既卒・第二新卒に特化!おすすめエージェントランキングはこちら
既卒・第二新卒で迷ったらココ!

夫婦が第二新卒・既卒で就職・転職するには?仕事の相談なら転職エージェントにお任せ!

夫妻で第二新卒・既卒で就活!

アライ
アライ
今回は「夫婦で既卒・第二新卒での就活を!」という事について解説していきます!既卒・第二新卒の就活をされている、もしくはしていこうと考えていらっしゃる方の中には夫婦の方々もいらっしゃると思います。

そんな時、夫婦で既卒・第二新卒として就活をどのようにしていけばいいのか下記で解説しています。また、オススメ転職エージェントもご紹介していますので最後までお見逃しなく!

若くして結婚し、幸せな家庭を築いていく為にはどれだけお互いのことを想っているかももちろん大事ですが、生活をしていく為にはお金がどれだけ必要かといった現実的なことも考えなければいけません。

お金を稼ぐ為には「仕事」はなくてはならないものです。

ですが、自分のパートナーがブラック企業に入ってしまい、

  • 「帰りが遅くて一緒に過ごすことができない…」
  • 「夫・妻になんて声をかけてあげればいいか分からないし、健康が心配…」
  • 「子供のことも考えると心配…」
  • 「働いて期間がそれ程経っていないけれども、家庭のことを考えると転職できない」

学生結婚したものの、既卒となった方は

「パートナーの為にも早く就職しないと…」

などの悩みを抱えている方、当事者である場合も上記のように夫婦関係や将来のことが気になって、中々アクションを起こすことができずにいる方はいらっしゃると思います。

日本では以前に比べて女性の社会進出も推進されてきているので、家庭を持っている男性はもちろん女性も、上記のような「仕事」についての悩みは顕在化してきています。

悩みの深刻さは個人個人で異なりますが、自分のパートナーが疲弊していくのを見てるだけでも辛いですよね。

上記の悩みを抱えている方はまずは自分を追い込みすぎず無理をしないでください。

自分のパートナーが困っている場合にはうつなどの重い症状で無い限りは、優しい言葉をかけて、今後について一緒に悩みを解決していきましょう。

<パートナーと一緒に今後について考える

  • 転職するのかしないのか
  • 次はどんな仕事についていきたいのか
  • 将来はどうなっていきたいのか

上記3点について考える事が重要になります。

具体的に下記で一例を挙げてみましょう。

例えばこんな例1

夫:23歳、新卒で大手企業、営業職に配属(勤続年数1年)、全国転勤有り、帰宅時間が遅く仕事内容もハード、休日出勤有り

妻:看護士、フルタイム勤務、シフト制度、休みは不定期(土日どちらか休みの完全週休二日)

悩み:夫の帰りが遅く休日出勤もあり、唯一の休日もしっかり休むことができず、夫婦の時間も取れないし、毎日辛そう…でも入社してから1年、転職したほうがいいの?

上記のようなシチュエーションで考えると、夫の仕事は厳しい労働環境にあることが伺えますし、それを不安に思い心配する奥さんの心境も伺うことができます。

夫の精神状態は自分自身しか分かりませんが、もう少し続けられそうな場合には働きながら転職活動をされることをおすすめしますが、

それが厳しい場合、職を辞めてから転職活動するのも問題ありません。

一番はやはり心身の健康ですので、無理をしすぎて鬱病にでもなってしまったらそれこそ取り返しがつきません。

今後のキャリアについては、営業職でも例えば全国転勤無し、残業も月平均10~20時間ほど、土日祝休みである職場環境であれば営業としてのキャリアを積みながら夫婦の時間も取ることができますし、休みもしっかり取ることができます。

営業職でない内勤の仕事、例えば転勤無し、定時上がりの事務職に就く、という選択肢も専門知識を身につけながらキャリアアップをすることもできます。

例えばこんな例2

夫:中小企業で総合職に配属(勤続年数5年)、転勤無し、土日祝休みで残業ほぼ無し

妻:22歳、大学卒業後既卒として就職活動中

悩み:妻が既卒として就職活動をするも、今後のキャリアが明確に定まっておらず本人もそれを気にしている。

上記のような場合、奥さんが「職についていない」という状況にが不安になっていることが読み取ることができます。

夫目線からのアドバイスをしてあげるのももちろん効果的であると思いますが、一番は「就職のプロ」に相談してしまうのが一番です。

新卒で就職できなかったからといって既卒で就職できないことはありません。

しかも、アプローチ方法が新卒の時と多少異なるので自己流で転職活動を進めていくよりもはるかに効果的です。

転職サイト・転職エージェントにも色々ありますが、既卒の方に特化している転職エージェントを使えば「既卒の就活」で内定を勝ち取ることができます。

上記のように夫婦で今後の「仕事」について悩まれている方、既卒・第二新卒の自分・パートナーの悩みを解決してあげるためにも、本人・パートナー・キャリアアドバイザーの三人で就活を進めていくことが成功の近道となります。

逆に、転職エージェントを使用せずに「闇雲」に転職活動を進めてしまうと、「こんなはずじゃなかった…」という事にもなってしまいかねません(><)

夫婦で使える、既卒・第二新卒向けの転職エージェントはココ!

既卒・第二新卒の就活で迷ったらとりあえずココ!「いい就職.com」
「既卒・第二新卒」という言葉が定着する前からこの分野に関して実績があるエージェントです。

担当者の方が企業に実際に聞き込み調査をしているので、俗に言う「ブラック企業」は求人から排除し、またそういった会社から求人掲載の依頼があってもお断りしています。

大手の求人は少なめですが、東証一部上場の企業の求人掲載も勿論取り扱っています。

「なんか求人少なくない…?」と感じた方もご安心ください。サイト上では公開求人しか閲覧できませんが、登録する事によって非公開求人も紹介してもらえますのであなたに合った求人に出会える確率ももちろん上がります。

↓今すぐ優良求人を紹介してもらう↓いい就職.comの公式HP

口コミ・評判・レビューに関してはこちらからチェック!

 

大手のノウハウはそのままに20代の就活に特化!「マイナビジョブ20`s」
大手転職エージェントの「マイナビ」が展開する20代(既卒・第二新卒の方々ももちろんOK!)に特化した転職エージェントです!

「自分はいったいどんな仕事がしたいんだろう」「将来どうなっていたいのかな」といったキャリアプランがなかなか思いつかない既卒・第二新卒の方に特におススメです。

相談だけでもできるので、登録してみてまずは自分の抱えている悩み、不安を相談してみましょう。

また、世界で数千人が受ける信頼性の高い適性検査も受ける事ができます。

マイナビジョブ20’sの公式HPはこちら

なお、口コミ・評判・レビューに関してはこちらからチェックできます!

 

就職Shop
リクルートが運営する、こちらも20代に特化した転職エージェントになります。

つまり、リクルートを母体としているので就活ノウハウや求人の質がピカイチなのです。

他のエージェントと大きく違う部分は、書類選考が無いという点です。

この事実からもこのエージェントに掲載されている企業は「人柄」「人間性」を面接にてしっかり重視する企業が多いと言う事ができます。

現在約7,700社もの求人を取り扱い、就職shopで就職した正社員一年未満の若い方は全体の7割、登録者は全体の9割にも及びます。

求人の業種は、全体から見て営業系が42%と一番多く、次に事務・企画系が25%になっています。

300人未満の求人が全体の86%に及ぶので、大手思考の方はこのエージェントは向かないかもしれません。

↓今すぐ優良求人を紹介してもらう↓就職Shopの公式HPはこちら