既卒・第二新卒に特化!おすすめエージェントランキングはこちら
APパートナーズ

【APパートナーズ】の口コミ・評判!求人は20代の既卒・第二新卒にオススメか評価!

APパートナーズの口コミ・評判・レビューをご紹介!

アライ
アライ
今回は転職エージェントAPパートナーズ口コミ評判レビューをご紹介します!

「APパートナーズ」を実際に使ってみようかな…と考えている既卒・第二新卒20代の方々にとってこの記事が参考になってもらえたら幸いです。

求人サイトよりも転職エージェントを利用した方が非常に楽に就活を進める事ができるのはご存知だと思いますが、

自分に合わない転職エージェントを利用すると逆効果なので、利用前には評判もチェックしておきましょう。

そんな転職エージェントの一つに、「APパートナーズ」というサービスが存在します。

聞いた事がない、もしくは情報が少なくて困っているという方が多いのではないでしょうか?

そして既卒や第二新卒に本当にオススメできるかどうかは実はあまりよく知られていないのではないでしょうか?

20代・既卒・第二新卒の方でもAPパートナーズを利用する前に同社の

口コミや評判を調べてからじゃないと不安…

という方々向けに、APパートナーズの概要や口コミ・評判をご紹介していきます!

<既卒・第二新卒向け2020年11月最新情報!>

11月は年末に向けて採用活動が鈍化しがちと思われるかもしれませんが、実は下半期がスタートし、予想より人手不足であるという理由から採用活動に動きが見られる企業も多いです。

そのため、10月から12月にかけては求人も多く出されやすい時期ということが言えます。また、今から就活を始めておけば年末までの内定獲得は十分可能です。

コロナによる影響で、しばらくは就職・転職を待った方が良いのではという意見もあります。しかし過去のリーマンショックでは求人倍率の回復に4年ほどかかっている事からも、現状が辛くて就職・転職を考えている人は今すぐ行動し、優良企業の求人は抑えておくべきです。

WEBや電話による面談も行なっている転職エージェントもありますので、年末までを目処に就活を成功させるために使える手段は全て使いましょう。11月からのWEBや電話を利用した簡単な就活・転職の始め方として、

こちらのページを参考に、既卒・第二新卒向け転職エージェント(マイナビジョブ 20’s就職Shopなど)に複数登録をする

  1. 登録完了後に各エージェントから連絡が来ます。電話では簡単に現在の状況や希望条件などの質問を受けますので、電話にはでれるようにしておきましょう
  2. 電話対応でもエージェントの良し悪しがわかります。あなたが「ここだ!」と思うエージェントに面談を申し込みましょう。
  3. 本格的にサポートを受ける会社を絞り、転職活動を引き続き進めましょう。

エージェントから連絡がかかってきたら、担当者にわかりやすく現状を伝え、転職の意思が固いことを説明すると、優良求人を紹介してもらえる確率が非常に高くなります。

APパートナーズ利用前の注意点とは?

※APパートナーズは20代から30代の若手転職希望者へのサービスを展開しています。

フリーターや第二新卒の方でも利用できるのですが、

「就業経験がない方」への支援実績が公式ホームページなどでは確認ができませんでした。

従って、就業経験がない既卒の方は

  • 就職Shop(既卒向け、リクルート運営)

のような既卒・第二新卒に特化し、求人数も申し分ない転職エージェントも併用する事を僕は強くオススメします。

APパートナーズの口コミ・評判

それでは、APパートナーズの口コミ・評判をご紹介していきたいのですが、

ネット上で徹底調査しましたが口コミ・評判はほとんど見つけることができませんでした。

しかし、かろうじて見つけた下記1件の口コミ・評判をご紹介します。

勤務地は○○、長く働ける弊社の正社員で頑張ってみませんか?っていうのをタウンワークで勤務地だけを変えた求人を100以上出して検索妨害してくるゴミ会社

誰がこんなゴミ会社入るかよボケ

同社に大量募集をしようとしている求人があるということでしょうか。

APパートナーズに限らず大量募集している求人はブラックである可能性がある為、

こだわりがない限り応募するのは控えた方が良さそうです。

APパートナーズの口コミ・評判に関しての所見

APパートナーズの口コミや評判を独自に調査してみて、

アライ
アライ
口コミ・評判が少ないのがネックですね…。良い求人があれば応募してみるのもいいですが、他社と併用した方が良さそうですね…。

と感じました。

しかしAPパートナーズのような中小転職エージェントを利用したことのある僕の体験談として、

一度有名でない中小企業の新興転職エージェントを利用した際に、

  • 営業職を希望していたのにも関わらず、求人数は2件だけ(業務委託の工場勤務と塾講師)

を紹介されました。

不安になり求人を調べてみると、求人サイトで常に求人を出しているものだったこともあり、

結局は他の大手転職エージェントを用いて転職成功しています。

APパートナーズがこのように求職者の意向と合わない求人を紹介すると断言はできません。

しかし、APパートナーズを利用するに当たって注意したいのが万が一あなたが合わないと感じたコンサルタントに当たってしまうと、

僕自身も転職活動時に転職エージェントを利用・経験した時のように、

  1. 求人数をたくさん持ってこられてとりあえず受けさせられた。
  2. そもそも求人を紹介されなかった。
  3. 常に求人を出しているようなブラック企業を紹介された。

このようなケースが起こる可能性もあります

その為、APパートナーズであってもあなたの希望条件と違う求人を紹介された場合は、

入社後のミスマッチを防ぐ為にもきちんとあなたの意向を伝えましょう。

それでも状況が変わらないようであれば、

  • コンサルタントの変更を申し出る
  • 転職エージェントの乗り換えを検討する

また、新興転職エージェントは地域密着型や業界特化型が多いので、 大手が持っていないようなレア求人を持っている可能性もあります。

しかし求人数やサポート体制などの多さ・手厚さはやはり大手ならではです。 従って、実際の就活では、

  • 大手転職エージェント
  • 新興(中小)転職エージェント

の複数利用で求人数を確保し各種選考対策の回数をこなすことでライバルと差をつけられます。

乗り換えを検討するに当たってマイナビジョブ20’sや就職Shopのように、

20代・既卒・第二新卒への紹介求人の質も高い転職エージェントに乗り換える事をオススメします。

↓今すぐ優良求人を紹介してもらう!↓マイナビジョブ20’sの公式HPはこちら

↓今すぐ優良求人を紹介してもらう!↓就職Shopの公式HPはこちら

APパートナーズの概要とお問い合わせ

APパートナーズの概要を簡単にご説明させていただきます。

APパートナーズが展開する転職・就職支援サービスの特徴として、

  1. キャリアショップ・家電量販店での通信キャリアでのスマホ販売・営業の仕事など、通信業界に特化し、他にも様々な求人の取り扱いあり
  2. 未経験可の求人も保有

となります。

お問い合わせ対応時間や営業時間は

  • 平日10:00〜20:00
  • 土日10:00〜18:00

となっています。

APパートナーズの拠点とアクセス

APパートナーズのメインの拠点は、

  • 東京(新宿)
  • 大阪(大阪市)
  • 愛知(名古屋)
  • 福岡(福岡)
  • 広島(広島)
  • 宮城(仙台)
  • 北海道(札幌)

の7拠点となります。具体的な住所は下記の通りです。

■本社 〒160-0022
東京都新宿区新宿2-6-4 KN新宿ビル 9F(総合受付)・10F
■関西支社 〒530-0001
大阪府大阪市北区梅田1-11-4 大阪駅前第4ビル 12F
■中部営業所 〒450-0002
愛知県名古屋市中村区名駅4-17-3 メイヨンビル3F
■九州営業所 〒812-0013
福岡県福岡市博多区博多駅東1-12-6 花村ビル9F
■中国営業所 〒732-0057
広島県広島市東区二葉の里1-1-72 GKDビル5F
■東北営業所 〒980-0021
宮城県仙台市青葉区中央4-10-3 仙台キャピタルタワー14F
■北海道営業所 〒060-0003
北海道札幌市中央区北3条西3-1 札幌北三条ビル6F

オフィスには駅から徒歩ですぐにアクセスできます。

上の拠点に行く事が難しいんだけど、それでも利用できるの?

という質問もあるかと思いますが、

基本的には面談が必要ですが、必要であれば電話での面談も可能です。

APパートナーズを利用した就活の流れ

APパートナーズを利用した転職活動の流れは、

  1. 公式ホームページの「無料お仕事相談」より登録、または求人まとめサイトなどで登録申込
  2. コンサルタントとの面談
  3. 求人紹介
  4. 選考・面接
  5. 内定・入社

となります。

流れ自体は他の転職エージェントサービスと比べるとそこまで大きく変わりありません。

コンサルタントとの面談では、

  • 転職活動における軸
  • これまでの経歴やスキル
  • 希望業界・希望求人

をヒアリングし、その内容を元にコンサルタントが求人紹介をしてくれます。

求人紹介ではあなたが

この企業に興味あるし、選考を受けてみたいかも…。

と思った求人に、コンサルタントを通して応募する事ができます。

もちろん、紹介されたからといってすぐに「応募する!」と即答する必要はありません。

ここで紹介された求人内容に不満がある場合は遠慮なくその旨をコンサルタントに伝えることが重要です。

紹介求人は、APパートナーズ上での希望求人に関してのみと予想されますので、

紹介求人数をもっと多くしてそこから選びたい!という方は、

といった求人の質も高い転職エージェントも併用して就活を進めましょう!

APパートナーズの求人数と種類

APパートナーズの求人数や種類ってどうなのかな…?

やはり気になりますよね。

求人数に関して、公式ホームページでは正社員の公開求人が確認できませんでしたが、

求人まとめサイトなどでは約170件程の求人数が確認できました。

応募資格には

  • 〇〇経験1年以上
  • 〇〇業界の経験

といった文言がある求人も多く確認できました。

その為、未経験可の求人は非公開での公開になることが予想されます。

求人の種類に関してですが、冒頭でご紹介したように通信系の求人を筆頭に

様々な業界・求人を取り揃えていることが確認できました。

求人地域に関しては、全国対応ですが、東京近辺の求人が中心です。

また、紹介された求人について気になる点は忘れずにコンサルタントに相談するか、

自分で評判を必ず調べてみることが重要です。

APパートナーズの口コミ・評判まとめ:他社との併用がオススメ!

APパートナーズは、20代・既卒・第二新卒の中でも

  • 中小転職エージェントを利用して大手にない求人を探したい
  • 通信系の企業を希望している方

にはオススメできる転職エージェントと言えます。

しかし、

  • 中小エージェントであり、実績が不透明なこと

は利用するに当たって不安ですよね。

その為、

  • 絶対にホワイト企業、福利厚生が良い会社に転職したい
  • 他の大手が安心だから大手転職エージェントの利用も考えたい
  • 他の地域・職種の求人も色々見てみて色々吟味したい
  • しっかり実績のある既卒や第二新卒に特化した転職エージェントで就活したい

と考える第二新卒の方はAPパートナーズ1本に絞って就活をするのではなく、

当メディアでも一番オススメしている

マイナビジョブ20’sと併用しましょう!

マイナビジョブ20’sは

  1. コンサルタントの質
  2. 求人の質(就職氷河期に備えるなら今がベスト!)
  3. 他社には無い世界中の求職者が利用する〇〇〇〇(公式HPで要チェック!)とサポートの質(2020年以降はWEB面談にも対応!)
  4. 大手マイナビのバックボーンがある事による安心感

も段違いに高く、既卒・第二新卒の方が是非メインで利用したい、

まさに「天職」エージェントと断言できます。

↓今すぐ優良求人を紹介してもらう!↓マイナビジョブ20’sの公式HPはこちら

もっと詳しく知りたい方は「マイナビジョブ20’sに独占取材!」の記事も是非ご覧ください。