活・転職するには…?

神奈川や近隣の県に在住の方が神奈川県で既卒・第二新卒で転職を考える際、東京や主要都市近辺に近いところでは、多くの求人が見つかります。

したがって「希望している会社・職種がない…」というケースは無いと言っていいでしょう。

しかし、その分希望する会社に対しての熱意であったり、本当に自分がやりたいことを明確にし、何故その会社でなければならないのかを自分自身の中で明確にしておくことが大切です。

もちろん、関西や東北など遠方から神奈川県の会社を志望され面接を受ける場合でも、上記の質問は必ず来ることが予想されます。

そのため、熱意やアピール内容も他者と差別化できるよう、職務経歴書の書き方や面接での質疑応答に対してしっかりと練っていく必要があります。

また、関西や東北、九州など遠方の方が面接に行くときにどうしても発生してしまう交通費も馬鹿になりません。

志望した企業であっても内定を取る事ができなければ、それに準備した時間もお金も無駄になってしまいます。

それに伴ったスケジュール管理や、それが一社ではなく何社もとなると転職サイトのみ、つまり完全に一人での就活は特に遠方の方は非常に負担になってしまいます。

それを避ける為の方法として、転職エージェントと一緒に就活を進めていく方法があります。

なぜかというと、スケジュール管理(面接等の日程調整)から条件交渉等、

全てコンサルタントが調整・管理をしてくれますので転職サイトのみの就活より断然効率的であるからです。

また、面接後のフィードバックも転職エージェントを通して聞くことができます。

このフィードバックがあるのとないのでは、就活の有利不利が大きく変わるのです。

転職エージェントを使って得られるメリットとは

転職エージェントを利用することのメリットは以下の通りです。

  • 面接終了後にバックアップやフォローを行ってくれる!
  • 面接時の質問内容を教えてくれる!
  • 履歴書・職務経歴書の書き方、面接対策も行ってくれる!
  • スケジュール管理も全てお任せできる!
  • 既卒・第二新卒の転職に関する不安や悩みについて相談に乗ってくれる!

神奈川県、神奈川県近隣在住の既卒・第二新卒の方かつ、自分のペースで就活を進めていきたいという方は、転職サイトのみでの就活もアリですが、

求人を探す際には情報はネット上もしくは求人にしか載っていないので、ブラック企業に遭遇する可能性があります。

一方で、遠方から神奈川県の会社にチャレンジしてみたいという方は、転職サイト単体よりも転職エージェントのみ、もしくは情報収集の為に転職サイトを使って、実際の就活は転職エージェントと一緒に行っていく方法をオススメします。

もちろん、神奈川近隣の方々も転職エージェントを使い、コンサルタントと二人三脚で転職活動をする事で自分の希望する企業・求人に会う確率が高くなります。

下記では神奈川県で既卒・第二新卒として就活したい方にとってオススメの転職エージェントをご紹介いたします。

神奈川県の既卒・第二新卒の方が使う転職エージェントのおすすめとは?

神奈川県内でも主要都市以外での就職や転職を希望している場合は、求人数も限られたものとなってしまいます。

従って、下記の転職エージェントに複数登録をする事で自分が志望する求人に巡り会う確率が高くなります。

既卒・第二新卒の就活・転職でも早く行動を起こした分だけ、優良求人に巡り会うことができやすくなるのであなた次第で就職・転職の有利・不利は変わります!

特に今日の情勢を考慮すると、エージェントの複数登録をして優良求人をひとつでも多く押さえておくことは必須となります。

適性検査に定評:マイナビ運営のマイナビジョブ20’s!

マイナビジョブ20sのトップ画像
■対象地域 東京・千葉・埼玉・神奈川・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・兵庫・奈良・滋賀
■対象年齢 24歳〜29歳(就業経験がなければ23歳以下も可能、もちろん24歳以上の就業経験は問いません。)

マイナビジョブ20’sは

  1. コンサルタントの質
  2. 求人の質(就職氷河期に備えるなら今がベスト!)
  3. 他社には無い世界中の求職者が利用する〇〇〇〇(公式HPで要チェック!)とサポートの質(2020年以降はWEB面談にも対応!)
  4. 大手マイナビのバックボーンがある事による安心感

も段違いに高く、既卒・第二新卒の方が是非メインで利用したい、まさに「天職」エージェントと断言できます。

無料登録も1分程で簡単に終えることが可能です!

↓今すぐ優良求人を紹介してもらう!↓マイナビジョブ20’sの公式HPはこちら▶︎

リクルート運営でなんと書類選考無し:就職Shop!

■対象地域 東京・千葉・埼玉・神奈川・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・兵庫・奈良・滋賀
■対象年齢 18歳〜29歳まで

就職Shopは

  1. コンサルタントの質
  2. 求人の質(就職氷河期に備えるなら今がベスト!)
  3. サポートの質(2020年3月27日以降、首都圏は電話面談にも対応)
  4. 業界最大手、リクルート社のバックボーンがある事による安心感

も高く、18歳から30歳まで対応可能です。

しかも選考は、書類選考なしで一次面接からスタートします。

その為、マイナビジョブ20’sに並ぶ、既卒・第二新卒が是非利用したい、人柄重視の優良・ホワイト企業ならお任せのエージェントと断言できます。

以下はええ既卒・第二新卒オリジナルの就職Shop紹介動画になっています。


↓今すぐ優良求人を紹介してもらう↓
就職Shopの公式HPはこちら▶︎

関連記事:東京都の既卒・第二新卒の就活におすすめの転職エージェントとは?

関連記事:埼玉県の既卒・第二新卒の就活におすすめの転職エージェントとは?

関連記事:千葉県の既卒・第二新卒の就活におすすめの転職エージェントとは?